マジシャン・マーダーズ

magician murders

マジシャン・マーダーズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神32
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

241

レビュー数
7
得点
197
評価数
43
平均
4.6 / 5
神率
74.4%
著者
ジョシュ・ラニヨン 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
門野葉一 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
モノクローム・ロマンス文庫
発売日
電子発売日
ISBN
9784403560453

あらすじ

FBI行動分析官のプロファイラー、サム・ケネディとの
複雑な関係を続ける美術捜査班のジェイソンは、
研修のためサムのマンションに泊まっていた。
研修最後の夜、サムとの夕食のため買い出しに出たジェイソンは
駐車場で襲われ薬物を射たれる。何者かによる誘拐未遂。

犯人の目処がつかないまま、サムはジェイソンに
母親が暮らすワイオミングでの傷病休暇を提案する。
はじめて二人で過ごす長い休暇ーー
ところがその町で奇術関連コレクションの盗難と殺人が発生。
マジシャンの死体が持っていたタロットは連続殺人のサインなのかーー!?

翻訳:冬斗亜紀

表題作マジシャン・マーダーズ

サム・ケネディ,FBI行動分析官のプロファイラー
ジェイソン・ウェスト,FBI美術捜査班

レビュー投稿数7

何をしてもギャップ萌えを生む男

シリーズ三作目。完結を待てず読んでしまった。
今作は襲われたジェイソンが療養休暇に入り、サムの実家で過ごすお話。大まかな流れはシリーズのパターン通り。サムがびっくりするほどのギャップ萌えを放ってくる、お決まりの萌えシーンもあって嬉しかった。

療養といってもジェイソンは事件に関わっていくし、サムはジェイソンを襲った犯人探しに必死になっている。
が、それよりも胃がキリキリしたのが、サムの母親とジェイソンが二人で過ごすシーン。さすがサムの母!と言わしめる裏の意図がありそうな発言の数々。嫁姑のヒヤヒヤ感。読みながら変な汗をかきそうだった。

サムとジェイソンは相変わらず別方向に不器用な二人で、想い合ってるのにすれ違っている。
今作はジェイソンの動ける範囲に縛りがあるせいか、事件に複雑さはなく、サムとの関係に悩む描写が多かったように思う。その内容に1~2巻と同じ空気を感じたのは気のせいかな。仕事柄仕方ないことは分かっている、でも自分に関することまで話してくれないなんて!っていう。

散々悩んだジェイソンは、決死の覚悟でサムとの対話へ。心持ちは対決って感じで気合い入ってて、別れまで覚悟する極端さ。こんなに思い詰める性格で今後の遠距離恋愛は大丈夫か?と不安になるが、そこはサムが流石だった。
石のような男サム、何をしてもギャップ萌えを生む男。お料理サムの挿絵にぎょっとなり、ちょっと嬉しそうな表情を見せるだけで「あのサムが!」と感動させられてしまう。
そんなサムが声を震わせて感情を吐露する。サムのこうした感情に思い至らなかったジェイソンを不思議に感じなくもないが、サムの性格を考えれば納得する面もある。同時にジェイソンも性格上せっぱつまると周りが見えなくなるから仕方ないのかも。
つくづく対話が重要な二人だと思った。

その後の甘々シーンは普段のラブシーンの何倍もの気恥ずかしさを感じた。そういえばあれは仲直りHだったんだな。

事件はドタバタと解決し、離ればなれになった切なさをほんのり漂わせながらのエピローグ……かと思ったら最後の最後に怖すぎるホラーなお手紙が。まじで迫りくる恐怖に震えた。なんつー終わり方!
早く次が読みたい。

1

次巻も正座待機

前巻のアンビバレンツから一転、心のままにジェイソンを過保護するケネディに対して反発を覚えるジェイソン。私からみるとケネディ(にして)は出来得る限りジェイソンに配慮しているように思えるのですが…。ケネディはジェイソンが感じている予感についてどこまで気付いているんでしょうね。
母を守りたくて怒り狂う健気なケネディ少年のエピソードは胸が詰まった。そんな彼は今は正義の為に日々悪意に自身を晒している。
最終的にハッピーエンドだろうけど(ですよね???)それまでに一回破局しそうだしその時のケネディを思うと辛い。辛いけど苦悩する攻は大好物なので正座して待機しています。

3

なんだこれ

海外のBLは読んでてドラマっぽい
この作品はサスペンス要素も強いのであっという間に読み終えました

作家買いの1人です

いつも電子で買うのですが今回、何故か縦書きに所々横書きが入ります

最初重要だったりkeyになる単語なのかと思って読んでましたがなんでもないところでも散見されて集中出来なくなることもあり地味にイライラ

なんでこんな変なことになってんだろ
読みづらさ半端ない
せっかく面白い作品なのに

2

神経質の度が過ぎてないか?

LOVE方面の感想を。
「やっとサムが(萌)」と思ったんですけれど、よく考えてみたら訳が分からなくなっちゃった。「ひょっとしてサムの内面が伝わらないのはジェイソンにも原因があるんじゃないか?」って思えたんで。

だってジェイソン、サムに対してあまりにも卑屈過ぎないですか?
『自分は愛されていないかもしれない』というジェイソンの思いって、下手すれば彼のひとり相撲の思い込みっていう可能性もあるんじゃなかろうか。

サムの死んでしまった恋人、イーサンについても、知りたいんだか知りたくないんだか……どうも聞くのをビビっているようにしか見えないんですよね。これ、イーサンがサムに及ぼした影響がとんでもなく大きかったら怖い、って事ですよね?

確かに『マーメイド・~』で登場したジェイソン捜査官は、そのバックボーン(特に家族がらみの)や銃で撃たれた直後ということもあって、神経質にならざるを得ない状況なのかなと思ったんですよ。担当も美術品に関わる事件ですしね。骨太であることを要求されないとでも言うか。

でもね、今作を呼んでちっとばかりイラっとしてしまったんですよ。
女々し過ぎないか?(あ、これって差別用語?)

すでに翻訳されているふたつのシリーズでは主人公の美点となっていた神経質さや、相手に対する引け目みたいなものが、このシリーズではジェイソンの大きな欠点に見えちゃうんですよ。
このシリーズの2人は、部署は違うとは言え同じ職業だからなんだと思う。
自分の好みとしては、もうちっと「キリッ!」としていただきたい。
でも、今回も冒頭に誘拐未遂が起きているから仕方がないのかなぁ。

マジシャン殺人事件自体は複雑なものではありませんので、捻った推理をしちゃうと肩透かしを食らいます。
どっちかっていえば、合衆国でのマジックショーがどういうものなのかが、ちょっとだけ垣間見れたのは非常に面白かった、っていう感じです。

で、マジシャン殺人事件よりももっと怖い部分がありまして。
サスペンスの怖さが苦手な方、そんでもって一人暮らしの方は、本を読み終える時間を調整した方良いと思うのですよ。ラストを深夜に持ってこない方が良いんじゃなかろうか。
午前2時に読み終えたあたしはかなり怖かったです。
この怖さは次回へ引きなので「上手い!」とは思うんですけれどもね。

7

続きがもう読みたい

今回も映画というかアメリカの面白いドラマ風に脳内上映しながら読みました(誰か本当に映画化してくれー!)挿し絵もハリウッドっぽいもんね。表紙のジェイソン可愛いー。美術捜査班の美形FBI捜査官34歳です。

攻めのサム46歳はFBIのプロファイラー。映画によく出てくるシリアルキラーとかサイコパスのモンスター達を捜査する仕事なので、知力・体力必要な上に逮捕後も犯人に逆恨みされるという大変な立場。事件現場も悲惨なので精神的タフさも要求される。

今回は遠恋中の2人がバージニア州のサムの家で仲良く過ごしている所から始まりますが、ジェイソンがちょっと買い物に行った時何者かに誘拐未遂され怪我もします。サムはジェイソンに強制的に療養休暇を2週間取らせ自分もついでに休暇を取ってワイオミング州の田舎の自分の実家に2人で籠ります。

せっかく遠くまで来ても別口の事件に巻き込まれ、休暇中なのに大活躍で捜査してしまう2人。完全にワーカホリックです。ジェイソンは34歳ですが12歳年上のサムは完全にガキ扱いで守ってくれようとするんだけど自分の仕事に誇りを持った捜査官としても尊重してほしいってすごく悩むんですね。そこが恋愛物として面白かったなあ。サムはジェイソンが愛しくて可愛くてたまらないだけなんだけどね。見た目が渋すぎるせいかなかなか伝わらないんです。

事件を追うストーリーもめちゃ面白いけど、M/M小説の肝であるロマンス面もしっかり描かれてて、やはりラニヨンさんの小説好きだー!って思います。日本や他の国の読者から新作を楽しみにされてるってすごいな。

このマーダーズシリーズは新たな展開で第4作に続きますが来年夏に翻訳本をまた出してくれるらしい。ありがたや。その前の2月にもモノロマ文庫でラニヨンさんの新作が出るみたいで超嬉しい。挿し絵が草間さかえさんなのでもしかしたら大好きなフェア・シリーズと同じ世界観かも?ワクワクが止まらないなあ。

8

恋より仕事を選んできた男が恋に落ちた話

サム(46歳)×ジェイソン(34歳)のFBIの大人の男同士の遠距離恋愛シリーズ3作め。

各巻ごとに事件が起こり、それを解決する中で二人の関係を描くシリーズなのですが、事件関係はネタバレになるのでここでは恋愛関係について。

本作の二人は、掌中の珠、愛しい雛鳥ジェイソンをあらゆる危険から遠ざけて守りたい庇護者サムVS自分の身を自分で守れる、一人前の男としてサムから認められたいジェイソン、
と言った感じでした。

主人公ジェイソンは物語開始早々満身創痍。
前作からどうやらストーカーに狙われているっぽい上、前作の事件も立件しきれず関係者と対立したまま。
その上で何者かに襲撃されあわや誘拐されかかり負傷したところから始まるのです。

かつての恋人を殺人によって失ったサムにしてみればこんな状況は決して見過ごせません。
FBIでもトップレベルの能力を誇り、経験豊富なサムからしてみれば、ジェイソンはまだまだ未熟で危なっかしくて仕方ありません。
だからお姫様を守る騎士のように、子供を守る親のように、サムはジェイソンをあらゆる危険から遠ざけ、完璧に守りきろうとします。

でも自分だってFBIの一員であり、誰よりサムにこそ自分の能力を認めて貰いたがっているジェイソンにとっては、そんな半人前扱いは我慢がならず、たびたび2人は衝突します。
(ジェイソンもおバカな子供ではないので、サムの庇護欲に一定の理解はしているところが大人の恋愛話だなあという感じではあるのですが。)

自分のやり方で守ってやらなければ、ジェイソンを失うかもしれない、だけど今の自分のやり方のままではジェイソンの心が遠ざかってしまうかもしれない。
…というわけで、今まで誰のいうことにも耳を貸さず、自分のやり方を貫き通してきた傲岸不遜なサムは、不器用ながら、なんとか歩み寄ろうとするのです。

四十代半ばと、自分のスタイルが完全に出来上がっていて、生き方を変えるのが難しい年ごろで、しかも元々自分を曲げない正確な上、自分のやり方で上々の成果をあげていた男ならそれは尚更です。

そんな男が10以上も年下の男に本気で惚れて、地味に右往左往している様に大変悶えました。

二人の関係についてまだ不安だらけのジェイソン視点で話が進むので、メロメロ具合がそこまであからさまに描写されているわけではないのですが、いやはや…という感じ。

というわけでサムのナイトぶりと不器用な伴侶ぶりを堪能した作品でした。

本作では、ストーカーも襲撃犯も捕まらないまま、ものすごいところで終わっているので、二人の今後含めて続きが待ち遠しいです。

9

頑張れジェイソン!

こわっ!
なんじゃ、このラストは!!
ドキドキが止まらないんですけど……

初っ端から、薬を打たれて拉致されそうになるジェイソン⁉︎
危機一髪のところで逃げ出すものの全身に怪我を負ってしまい、サムの実家で2週間の傷病休暇を過ごすことにーー…

ジェイソンが狙われた事で、仕事を後回しにして献身的に寄り添うサム。
あのワーカホリックのサムがですよ!
もうね、それだけで胸アツでした。

そして、サムの実家近くでマジシャン殺人事件が起こります。
それは、ジェイソンが捜査コンサルタントとして協力していたアートコレクション盗難事件と関連していて……と、いう展開。

トラブルメーカー的なジェイソンは、今回も殺人事件に巻き込まれていきます。
サムとは別行動が多いのですが、一緒に暮らすという流れにワクワク♡

ひっそりとジェイソンを狙った犯人を探すサムに、ジェイソンへの大きな愛を感じずにはいられませんでした。
黙って捜査している事でジェイソンとすれ違いそうになる場面もあるのですが、サムの素直な言葉がそれを救います。

前作では2人の関係に及び腰だったサムでしたが、もう腹を括ったんでしょうね。今度はジェイソンを守る方に全力を注ぐという感じで、そこに萌えました。
だんだん人間らしくなっていくサムが愛おしい。

マジシャンマーダーズは解決するものの、ジェイソンを襲った犯人は捕まらず。
続編に持ち越し案件かな……と思ったら、とんでもないラストが待ち受けていました!
犯人は、やっぱりドクター?
これを知ったら、サムは心配で堪らないだろうなあ。

2人が少しずつ関係を深めていく姿、サムからの「愛してる」の言葉にはキュンキュンしましたが、波乱の予感も──。
次回は大きく物語が動きそうな気がする。
少し怖いけど、楽しみに待ちたいと思います。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う