プライベート・リビドー

private libido

プライベート・リビドー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×219
  • 萌12
  • 中立8
  • しゅみじゃない6

243

レビュー数
15
得点
160
評価数
53
平均
3.3 / 5
神率
15.1%
著者
相葉キョウコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784799744277

あらすじ

どうして俺を抱くの?デリバリーホストの優は、紳士だけどドSな客・斎藤さんに片思い中。これが最後…と抱かれた夜、斎藤さんに誘われてなぜか同棲することに!?急展開にときめきまくる優だけど、ミステリアスな斎藤さんにはもうひとつの顔があって――俺を抱くのは愛? それとも…濃厚プレイたっぷりの読切&描き下ろし収録!

表題作プライベート・リビドー

斎藤 健司・紳士でドSな客
北原 優介・普段はタチ専のデリバリーホスト

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下:イラスト・本編の後に読むマンガ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数15

人によっては地雷で、私にとっては好きな性癖。

帯の情報と、絵の綺麗さで買いました。
いざ、読んだら。
優君のドMっぷりと、溺れるように快楽を貰う姿にゾクゾクしました。
そして、執着攻めの斉藤さんは私の好みのタイプでした。
前日譚は、これ以上無いぐらいに最高な3pモノでした。
プロの女性に騎乗位をされて、斉藤さんに攻められて、トロトロに溶けた優君の顔がそそられました。

0

執着愛

執着物でした。
小さな頃にイタズラされたことがキッカケで、虐げられる事に快感を覚えてしまった主人公がデリホスしてます。普段はタチで斎藤さんだけは特別でネコをしてます。
途中で読者は斎藤さんの正体に気がつくと思います。ただ、何故に優介を指名し続けていたかの理由は違いました。勝手な逆恨みでした。
でも忘れられない相手だったのは、確かだったのだろう思います。
ただ書き下ろしは必要だったかなのかは疑問でした。
お互いに大人になったから世間的にも赦される関係になったと思います。
読み手によっては地雷な作品だと思います。

0

優くんの悦に溺れる表情はエッチで魅力的

ちるちるのインタビュー記事を拝見して、絵柄が好みなのと嗜虐心をくすぐられるような受けの表情が好きだったので購入。感想は、悪くはないが…まあまあかなって感じ。
トラウマを性的嗜好として捉えてる部分でん?とは思ったので、その時点であまり向いてなかったのかも。攻めがもっと病んでる系だったら私は読めなかったな。

店のお客でありミステリアスで紳士的な斎藤(攻め)と、斎藤のことが好きなデリバリーホストの優(受け)。タチ専だけど斎藤相手にはネコになり、本質はMである優のツボを的確についてきてより一層そそられる。この設定は好きだしここまでのお話もよかったです。
次第に見え始める斎藤の不穏な雰囲気に、ふたりの関係はどうなる・斎藤は何者なんだというハラハラドキドキ感はよかったのですが、正体がわかってからが微妙な感じ。
そもそも私、同意のない未成年との性交渉は苦手なんですよね。今回は受けがトラウマとは言いつつも性癖として昇華してたのでまあいいのかなって感じではある。でも、今は好きな人であるとはいえ、事実(未遂だが斎藤は優の性加害者その人であること)をもっとちょっと重く受け止めてほしかったし綺麗な思い出のようにはしてほしくなかったなと思う。そして優くん、ほんとうに優しい人はそもそも無理やり行為に及ぼうとはしません。惚れた弱みなのかもしれないけど、斎藤さんを許してしまう優くんの方がよっぽど優しい。もっと怒っていいんだぞ!
斎藤さんは、君のせいで人生台無しとか言ってるけど結局は単なる逆恨みですよね。過去に何があって優に魅了されたのか、なぜ粗相をしてしまったのか、斎藤にとって優はなぜ人生が変わるような相手だったのかが描かれていないので、なぜそんなに復讐しようと思うほど優に執着・惹かれていたのかわからない。君は昔と変わらないままで…っていう台詞も過去の掘り下げが薄いので響かない。回想をしっかりしていれば、ふたりの繋がりに深みが出たのでは?トラウマが性癖に変化した要因(秘められた被虐性の発露)や、斎藤を変えてしまうほどの幼少期の優の魅力、若い頃の斎藤(ケンジ君)の人柄や様子等を伝えてほしかった。あと、再会する前から優を探していたくらい復讐に固執してたなら、もっと突き抜けて自分本意で子供な方が斎藤さんの影の魅力が増したかも。

女性との3Pは、自前にこの読切から話が広がった作品という認識もあったおかげか、案外すんなり読めました。むしろ女との3Pだから読めた疑惑(私は通常の3Pは読めない)。女は添え物であった。喘ぎすら漏らさず一切喋らんしただの穴として扱われてたので、もっと人間として頑張って!と思ってしまった(余計なお世話)。快楽に翻弄される優くんはかわいかったです。

読切(女との3P)は濃厚でしたが、本編のエロはそこまで濃厚とは感じませんでした。ちょっとアブノーマルでやらしい雰囲気ではあります。優くんの表情はとてもエロいです。

絵柄や攻めのミステリアスな雰囲気、受けの表情はとてもよかったのに、過去の描写不足感と攻めの内面が残念だったな。もったいない。優くんの赤面泣き顔は最高に好きなので萌え評価で。

紙本修正 結合部/ゴム:白線、棒:白抜き

1

帯に短し…

表紙が気になっていたし、レビューも続々上がっていたので購入しました。
が、途中でコレ、アンソロの「X-BLインモラル・セックス」収録の話?と気付き、しかしなんか雰囲気が違うな〜と違和感。
元の話はこちらにも「Room.0」として収録されていて、この「Room.0」を基礎として読むとこの1冊全部にインモラル感の不足を感じるし。
知らずに読んでたとして、ゲイデリヘルの優くんがお客さんを好きになってしまった話、として読むと、子供時代のいたずらの記憶のトラウマが薄っぺらく、何より「Room.0」が唐突すぎる。
また、攻めの斎藤さんにしても、職を失った優くんを「飼う」と急に抱かなくなって…の理由が。
え〜…と思いましたよ。
復讐にしては半端に甘いのですよ。
結局、甘いのか怖いのか背徳なのか、がゆるゆるゆる〜な印象。
絵柄はとても綺麗で、私は好きなタイプの絵です。特に受けの優くんはとても可愛いので、優くんに「萌」です。

1

性癖は十人十色

初読み作家さまでした。
試し読みを読み、怪しい雰囲気に惹かれて購入。
絵が綺麗で、ふとしたシーンの目線の描き方がとても色気があって素敵だなと思いました。


年上Sっ気のある客の斎藤×タチ専門デリバリーホスト・優の組み合わせ。

幼い頃に近所のお兄さんから性的にいたずらをされそうになった優は、トラウマがそのまま性的嗜好になりゲイに。
学歴も職歴もないままゲイ専門風俗店でデリバリーホストとして住み込みで働いています。
普段はタチが専門の優ですが、顧客である斎藤だけは特別。
彼の前でだけはネコになります。
過去にいたずらをされそうになった時に無理やり押さえつけられた記憶から、やや嗜虐的な性癖を持っている優のツボを突くSなプレイを毎回してくれて、なおかつ紳士な斎藤の事をいつのまにか好きになってしまっていたのでした。
そんなある日、勤務先の店が閉店する事となり、家も職も無くなり行き場がなくなってしまいます。
斎藤に抱かれる最後の日、思わず告白をしてしまった優。
優が妹に仕送りをしている事や、店が閉店になり行き先がない事等を何故か知っている斎藤から「僕に飼われる?」と言われ、欲望に負けて同居する事になり…というお話です。

皆さん仰っていますが、前半はすごく面白かったんです。
飼うと言っていたのに、思っていたよりも優しげで抱いて来ない斎藤に戸惑ったり、プライベートな姿を見てときめいている可愛らしい優や、優しげな態度をとったかと思いきや、電話を忘れて出掛けた優を「勝手に出て行った」と勘違いをして怒り、それまで抱かなかったのが嘘のように強く抱く斎藤の描写など、これからこの2人はどうなるんだろうとワクワクしました。

が、斎藤の過去話が出て来た辺りから雲行きが…
幼かった優にいたずらをした「お兄さん」は斎藤だったことが判明するのですが、優のせいで女性に勃たなくなり、優以外を抱けなくなってしまったから復讐しようと思っていたと言う斎藤にも疑問しかわかないですし、それを聞いた上で「今の斎藤さんが好き」となってしまう被害者である優も良くわかりません。
妹の為にとお金を稼いだり、頑張り屋の優が何故こんな目に遭うのだろうと思ってしまいました…
色々と拗らせた年上男性を年下の男の子が救済するお話だったのでしょうか。
余裕のありそうだった年上が本当はそうでもなくて、段々と年下に弱い部分を沢山見せる攻めと、それを包み込む優しい受けという組み合わせがお好きな方にはグッと来るかもしれません。

番外編という形で収録されている後日談は、女性を絡めての3P描写があり驚きました。
事前情報が全くない状態で読んでいたので、もっとさらっとした感じに描かれているのかと思いきや、結構がっつりと3Pです。
こちらは苦手な方が多そうかなと思います。
受けが男女関係なく攻められ、快感でぐずぐずになっている描写がお好きな方はハマるかも…?
ちゃんと注意書きもありますので、ダメそうな方はroom5まで飛ばした方がいいかもしれません。
room5ではくっついた後の2人の甘いお話が描かれています。

やや辛口となってしまいましたが、やや特殊な執着攻めと抱擁受けのハッピーエンドでした。
個人的には、あとがきに書かれていたサイコパスな設定も読んでみたかったなあと思いました。

2

人を選ぶ作品

タイトルの通りです。皆さまのレビューはとても参考になるので、ご覧になってからご購入される事を強くお勧めします。

こちらは作家買いですが、ストーリーが全くダメでした。他の方もコメントされている女性登場の場面がどうのということではなく、攻めの斉藤さんの心情の変化に全く共感できずにしんどかったです。斎藤さん自分勝手理論で逆恨みとしか思えず。頭固いマンなので、納得出来ずに終わりました。

絵は神神、ストーリーは趣味じゃない、お楽しみシーンは萌萌で、総括すると中立寄りの萌といったところでしょうか。

3

煽りに騙された

1話を試し読みして、ほどよい闇や病みとエロさを楽しめるかもと、わくわくしながら読みました。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー
最初のほうは期待していた通りの感じで、とても楽しかったんです。
ただ途中から雲行きが怪しく...

正直、攻めに対してはただの自業自得じゃんという感想しかありません。
自分でした行いから逆恨みして、相手に復讐って...なんじゃそら。あまりの自己中っぷりの驚きを隠せません。
そんな展開がいきなり出てくるんです。なぜ途中から反れたのか。

受けが攻めから受けた行為を”性癖”として受け止めているから良いものの、これがトラウマになっていたら最悪ですよ。
性癖だったからこそ、この展開にしたのかもしれませんが...

最初の展開は良かっただけに、本当に驚きました。そのまま受けが飼われる展開で良かったのに...
0話は逆に良かったです、この2人の最初の在り方からすれば、抵抗はありません。
ただ女性ががっつり絡むので、注意してください。

3

性癖か地雷か

『インモラル・セックス』に収録されていた読み切りがたまらなく好きで、まさかこうして1冊の本になるとは思いませんでした!めちゃくちゃ嬉しい!

しかも読み切りの時には分かりずらかった受けに対する攻めの感情がコミックスではすごくよく分かり、特に執着とそれゆえの苦しみと。それがゾクゾクすると共に、エンディングに行くほど甘くも感じました。

先に言いましたが『インモラル・セックス』に収録されてたものは、0話として途中に入ってますが、これは人によって性癖もしくは地雷のどちらかになると思います。私は性癖です。待ってました。ありがとうございます。大好きです。攻め×受け×女性。もっと見たいですが、地雷の方が多いのかなと思うので難しいと思いますし、ここまでうまく状況を生み出せる先生も少ないのではと思います。キョウコ先生ならではかと。

私的には大変嬉しい作品です!性癖にハマれば楽しい作品だと思います。

1

こじれた復讐愛

小さい頃に近所の仲のイイお兄ちゃんに襲われかけた優は
トラウマが性癖となり
大人になりデリバリーホストとして働いていた。
基本タチの優が唯一ネコになるドS客の斉藤さんに恋をした優は
店が閉店することになり最後のセックスの際に
感極まって告白してしまう。

ドSで変態チックだけど対応は紳士的な斉藤さんがの
「陰」が垣間見えてドキドキでした!!
閉店して住み込みだった優が住むところを無くすので
家に招き入れるも、ペットのように飼ってあげる
なんぞ言いながらも軟禁ムードムンムン♡

優がスマホを持たず散歩に出た際
帰宅したら玄関に座り込んで待ってる斉藤さんには
ゾクゾク♡しちゃいました!

猟奇的な攻めが個人的に大好物なので最高の一冊でした!!

1

賛否両論なのでは?

がっつりネタバレです。

イケオジだー!しかも粘着系?最高やん、買お。と思って読み進めていくうちに、女性との3pのところでインモラル・セックスに収録されていたことに気がつきました。あ、ここ読んだことある、と。

3pのところは女性が道具の一部みたいな感じで別に気にならなかったし、優君良かったねぇ程度だったんだけど、斎藤さんが昔優君をいたずらしてた人で、偶然見つけたという設定よりは優君が子供のころからずっとストーカーしてたぐらいのガチ粘着系の方が良かったな。。。
好きって言う言わないのところもスルー。。

1番好きなシーンは帰りが遅くなった優君を斎藤さんが玄関でブチ切れて待ってて、本音が出たところ。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ