BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

カーストレイプ…インドのゲイ事情

2015/06/19 13:28

2018/03/01 13:28

ゲイバレで実の母親と矯正セックス、レズバレで親戚と矯正セックス

レイプは『罰』『矯正する手段』

ゲイの男性が母親とのセックスを強要され異性愛者になるよう矯正された
レズビアンの女性が親族からかわるがわるレイプされ、さらに凄惨なケースでは実の兄弟からレイプされた

インドのゲイの権利団体によると、このような信じがたい現象が明らかになってきています。
彼らによると、こういった『矯正行為』は過去5年で少なくとも15件報告されており、現実にはもっと多くの報告されていないケースが存在しているとしています。

インドで起こったレイプの話題が、一般報道でもここ数年頻繁に聞かれるようになってきました。
しかしどうしてこのようなレイプが多発するのか、インドの社会科学研究機関スタッフは、多発するインドのレイプについて語っています。

「レイプはセックスそのものとはほぼ関係なく、カーストに基づくもの。抑圧、罰、辱めの手段としてレイプがある」


このような惨劇の背景には、宗教的な問題の存在がある


インドでは、約80%の人々がヒンドゥー教を信仰しています。ヒンドゥー教には性の垣根を越えたような神格の存在が認められるものの、人間の同性愛には否定的であり、同性愛者は社会的に肩身の狭い思いをしています。さらに言えば、そうした宗教的背景のために彼ら自身の家族からも理解を得られないというケースが多いようです。

2001年には、HIV 関連 NGO の職員らが警察に拘禁されるという事件が発生しました。彼らはゲイ男性を対象に性の健康に関する教育講座を実施していたのですが、「自然の摂理」に反する性的行為を禁じた刑法377条に基づき、その行為が「ゲイ・セックスの商売」と見なされたのです。

また2012年には、ニューデリーで両脚義足のゲイ男性のアーティストが暴漢に襲撃されるという心無い事件も起きています。覆面をした暴漢はアーティストの個展会場を訪れ、壁にかかっていた作品を叩き壊し、彼を突き倒し暴行を加えました。事件の前にはそのアーティストのもとに「同性愛をインドに撒き散らしている」、「ヒンドゥー教を滅ぼそうとしている」などという内容の脅迫電話もかかってきていたそうです。

これら二つのケースを参照するだけでも、インドで同性愛者が社会的にどれだけ理不尽な立場に立たされているのかということが十二分に伝わってくると思います。


同性愛者は犯罪者?
彼らは法的にも不当な扱いを受けることを余儀なくされています。2009年には、ニューデリー高等裁判所は「同性愛行為は合法」との判断を示していました。しかし2013年、インド最高裁判所はその判決を覆し、再び「同性愛行為は憲法的に認められない」との判断を下しました。

この結果、高等裁判所の判決により希望の光を掴もうとしていた同性愛者たちは、再び暗い絶望の底へと突き落とされることとなりました。恋人と手を繋いで街を歩く、ただそれだけのことをしただけで、彼らは犯罪者であると見なされてしまうのです。


「僕を逮捕してくれ。誇りをもって犯罪者になろう」
(最高裁の判決に反発するニューデリーでのデモにて)


彼らの闘いが終わることはない

2009年には、コルカタ、ニューデリー、バンガロールの3都市で同性愛者の権利擁護を訴えるゲイ・プライド・パレードが行われました。コルカタではおよそ400人、ニューデリーではおよそ200人がこのパレードに参加し、たくさんの人々の注目を集めたようです。また、バンガロールではこれが初めての同性愛者によるパレードでした。
ただし、こうしたパレードへの参加者の多くは顔に仮面などをつけていました。個人を特定され差別や追放を受けることを避けるためです。



しかし、ゲイ・パレードの規模は年々大きくなっており、仮面をつけずに素顔でパレードに参加する人も増えてきているようです。誰もが『その人自身』として同性愛者の権利を主張できるようになったとき、彼らは大きな一歩を踏み出すことになるのではないでしょうか。

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント4

投稿順|最新順

レイプじゃん

この記事自体は考えさせられる興味深い内容だと思いますが、『カーストレイプ』というタイトルのつけ方は、新刊のコミックのタイトルを意識した配慮がたりないものでは?と感じます。

背景にカーストによる問題があるということなのでしょうが、インドで起こっている上位カーストから下位カースト(特に不可触賎民と呼ばれる階層)の女性に対する壮絶なレイプが社会問題となっている中、この記事で取り上げている問題をカーストレイプと呼ぶのは不適当なのではと思います。

宗教は心の支えになったり秩序を生み出したりする一方で、差別や偏見を生んでしまうこともありますからね…。
たくさんの人がより住みやすい世の中になってほしいですね。

インドとかイスラムとかアジアの中でも宗教狂いの奴が多い国には行きたくないな。
女性が自由な国は平和。

PAGE TOP