極上獅子育成計画

gokujo shishi ikuseikeikau

極上獅子育成計画
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
30
評価数
8
平均
3.8 / 5
神率
12.5%
著者
鬼嶋兵伍 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
電子発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784801971325

あらすじ

「人間」と「獣人」。2種類の「ヒト」が存在する世界ーーー。
獣人同士を戦わせる見世物扱いの拳闘ショーで半殺しも当たり前の16戦無敗、「残虐のロキ」として名を馳せる獣人・ロキ。
自暴自棄な生活を送っていたある日、レイゼイ家の御曹司・ヨシノに突如身請けされることになった。
買われた者の勤めとしてカラダを差し出す覚悟をしていたロキに、ヨシノは夢のようなビジネスを持ちかける。
それは獣人の地位を向上させ、ロキが「正しいショー」の「人と獣のヒーロー」になることだった。
が、真正の変態(ケモナー)であるヨシノがロキのモフモフを我慢できるはずもなく、夜毎カラダを重ねていくうちに少しずつ関係が変わっていき…。


【収録作品】
極上獅子育成計画1~8
おまけまんが

表題作極上獅子育成計画

ヨシノ・レイゼイ,レイゼイ家御曹司,ロキを買う
ロキ,獣人レスラー

その他の収録作品

  • おまけまんが(描き下ろし)

レビュー投稿数2

かわいがり

大きくてかっこいいほうが受!がオイシイ鬼嶋作品でございます。
本作は獣人受ですね(n*´ω`*n)眼福。
大きな体躯に熱い胸板、引き締まったお尻。
強くてでかくて、少々オッサンな獣人が
あー俺売られたか、「かわいがられてこいよ」なんて冒頭
実際はそんな作品ではないんだけども
個人的には「かわいがられてこいよ」展開のほうを読んでみたかったと
思ってしまうのは、脳が腐敗しきっているからなのだろうか。。。
(結論としてはかわいがられているに齟齬はないんだけど)

設定は少々パラレル。
獣人と人間が共存する世界感。
よろしくない環境下に置かれている獣人。
しかし、攻が目指していたのはそこではなく~

ストーリー的にもあまり見ない感じなので楽しく読了。
もう少し恋愛的に惹かれ合う要素があるといいなーとは思いました。
イチャエロはしてるんだけど・・・

0

獣人を愛する男

一冊丸ごと大ボリュームの獣人BL。
ヒトには二種類、人間と獣人がいる、という世界観。
獣人は頭部が獣で、胴体や手足は人間型、爪あり尻尾ありです。
獣人は人間より下の存在と差別され、見世物になって働くしかなかったり。

主人公は、ライオンのような獣人のロキ。見世物残虐ショーのスター。
ある日、ヨシノという人間がロキを買い受けて…
ヨシノは獣人の地位を向上させたい、そのためにロキにヒーローになって欲しいんだ、と言う。
そのヒーローっていうのが、いわゆる「ヒーローショー」というか「プロレス」みたいな感じなんですね。
ここで親しみが湧いて読みやすい、という人と、プロレス/筋書きありのエンタメなんて、と思う人に分かれそうだな〜と感じました。
ケモナーであるヨシノの欲情にほだされつつ、獣人という存在を愛し本気で考えているヨシノに共感し、自分が「獣人の希望」になろうと頑張るロキ。
…という奮闘の物語がベースにありつつ、ヨシノとロキの熱いセックスシーンも同時進行。
ところで体格も腕力も大幅に上回るロキの方が「受け」です。
格闘家のロキは雄っぱいも雄しりもバインバイン。そんなロキがネコ科的にのどを鳴らしながらイクのも意外と可愛い。
局部は白抜き。デカ尻のドアップが多いので尻フェチさんにおすすめ。
物語は関西のライバル団体が出てきたり、ヨシノの裏切り疑惑、またヨシノとロキの知られざる因縁など、とにかく尺があるのであれこれ詰め込んできてる印象。
一冊読むとほんとにお腹いっぱい、という感じです。
筋肉、ケモミミ、ちょっとゲイテイストなエロ、バインバイン、そして人情?
この辺にピンときたら…

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う