オメガ・メガエラ(2)

omega megaera

オメガ・メガエラ(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
22
評価数
5
平均
4.4 / 5
神率
40%
著者
丸木戸マキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
講談社
レーベル
ITANコミックス
発売日
価格
ISBN
9784065144534

あらすじ

話題のSF設定オメガバース×身分制度×華麗なる一族の家督争い、波乱と陰謀の第2巻!!優れた性とされるαが支配する世界。αを産む宿命を背負うΩの人生は、αの子供を持てるか否かにかかっていた。財閥・英家で子を生せず疎まれていたΩ・犀門は、Ωの少年・真宮をαと偽り、跡継ぎ候補として迎え入れることに成功する。ところが、Ωに特有の「発情期」が真宮に訪れてしまう。目の前には英家のα・伊織がいて…!?

表題作オメガ・メガエラ(2)

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

愛に狂ってどんどん堕ちていくメガエラ…

丸木戸先生のオメガバース一般作2巻です。

一時代昔の旧家の後継者争いを舞台にしている愛憎とりまく複雑な人間関係。
1巻から読まないと、世界観にはついていけないと思います。


英家の次期当主・征十郎(α)の第三夫人である犀門(Ω)は子供を産めなかったメガエラ(ギリシャ神話の嫉妬の女神に由来する蔑称)

犀門は、征十郎とは魂の番だと信じていたのに、駆け落ちに失敗して以来、愛する征十郎に近づくこともできず、征十郎が別のΩを妻にして、子供が生まれてくるのを見ていることしかできなかった。

しかし現当主(征十郎の父)から隠し子がαなら、養母として第一夫人に格上げしてやるともちかけられ、Ωである真宮をαと偽り、英家の後継者に仕立てようとするが…


真宮は英家にやってきた途端、はじめての発情期を迎えてしまう。
真宮がΩであることを隠すために、一刻も早く、抑制剤を作らなければならない。

犀門はまだΩの人権回復運動があった頃、製薬会社の研究員として成果を残していた。
抑制剤の開発まであと少しだったのに、政権が変わり、Ωの人権は地に落ち、研究を続けることができなくなった。

でも犀門の実家は製薬会社で、αの妹に頼めば、薬の原料を入手できると期待するも、妹は違法だからと手を貸してくれない。

すると犀門は、真宮がΩであると気付きながらなぜか協力的な執事斬波を使って、実の甥に毒を飲ませ、自分が甥の命を救ったと演出し、薬の原料を手に入れる。

さらに、それがバレそうになった妹宅の召使いを突き落とし殺してしまって…


征十郎を手に入れるために、犀門はどこまで堕ちていくのか?
召使いを殺したのは故意でないにしても、血の繋がった実の甥を毒の危険に晒すことより、征十郎ともう一度並ぶことを選ぶのか…

犀門は生物学的には男の身体でも、成果を残すだけの研究能力があるとしても、愛に狂ったメスでしかない。


そして抑制剤を手に入れた真宮は、現段階での暫定跡取りである姉・麗子(α)と同じ学校に通うことになる

現当主(真宮の実父・麗子の祖父)から、麗子が生徒会長選に勝てば跡取りは麗子に、真宮が麗子を落選させることができれば跡取りは真宮にと、宣言される。
優秀で人気のある麗子は当選確実と言われているのに、転入してきたばかりの真宮に何ができるのか?


2巻はドロドロ具合が面白くなってきました!
一般誌に描いてる一般作品とのことですが、私には完全にBLです。
愛にとち狂った犀門はBLに親和性があると思います。

逆にBLに慣れてない一般読者には、男が妊娠とか、男の犀門がここまで女々しいことに違和感がないのだろうか?

いち腐女子としては、愛憎劇BLになって欲しいなぁと思うのですが…

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ