BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

私たちの心の桶狭間はどうなるの? 敦盛2015で蘭丸役が変更

2014/12/11 20:23


「俺の心の桶狭間を埋められるのは君だけさ」
「君だけしかおらん」
キャッチーな歌詞で戦国時代の織田信長と森蘭丸の主従ロマンを歌い上げた『敦盛2011』。歌うユニットは「信長と蘭丸」です。

この曲は『戦国鍋TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜』(2012年終了)のローカル番組内で、村井良大さんが扮する信長と鈴木拡樹さん扮する蘭丸(おらん)が歌って大人気でした。
そして12月10日深夜、そのスタッフが再結集して『世界史ちゃんTV 〜何となく歴史が学べるVTR〜』が、NHK BSプレミアムにて放送されました。

しかしここで事件が起きました。

「お蘭がおらん」
これまで蘭丸役を演じていた鈴木拡樹さんはそこにはおらず、須賀健太さんが蘭丸役でデュエット曲『敦盛2015』を歌ったのでした。

君だけしかおらん(嘘)
信長、ぼけちゃったのか?見分けつかんのか?
心の桶狭間は埋まりません…(泣)

など、という意見が噴出しました。
『敦盛2011』の歌詞の中に「君だけしかおらん」というキャッチーすぎるフレーズを入れたのが災いしてしまいました。
 ↓ 敦盛2011

「衆道」という、最後まで相手と添い遂げる!という命の契りを交わした関係が、妄想力をたくましくさせたヒット要因のひとつです。こうも簡単に中の人が変わってしまうのはいかがなものか?という意見は納得できますね。

しかし信長自身が須賀さんを蘭丸と思っているならよいではないか!
とも考えられます。
いっそこれから『相棒』のようにシーズンごとに信長の相手役を変えていくというものいいかもしれませんね。
また12月10日には「戦国鍋TV」新商品 パスケースが登場です!


関連作家・声優

PAGE TOP