BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

『あつまれどうぶつの森』はハーレム人外BLの宝庫だった⁉

2020/04/20 17:00

攻めてもよし受けてもよし、広がる妄想は無限大!


『あつまれどうぶつの森』が任天堂から
320日に発売されましたね!


『どうぶつの森』といえば、一緒に暮らす住民とのコミュニケーションも楽しみのひとつですよね。
新作である『あつ森』には、イヌやネコ、ウサギ、オオカミ、ライオン、トリなど実に30種類以上の種族の住民たちが登場するのだとか。

また、住民には「ハキハキ系」「コワイ系」「キザ系」「ふつう系」「大人系」「アネキ系」と8種類の性格があるらしく……。
「キザ系」は「ふつう系」と仲良し、「コワイ系」とは仲が良くない、といった性格による公式の相性設定や、種族同士の相性などもあるらしいです! どこまでも細かい……!

BL風に解釈すると、以下のような感じでしょうか。いけないとは思いつつも、つい妄想が捗ってしまいますね……!

キザ系」は紳士でナルシストで男女問わず口説くのが特徴。ムッツリぽい香りがしますね。性癖に特徴がありそうな雰囲気も感じられます。

ぼんやり系」はのんびりとして気が優しい。でも絶対にS、しかも絶倫だと思います。優しい笑顔の裏に隠された顔が気になります。

コワイ系」は無愛想だけど優しい。「BLでもよく見る!このキャラ!」って感じの馴染みが深そうなキャラです。きっと好きな子には意地悪しちゃうけど人一倍心配性ですね。

また、プレイヤーを男の子にすると、「コワイ系」に生活の心配をされたり、「キザ系」に口説かれたりなど、まさに主人公総受けのハーレム状態なんていう暮らしを妄想して楽しめるかもしれません……!

人外好きの腐女子にとって『どうぶつの森』はいわゆる沼というものではないでしょうか?

お互いの家に遊びに行ったり、プレゼントを交換したり……はたまた仲良くしている2人の会話をこっそり盗み聞きしてみたり。自分の趣向にあった楽しみ方ができそうです!

種族の違いによる寿命の差や身体的な違いなど、胸ときめくロマンの詰まった人外BL。今回は、住民たちと同じ種族が登場する人外BLをご紹介します!

ヤギ×オオカミ

ヤギとオオカミの発情事情』作:ときしば

 


【萌え!の声】(ちるちるレビューから一部抜粋)

獣人系って初めてだったので、地雷とか大丈夫かな…?とか不安だったんですけど、そんな不安からは一変し、獣人系、大好きになりました!!
なんと言っても!!!
動物の可愛い仕草を、獣人がやるとめちゃくちゃ萌えまくりです……!
挨拶をするときに鼻を擦り合わせるところとか、しっぽを絡ませ合う所は、獣人BLならではだと思いました!!
(ぽん太郎さん)

 

強い狼と弱いヤギを模しての人物設定なのに、食われるのは狼ってこと。
しかも交尾(笑)中の表情がたまらんっ♡
ときしば先生の絵は躍動感がとてもあり、漫画を読んでいるはずなのに動画を見ているかのようなしなやかさがあります。
それが表情と相まって、とても臨場感に溢れていました。(ゆずてぃーさん)

 

オオカミ×ウサギ

狼への嫁入り~異種婚姻譚~』作:犬居葉菜

 


【萌え!の声】(ちるちるレビューから一部抜粋)

終盤に、楓が、狼になってしまった練を元に戻そうとするシーンがあるのですが、個人的に、(上手く言えませんが)人が人と出会って、お互いを知って、好きになって…その後で思慕や愛情という、お互いを思いやる心が生まれて…という、何度も何度も見たblの原点みたいなものを、思い出させてくれました。(たいらのさん)

 

見た目に反して『かわいくない』受けが、セックスをするための準備では初心で可愛らしい表情をしたり、それでも足癖が悪くて攻めに嫌がられたり、自然体でいる彼がすごく魅力的だと思いました。
あえて感情を持たないで生きるしかなかった攻めが受けによって色んな感情を引き出されていく、というのもとてもよかったですし、雌雄よりも異種であることに意味があるお話だったので、ボーイズラブでありながら性別にフラットな印象が強かったのも新鮮で面白かったです。(よそみさん)

 

シカ×ヒト

まほろばデイズ』作:ちしゃの実

 


【萌え!の声】(ちるちるレビューから一部抜粋)

もうもう、大好きな作品です!
ほのぼのしていて温かい雰囲気。攻はお鹿様。舞台は奈良。精霊っぽい生き物が空中をフヨフヨしてたりする世界観です。
内容はそのお鹿様と×使用人の息子です。

諸事情で歪んだ性格(笑)の美少年に育ってしまった主人公(受)と、その主人公の「素直になれなさ」を理解して温かさばかりを振る舞う周囲の人々。もうみんなが優しすぎて、読んでてホッコリします。(miskaさん)

 

奈良まほろば、鹿が治める街……という不思議設定がまずは素敵。
そこの最高位の鹿・神使様の息子・白羽と
彼の父に拾われ使用人の家で育った(草食べてたので名付け)草介。
何がいいといって、その不思議な世界感によくあった絵、
その魅力で読まされてしまう作品だった。
ファンタジーなんだけれど、リアリティがあるようなないようなw
きれいに一冊まとまったこの世界観に連れ込まれて、堪能。(snowblackさん)

 

ライオン×ヒト

MOMO』作:九重シャム

 


【萌え!の声】(ちるちるレビューから一部抜粋)

ケモナーはもちろん、獣(の姿)×人間(の姿)に開花しかけている方、新しい境地に至りたい方、皆さんにお勧めです♡笑

ワインアドバイザーの獣人間(ライオン)×30歳越えの天然店長(人間)のほのぼのエッチな一冊です。ライオンってのがまた、まんまライオン!!笑
こう別に”獣っぽい”とかではなく、興奮すると本当にライオンの姿になっちゃってそのまんまエッチ☆
モフモフな体に”ポフッ”と抱き付ついて喘ぐ店長がまあカワイイ!!
基本的にほのぼのなタッチなんですが、シリアスな場面もあったり、とっても感情移入しちゃうお話です。(すっぽんぽん。さん)

 

これぞ理想の獣姦と言えるのではないでしょうか。
リアルでモフモフで大きなライオンとちっちゃくてお髭な受がラブラブで、あまあまでトロトロで。
なんだかんだにほだされちゃう受が可愛くて。そんな受が好きでショウガナイ攻が好きで。エロを重ねてもクドクナイのがまた良くて。
虎の気ぐるみを来ての獣プレイもおいしかったですwww(もこさん)

 
いかがでしたか? 皆さんのイチオシ人外作品がありましたら、ぜひコメントしてください~! 

関連作家・声優

PAGE TOP