BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

┌(┌  o )┐ホモォ… 厳選江戸時代のホモ妖怪

2014/09/01 07:20

妖怪とBLの関係はいにしえから深いものがあります。
江戸時代の俳人与謝蕪村の描いたといわれる『蕪村妖怪絵巻』には、
┌(┌ ^o^)┐ホモォ…の男版と思われる「ぬっぽり坊」が登場します。

解説に

一ツの眼、尻の穴に有りて、光ることいなづまのごとし

とあります。
このエロい名前と発想
俳句だけでなくBLにも精通するとは、恐るべし与謝蕪村! ちなみに
┌(┌  o )┐ホモォ…前後逆に見立てるとそのまま使えます。

つづいて葛飾北斎の「河童を釣るの法」。

河童といえば、相撲、お皿、きゅうりなどいろいろ連想するものが多いですね。その中であまり知られていないのが尻子玉(しりこだま)です。

やおい穴ならぬ、尻子玉(しりこだま)とは、いったい?
 それは人間誰もが持っている肛門近くにある玉で、かっぱに尻子玉を抜かれるとふぬけになってしまうと信じられていました。

『北斎漫画』の第十二編に描かれている「河童を釣るの法」では
のんきに尻をさらしている男を河童が狙っている図が描かれています。

十返舎一九の描いた『河童尻子玉』では、河童に襲われて尻子玉を抜かれてしまった童が川べりに倒れています。
激しく中でかき混ぜられてぐったりという風にも見えます。
このように尻子玉は河童が大好きなものなのです。もしかすると、きゅうり好きって設定も食べるのではなくて、挿し込む設定なのかもしれません。
また人によっては、この尻子玉は、抜くのではなく、種付けなのだと解釈する人もいるようです。

つづいて おもしろい設定のある妖怪 山地々

竹原春泉によって描かれた『絵本百物語』によれば、奥州では「こうもり」が年を取ると「のぶすま」という妖怪に進化し、これがさらに生き続けると「山地々、山地乳(やまちち)」とよばれる妖怪となるそうです。
どんな悪さをするかというと
山地乳は、人の寝息をうかがい、その息を吸ってしまうのです。これを誰か(絵ではいっしょに寝ている男)が見ていれば吸われた人は長寿を保ち、逆に見つからなければ、あとでこの人の胸を叩くと死んでしまうようです。
不思議すぎる設定です。つまりディープキスしてNTRしてる現場を押さえないと、そのまま最後まで奪っちゃうよ!ということなのでしょうか。
オヤジとケモノ妖怪どっちを選ぶか?ということですが、若者の恍惚とした顔を見ると、妖怪でいいよ!と言ってそうです。ぜひとも現代版でリメイクしてほしいです。

最後は、湯本豪一編著の『妖怪図巻』から作者不明の肩もみ妖怪です。
坊主と思われる男が、のっぺらぼうぽい妖怪に肩をもまれています。
気持よくてうとうとしていますね。はだけた肩がセクシーです。
しかし妖怪の出している舌先。これはいったい何を狙っているのか?
坊さんが寝ている隙に何をしようとしているのか?
今となっては誰もわかりませんね。
はだけた肩がセクシーな坊主、妖怪の狙いは?(作者しらず)
今回は、江戸時代に描かれたホモォな妖怪を集めてみました。
きっとこうした絵が、無名の絵師たちによってたくさん江戸時代に描かれたのでしょうね。
江戸時代から、ホモと妖怪は切り離せない関係です。そんなわけで妖怪BLアンソロジーが出版される日も近いのではないでしょうか。


コメント4

投稿順|最新順

何これめっちゃ面白い!

>ぬっぽり坊
リンクからwikiに飛ぶと、「京都市の帷子辻に現れたとされ、人に会うと服を脱いで全裸になり、尻にある一つ目を雷のように光らせて脅かす」とか。
人に会うと服を脱いで全裸にwww
妖怪と勘違いされただけで、ほんとは襲い受けだったんじゃ?

>河童を釣る法
自分の尻をエサに釣りwww 
まさに誘い受け。竿要らずですね(笑)
「尻子玉」=アナル処女?と真面目に思った。

いろんな妖怪がいるもんですね。

最初の絵は目がお尻の穴にあるってこと?
じゃお尻の穴は何処に?


あと匿名1番様があげられている春画。
前々から気になっていたので、その特集が見たいです!!
某マイページ画像で凄く気になってたもので。
大きい画像になる訳でもないのに、無意識にその画像をクリックしてしまった自分がいます。
スイマセン某レビューアーさん。

ぬっぽり坊・・・なにこれ怖い(泣)

娘にみしたら確実に泣くレベルだよコレ。

春画好きで色々見たけど、妖怪のこれは興味深い!
ぜひ、シリーズ化でお願いします。

PAGE TOP