BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

全部知ってるあなたはラキドマニア⁉ 祝11周年『ラッキードッグ』歴代タイトル特集♥

2020/07/24 11:00

イケメンマフィア同士の恋と脱獄、そして抗争勃発!

 


今年で発売11周年! BLゲーム界のドン・『ラッキードッグ』(通称:ラキド)。発売から根強い人気を誇り、シリーズ作の発表も続いています。この作品からBLゲームデビューした! という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は11周年を記念して、歴代タイトルについてまとめてみました! この機会に『ラッキードッグ』の歩みについて振り返ったり、新たに触れてみるのはいかがでしょうか?

 

禁酒法時代のアメリカが舞台!ここから全てが始まった!

2009年『ラッキードッグ1

 


あらすじ
落ちてきたのは、マフィアのボスという名のチャンス。ズバ抜けた運で掴め、人生最大のチャンスを。落とすな運を『LUCKY DOG』‼
物語は、その名を轟かせていたマフィアグループの幹部4人が芋づる式に逮捕されるという、前代未聞のスキャンダルから幕が開ける。主人公はというと、刑務所の中。同じグループに属するマフィアの一味、訳あって刑務所暮らしをしているが、一構成員でしかない主人公は、幹部が捕まっても、特に興味もなくのんびりと過ごしていた。そんな時に、突如、チャンスは落ちてきた。一構成員である主人公が、マフィアのボスになれるという、人生最大のチャンス
そのチャンスを活かすか、逃がすか。それは『LUCKY DOG』と呼ばれる主人公の運次第


まずご紹介するのはこちら、伝説の始まりともいうべき第1作です。2009年、BLゲーム界に燦然と誕生しました!囚人服姿のイケメンマフィアたちが非常に印象的ですね! この第1作目をプレイすれば、ラキドの世界が一気に体感できます。本作最大の特徴は、マフィアVSギャングのバチバチのバトル(アクション)と恋愛の両方が同時に楽しめること!

主人公のジャンたちは、イタリア系マフィアの幹部。映画『ゴッド・ファーザー』などから連想されるような、ファミリーの強い結束や掟・美学の元、街を守ったり搾取することを日々のシノギとしています。
作中では、刑務所からの脱獄を企てる脱獄編」・脱獄成功後のドタバタを描く逃亡編」・シマで抗争を繰り広げつつ個別のルートが深まっていく「デイバン編」の3つのパートに分かれています。最初のパート「脱獄編」で攻略対象4人(+他キャラクター)たちとの会話が選択できるので、そこで誰のルートを狙うのか作戦を立てるのも良いですね!

また、本作のポイントは「ラッキー値」というパラメーターの存在です。
選択肢もしっかり多めのゲームですが、選択次第でラッキー値のパラメーターが上下し、脱獄に失敗したり、命や大切なものを失ってゲームオーバーになってしまいます!
しかし、上手く選択肢を切り抜けて脱獄を成功させたときの爽快感はさながら『プリズンブレイク』のマイケル・スコフィールド…! ストーリーのテンポも抜群に良いので、サクサクプレイを進めていけます!

攻略対象各ルート・キャラの見どころも簡単にご紹介させていただきます!

CR:5筆頭幹部 ベルナルド・オルトラーニ (CV.浅野要二)
ボスを抜かせば実質組織のトップです。
担当は内外政と土地転がし・株取引など。脱獄編当初からジャンとの定期的なイチャイチャを見せつけてくれるベルナルド。ボス不在の中では責任を負う役目を担うことも多いのですが、そうした大人の顔と、内に秘めた繊細さ・大胆さとのバランスが絶妙なキャラだと思います!非常に爽快なハッピーエンドにも注目です。

CR:5幹部第2位 ルキーノ・グレゴレッティ (CV.四季路)
ルキーノは密売やクラブの経営などをシノギとしています。
ゴージャスで紳士的な性格は、まさにイタリアの伊達男!色男っぷりは攻略キャラ随一です。ルキーノの放つ圧倒的なセクシーさを堪能しつつ、共に様々な困難を乗り越えて成長していくルートとなっています!

CR:5幹部第3位 ジュリオ・ディ・ボンドーネ (CV.蒼井夕真)
幹部でありながら戦闘員でもある美青年です。
普段は大人しい性格ですが、ナイフを握ると「マッドドッグ」という二つ名を欲しいままにする最強さを誇ります。戦闘時のハードさと、ジャンに向ける甘々さの降り幅が楽しめるルートになっています!

CR:5幹部第4位 イヴァン・フィオーレ (CV.平井達矢)
イヴァンは組織内の非イタリア系戦闘員を率いる存在。シノギとしてデイバンの売春の元締めを担当しています。
血の気が多くて言葉遣いも荒いイヴァンですが、意外な一面を沢山持っておりラキドのギャップ萌え王です!また、イヴァンルートのハッピーエンドは他ルートとは違う流れになっているので、最後にプレイしてみるとまた違った味わいがあるかもしれません!

CR:5幹部第5位 ジャンカルロ・ブルボン・デル・モンテ (CV.タダノドウテイ)
ジャンは、圧倒的な運の良さと愛嬌で周囲に愛される本作の主人公です。二つ名は作品タイトルにもなっている「ラッキードッグ」。特技は「親父転がし」と自称するほど、先代のボスにも可愛がられていました。 脱獄を成功させるのはもちろん、各ルートで絶体絶命のピンチを救うのもその幸運体質のおかげです! 飄々としたセリフ回しが印象的な男気溢れる性格は、主人公にぴったりですね!

 

ハチャメチャハッピー人生ゲーム♥

2011年『Gian-calro's LUCKY HAPPY LIFE

 


あらすじ
「ラッキードッグ」と皆から呼ばれるジャンの人生がゲームになっちゃった! 本編ではあり得ないジャンのはちゃめちゃな人生が楽しめる、人生一変ボードゲーム「Gian-calro's LUCKY HAPPY LIFE」! ジャンとジュリオが無人島に行っちゃったり、イヴァンとジャンが宿敵のFBIに就職!? ルキーノは怪しいショービジネスを始めたり、ジャンとベルナルドが一緒にハリウッドへ行っちゃったり!? あなたの運でジャンとターゲットの人生がガラリと一変! ラッキードッグの人生を楽しんでみませんか?

『ラッキードッグ1』にハマった方に次にご紹介したいのはこちら。
人生ゲーム形式ということで、主人公ジャンのマルチな才能(?)や、本編のパラレル的なシナリオが展開されます。 すでに好きなキャラやCPがいらっしゃる方は、こちらも合わせて楽しんでいただけるのではと思います!


 究極の二択!救うのは世界or最愛の人

2012年『ジャンのためなら世界を壊す

 


あらすじ
世界のいたるところでピンチに陥ってしまうジャンを、幹部たちが壮快に「人間大砲」で救出するパズルアクションゲーム「ジャンのためなら世界を壊す」
いつも運がいいはずのジャンが、裏切り者によって監禁されたり、悪魔教団に捕まってしまったり、果ては宇宙人に誘拐されたり!? ジャンを助ける度に、 CR:5が開発した新兵器「人間大砲」によって崩壊していく地球。ジャンを救出するのが早いのか、それともその前に地球が滅亡してしまうのか!?

ジャンルはパズルアクションゲーム。
本作のテーマは CR:5による『ジャン・カルロ救出大作戦』ということで、ジャンのために身体を張って頑張る幹部たちを堪能できます! また、パズルアクションということで、ノベルゲームとはまた違ったプレイが楽しめますね!


それからの物語が詰まったSS、ゲーム化!

2014年『ラッキードッグ1 Secret Diary L』・『ラッキードッグ1 Secret Diary F

 


こちらは、公式サイトで公開されていた記念日等のSSをまとめてゲーム化した作品です。
ストーリー重視派は、1の後はこちらをプレイしてみるのも良いかもしれません。ボイスは未実装ですが、新規スチルの追加などがあるので、『ラッキードッグ1』後の世界を存分にお楽しみいただけるのではないでしょうか!

 

ラキドの全知識を網羅!?クイズゲーム!

2016年『RAKIDO mania』

 


『ラッキードッグ1 6th aniversary;black dog/yellow star』に付属されていたクイズゲームが1本にまとめられたのがこちら。
ラッキードッグに関するクイズがなんと2400問も収録されています!
クリアするとゲーム内でのご褒美としてミニストーリー付きレアブロマイドが貰える仕様です! 自分のラキドマニア度を測ってみたり、クイズを通して作品世界の細部を味わってみたりと、色々な楽しみ方ができますね!


待望の続編!攻略できるのはギャングのあの人!

2018年『ラッキードッグ1 +bad egg

 


あらすじ
劣悪な無法地帯と化したマジソン刑務所から幹部全員での脱獄は本当に可能なのか? 例え脱獄できたとしてもそこに待っている現実は、真っ黒な裏切りのみ
憎悪の中、ジャンの強運が金のリングの紛失とともに暴走――運命すら捻じ曲げる豪運に、マフィア、ギャングの勢力図が塗り替えられていく。人間凶器バクシーと共に全てを呑み込んだ時、そこには一体何が残るのか――? ※本作は【脱獄編】【ロックウェル編】【デイバン編】の3編構成です。



そして最後にご紹介するのはこちら!
2018年、約10周年を迎えた折に発売された待望の新作です!
本作ではなんと『ラッキードッグ1』で宿敵の相手だった、バクシー・クリステンセンの攻略が可能になっています! また、他の幹部メンバーの後日談なども実装されていますので、ボリューム感も満載です。キャストの変更などもありましたが、初代キャストへのリスペスト等も感じつつ、ラキドの世界のさらなる広がりを感じさせてくれる作品になっています!

***

いかがでしたでしょうか?
11周年を迎えた『ラッキードッグ』。一度発売されたら長い間楽しめるのがBLゲームの魅力ではないかと思います。

また、7月20日よりアニメイトゲームスにてダウンロード版の配信が開始されているタイトルもありますので、気になった方はこの機会にプレイしてみるのはいかがでしょうか。

また、プレイ済みの方はお気に入りのキャラやルート、おすすめポイントなど、ぜひぜひコメントで教えていただけたら嬉しいです! 今後の15周年や20周年に向けて、さらなる展開に期待が高まりますね!

担当BLソムリエ:みうみう
『学園ヘヴン』中嶋先輩ルートから腐の道に。健気受けとおじさん×美少年が尊い系オタク。少しでも皆さんの萌えライフのお役に立てるよう、がんばります!

関連作家・声優

関連外部サイト

PAGE TOP