BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

弁護士×ショーダンサー+子育て 映画『チョコレートドーナツ』がおもしろい

2014/04/25 15:21

公開中の銀座に続き4/26から神奈川、5月~7月にかけて全国へ
弁護士×ショーダンサー、そして子育てBLの要素を入った映画『チョコレートドーナツ』が4月19日から銀座で上映され好評です。

ある夜、ポールはシンガーを夢見ながらもダンサーとして働いているルディと出会う。
シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。
正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。
母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。
心温まる、そして切ない物語。

「映画.com」のニュースでは
“シアトル映画祭をはじめ、全米の映画祭で観客賞を総なめにした『チョコレートドーナツ』が4月19日にシネスイッチ銀座で公開され、2006年『かもめ食堂』以来、約8年ぶりに同劇場初日全回満席を記録、2日間で観客動員2674人、興行収入408万5600円となり、昨年公開されたヒット作『クロワッサンで朝食を』の初日と2日目の動員興収記録を上回った。”

と紹介されています。単館系の映画作品にしては異例の入場者数ということです。

トレーラー動画を見ると、予告だけでなんだか泣けてしまいます。

特にバイセクシュアルで同性婚まであげたアラン・カミングの演技、歌。そしてダウン症の少年役のアイザック・レイヴァのダンスが印象に残ります。レビューによると前半と後半でガラッと展開が変わるようです。

とにかく胸を打つ物語ということです。これから全国的に上映館が広がっていくので、要注目です!
『チョコレートドーナツ』予告編 - YouTube


詳しいあらすじ
1979年、カリフォルニア。シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。世界の片隅で3人は出会った。そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き 始める。ポールがルディのために購入した録音機でデモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。学校の手続きをし、初めて友達とともに学ぶマルコ。夢は叶うかに見えた。しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、ルディとポールはマルコと引き離されてしまう……。 血はつながらなくても、法が許さなくても、奇跡的に出会い深い愛情で結ばれる3人。見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する彼らの姿に我々は本 物の愛を目撃する。

関連外部サイト

コメント2

投稿順|最新順

見てきました!BL色はあまり期待しない方がいいと思いますが、BLを読んでいたから同性愛への偏見がより辛く感じられた気がします。
あちこちから鼻すする音が聞こえてきてました。
劇場で箱ティッシュの貸し出しがあるほどです。

わー良い情報をありがとうございます!
関西在住なのでこっちでも上映があれば絶対観たいです。

PAGE TOP