>
>
R-15舞台!男娼を演じるのはジュノンスーパーボーイとスーパー戦隊俳優

BLニュース

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
2014/04/22 03:27
コメント:1

R-15舞台!男娼を演じるのはジュノンスーパーボーイとスーパー戦隊俳優

一人の男娼を巡るスリリングな会話劇『クロードと一緒に』
5月14日~5月18日にかけて、東京・青山円形劇場にて、舞台『Being at home with Claude ~クロードと一緒に~』が上演されます。

今作は、カナダの劇作家、ルネ=ダニエル・デュボワが30年前に手がけた戯曲をもとに作られた作品。1960年代のカナダ・モントリオールを舞台に、「客を殺した」と自首をしてきた若い男娼が、取り調べを担当した刑事に事件の真相を告白するまでを描いた会話劇です。

肉体関係のあった大学生の青年を手にかけた「彼」と、男娼である「彼」に軽蔑の意を隠そうとしない、どこか傲慢な刑事。そして密室で交わされる、男2人の息を呑むスリリングなやりとり…と気になる要素満載です。

そしてもうひとつ目を引くのが、公式サイトに記載された「R-15と同程度のセクシュアルな表現があるため、15歳未満の入場をお断りします。」の文言。こ、これは…! すでに妄想が止まらないのは私だけでしょうか。

ダブルキャストで「彼」役を務めるのは、「第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で過去最多候補者の中からグランプリを受賞した稲葉友さんと、スーパー戦隊シリーズ『侍戦隊シンケンジャー』に出演していた相馬圭祐さんという注目の若手俳優2人。そのほか刑事役には、同じくダブルキャストで伊達暁さんと伊藤陽佑さんが出演します。

チケットは現在各プレイガイドにて発売中。キャストの出演タイムテーブルなど、詳細は今作の公式サイトをご確認ください♪

記者:神谷浩未

舞台『Being at home with Claude ~クロードと一緒に~ 』
作:ルネ=ダニエル・デュボワ
翻訳:イザベル・ピロドー/三宅優
上演台本・演出:古川貴義

◇出演
ダブルキャスト
相馬圭祐・伊藤陽佑/稲葉友・伊達暁
井上裕朗 鈴木ハルニ

◇会場・日時
青山円形劇場 5月14日(水)~5月18日(日)

Being at home with Claude - YouTube

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連記事

1
投稿順|最新順
匿名1番さん (1/1)
14/04/22 12:18
  • もうチケットとりました!!
    圭ちゃんは細いながらも身体もきれいだし、舞台映えするの。
    今回の舞台も楽しみ。

アクセスランキング