BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

過激な性描写… 目が離せない海外ゲイドラマ事情

2014/12/03 13:52

恋愛モノ、サスペンス、バラエティまで多種多様
日本のみならず、海外の腐女子やBLファンの心もくすぐる人気の海外ドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』。

同作を語る際に多く使われるのが、“ブロマンス”(ブラザーとロマンスを併せた造語)という単語。恋愛ではないけれど、友情と括るには親密すぎる…そんな男性同士の一歩踏み込んだ関係を描いているブロマンスですが、海外ドラマにはその範疇に留まらない、「同性愛」を前面に押し出した作品が数多く存在します。

たとえば先日BLニュースでも取り上げた、イギリスのテレビ局「BBC」の手がける新作ドラマ『London Spy(ロンドン・スパイ)』もその1つです。

今回は、そんな「同性愛」がテーマの海外ドラマを集めてみました♪

『クィア・アズ・フォーク』
元々1999年にイギリスで制作したものをアメリカ版としてリメイク、米国内およびカナダにて2000~2005年に放映され、異例の大ヒットとなった作品。ゲイで引く手あまたのプレイボーイと、そんな彼に初めてを奪われ虜になってしまった17歳の少年の関係が物語の中心ですが、それを取り巻く人間ドラマがまた魅力的。

過激な性描写のせいか、この作品が日本向けに映像作品化されるのは難しいとされていますが、今年2月、日本語字幕付き第1話(約45分)がYouTubeに登場しました。ベッドシーンもしっかり含まれています。

新訳 クィア・アズ・フォーク 第1期 第1話 日本語字幕


ちなみにこの動画、「高評価」が3000件を超えたら続きがアップされるそう。現在700回を少し超えたあたり…海外ゲイドラマの名作が日本語で堪能できる貴重な機会。盛り上がれば、公式発売などにもつながるかも……!? ひとまずYouTubeの「高評価」ボタンを押してみてはいかがでしょう。

『LOOKING』
あの『セックス・アンド・ザ・シティ』などを制作したアメリカのケーブルテレビ局「HBO」にて、今年の1月から放映がスタートした作品で、日本では未放送。

舞台は、同性愛者が堂々と暮らせる街としても知られる、米・サンフランシスコ。恋愛関係ではないゲイ友達3人の友情を描いた作品で、脚本家9人中7人がゲイであるためか、ストーリー、台詞まわし、撮影スポットなどかなりのリアリティがあると高評価を獲得しています。

LOOKING | TRAILER | HBO SERIES


Looking Season 1: Invitation to the Set (HBO)



『エンジェルス・イン・アメリカ』
2003年に、同じく「HBO」で放送された作品。
舞台は80年代、エイズ発症のために生活が一変してしまった同性愛者たちと家族の関係を描いたヒューマンストーリー。アル・パチーノをはじめとする有名スターの出演、約66億円の製作費などなど、話題に事欠かない作品でもあります。

Angels In America [ Official HBO Trailer ]  


『ライン・オブ・ビューティ~愛と欲望の境界線』
2006年、イギリスのテレビ局「BBC」にて放送されたドラマ。原作は、2004年に同性愛をモチーフとした作品として史上初めて英国文学界の権威・ブッカー賞に輝いたアラン・ホリングハーストの同名小説。

イギリスの上流社会を背景に、ゲイである青年達の日常や恋愛模様、権力への野望、エイズの悲劇を描いており、そのテーマや内容から英国版「エンジェルス・イン・アメリカ」とも言われる作品です。日本でも放映済み。

The Line Of Beauty (2006) TV Trailer | Saul Dibb


『New Normal おにゅ~な家族のカタチ』
人気ドラマ『glee』で知られるプロデューサー、ライアン・マーフィが手掛けた作品。子どもを望むゲイカップルと、そんな彼らのために代理母出産を決意したシングルマザーの不思議な家族愛を描いたハートフル・コメディです。

日本でも昨年初めてオンエアされたため、もしかしたらご覧になった皆さんもいらっしゃるかも知れませんね♪

The New Normal Trailer english HD


『My Best Gay Friend』
アパートで同居する3人のゲイ男子たちの日常生活を描いたベトナムのシチュエーション・コメディ。同性愛者についてのシリアスな面ではなく、「いかに自分たちゲイが人生をエンジョイしているか」について描き出された作品です。

この作品は、弱冠21歳の演劇専攻の学生がデジタル・ビデオカメラを使って撮影し、YouTubeに投稿。自身もゲイという彼は主演まで務めています。なお同シリーズは現在もYouTubeにて1~8話まで公開中! 日本語訳がないのがとにかく残念です……。

My best gay friends


『Torchwood~秘密情報部トーチウッド』
ウェールズのカーディフという街を舞台に、少人数の秘密組織「トーチウッド」が、時空の裂け目から侵入する数々のエイリアンと闘う……という、イギリス「BBC」関連テレビ局のSFサスペンス。恋愛ドラマではないものの、主人公は彼氏持ちのパンセクシャル(全性愛者)という設定で、同性愛表現、性描写もばっちり。

ちなみに、その主人公キャプテン・ジャック・ハークネス役の俳優ジョン・バロウマン自身も同性結婚を果たしています。

Jack/Ianto kiss from ep 2x3 To the Last Man


『私立探偵ストレイチー』(Third man out)
アメリカのゲイ専門ケーブルTV局「here!」にて、2005年から放映されてきたシリーズ作品。元軍人の私立探偵が同性愛者に関わる事件に挑んでいくという物語ものです。サスペンス要素もさることながら、主人公・ストレイチーとそのパートナーであるティミーの恋愛模様が可愛らしくて萌えると話題♪

なお原作者のリチャード・ スティーヴンソン、そして主演のチャド・アレンも、自身がゲイであることを公にしています。

Third man out - Bleeding Love HD


ところで、アメリカにはドラマ以外にも、こんな番組が存在するそうです。
『クィア・アイ』
美容、ファッション、グルメなど、その道のスペシャリストであるキュートなゲイ5人衆、通称“ファブ・ファイブ”が、毎回ターゲットであるノーマルのダサ男を改造すべく奮闘し、プロポーズやオーディションといったミッションに送り出すというリアリティ・ショウ(バラエティ番組)。

Clips from Queer Eye for the Straight Guy



ターゲットの外見、中身に留まらず、なぜか家ごと改造してしまうという謎のスケールのでかさがアメリカならではといったところでしょうか。こんな番組が日本にもあればいいのに!
クィア・アイ ゲイ5のダサ男改造計画 ファブ・ファイブ - NAVER まとめ

いかがでしたか? 紹介したものはほんの一部に過ぎませんが、シリアスからコメディまで、エロ多めからサスペンスまで、様々なゲイカップルの恋愛模様を楽しんでみてください♪

記者:神谷浩未

関連外部サイト

コメント11

投稿順|最新順

トーチウッドのキャプテン・ジャック・ハークネスはパンセクシュアルではなく作中でいうところのオムニセクシュアルで全性どころかあきらかに人間とは生態が違うクラゲみたいな宇宙人であっても性愛の対象だから記述に誤りがあり。
ジャックの初出が『ドクターフー』であることと、フーのジャック登場時とトーチウッドの製作総指揮のラッセル氏もパートナーがいる同性愛者であることも言及してよかったんじゃないかな

良い記事ですね!
どうせなら次は「ブロマンス」止まりの人気作品紹介もしていただきたいです!判定は難しいと思いますが、そこはお任せします!

大分たっていますがークィア・アイみていましたー。
とっても面白いです。
スカパーでやっていたんです。
またみたいな。

そんなに色々な海外ドラマを見ている訳ではないのですが、海外ドラマって同性愛物でなくても、
主要登場人物に同性カップルがいたりゲストで出て来たりする所が良いなと思います。
しかし同性愛がテーマのドラマってこんなにあるんですね、参考に致します。

ちょっと前のおネェのメイクオーバーは
クィアアイのパクリだとこれをみて知った
オリジナルは強烈だし
使命感も強い。
日本じゃもう放送してるとこが無いのがざんねん
DVDで見たーい
ジェイとカイアンが好きだなぁ

この記事のおかげで素敵な作品に出会えました!
ちるちるさんありがと〜う^^/

日本でも作ってほしいな。男女ものばっか飽きた。BLものゲイものレズもの男女もの以外ももっとやればいいのに。
ドラマもBL原作のやつドラマ化してほしい。少女漫画原作のドラマたくさん作られてるし全年齢向けで作ればいいでしょ。
BLは隠すものとか言ってる人るけど、日本が遅れてるだけなんだよね。
日本は同性婚すらできないし。BLアニメとかドラマ観たいからいろいろセクマイ系のネット署名してるけどね。
同性愛の権利が一般的になったらBL系ももっと作られるようになると思うから

Queer as Folkは元はイギリスのドラマでアメリカ版はリメイクです。
私は断然イギリス版派なのでこちらも紹介してほしいなぁ。
イギリス版は日本でスカパーの有料チャンネルで字幕付きで放送されたことがあります。
イギリス版のクリエイターは「秘密情報部トーチウッド」の人です。
だから「トーチウッド」にもゲイネタ満載ですよ。

おもしろい記事でした!
紹介されている作品、見てみようと思います。
これからもよろしくお願いします(^^)

「クィア・アズ・フォーク」
早速見て高評価押してきました!面白かったです。

こういう記事とても嬉しいです。知りたいことのひとつ。実用性がある。すごく興味がひかれるし、方向性、とてもいいです。こんなニュース路線で、これからも期待してます。

PAGE TOP