BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

男性の乳首について迫る!乳首責めBLのリアル

2020/08/30 18:00

あのBLのあの受けの乳首にフォーカスしてみませんか?




BLで必ずと言っていいほど描写される「乳首責め」について皆さんはどう思いますか?

おわる先生の『理解不能クソキューティ』では講師×学生の男子トイレの個室でのねっとりじっくりな乳首責めがあまりにもエッチで何度も読み返した方も多いかと思います! 他にもまさき茉生先生の『優しいパンツの脱がせ方』でもタイトル通り幼馴染同士の優しい(しかし激しい)乳首責めがたっぷり堪能できました。


そんな乳首責めですが、なぜ男性は乳首で感じるのでしょうか?

攻めの手によって丹念に開発された受けの乳首、その快楽のメカニズムを知りたい! というわけで筆者が「男性の乳首とは」について調べてみました。是非この機会にあの受けたちの乳首の謎について解明していきましょう!



男性の乳首は性別が決まる前の名残!



BL漫画でさも当然のように乳首を責められる受けを見て、そもそもなぜ男性に乳首があるのかという疑問が筆者の中に浮かんできました。なぜ母乳を出すわけでも何もない男性の乳首は存在するのか……。

そして、謎を抱きながら男性の乳首の存在について調べると、ある面白い話を知りました。

そもそも母親のお腹のなかで育っている胎児の性別が決まるのは7週目あたり。その時に性別を男性にするための遺伝子「SRY」が現れるとその胎児は男の子となるそうです。
しかし乳首が胎児に作られるのは4~6週目なのです!つまり、男女が決まる前にチクビは作られており、胎児が男性となっても乳首はそのまま残り続けるということです。

まさかそんな前から存在していたとは……恐るべし乳首。しかし成長の過程でただついているだけの乳首が攻めの手によって立派な性感帯にされるというのは何とも言えぬ背徳感を感じますね……!


乳首はどうやったら感じるようになるのか?



ではそんな男性の乳首はどうやったら感じる様になるのでしょうか?

実は男性が乳首が感じるかどうかは実は生まれ持った感覚の個人差なのだそう。
しかし開発により感じるようになる可能性は大らしいです! BL漫画でもはじめは乳首を性感帯だと認識していなかったノンケ受けが開発されその快楽に流れるのはまさにBLの十八番ですよね。

そして開発の手順も男性の胸部にあるイタリアの解剖学者により見つけられた乳首の根元部分に存在するパチニ小体や乳首の神経が集まっているマイスネル小体などを把握し刺戟することで感じるようになるそう。乳首責めは意外と難しいプレイのよう……。いつか医学的な観点から乳首開発を行う医者の攻めが出てきてもおかしくないですね。もしくは自分の乳首を開発する受けかも……!?

***

というわけで乳首責めについて調べてみましたが、いかがでしたか?
根強いファンが多い乳首責めは、ちるちるニュースでも何度も取り上げてきたテーマでもあります。

乳首を責められて感じてしまう受けの姿は総じて可愛らしく、まさに萌えの宝庫ですよね……! しかし、男性の乳首は未だ霧の中のように謎めいた部位でもあります。まだまだ調べ切れていない部分もありますが、今回はここまでということで……!

そして、「我こそは乳首責めBLが好きだ!」という方はお気に入りの乳首責めBLなどをコメントで教えてくださいね!

コメント1

投稿順|最新順

匿名1番さん(1/1)

受精の時点で性別は決まってますよ。

PAGE TOP