BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

ちるちる版「今年の漢字」 

2015/12/15 17:55

2015年 今年の漢字がは発表されましたね。「安」でしたが、ちるちるでも、ここ2年、このイベントに乗っかっているので、今年もBL社会で起こった今年の漢字を決めたいと思います。

 

 

 

年明け早々、スタートから爆発的にヒットした『刀剣乱舞』

PC用であることや、キャラ同士の接触も希薄であるにもかかわらず、腐女子にも大ヒットしました。

ゲーム本体というより、画像投稿サイト「pixiv」の二次創作イラスト、マンガを燃料として人気を博していきました。当初の人気キャラは三日月右近でしたが、最近は鶴丸国永、燭台切光忠に移っているようです。来年の展開次第で息の長いコンテンツになりそうです。


実写化

 

 

 

2014年の『どうしても触れたくない』実写化の成功で、さらなる可能性を探られた年でした。

BL原作ではありませんが『お江戸のキャンディー』が2月に公開。

そしてまだ肌寒い春先、『セブンデイズ』

黄金週間前に『宇田川町で待っててよ。』

の映画化が続けて発表され、腐女子界隈がざわめきました。

さらに『飴とキス』のDVD化、『アイツの大本命』に実写化CMなど前半に実写化が続きました。

 

無切 無消 無音

 

 

 

彼らの恋の行方をただひたすらに見守るCD男子高校生、はじめての。5月に第一弾が発売され、瞬く間に人気爆発しました。

ちるちるのランキングでも今年発売の3枚がトップ3を独占し、グッズ発売までされるという勢いです。

積極的に若手声優を起用し、ノーカット! ノーフェード! ノーBGM!のキャッチフレーズどおり、男子の生々しいやり取りに聞き耳を立てる臨場感が受けました。来年以降BLCDは、このオリジナル方式に寄っていくのでしょうか、それとも原作重視の流れに回帰するのでしょうか。楽しみです。

 

 一般化

 

 

 

「オタク女子」「腐女子」がメディアで取り上げられることが一気に増えました。

月9ドラマ『5→9』でも腐女子が登場し、一般人、芸能人の積極的にオタクであることをカミングアウトなど、一気にネガティブからポジティヴな印象に変化。劇的に市民権を得たのです。

7月下旬にアイドルが番組MCを2次創作してテレビ放映。まとめサイトを経て炎上しましたが、一般化を印象づけられた企画でした。

それから半年も経たないうちにBLがどんどん公に取り上げられるようになっていき、もうテレビでBLの話題が出るのは珍しいことではなくなりました。

しかも腐女子は特殊な人たちという形ではなく、好意的に紹介しているところに大きな変化を感じます。しかし当の腐女子にしてみれば流れの速さに戸惑いを感じるこの頃ですね。

 

 

 

 

 

2015年秋アニメのまさかのダークホース『おそ松さん』。豪華声優が集い、アニメ『銀魂』をヒットさせた藤田陽一監督が携わった作品でしたが、ここまで爆発的に人気を得るとは予想できなかったのではないでしょうか。

『カラ松×一松』=『(カラ+―)×松』→『(カラー)松』→『色松』などを筆頭に、かつての検索避け文化の遺産といえる当て字カップリングにも花が咲き、盛り上がりました。

今年最速でブーム化、もう長い間流行っているように思いますが、火が付いて実質2ヶ月しか経っていないのが怖いところです。


オメガバース

 

 

 

1月には『B's-LOVEY アンソロジー オメガバース』が発売、

そして3月から『オメガバース・プロジェクト』としてふゅーじょんぷろだくとが、アンソロジーを毎月発行しました。そして今年後半には、単行本としてオメガバースものが続けて発売されています。

設定を理解するまで難しいように思ってしまいますが、いったん理解してしまえば、物語の幅が広がる∞の可能性を秘めたΩバースなのです。『ロマンティック上等森世 『さよなら恋人 またきて友だち』yoha などは、ちるちるでも高い評価を受けており、引き続き来年も期待のジャンルです。


 安

 

2015年の「今年の漢字」でも「安」が選ばれましたが、BLでは安定の「安」です。

2012年から続いてきたBL新機軸路線が、今年は一段落し成熟、深まりを見せました。

ここまでの上位ランキングを見ると、誰もが知っている納得する作品が大きく支持を得ていた印象です。

はらだ先生、おげれつたなか先生は昨年商業デビューですが、もう何年も前から商業分野で活躍している存在感と雰囲気を漂わせました。単行本を今年初出版したスカーレットベリ子先生もすでに「BLポーズ集」などの監修をこなしており、ついにキたかという待望感のほうがありましたね。

 

順風満帆、昨年からの流れがよい形で引き継がれひとつの流れの完成を見た、安定、安心の一年ではなかったでしょうか。

 

コメント9

投稿順|最新順

三日月右近……って、三日月宗近のことが言いたかったのでしょうか;;

BLで…安…。
安心して下さい。ちゃんと穿いてますけど、脱ぐ準備も万端ですよ(キリッ

すみません、ただただ言いたいだけでした。。。

>三日月右近
誰…?

正しく書くなら「Ω界」?
自分が「Omegabirth」じゃなくて「Omegaverse」だと知ったのは「さよなら恋人、またきて友だち」でした。
解説がないととっつきにくいよ、オメガバース。

すみません
私もオメガバースの語源はここで初めて知りました
勉強になります

……。
よく調べて書いてないと、そこここのコミュニティーで笑われちゃいます。

Ω産の産てなに
オメガバースのバースってbirthじゃなくてuniverseのバースなんじゃなかったっけ

Ωは漢字なのかw
でも確かに商業界にオメガバースが進出した印象あります。
私はいろんな分野があるのは良いことだと思いますが、賛否もある感じですよね。
あとは不祥事やらいろんなことで荒れた印象もあるな(笑)
初詣はBL界が平和であるようにも祈ろうかな。

今年はオメガバースという未知の領域に踏み込み開拓。どれも大当たりで良かった♡

PAGE TOP