BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

おうち時間に見たい!男たちの愛と苦悩を描く傑作洋画5選 

2020/08/11 18:00

切ない恋愛映画からマイノリティについて考えさせられるものまで



漫画を読んだり、趣味に打ち込んだり…今回は、のんびりと過ごすおうち時間にオススメの同性愛をテーマにした洋画をピックアップしてご紹介いたします。

配信情報もあわせてお伝えしますので、気になった作品はぜひチェックしてみてくださいね~!

終盤は涙の嵐 感動の実話

ホールディング・ザ・マン -君を胸に抱いて-



あらすじ
舞台は70年代のオーストラリア。高校生のティムとジョンは恋に落ち、差別にさらされながらも愛を育んでいく。時は過ぎ、2人の間に最大の困難が訪れる。15年以上にわたる恋愛を追う衝撃の実話。

おすすめコメント
ゲイカップルの実話を映画化した作品です。2015年8月にオーストラリアで公開された本作は、残念ながら日本での公開はされていませんが、NETFLIXで見ることができますよ~!

高校、大学を経て社会人となる2人の人生と恋路を追体験するストーリー展開が魅力の本作。当時のマイノリティに対する差別や偏見を生々しく描きながら、それでも笑い合い愛し合う2人の姿に感動必須です。物語の終盤にかけて、「愛」について考えさせられると同時に、筆者はぼろ泣きしてしまい暫く涙が止まりませんでした……。是非多くの方に見て頂きたい作品です。

NETFLIX
にて配信中



もどかしい2人 ひと夏の恋物語

『君の名前で僕を呼んで』



あらすじ
1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく…。

おすすめコメント
第90回アカデミー賞(R)脚色賞受賞を受賞した本作。北イタリアの夏を舞台に、切なくも美しい映像美とともに2人の恋物語を描きます。夏の日差し、緑の映える自然が美しく、自分も映画の世界に飛び込んだかのような感覚になります。

エリオ役ティモシー・シャラメの幼く危うさを秘めた10代特有の心情を描写した演技も素晴らしいです。音楽も秀逸で挿入歌であるスフィアン・スティーヴンスの「ミステリー・オブ・ラブ」は聴いただけで作中の美しい風景を感じさせます。ぎゅっと胸を締め付ける切ないラストシーンは必見ですよ~!

Amazonプライムビデオ他でレンタル可能



僕の心に住むモンスターと決別する

さよなら、ぼくのモンスター

 
あらすじ
メイクアップアーティストを目指す高校生のオスカーは、怒りっぽいが愛情深い父と暮らしながら、女優志望の友人ジェマとともに作品作りに没頭する日々を送っている。ジェマとはなんでも話せるけれど、恋人ではない、微妙な関係。ある日、バイト先にワイルダーという青年が入ってくる。つかみどころがなく、どこかミステリアスで自由気ままに季節を謳歌するワイルダーを目にするたび、オスカーの中に生まれる鈍い痛み。それは彼が誰にも言えず、そして認めないようにしてきたある"気持ち"だった―。

おすすめコメント
第40回トロント国際映画祭最優秀カナダ長編映画賞など様々な賞を受賞した本作。思春期の性に対する悩みや家族の問題、過去のトラウマに苛まれながらも、人生を歩もうとする一人の少年の物語に引き込まれます。作中に漂うちょっとグロテスク&ホラーな雰囲気も素敵です。

「恋愛」というよりは「自分のアイデンティティと向き合う」というテーマが主軸かも知れません。原題は『Closet Monster』。「closet」には性的指向をカミングアウトしていないという意味がありますが、それを踏まえたうえで題名の「モンスター」とは何なのか考えながら見るとまた面白いのではないでしょうか。

Amazonプライムビデオで配信中、レンタルも可能



優しい家族愛 愛情とは何かを教えてくれる作品

『チョコレートドーナツ』

 
あらすじ
1979年、カリフォルニア。シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。世界の片隅で3人は出会った。そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。ポールがルディのために購入した録音機でデモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。学校の手続きをし、初めて友達とともに学ぶマルコ。夢は叶うかに見えた。しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、ルディとポールはマルコと引き離されてしまう…。見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する彼らの姿に我々は本物の愛を目撃する。

おすすめコメント
物語はダウン症のマルコを引き取るところから始まります。同性愛への世間の目やダウン症という障がいについて扱っているのでシリアスなテイストの作品でもありますが、ゲイのルディとポール、マルコの深い家族愛に心癒されます。同性同士のカップルが子を引き取るということに対する差別や偏見を通して家族とは何か、その在り方について考えさせられる作品です。ぜひこの3人の行く末を見届けてほしいです。

NETFLIX
Amazonプライムビデオで配信中、他各社でレンタル可能



社会の荒波の中少年が大人になるまで

『ムーンライト』



あらすじ
名前はシャロン、あだ名はリトル。内気な性格で、学校では“オカマ"と呼ばれ、いじめっ子たちから標的にされる日々。その言葉の意味すらわからないシャロンにとって、同級生のケヴィンだけが唯一の友達だった。
高校生になっても何も変わらない日常の中で、ある日の夜、月明かりが輝く浜辺で、シャロンとケヴィンは初めてお互いの心に触れることに。

オススメコメント
第89回アカデミー賞 作品賞含3部門受賞。マイアミの貧困地区に暮らす黒人少年の少年時代、青年時代、大人になるまでが描かれています。いじめ、母の束縛、麻薬とシャロンを取り巻く環境も壮絶です。自分を同性愛者と自覚していくシャロンが海辺でケヴィンと初めてキスするシーンは美しくも危うさを感じます。どうにもならない社会に流されながら、シャロンがむかえる結末とは。必見です。

NETFLIXAmazonプライムビデオで配信中。他各社でレンタル可能



***

いかがでしたか?
どれも深く考えさせられるようなお話ばかりですが、特に恋愛を中心に見たい!という方には『ホールディング・ザ・マン -君を胸に抱いて-』『君の名前で僕を呼んで』
考えさせられるような作品を見たい方は『さよなら、ぼくのモンスター』『チョコレートドーナツ』『ムーンライト』をおすすめいたします。

どれも見応えのある映画ですので「まだ見たことがない!」という作品があれば、是非一度見てみてください!

コメント1

投稿順|最新順

匿名1番さん(1/1)

愛って、魂から湧いて出てくる芽のようなものだから、どうしようも止めようないって、人という種の性なんですね。切ないわ。

PAGE TOP