BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

獣姦禁止令 ケモノと獣の間

2015/05/02 13:41

2018/03/01 13:41


デンマーク獣姦禁止令
獣姦ツーリズム "動物との 性行為を目的とした観光客らがデンマークに集中、社会問題化したために、それらの行為を防止するために獣姦禁止の法律が議会で通過しました。

2011年デンマーク法務省の発表によると、17%の獣医が診察した動物に性的虐待を受けた疑いがあると証言しているということです。

ところがデンマークでは既に動物を傷つける行為は禁止されています。
しかし活動家は、それでは動物の権利が十分に保護されないとして、長期にわたって規制強化を求めていたのです。
ではどうして“獣姦国”として注目される危険を犯してまでも、獣姦禁止の法律を定めなければいけなかったのでしょうか。

イーナムクロー馬姦事件発生
舞台はアメリカにかわります。
2005年7月、ワシントン州で奇妙な事件が起こりました。
ある夜、見知らぬ誰かが救急処置室に患者を運びこみます。しかしその時患者は瀕死の重傷、医師が駆けつけたときにはその患者はすでに死亡していました。死因は大腸の破裂。そして何かをアナルに深く突っ込まれたような跡。患者を運び込んだ男はその時すでに姿を消していました。

アニマルソープランド
警察は、運び込んだ男の足取りを追いかけ、ついに事件の舞台となった農場の存在に行き着きます。亡くなった男性は、勃起すると人間の腕と同じくらいになるといわれる馬との性交で大腸を傷つけられ絶命したのでした。

そして警察は、農場の近くに住む彼の仲間と思われる男の家を発見します。彼の家からは馬、ヤギ、羊、鶏などと獣姦している無数のビデオテープが見つかったのです。
病院に連れ込んだ仲間は、死亡した男の行為一部始終を動画撮影していたのでした。
警察や調査員は、その男たちが農場をひそかに「動物売春宿」として利用していたと結論付けます。

人間受けのSEXを罰する法律がない

しかし事件解明のために無数の獣姦ビデオを視聴しましたが、ついに彼らが動物を虐待している証拠が見つけることができませんでした。
これではせいぜい住居不法侵入が適用されるぐらいです。このときのワシントン州では、その仲間を重く罰する獣姦を禁じる法律がなかったのです。
この事件がきっかけとなって、獣姦に対する規制を求める声が高まり、ワシントン州は事件から半年で獣姦に関する法律を整備しました。
アメリカでは多くの州がそのあとに続き、海外でも、ドイツ、ノルウェイ、スウェーデン、イギリスも獣姦を禁じています。

その男は4年後、別の州でも獣姦を行い、5年の実刑と罰金を言い渡されました。またこの事件を題材とした映画も制作されています。

獣姦率の高さに衝撃
さらに時間はさかのぼり1950年代。
アメリカで「キンゼイレポート」が発表され衝撃が走ります。
さまざまなアブノーマルな性行動(当時の基準)の結果報告がされたのですが、その中でも男性の8%、女性の4%が獣姦経験ありという結果が発表されました。

その後の別の調査でも、獣姦が行われるのは、SEX相手不在の代替行為ではなく、純粋に動物を行為を行うことが好きであり、かつ動物を愛しているので、行為に及ぶことがわかってきました。
Dr. Hani Miletskiの調査も衝撃を与えました。
93人の獣姦経験者(男82人:女11人)の調査の中で100%が動物にそそられると回答し、67%が愛情ゆえの行為であり、同じく67%が動物もセックスを欲していると答えています。
さらにはDr. Aggrawaは、獣姦と一口に言っても、それぞれ趣向があり、大きく10タイプに趣向が分かれるという研究も発表しています。

人間受け、 愛のある獣姦でも虐待か
「vice」のサイト内で視聴できるビデオには、中学時代に動物性愛に目覚め、初体験は犬であったという男性が登場します。自分は犬に挿入しないし、犬のオスに自分が攻められることで、お互い喜びを得ることができると告白しています。
デンマークの法律は、動物が”受け”になることは防げますが、”攻め”となることが防げず、不完全だったのです。その点が法改正を願う活動家にとってネックでした。
彼らは、たとえ動物が攻めになったとしても、動物の心の傷が考慮されていないと主張しました。あくまでも「ズーフィリア」(動物性愛)は認めないというスタンスです。

しかしデンマークは世界でも有数の養豚国であります。それでは人間の管理の元に人工受精させられる豚たちの扱いと整合性が取れないのではないか?と識者が語ってます。


獣とケモノ 文化の違い
「ちるちる」では、内容の項目がタグ付けされています。
そのためどのような作品か判断するのが容易くなっています。
以前、それが原因でいくつかの作品の販売が不適であると、カード決済会社から通達があったことがあります。海外ではそれだけ獣姦に敏感な反応を示します、

またケモノ擬人化が発達している日本ですが、人間の姿が”主”で耳とモフモフは”従”という格好が主流です。BLでも最近は顔がケモノそのままという作品がちらほらと出ていますが、爆発的に増えていません。
異種姦にしても動物というより、タコやイカといった生物、触手と女性の組み合わせが多いように思います。
対してアメリカなどでは、着ぐるみでほぼ獣の姿を愛好する「ファーリー・ファンダム」文化が主流です。ほぼ目だけをデフォルメした着ぐるみのケモノが愛されています。こちらはオス×オスの組み合わせも多く見られます。


こうした獣を愛でる姿勢や、関心の度合いが西側諸国とくらべてかなり違うものと思われます。
こうした獣姦に対する意識の差があり、先日のデンマーク獣姦禁止のニュースが日本では少し意味合いが異なって捉えられているのではないでしょうか。

関連外部サイト

PAGE TOP