BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

羽多野渉&寺島拓篤、大雪に負けずアニメ『ラブライブ』イベントに電車移動

2014/03/03 15:51

この状況「DVDにしたら売れるんじゃ…」新たな声優コンテンツ誕生か
毎週金曜深夜(24時~)放送のネットラジオ番組『羽多野・寺島 Radio 2D LOVE』。

この番組は「アニメやマンガ、ゲームが大好きな羽多野渉と寺島拓篤が、アニメ、サブカル文化を取り上げ応援していこう!」というコンセプトですが、2月28日の放送では、人気声優の羽多野渉さんと寺島拓篤さんの“オタっぷり”が、あらためて披露されました。

主に男性がターゲットの萌えアニメ『ラブライブ』の大ファンであるお二人。この日のトークは2月9日に埼玉県「さいたまスーパーアリーナ」で開催されたイベント『ラブライブ!μ’s(ミューズ)→NEXT LoveLive!2014 ~ENDLESS PARADE~』に仲良くお出かけした様子がメインでした。

俺は這ってでも東京に帰る! 新幹線よ、俺を連れていってくれ
しかし、2月9日(日)は“仲良くお出かけ”というレベルではない状況に……。そうです、関東地方は2月8日(土)から大雪! 当初は羽多野さんの車でスタッフを含め4人で楽しくドライブしつつ会場入りするはずが、急きょ電車移動となったそうです。

しかも羽多野さん、8日は出身地の長野県で仕事があり、大雪でドキドキ。番組内では「俺は這ってでも東京に帰る! 新幹線よ、俺を連れていってくれ」とドスを効かせた声を披露。

そして寺島さんも、やはり大雪に関する心配。『ラブライブ!μ’s(ミューズ)→NEXT LoveLive!2014 ~ENDLESS PARADE~』は2月8日・9日に「さいたまスーパーアリーナ」で開催されたのですが、自分たちが楽しむ予定の9日のイベントより、8日のイベントに行った仲間“ラブライバー”の安否を気にしていたそうです。

寺島さんも「みんな、元気に帰ってこいよぉ」と力のこもった声をあげていました。声優さんって、心情を声でうまく表現できるので聞いていて楽しいです。

特急のグリーン車でシートをボックスにして大盛り上がりで埼玉へ
さて、急きょの電車移動となった東京-さいたまスーパーアリーナの道中。そこまで遠くない距離ですが特急のグリーン車を取って、参加者が4人ということもありシートをボックス席にして埼玉に向かったそうです。この選択が大正解。

金曜日のイベント前日物販に訪れたスタッフがゲットしたパンフやグッズを見ながら、「これほしいね~」と大盛り上がり。携帯にそれぞれの『ラブライブ』“推しメンバー”のキーホルダーを付けて、見せ合いっこや写真の撮りあいなど、修学旅行のような気分を味わったようです。

もちろん、本番の『ラブライブ』イベントも思いっきり楽しんだ模様。

羽多野「でもねえ、寺島がすごいなって尊敬したひとつに、ペンライトの色を変える速さね」

寺島「ラブライブレードね」

『ラブライブ』のメンバーが登場するごとに、会場がペンライトの色で9色に変わることに大興奮。ファンならではのトークが繰り広げられました。

人気の旅番組、お散歩系番組ブームが声優界にも!?
なお、番組の冒頭で飛び出したのが、羽多野さんと寺島さんがイベントに向かう様子を「DVDにしたらけっこうセールスいくんじゃね?っていうちょっとゲスい会話までしました」「まあ、俺たちが楽しんでるのが好きっていう人には売れるね」というトーク。

確かに今、テレビ東京の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』や、毎回ひとつの地域をお散歩的にめぐる同局の『モヤモヤさまぁ~ず2』が人気。古くは北海道テレビ放送の旅番組『水曜どうでしょう』が、ローカル放送ながら全国的な人気を得ました。

また、声優の珍道中としては神谷浩史さんと小野大輔さんの映画『DearGirl ~Stories~ THE MOVIE』シリーズが有名です。

これは、新たな声優コンテンツビジネスのひとつが開発された瞬間か!?

このたびの羽多野さんと寺島さんの場合は、道中の目的が男性向けアニメ『ラブライブ』イベントということもあり、もしも道中がDVD化などされたとしたら(今回は無いでしょうが)、お二人のファンのメインである女性だけでなく、男性の“ラブライバー”にも受けそうですよね。

なお、今回の放送はおそらく、試聴として3月6日に番組ホームページに公開されるはずです。聞き逃したみなさんはお楽しみに!

ちなみに現在、試聴として公開されている2月21日放送分は、2月8日に羽多野さんが出身地の長野県で参加したテレビ番組『おぉ!信州人』のお仕事内容にもふれられています。なんと、『北斗の拳』のケンシロウなんかも演じたそうですよ!

関連作家・声優

関連外部サイト

PAGE TOP