BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

テストにでるよ!? 男性声優ユニットの歴史

2015/09/03 11:22

2018/03/01 11:22

神谷明から江口拓也まで! 男性ユニットを振り返れ!!
  
今や声優ユニット群雄割拠時代。
テレビアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%」から寺島拓篤さん、鈴村健一さん、谷山紀章さん、宮野真守さん、諏訪部順一さん、下野紘さんで結成された『ST☆RISH』や、
神谷浩史さん、入野自由さんのユニット『KAmiYU』など多くの声優さんがユニットを組んでCDをリリースしたりライブを行っています。

声優さんが歌うことを当たり前みたいに思う昨今ですが、はて、何時から声優さんがユニットを組んだりし始めたんだろう。
知っていそうで知らない声優ユニットの歴史を探ってみましょう!
今回は男性声優ユニットに焦点を当ててみました!


冴羽獠がベースでアムロがドラム!?

ググッと遡ると、1977年にアニメ『合身戦隊メカンダーロボ』の出演者を中心に結成された神谷明さん、曽我部和恭さん、古川登志夫さん、古谷徹さん、野島昭生さん(後に三ツ矢雄二さん、鈴置洋孝さん加入)のバンド『スラップスティック』は当時かなりな最先端を行き活動していたようです。所ジョージさんや加山雄三さんなど著名な作家が楽曲提供しているという豪華さも注目です。今は重鎮として君臨している方たちだけに意外な活動の一面ですよね。何よりメンツが渋い!!

そしてその約10年後にテレビアニメ『鎧伝サムライトルーパー』の主要登場キャラクターに声をあてた男性声優、草尾毅さん、佐々木望さん、竹村拓さん、中村大樹さん、西村智博さんによって、『NG5(エヌジーファイブ、N.G.FIVE)』という声優がマルチ活動をするようになった先駆け的グループであるとも言われるユニットが結成されます。このユニットは大ヒットし、コンサートや握手会などのイベントの後には毎回号泣者や失神者が絶えず、救急車が出動することもあったという正に男性声優ユニットの先駆者ですね。

緑川光や子安武人も! 男性声優ユニットバブル発動!!

90年代に入り注目していきたいのは、なんといっても90年代二本柱。少女漫画『卒業M』の声優、石川英郎さん、置鮎龍太郎さん、阪口大助さん、林延年さん、緑川光さんで構成されたボーカルグループ『E.M.U(エム)』と、声優の子安武人さん原案で様々なメディアとミックスし活動を広げた子安武人さん、関智一さん、三木眞一郎さん、結城比呂さんからなる声優ユニット『Weiß(ヴァイス)』ではないでしょうか。
この時代女性ファンは、男子高校生5人がバンドを組んでいるという設定の『E.M.U(エム)』の華やかさや明るい雰囲気に夢中になり、子安さんの凝りに凝った設定と暗殺集団という裏の顔を持つ影のある『Weiß(ヴァイス)』に嵌ったといいます。ライブ、イベントは勿論写真集の出版などもされ、ここで男性声優ユニットの骨組みは出来上がったといっても過言ではありませんね。今や大ベテランの声優の方々にもそんな時代があったのかと改めて驚きます。

走り続ける2000年代、鈴村健一、鳥海浩輔ら参戦!

2000年になると、『ネオロマシリーズ』や『薄桜鬼 〜新選組奇譚〜』が爆発的な人気となり声優イベントが活性化していきます。それに伴いラジオの企画や自主的活動でもユニットが組まれていき、声優ユニット群雄割拠時代へと突入していきます。
岸尾だいすけさん、鈴村健一さん、諏訪部順一さん、高橋広樹さん、鳥海浩輔さん、保村真さん、吉野裕行さんら7人の人気声優により2002年11月に結成された自主制作エンタテインメントユニット『謎の新ユニットSTA☆MEN』はその象徴とも言えるでしょう。
またこの『謎の新ユニットSTA☆MEN』の派生ユニットとして諏訪部順一さん、鳥海浩輔さんで結成した『フェロ☆メン』は両名の奇抜な衣装とメイクで異彩を放ち、ユニットの新たな扉を開いたといえるでしょう。



神谷浩史、江口拓也、木村良平ら所属レーベル誕生でユニット加速!!

2009年には人気男性声優が所属するランティス、バンダイビジュアルのレコードレーベル『Kiramune』が設立され、積極的なライブ活躍が行われるようになります。
そこで『Kiramune』に所属する神谷浩史さん、入野自由さんの2人で結成された『KAmiYU』や同じく所属声優の江口拓也さん、木村良平さん、代永翼さんが3人で結成された音楽ユニット『Trignal(トリグナル)』などが誕生します。
もうここまでくるとユニット誕生の勢いはとまりません。


これからのユニット

今や声優さんの顔出しは当たり前になり、ユニット活動込のアニメも増えている為、オーディション時に歌オーディションが含まれている事も珍しくなくなってきているようです。そしてユニットが増えたことによりファンがユニットを選ぶ選択肢が爆発的に増えていったのです。
作品の人気だけではなく役者個人のキャラクターや関係性さえもが加味されてきている、それが2000年代のユニットの特徴ではないでしょうか。より手軽にユニットを結成できる分オリジナリティや新しさなどが重視されていくのでしょうね。シミュレーションゲームのように好きな声優さんでオリジナルユニットが作れる、なんて未来も来るかもしれませんね。

さあ、駆け足で男性声優ユニットの歴史を追いかけてきましたが、いかがでしたか。
新しいユニットを応援するもよし、アノ人があんな活動していたんだとニヤニヤしたり、思い出してほっこりするもよし。一人タイムマシーンで、過去から現在までそれぞれのユニットのライブを見まくるのも楽しいですね。
男性声優ユニットには、今も昔もトキメキがぎゅうぎゅうに詰まって、いつまでも目が離せませんね!

コメント7

投稿順|最新順

STA☆MENはDVDほとんど買ったけど、今見ても面白いんですよね~。
DABAも好き。黒執事で仲良くなって、みんな午(うま)年だから駄馬(笑)。
寺島さんと波多野さんのM・O・Eは好きなアニソンカバーしてくれるから良く聞いてました。
ST☆RISHは乙女ゲーのアニメ化から一気に人気がでた「うたプリのキャラソンしか歌わないユニット」だから、これ入れちゃうとアイナナとかツキウタとか防衛部とか収集つかなくなっちゃうし、別カテなのでは?と個人的には思っています。
あ~、ものすごくDVD見たくなってきました~!!ちょっとDVDタワー崩しに行ってきます!!!

DABAが好きだったなー
すげー豪華メンバー

声優さん特集面白いです☆
私にはスラップスティックが衝撃でした!
三ツ矢さんが今と殆ど変わらないのがさらなる衝撃です!

フェロ☆メン、凄いですね〜。私は声優さんの事ほとんど知らないのでビックリしました。
最上川司(もがみがわ つかさ/ヴィジュアル系演歌歌手)かと思いました。

小野友樹さん&江口拓也さんの ゆーたく

小野大輔さん、福山潤さん、日野聡さん、近藤孝行さん、
間島淳司さん、菅沼久義さん、立花慎之介さんの7人で DABAもあります( ´ ▽ ` )ノ

野島健児さん&菅沼久義さんのユニット『COCO』もありますよ~♪
歌と語りももちろんいいけど、ラジオでのお笑いコンビのような息の合った二人が好きです。
しばらく活動休止していたけど、先日の野島さんの大阪ライブのゲストにすがぽんが登場していました!

希望聞いてくれたのかしら、声優さんの知識ナッシングな私には有意義な記事です。ありがとうございます

PAGE TOP