BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

TV放送!スパイダーマン俳優×ハリー・ポッター俳優が絡む… 青春映画♥

2014/06/26 11:38

2018/11/06 12:08

1944年の米で起きた殺人事件が元 映画『キル・ユア・ダーリン』


追記:2018年11月12日(月)25:59~27:59に日本テレビ『映画天国』で放送!


有名俳優ふたりの“ムフフ”シーンが楽しめる映画として話題の『キル・ユア・ダーリン』。DVDが6月27日に発売です!

カップル(あえてこう言おう!)を演じるのは、映画『ハリー・ポッター』シリーズのハリー役でおなじみのダニエル・ラドクリフ“くん”と、今年公開された映画『アメイジング・スパイダーマン2』で主人公の親友であり最強の敵を演じたデイン・デハーン。

ラドクリフくんは今作でもメガネ役で、デイン・デハーンは“ナチュラル・ボーン・物憂げな表情”が乙女のハートをとらえまくるイケメンです。

映画は実話が元。1950~60年代にアメリカ文学界で異彩を放ったという世代「ビート・ジェネレーション」で、メインを担った人物たちの青春時代が描かれます。物語の中心となるのは大学時代。ここで、殺人事件が起きるのです。


ラドクリフくんが演じるのは、のちに詩人として大成するアレン・ギレンズバーグ。アレンはゲイとしても知られているそうです。そんな彼の創作の意欲となった友人、ルシアン・カーを演じるのがデイン・デハーン。

この映画、アメリカで昨年公開されたのですが日本では劇場公開がなく、現在はTSUTAYAのみでレンタルできます。こういったことから、記者は見る前は「芸術性は高いけど、全体的には退屈な映画って感じなのかな?」と思っていました。

しかし、見てビックリの疾走感あふれる青春映画! そして男同士のアヤシイ関係とサスペンス。物語は、アレンが大学に合格し入学するところから始まります。図書館を訪れた彼はそこで、初めてルシアンと出会います。ルシアンの突飛な行動に、惹かれるアレン。


しかし、ルシアンにはどうも特別な関係の“彼”がいるようで、アレンは悶々とします。その彼、デヴィッド・カマラーは、実際に起きた殺人事件の被害者。そして彼を殺してしまうのが……。

アレンとルシアンが親しくなっていく過程は、当時のヒットソング(?)に乗ってノリノリの青春、既存の文学への反抗などが描かれ、“俺たちは最強のコンビだぜ!”といった感じで萌え!


また、アレンはルシアンへの想いを創作にぶつけ、そのうち下半身裸で……。その後の賢者タイムをものともせず(?)、タイプライターを打ってはまた下半身裸で……といったシーンも青春の1ページとして見る者の魂を揺さぶるでしょう。

そして、ハリー・ポッターからは想像できないラドクリフくんの意外なボディにギャップ萌え(笑)。BLファン的に美味しいネタ以外にも、各所にクスッと笑えるポイントが仕込まれていて、見ていて飽きません。


このように、どんどん物語に引き込まれていった先に待っているのが殺人事件。その真相は……!?

DVDは明日6月27日発売ですが、すでに全国のTSUTAYAでレンタルできますので、気になったみなさんはぜひチェックしてください!

関連外部サイト

コメント7

投稿順|最新順

ホモとサスペンス!
最高の映画ですね!
紹介ありがとうございます。
さっそく借りにイッてきます(=゚ω゚)ノ

この前TSUTAYA行ったときやたらプッシュされてて気になったけど…
借りればよかったー(ノД`)・゜・。

早速見ました。視姦プレイ(?)に萌え禿げました!

今さんの「萌えの死角」(2巻)を読んだばかりなので、俳優さんがタバコの吸う姿にやたら目がいきました。

ダニエル・ラドクリフの胸毛は知っていましたが見るとやっぱりギャランドゥーとかもすごいんですね
そんなの全く気にならないくらいきれいなラブシーンです
ストーリーも気になるな…借りてくるかな

知れば知るほど自分の好きな要素しかないです。
早速借りて見ます。良い情報ありがとうございます。

こないだのスパイダーマンでもデイン・デハーンいい演技してましたよね。
肌きめも細かいし、なによりイケナイ気持ちになるレベルの美しさ!(笑)

かなり前から知ってる

PAGE TOP