BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

一穂ミチ、凪良ゆうが一般レーベルで小説執筆!?

2015/11/24 13:53

BL?ブロマンス?男女もの?ミステリー?新創刊「講談社タイガ」から!

先日、電車に乗っていたら、講談社の新小説レーベル「タイガ」の広告に衝撃の作家名を見つけました!

お分かりになりますか?見えにくいでしょうか?
そう!! ミステリーやファンタジー小説を得意とする作家の方々の中に、凪良ゆう先生一穂ミチ先生の名前が!!

凪良先生と一穂先生といえば、ちるちる 2015年 BL AWARD の小説ランキングでは

1位 凪良ゆう『美しい彼
2位 凪良ゆう『おやすみなさい、また明日』
3位 一穂ミチ『イエスかノーか半分か』
5位 凪良ゆう『未完成』
7位 凪良ゆう『愛しのいばら姫』
9位 一穂ミチ『ナイトガーデン』

と、上位10作品中6作品が両先生の作品で埋まるという人気作家!
そんな両先生と共に発表された他の作家の方は

『すべてがFになる』の作者であり、萩尾望都の名作コミック『トーマの心臓』を小説化した森博嗣先生
ミステリー作家でもありBL作品『この貧しき地上に』シリーズを執筆した篠田真由美先生
『百鬼夜行シリーズ』の作者で、ミステリー作家として著名な京極夏彦先生
集英社コバルト文庫・雑誌『Cobalt』で活躍し、ファンタジーを得意とする若木未生先生
ファンタジーやSF、ミステリーと幅広くノスタルジックな作風の女流作家、『夜のピクニック』恩田陸先生
などと様々な分野で活躍している作家の方々の名前が連なっています。

この新レーベル「講談社タイガ」は
講談社が、日々の生活に小説がなくてはならない小説偏愛者のために、エンタテインメント小説の新スタンダードとなるべく、2015年10月に創刊したばかり。
「今の」若い読者に向けて、これからの30年読み継がれる作品をコンセプトに、ミステリー作家やファンタジー作家そしてBL作家など、様々なジャンルの作家の方々を集め作品を発表していく模様です。

今後、凪良先生や一穂先生が「講談社タイガ」で書く作品の概要の発表はまだなく、BLなのか、ブロマンス的なものか、もしくは男女もの!?と人気作家のお2人なだけに期待や不安が高鳴ります。
今後の刊行予定に注目です!

関連作家・声優

関連外部サイト

コメント10

投稿順|最新順

私はどちらでも良いなぁ〜。勿論BLやブロマンス系を書いてくれたら嬉しいけど。でも講談社にはホワイトハート文庫もあるし、一穂さんオレンジ文庫でBLじゃないの書くし違うのかも。

最近はBLを書いている人がBL書いてるということを隠す人少ない印象があるけどなぁ。後、BLを書きながらって人も多い気がする。

私はたくさん一般で書かれてほしい。
どちらの先生も色々な作風で書けるんだなぁと日頃から思っていたので。

一般作品の作家としての味占めちゃうと
もうBL書かなくなっちゃう作家さん多いから、、心配…

いや〜、BLでも書かれるでしょう。一般で売れまくっちゃったらどうかわかんないけど(^◇^;)

一般に行かれた作家さんは、BLやってたこと隠したがる人多いので、今後このお二方はもうBLには戻ってこられない可能性が高そうですね。数少ない読ませてくれる作家さんだったので残念でなりません。

好きな作家さんが一般紙に行かれるのが好きじゃないので
講談社とか小学館とか、BL作家集めるならBL雑誌作ればいいのにって
思ってしまいます(;_:)

ホントに色んなタイプの作家さんを集めているんだなぁという印象。
このお二方に一般にいっちゃうの?!と心配する必要は無いと思うし、やはりどんなものを執筆されるかで反応も変わってきますよね。

だいぶ前に答姐で話題になってたよね……
他にも英田サキ先生もですよね?

漫画も小説も才能ある作家さんにこそBLを書いてもらいたいのに…

ものによる。
凪良さんの書かれる女性は好きだけど、当て馬として好ましいってだけなんだよなあ。

PAGE TOP