BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

タイのゲイムービー『同じなのに違う』が奥深い!

2015/11/22 12:44

2018/03/01 13:47

R18ゲイ映画、『Red Wine in the Dark Night(闇夜の葡萄酒)』などタイ映画が熱い!

 

みなさんは前回ご紹介したタイのR18ゲイ映画『Red Wine in the Dark Night(闇夜の葡萄酒)』のこと、まだ覚えていますか?

その俳優陣の豪華さと完成度の高さに驚いた同時、国と国がBLに関する規制の違いも感じましたね。

 

今回ご紹介したい映画、『同じなのに違う』も同じく、タイのゲイムービーです。

しかし、『闇夜の葡萄酒』と違い、刺激的なシーンも少なく、人に考えさせるような奥深い一作となっております。

 

 

あらすじ:

 

主役は同じ学校に通っている男子と付き合っているが、彼の母親は同性愛を強く反対している。

(主役:左とイケメンの彼氏:右)

 

主役の母親は迷信で、毎日緑色の服を着て神に宝くじが当たるように祈っている。

母親にもしものたとえで性転換手術の話を切り出してみた結果、反対された。

 

(迷信の母親)

 

結果を彼氏に伝えたあと、彼らは宝くじに集中している主役の母親の目の前でキスし、行動でカミングアウトした。

もちろん、母親のショックで家から追い出された。

(母親の前でキスする二人)

 

その後、彼らは母親が来ていた緑の衣装で再び現れ、「Meiを彼氏にしたい」と伝えた。母親は服を見て微笑みながら頷いた。

 

 

そして、二人は緑の服を脱ぎ、さっきの同じ質問をもう一度聞いてみた。

映画は母親の戸惑った表情と三人の沈黙のなかで終わった。

 

このエンディングについて、「二人は性転換手術をしてきたから」「母親はお金しか見えていないから」、などの解釈があります。

 

私は後者の方を納得しています。

緑の服はただの象徴で、人々の好きな物を示しています。つまり、本当は嫌いなゲイであっても、自分好みのことさえしていれば、人々はあっさりと納得してしまいます

一方、もしゲイという内面しか見えなくなれば、その結果も大きく変わることが多いでしょう。

 

ちなみに、この映画をYoutubeで調べると、似ているタイトルの『違ってどうした』という、台湾のJolin Tsaiの歌が出てきました。

 

女性の同性愛を扱っており、30年以上一緒に暮らしていたカップルなのに、手術するとき家族ではないためサインが遅れてしまい、死亡したという、実話によって描かれた話です。

最後の「妻です」というセリフが泣けます。

 

女性同士の題材を扱っているので、閲覧注意です。

 

関連外部サイト

コメント1

投稿順|最新順

女性同士のは観たことある。クオリティ高いね。ウルッとした(つд⊂)

PAGE TOP