BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

BLの実写化。賛成? 反対?

2014/05/14 12:21

ちるちる掲示板に寄せられた声
コミックの原作を実写で映画化するというのは、なかなかハードルが高いような気がしますが、いかがでしょうか。

5月31日にはヨネダコウ先生の人気漫画『どうしても触れたくない』が実写映画化され公開。本日14日からはBL妄想もできそうな舞台『Being at home with Claude ~クロードと一緒に~』の公演がスタート。さらに、本日ちるちるに掲載のほか記事には「BLAV」まで……。

実写化についてはちるちるの姐さま方も気になったようです。今回は掲示板のトピ「実写BL」を見ていきましょう!

質問は以下のとおりです。
一時期、やたらと実写BL映画、DVDなどが発表されたように思うのですが、ちるちるをご覧の皆様中では実写ものは、肯定派、否定派どちらが多いのかな、と思いまして質問させて頂きました

反対! の意見
実写BL作品を見て、内容の薄さや実写の限界を見て幻滅してしまう事が多々あったので

BLはファンタジーなのよっ

blはファンタジーであるべきだと思ってます。blに現実逃避と癒しを求めてる私にとって、blに現実の要素は不要なんです

私は多分見ないなあ…原作のイメージが崩れるからイヤなんです

腐女子・腐男子が何故BLを好むのかも理解しないままでは実写BLが否定されても無理ないと思います

“ファンタジーだから”という意見が多いようですね!二次は二次のままでいさせておこう…という事でしょうか。

賛成! の意見
舞台版『美しいこと』が個人的にとても素晴らしかったので作品として良質であれば

作品として良質であれば三次元化も構わない、というのが私の意見です

おもしろいBL作品であれば二次元でも実写でもアリ派です

BLはファンタジーですが、実写になったらファンタジーじゃなくなるなんてこともないと思いますし

自分の好きな作品が注目されてるんだ!凄い!って実感するから。そんな感覚です

映画化されて、一般の人の目に触れる。これが大事なのかなぁ?と思います

“おもしろければ”と“好きな作品が知れ渡る”ことが賛成意見の後押しになっているようですね。手放しに歓迎という訳にはいかないようです。

他には以下のような意見も
役者さんと原作キャラのイメージなんて、どんなキャスティングでも、誰もがみんな納得することは絶対有り得ないでしょうしね

やはり、原作と映画は別物として見る事がいいのでしょうか? 皆さんはどのようにお考えですか?
実写BL - 答えて姐さん ちるちる

記者:朝のタクミくんは神

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント6

投稿順|最新順

実写映画化はリアル感が出てちょっとなぁ・・・。
劇場版ならアニメの方がマシ。
漫画で読むからファンタジーなのですよ!!
ゲイビの方が割りきり感がある。

良くも悪くも原作のイメージが壊れるのでやめてほしい
「どうしても触れたくない」も映画を観て原作のイメージが崩壊した
是-ZE-の映画化もこのまま永久に中断したまま完成してほしくない

私も匿名1番様に同意です。
BLに限らずですが、
原作コミックスや小説を実写化したモノって原作のイメージが既に固定化している上
実写化避けれると必ずと言っていいほどどこかか簡略化(省略化)されたりして
雰囲気が違ってしまっています。
原作を知らなくて見るならまた違うのかもですけど。

「どうしても観たくない」(笑)

BL映画ってなんとなく低予算な印象。役者さんも演技の上手いひとを使ってくれるならいいんだけど、やっぱりどうしてもわざとらしい感があると「うーん…」ってなってしまいます。どうしても~はどうなるかしら?実写作品ではないけど、「情熱の嵐~ランユー」みたいな、演技から何か迫るものを感じることのできる作品を見たい。

作品として良質であればって言うけど、実写化して良質になってる作品見たことないです。
『どうしても触れたくない』はまだ見てないのでわかりませんが。

PAGE TOP