BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

ゲイ役エキストラ250人募集のお知らせ 吉田修一著『怒り』映画版

2015/07/23 11:27

作家、吉田修一著『怒り』が『悪人(同著)』の名声で知られる李相日監督により映画化される運びとなり、それに併せて物語に登場する多数のゲイ役を演じられるエキストラを募集してます!

必要人数は最大250人とかなりの人数。
勿論実際のセクシャリティは不問。
果たしてどんなシーンに必要なのかというと以下をご参照。

撮影場所:青山(東京都港区)
設定:プールでのゲイパーティに集う人々
募集対象:見た目が20代〜40歳までの男性250名
締め切り 7月31日(金)18時

なるほど、イカニモ、って感じです!!!!

更に

撮影場所:新宿
設定:クラブに集うゲイの人々
募集対象:見た目が20代〜40歳までの男性70名

これ以上ないほど実に分かりやすい端的な求人ですね~~。
 

応募の条件は「20代~40歳までの男性」との事で、特に特筆すべき能力の有無はないとのことで、残念ながらギャラは無い模様…。
しかしオリジナルグッズの贈呈や、ご飯等のケータリングは用意されている様なので、記念(?)に知人の男性や恋人に応募を促してみるのもアリかも!?

応募や概要については東京「エキストラ」NOTESサイト内でご確認頂けます。

ただ個人的にはリアルなゲイの男性からは忌避されるんじゃないかと思うんですけどね…。どうなんでしょう。あとオリジナルグッズってなんなんでしょうか…。

怒り』  
~内容~  
殺人事件から1年後の夏。房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に田代が現われ、大手企業に勤めるゲイの優馬は新宿のサウナで直人と出会い、母と沖縄の離島へ引っ越した女子高生・泉は田中と知り合う。それぞれに前歴不詳の3人の男…。惨殺現場に残された「怒」の血文字。整形をして逃亡を続ける犯人・山神一也はどこにいるのか?『悪人』から7年、吉田修一の新たなる代表作!

【作品概要】
    作品名:『怒り』
    原作:吉田修一「怒り」(中央公論新社刊)
    監督:李相日 (『悪人』ほか)
    配給:東宝 2016年秋全国劇場公開予定

関連外部サイト

コメント5

投稿順|最新順

こんなエキストラ募集あるなんて…羨ましい
作中でゲイ役として出てくる妻夫木聡と綾野剛が今から楽しみで楽しみで仕方ない笑
はやく原作を読んで映画に備えておかないとなー

映画だけじゃなくてドラマも記事にしてほしいなあ。
表参道高校合唱部でbl展開があったんだけど、あやうく見逃すところだった
ここで記事書いてくれたら見逃しても後でビデオ借りたりできるんで
高校性の片思い最高だったww

リアルゲイがノンケを誘ってプールパーティとか美味しいなぁと思ってしまった。
このイベントだけで一作書けそうですね(笑)

ギャラもなしでどんな人が集まってくるのか、めちゃくちゃ見に行きたい!
青山でプールのパーティって、あそこだよねー?
なんて、真剣に映画作ってる人に申し訳ないね。

ゲイ設定ということは、エキストラだけど、男同士でいちゃいちゃする可能性があるわけで…

私には記念でいいから出てよと勧めることができる男性はいませんねぇ。

でも、こんな大人数、集まるのかなぁ。

PAGE TOP