BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

「お金がないっ!」と嘆く腐女子の救世主 その名も図書館

2015/12/03 12:10

BL小説と図書館にまつわるエトセトラ

現在はなかなか売っていないような貴重な本を閲覧できたり、読みたい本を買わずとも読むことができたりと、本を愛する人々の心強い味方である図書館。

図鑑や実用書から文学など多種多様な蔵書が魅力の図書館ですが、実はBL小説も例外ではないのです。今回はそんな図書館とBL小説の関係について紹介したいと思います。

夏頃にTwitterで話題になったツイートに、以下のようなものがありました。


以前にもBLニュースで紹介しましたが、図書館検索サイト「カーリル」の「横断検索」を利用して作家名や作品名で検索してみると、木原音瀬先生や榎田尤利(ユウリ)先生ら人気作家のBL小説が所蔵されていることが分かります。全国の悩める腐女子たちが己の想いを図書館に託した結果なのでしょうか…。

では、現状では実際にどれだけのBL小説が所蔵されているのでしょうか。先ほど紹介した検索サイトカーリルで、BLアワード2015にランクインしている小説や人気ランキングの中の小説が東京都の図書館にどれだけ所蔵されているのか検索してみました。

【BLアワード2015】
美しい彼/凪良ゆう 2件
おやすみなさい、また明日/凪良ゆう 1件
イエスかノーか半分か/一穂ミチ 2件
COLD HEART in NEWYORK/木原音瀬 2件
未完成/凪良ゆう 1件
好きで、好きで/安西リカ 1件
愛しのいばら姫/凪良ゆう 2件
nez[ネ] Smell and Memory/榎田尤利 3件
ナイトガーデン/一穂ミチ 3件
宵越しの恋/川琴ゆい華 2件
処女執事~the virgin-butler~/沙野風結子 0件
ブライト・プリズン 学園の禁じられた蜜事/犬飼のの 4件
人魚姫の弟/犬飼のの 2件
愛の罠にはまれ!/樋口美沙緒 0件
暴君竜を飼いならせ/犬飼のの 1件
365+1/凪良ゆう 1件
鬼の王と契れ/高尾理一 1件
彩雲の城/尾上与一 0件
FLESH&BLOOD(22)/松岡なつき 8件
恋愛前夜(2) 求愛前夜/凪良ゆう 1件

 【小説(30日間)ランキング】
パブリック・スクール 檻の中の王/樋口美沙緒 1件
蒼穹のローレライ/尾上与一 0件
Tonight,The Night/一穂ミチ 2件
白雪姫の息子/犬飼のの 0件
てのなるほうへ/栗城偲 0件

(2015年12月3日検索結果、件数は東京都内で所蔵している図書館の数 ※国会図書館を除く)


東京都内における所蔵数とはいえ、こうして見るとやはり新刊は未所蔵であることが多く、「BL小説がたくさん!」とは言い難いのが現状のようです。検索結果のURL末尾「東京都」部分を「大阪府」などに変えると、ほか道府県の検索結果になりますので、是非お試しください。

東京都の検索結果で目立ったのが江東区と町田市の図書館。市区町村によってかなりの偏りがあるようですね。Webを検索したところ、江東区も町田市も、図書館が充実しているようです。

意外な区が上位に!東京都「図書館」充実度ランキング(全文表示) - コラム - Jタウンネット 東京都

東京都内公立図書館 図書所蔵数ランキング:2011年版―東京図書館制覇!

作品に目を向けると、松岡なつき先生の『FLESH&BLOOD(22)』の所蔵館8件はさすが! 長く続くシリーズですので、続けて購入している図書館が多いのでしょうか。また、沙野風結子先生の『処女執事~the virgin-butler~』が所蔵館0件なのは、もしかすると冒頭のツイートのような問題で、購入会議を通らなかったかも!?

ただ、当のツイートの方も、こう言ってらっしゃいます。


購入会議でキワドいタイトルを読み上げることになってしまう職員のおじさま達には申し訳ないような気もしますが、図書のリクエストは図書館の活性化にも繋がりますので、熱い想いの丈を是非リクエストに託してみてはいかがでしょうか。

しかし同時に、最近では新潮社の社長が図書館に対し一年間の貸出猶予を求めたことも話題となっています。出版社としては、図書館に本を購入して貰うことによって生じる利益は非常に大きいものの、一部の作家による反発の声も無視できないというのが現状であるようです。全体的に本が売れなくなっていると言われている近年の状況を鑑みると、「図書館に置かなければもっと売り上げが伸びるのに!」という作家さんの意見にも一理あるように思えます。

新潮社・佐藤隆信社長、新刊の貸出猶予は「節度、程度問題」 - 【新文化】

一年間の新刊貸出猶予にあたって、図書館から出版社にお願いがあります - 図書館学徒未満

近年発行冊数が下降傾向にあるBL小説に関しても、図書館で借りることができてしまうことによってますます売り上げや発行数が落ち込んでしまうのではないかという懸念は無視できないかもしれません。ですが、BL小説への入り口として図書館は非常に利用しやすいものであると思います。図書館をきっかけにBL小説を読む人が増えれば、読書人口が増えることにより自然と市場も活性化されるという可能性もあるのではないでしょうか。

「BL小説に手を出してみたいけどいきなり買うのにはためらってしまう」
そんな思いを抱えたちるちるユーザーさん、まずは図書館からBLへの一歩を踏み出してみませんか?

関連外部サイト

コメント3

投稿順|最新順

街の図書館はどうかな?と思ってちょっと検索してみたら
凪良ゆう先生の「初恋の嵐」が入っててチョトびっくりしました。
割と出たばかりの本ですよね~。

小説なのね.....

「『拙僧と乱れたいの?♥』というBL小説があるのか? なかなかピンポイントな設定だな」と思い、即行ググりました。そして出典がわかりました。なるほど。そーゆーココロでのつぶやきだったのか…… ふむふむ

PAGE TOP