BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

サンキュータツオ「Free!」を見て母乳が出た 対談BLの豊饒な世界で

2014/11/09 00:17

芸人でBLの探究者・サンキュータツオさんが、BL食わず嫌いの時代劇研究者の春日太一さんをBLに目覚めさせる企画対談が「W流」に11月7日公開されました。
名づけて、サンキュータツオ×春日太一の文化系食わず嫌い克服講座『BL(ボーイズラブ)の豊饒な世界』
これは9月28日に行われたその対談ですが、はたしてレクチャーを聴いて、春日さんはBLに目覚めたのでしょうか?

サンキュータツオさんはまず
「このBLの世界の楽しみ方をカラダで理解できるようになったとき、世界は輝いてみえる!あなた達はモノクロでしか世界を観ていない!」
と世界の見方が180度転換したことを強調します。(8分ごろ)
春日太一さん

最初はBLに半信半疑だった春日太一さん。初めてBLを見たのは『料理の鉄人』の同人誌。
「これ面白いよっ」と知り合いの腐男子に、三鉄人の同人誌を見せられ仰天します。道場六三郎さんを巡って三角関係を演じる内容で、ネタじゃなくておもしろいだろと勧める知りあいに「怖さを感じた」といいます。
しかしそんなネガティブな印象を、サンキュータツオさんは、春日さんの好きな時代劇、三船敏郎の例を出してたしなめます。

サンキュー「三船敏郎は単体でも輝きますが、誰かとやってるとき輝いていますか?」
春日「仲代達矢さんですね!」
サンキュー「三船と仲代いいわぁっていうのが関係性なんです」
春日「ふわぉぉー、すっげーおもしろい」
サンキュー「そのうち三船は仲代だけのものでしょってなる」
春日「それが有段者なんですね!」

もうすでに陥落寸前の春日さんです。

そしてサンキュータツオさんは、自身の乙女体験について語ります。『おおきく振りかぶって』はこれまでの野球漫画の勝利至上主義の価値観が変わり
「勝利を求めてがんばっている彼ら」の姿を応援していたといいます。
「ちょっとお弁当をつくりたくなったんです。完全に彼らに女として、恋愛感情を持つ疑似体験を持ったんです」
さらに最近『Free!』を見て、
「うちの子もっと大切に扱ってよ。泣いている所をみて、母乳が出たんですっ!」(4分付近)
と熱弁をふるいます。


女としての疑似体験はできる、そうした能力は男にはある、というサンキュータツオ氏。
ほかにも「腐女子とはなにか」「『腐』をめぐる議論の混乱」「なぜ『腐男子』はゲイではないのか」「BLとやおい」「二次元で性別は属性でしかない」などが熱くそして分析的に語られました。
サンキュータツオさんは今後
男性の分母を上げること、女性の20代、30代、40代を多くするということを目標にがんばっていくということです。
会場には腐女子ではない女子が大勢集まったようですが、そこで初心者向けに紹介されたのはこの作品です。ちるちるでも人気の高い作品ですのでぜひともご覧になってください。

はたして最後は春日さんは、いったいどうなったのか?
それは動画でお確かめください。


関連作家・声優

PAGE TOP