俺が好きなら媚びてみろ

ore ga suki nara kobite miro

俺が好きなら媚びてみろ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神148
  • 萌×255
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

125

レビュー数
29
得点
998
評価数
219
平均
4.6 / 5
神率
67.6%
著者
里つばめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics CRAFTシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784813033110

あらすじ

誰がお前のことなんか好きになるか!

エリートたちが凌ぎを削るメガバンク東都第一銀行本店営業部で
働く松田は、酔ったところを同期でライバルの加藤に強引に抱かれ、
その翌日、プロポーズされた。
「俺を好きになって」と事あるごとに迫ってくる加藤を意識するが、
もともとストレートの松田は自分が抱かれることに納得もしていなければ、
素直になれるはずもない。
そんな時、加藤のある話を聞いてしまい!?
溺愛・加藤とツン松田の意地とプライドをかけた攻防戦、ついに決着!!

表題作俺が好きなら媚びてみろ

加藤貴博(28),銀行商社担当第一営業部
松田悠樹(28),銀行石油担当第二営業部

その他の収録作品

  • リスタート
  • カバー下(キャラクター紹介・小ネタ集)

レビュー投稿数29

あんな顔

出ました松田ちゃんの"あんな顔"!!というか最早ずっとあんな顔してました。可愛い…変態に振り回される受けはいつだって可愛い。加藤は同期の家であれした上にそれまでできるあたり本当に変態。しかし受けちゃんへの愛が揺るがない攻めほど信頼できるものはないので、その点加藤は裏切らない。

俺が好きなら跪けのレビューで偉そうに萌〜萌2とか言ってんですけど、読み返したら凄く良くてこれいかに。この後があると思って読む1冊と、これで完結だからここ全てを汲み取らねばという1冊とはやっぱりハードル違うということで。この後の2人があるなら期待に沸き立つ。その上、大大大好きな作品「俺が好きなど嗤わせる」の上司組がチラチラ出てくるもんだから…と、跪けの自戒で文字数が増えてしまった。

しかしながら今回も前巻同様にもうひと押しこの先が見たい感じで終わってしまうという…煮え切らない松田よ…

0

続編って書いといてよー

続編と知らずに購入。
BLは、タイトル違いで続いていくパターンがあるからあらすじや帯を見て買ったんだけど、読み始めたら「ん?なんか続きもん臭いな、関係性が以前からある感じじゃねーか!」と思ったらなんかモヤモヤしてしまいました。

こーゆー、チャラくて、カッコよくてでも仕事ができてモテてってタイプが強引な攻めに押されて流されて受けにされてしまう感じ、悪くないし好きなんですよ。
でも、なんかふーん、すーん心が凪な感じで特に何も感情が動かず読み終わってしまった。

お仕事部分も、へー、忙しい時はそんな残業あんのか、イレギュラー時は朝7時から会議とか大変だなーと思いましたが、なんかお仕事漫画としても半端な感じ。

とにかく続編って書いてくれなかった事がずーーっと私の中で引っかかったままで評価までも下がっちゃった。

じゃあ前作読んでみるかって程気にもならなりませんでした。里つばめ先生とても人気みたいなのですが、こちらの作品があんまり響かなかったのでGAPSに手を出すのに躊躇してしまいます。

0

最高

続編ありがとうございます
最高です
最高のリーマンBLです…
タイトルからして好きです

0

松田の後輩へのアドバイスに惚れた

加藤に惹かれているのを認めたくない松田がツンツンしてるのが可愛いですね。近づいてこられるとツンとするのに、自分以外の人と一緒にいるのを見るとシュンとする所が可愛い。
今回の松田はちょっとかっこよかった。後輩くんの転職についてのアドバイス。仕事に何を求めるかって人それぞれ。お金のため。女にもてたいから。それでもいいと思います。仕事自身にやりがいを求めなくてもいいんだなと思って。ジーンとしてしまった。加藤は、きっとこれで更に惚れ直しただろうなぁ。私も惚れちゃいましたからね。
後輩くんも仕事に迷いがなくなって良かったよ。
そして、終始、加藤からの松田への求愛が描かれていて胸きゅんでした。こんなに愛されるなんて幸せだなぁ。
この2人は松田がツンとしながら、加藤に甘やかされてるのがいいのかも。
これでこのシリーズは終わりなのかな?
続いて欲しいような、余韻を遺したま終わって欲しいような複雑な気持ちです。

1

前作からの進歩具合は…

「俺が好きなら跪け」の続編でした。
前作は完全な両思いになる手前で終わってたので気になってたんですよね〜。
いよいよ両思い編?
と思いきや…

期待ほどは進展してなかった( ´_ゝ`)
松田クン、まだ絶賛悪あがき中でしたw
チョロいんだか、堅いんだかわかんねー。

でも確実に加藤の事を好きにはなっていて、それを自分だけが認めたくない一心で往生際悪く抵抗を続けてるって感じでした。
もはやそんな抵抗も可愛く思えてきたわ♡
嫌よ嫌よも好きのうちっていうののお手本みたいな受けクンです。

この終わり方は…続きますよね、コレは。
すごーくジワジワだけど、着実にデレて来てる(?)ので次作は甘イチャ期待しても良いのでしょうか?

4

できる男達の恋

仕事ができて表向きスマートなのに
特定の人には口が悪く、ちょいクズ発言もしちゃう
おちゃめ?なタイプが好きな私は里先生の作品が大好物( ̄▽ ̄)


ただ‥‥偉そうな事言って大変申し訳ないのですが
里先生の作品って、スーツ姿はめちゃくちゃセクシーなのに裸になった瞬間「‥‥スン」となっていました。(私調べ)
いつもはえちぃ場面は読み飛ばしていましたが今回は上手になられたな。と。
裸体はまだちょっと違和感あるけど、以前に比べらたらすっごく良くなってる!
そしてシーツを掴む手、めっちゃセクシー!良いっっっ!(ほんと偉そうですみません!)


そんなこんなで色んな角度から楽しめました。と
お伝えしたかった訳です!

9

ラブコメ

「俺が好きなら跪け」の続きらしいけど、読まずにいきなりこの作品を読了。
前半に前作の説明が有るので、支障なく物語の世界に入り込めた。

奇妙な馴れ初めで始まる二人

相愛になるまで、色々な理由や出来事で蛇行していくのは、
松田がややこしい性格だから。
でも松田のややこしさが、加藤にとってはきっと面白いのだと思う。

加藤は、御曹司。待つことも、追い込む事もできる人。

面白かった。
「俺が好きなら跪け」も、今から読む予定。

7

ブレない男・松田。

え、嘘だろ?落ちていないだと?
前作『俺が好きなら跪け』で同期でライバルの加藤から
猛アプローチを受けた末に不覚にも抱かれてしまい、
とどめのプロポーズで遂に陥落したかに見えた松田でしたが…
まだ往生際悪くあがいておりました(笑)

てっきりイチャイチャ編かと思ったのにぃい!
もう少しデレを…デレをくださ~い!

すっかり溺愛彼氏面して蜜月モードな加藤に対し、
相変わらずツンデレ姫っぷり健在の松田このヤロー!
二人の温度差が恨めしい…。
おまー、落ちたんじゃなかったのかよぅ~゚(゚`ω´ ゚)゚!
もうここまできたらいい加減折れてしまえばいいものを…
これだけ愛され、尽くされてまだ素直にならないなんて、
焦らしプレイにも程がある!

というか、前作よりも加藤へのツンっぷりに拍車がかかってません?
性懲りもなく女漁りもするし…続編でもブレない男・松田でございました。
加藤が鋼のメンタルでよかった…。

とはいえ、今回は女子と親しげな加藤に嫉妬したり、
加藤の隠し事を察知するとこっそり嗅ぎまわったり、
打ち明けられないことにショックを受けてしまったり、
素直ではないなりに加藤のことが気になり出していて、
少しずつではあるけれど着実に絆されてきている松田に
ニヨニヨしておりました。
案外、温度差なんてそうないのかもしれない…?

口では悪態をついていても加藤に触れられれれば、
うっとりとした表情を浮かべ、大人しく身を委ねてしまうくらいには
体の方も順調に手懐けられつつあるので、あとは気持ちが追いつけば…
いけるはず( ˊㅿˋ )و グッ
完全攻略まであと一歩!

きっとまだ続きがあると勝手に信じております。ありますよね?
次こそは加藤の献身が報われ、松田のデレが見られますように♡

9

なんだかんだ言っても落ちてる

これで決着って本当に?まだまだずっと二人でやり合ってて欲しいんですが笑。松田が一人で嫉妬にモヤついて、自滅気味に加藤に落ちていくお話。ブレずに松田一直線で、そこに何のためらいもない加藤が好きでした。
ストーリーは松田に勘違いさせるための女子キャラを投入し、後輩の転職問題を絡めて進行します。日常系のリーマン編って感じ?で、パターンは前作と同じかも。加藤は松田のために手が出るし、「~してやらあ!」と気合いを入れても加藤に勝てない松田。
でもちゃんと前作より松田から加藤への―♥→が太くなってるのが見えますし、なんだかんだ言っても落ちてる…と安心して笑えるラストでした。最後の松田の表情良かったです。
凝ってるな~と思ったのが余白。夜は黒・昼は白で塗り分けてたけど、社内シーンが多いから分かりやすくしたのかな?
あと変な萌えを発見しました。里さんの描くリーマンの絶妙なガニ股がツボかもです!街中を観察して描かれたようなリアルさ。しゅっとしてないところがすごく好き!
色っぽい眼鏡上司がとても気になったので、そちらの話も読んでみたいです。

7

ツン松田、「カフェオレ様男子」

加藤くんは安定して見ていられるので、松田くんのことばっかり考えていたら、数年前に耳にした「カフェオレ様男子」なる言葉を思い出しました。
女性的な行動と男性的な性格がカフェオレのようにブレンドされた、新しい男性像とのこと。

本人に自覚はなさそうだが、お買い物好きで消費欲高め(カバー裏でよーく分かった)、自宅のインテリアといい、学生時代のアルバイトといい(これは今巻のペーパー情報)、結構女子力高い。
女の子大好きというより、相手を次々と変え、より多くの女性と遊ぶことでモテる自分を実感したい。
仕事でも恋愛でも承認欲求は強め。
前巻で「勝った!俺を選ぶとは見る目あんじゃねーか」「そんなに俺を好きとはね~」と余裕ぶってたのが、榎本さんのことや加藤くんの退職のことなどで嫉妬したり拗ねたり、加藤くんのこと考えてはツンケンしています。

ちょっと(かなり?)幼稚で面倒なところもあるけれど、仕事している時は頼りになるしかっこいい。
川原くんに対するアドバイスとかいいこと言っているのに、殴られてるし(涙)

描き下ろしのラストでジーンとなり、またいつか続きが読めたらいいなと願っています。

11

松田がかわいくなってる…!!

冒頭読んで付き合ってなかったんだっけと前作読み返しました。

とはいえ松田がツンツンしつつ加藤に掻き乱されまくっているし、榎本さんに無意識で妬いてるの最高です。
チャラい印象がもう無くなりつつある…笑
キスするとき加藤に顔近づけてるのがなんともかわいい。

加藤は相変わらず飄々としていて面白い。さらっとすごいこと言うところが好きです。

このふたりのやり取りずっと見てられる~。

今回もリアルな職場実態を描かれていてすごいなぁと脱帽。

そして毎度思うのですが扉絵がいつも素敵すぎます。ほっこり。

7

まさかの続編が♡

「俺が好きなら跪け」を読んだ直後から、続きが読みたくて仕方なかった作品です。

まさか続編が読めるとは思わず凄く嬉しかったんです。でも、でもですね…松田が相変わらずのツンぶりで、もちろんそこも可愛いんですが本音を言えばもっと進展した関係が読みたかったなとガッカリしたんです。なので神評価までは至りませんでした。

加藤の同僚女性にチラッと嫉妬したりしちゃってるのに素直になれないんですよね。
加藤はと言えばそんな松田が何を考えているのか、全て理解してるのが良いです。溜まりません。

松田の良さを理解しているのも凄く萌えました。
里先生の描かれるスーツ姿良いですよね。色気があって大好きです。

続編があるならば、もっとデレた松田が読みたいと思いました。

7

往生際が悪い、っていうのはこういう事よ。

まさか、「俺が好きなら跪け」の続編が読めるとは思っていませんでした…。この感じだとまた、ダラダラと続くのかな。
嬉しい様な、哀しい様な。うーん。だって、まぁ、綺麗に完結してたかと思うんですよ。食えない加藤にメロメロに溺愛されちゃって、満更でも無いだろう、松田。
あの後は、読者それぞれの妄想でさらに補って。あと読むなら甘あま後日談番外編で良かったんです。
そりゃ全くのノンケの松田に現状をアッサリ受け入れろっていうのは無理かも知れなかったけれども。もはや往生際が悪いとしか言えないです。仕事は完璧にこなすカッコいい松田が、加藤の前では文字通り「オンナ」になってしまっている。加藤の前ではカッコつけてなんかいられないんでしょうけども。同期で、対等に肩を並べていた、少なくともいようとしていた松田がただの「オンナ」に成り下がっている、様にも見えて。凄くカッコいい男の筈なのに勿体ないなぁ。
加藤の側にやたら居る榎本さんに嫉妬してみたり。加藤が榎本さんの荷物を持ってあげてるのを見て、『自分だって重い荷物持ってるのに。』みたいに恨めしそうにしている松田がホント嫌いです。まるで、まるで。松田が加藤にプリンセス扱いして欲しいみたいじゃないですか。松田って、そんなだったっけ?っていう。まぁ、確かに、前作では加藤のナイトっぷりに萌えた私ではありますが。(松田を庇ってコーヒーひっかぶるとことかね。)加藤の鬼執着も落ち着いたかに見えて。ちょっとこれは宜しくない。
後半には、加藤視点で、ちゃんと松田の事を想ってるってのが分かるものの、松田の焦燥感が痛い。加藤に強姦まがいに抱かれてからというものの、加藤の事ばかり考えている自分自身が、許せないのだと思う。
里先生の作品の粋なところは、一巻にかならず事件的エピソードが挟まれるところ。本作では、取引先が火事になり、株価が暴落する。松田たちバンカーは忙しく善後策を立てる。松田の後輩の川原が、今ドキの迷える若者で、自分の仕事に不安を覚え、転職を考えている。色々聡い、松田の上司、神谷は、川原の焦りを看破しているが、川原は松田が次長にチクったのだと誤解して、松田を殴ってしまう。加藤が間に入って殴られてくれるのかと思いきや。間に合わず。松田は殴られてしまうのだ。んもぅ。ちょっと、加藤‼︎ そこは代わりに殴られてよぅ!と、ガッカリしてしまう。姫を守ってこそのナイトだろうが。と、思う間に、加藤が川原に怒ってくれた事で、何だか松田は多分。嬉しくなってしまっている。ホントにチョロい。加藤に言われるまでも無く、ホントに心配だよ、松田。
松田が気にしていた加藤の、実家の会社継ぐかもしれない問題は、先送りの様子。加藤は大手製薬会社社長の御子息で、いつかは銀行を辞めて戻る。
松田はきっと、その時が来るのを寂しく思っている。辞めたとしても、2人が別れるわけでも無いし。今、既刊を読み返したら、加藤は「一緒に来て欲しい。」とプロポーズまがいの告白すらしている。共に仕事をしたいのは、互いに思うところなのだ。
ああ、やっぱり2人の新しい道の行く末まで。見届けたいな、とも思うのでした。
往生際が悪い松田が完膚なきまでに落とされる様を。加藤の王子様っぷりを。楽しみに待ちたいと思います。

松田を見守るいつもの女子達は、生真面目な榎本さんを「男はやっぱり女子アナとか好きよね。」などと評している。合コンに来る様な女子アナは華やかなイメージだが。榎本さんは報道キャスター系か。榎本さんをして「女子アナ」と言うのにはちょっと笑ってしまった。
彼女達がどんな男と付き合うようになるのか?は、ちょっぴり気になるところでもある。お一人様満喫系なのか、はたまた。

14

うーん

加藤が松田にプロポーズ、という素晴らしいシチュエーションで終った前作にどんな続きが!?と楽しみにしていたのですが、結構拍子抜けしました。
松田が最初からもうグズグズで、なのに無駄な抵抗をしてて、何かモダモダしてて歯がゆいし、何なら加藤もモダモダしてるんですよ。
前作あんなに素晴らしい急転直下の奪い愛!って感じだったのに、スピード感落ちたなぁと思ってしまった。

松田がなぁ‥もうちょいハイスペモテ男の気概を出して加藤に挑んでくれたらなぁ‥
なんて、ただのぼやきです。

一点、殴るところマジで意味わからなかった。会社で殴るとか一発で解雇じゃないですか。
里つばめ先生のハイスペ男子、意外と暴力的でびびるんですけど、暴力的というスパイスは片桐と斎藤さんくらいに抑えておいてほしいです。

5

やっぱり〜良すぎ!

すごーく、良かったぁ〜!

この作品の気に入ってる所って、普通に女子も出てくるし、メインカップルも急がずゆっくり進むので、無理やり感がなくて自然でよいです。
更に、里先生ありがとう!と、言いたいのは、梶&神谷カップルが並んで出てくるシーンがあって、嬉しかった!この2人の続編(あくまで個人の希望です)を描いてくれると嬉しいなぁ〜と、思ってる身としては有難いシーンです。

そして、本題に戻り〜最初から松田さん〜けっこう加藤くんの事好きなんじゃない!って、感じで。

加藤くんのおせおせに、毎回ツンな松田さんが、もぉ〜可愛くて、萌えました。

最後のシーン・・・凄い良かった!

5

神以外の選択肢がない

メガバンクの銀行マンの二人の恋の駆け引き第二弾
読む前から期待に指が震える先生は多くはないと思うが里先生は間違いなくその先生の中のお一人
前作の終わり方もとても素晴らしかったですが、今作も前作以上に素晴らしかったです

有名製薬会社の御曹司の加藤と同期の松田
ステイタスと能力が高い男達故に群がる女達を無視し続ける加藤と逆に自分の飾りにし欲望を満たす道具にしていた松田(まあ女の方も同じように思っているタイプを選んでるあたり文句もいえまい)
ライバルと思っていた加藤が松田に自分が会社を辞めて製薬会社に戻る時お前にも来てほしいとプロポーズした前作からの続きである(色々あって体の関係済みしかも相性が非常に良いらしい)

会社の中で加藤が銀行をやめて親元の会社に戻るらしいと言う噂が立つ
噂でそれを聞いた松田は自分にプロポーズしたくせにそんな大事な事を自分に言ってこないに加藤に、そして動揺している自分にも動揺してしまう

これが大前提で今作がすすむんだが、動揺しているのに(動揺してるが故にそれに封をするため)一ミリも素直にならない松田が非常に可愛い

女にだらしがない故に色々敵も多いが松田は有能な男
仕事には有能で誠実な面もあってこれでもこれで女にも誠実だった完璧すぎて面白くないでしょう
能力もあって野心もあって実行力もあってそれに合う仲間をしっかり作っている
でも女にはだらしない男松田が
予測が全くつかない加藤の直球にたじろぎ戸惑う様を堪能

今作で松田は心も体も完全ではないが加藤に落ちてしまったと思う

本人は俺は落ちてないと主張している状態

こういう時の思うのだが松田が加藤についていくのが正解なんだろうか?
次回作、あるいはもっと先で答えが今からでも楽しみです


しかし里先生の描く男ってフィクションなのにリアルっぽい上等の男って感じで凄い
特に思うのがスーツやジャケットを脱いだときのシャツの書き方
腰がある程度がっしりしていて朝から仕事をしているからシャツがちょっとぐちゃってる
働いているのでシャツが体にぴったりくっついてる状態なわけがない
このナチュラル具合が非常にいい
今シリーズは加藤の真っ直ぐな視線の重さや硬さや鼻の形も好きです
自分の語彙力のなさが恨めしいですが、とにかく男達がかっこいいのです

8

媚びても靡かない、それが萌…

このシリーズ大好きです。嬉しい続編!
あのプロポーズは2人のプロローグでしかなかったのか、という印象でした。そして、まだ序盤戦じゃないんですか?松田の100%陥落まで時間がかかりそうですね、ということは、まだまだこのシリーズ続くってことで、それはそれでまた嬉しいことです。

メガバンクエリートの恋愛モダモダ。個人的には上司のモダモダのが好きなんですけど、同じ銀行内のシリーズなので、もちろん上司(相変わらず素敵…)も出てくるという楽しさ。里先生の描くリーマンには”働く”男のスーツの美学があふれていて、もはや、大手町のビル群を見上げて妄想できる気がします。スリーピースは言わずもがななのですが、そうではない日常スーツ、シャツの腕まくりとか、ネクタイだけはずしてる感じとかetc、デスクワークに本気スイッチ入ってるときのスーツ応用形の描写がたまりません。。

松田とゲーム以外のことに無関心な加藤最高!!軽くサイコパスなんじゃないのか…?と思ってしまうんですけど、世界の中心が受、という気持ちで大正解ですよ、加藤!松田以外に無関心だから、たとえ松田の関心が他にあってもそこには関係ないという最強メンタル、絶対ブレないの、安心します。

俺のことが好きなはずなのに女に優しくするな的な気分になりかけてる松田の気持ちの変化が大きい”媚びてみろ”。里先生の作品って余白が多い分、妄想を広げやすいです。俺のこと大好きなくせに、俺に黙って会社辞めるんじゃないかと無駄にモヤっとしてる松田は、もう加藤なしの世界はおっぱいがいても楽しくないはずです!自分より優秀(に見える)加藤が、自分に夢中ということの優越感はあるものの、その気持ちに依りたくないという松田の矜持が、会社の同期同士のCPとしてとてもいい、重要ポイントだと思います。あと、後輩に殴られた松田を庇って…の件では、加藤の過保護さが見えて萌えました。

コミコミさんのリーフレットは鉄板イベント、風邪ひいたとき~の2人でした♪

6

やっぱり松田が可愛い

強姦とかヤリ目とか松田も加藤も言葉で言ってるけど、本当それは嫌なんだけど、松田が女好きと言う名の女嫌いっつぅか女をバカにしたやつなのでヤリ目で口説かれる気持ちになってんのちょっとザマァ見ろとも思う
とはいえ、松田なんかと違って加藤は強引なだけで松田のこと超好きだし、何より松田の仕事してるとこが好きみたいなのが松田の女への気持ちとは大違いなんだよな、人情交えて仕事するところも好きになったみたいだし

松田は女に対してはムカつくやつなのに、どうしても可愛く見えてきちゃうんだよな
迫られるとなんか受け入れちゃうし毎日毎日加藤のこと考えちゃう
それはあるんだよね強引に距離が近づいちゃって好きなのかな?ってなっちゃうの
でも加藤は本当に松田が好きで、松田も好きになっても大丈夫だから、ハッキリと自覚する日までは押し切られずに頑張って、そんで加藤が自分を好きじゃなきゃ嫌なんだって分ったらプロポーズに応えたらいいじゃん
加藤が好き好きずっと口説き続けてるの松田が可愛くなって良いし
松田しか基準がないんだって!キャ~ってなっちゃう

加藤は媚びて媚びて松田が一生一緒に働いてくれる未来を得たなら大事にしてくれますように
ゲームばっかで放ったらかしとかしないとも限らない風に見えるんだよな

3

やった〜〜〜続き出た〜〜〜!

「俺が好きなら跪け」加藤×松田の続編。
里つばめさんのカプで一番好きな2人なのですが、前作がずいぶんと駆け足な展開でendマークが付いて全然読み足りないなぁと残念に思っていたので、続編が出て嬉しいです!

※シリーズ未読の方へ。
▼加藤×松田のお話
俺が好きなら跪け
俺が好きなら媚びてみろ(本作)
▼梶×神谷(松田の上司)のお話
俺が好きなど嗤わせる 上下巻
里作品恒例のシリーズの繋がりが分かりにくい問題。
本シリーズも分かりにくくなってきましたが、本作を読むにあたっては、「俺が好きなら跪け」を読んでいれば大丈夫です。

チャラいように見えて仕事は人一倍の努力で結果を出しているエリートバンカー〔松田〕と、親の会社を継ぐまでの社会経験で銀行にいる生まれながらのエリート〔加藤〕。
松田が勝手にライバル意識を燃やしていた加藤からある日突然好きだと言われて・・・ボンボン特有の押しの強さでグイグイくる加藤とそんな相手にやすやすと落とされたくない松田の攻防戦が美味しいカップリングです。
続編の期待どころとしてはやっぱり、前作は完全に【加藤→→→→松田】だったので、それがどんな感じで変化していくのかな?といったところでしょうか。
前作のラストが無理矢理ヤった後の翌日に路上で跪いてのプロポーズですからね。
タイトル回収としてはいいけど、それで落ちたら松田ちょろすぎんだろうよ、おおおーーーーいって終わり方だったんでね。
続きがどう始まるのかな?と思いながら読み始めましたが、引き続き【加藤→→→→松田】ステイからの再開だったので、ヨシヨシあれで落ちてはいなかったようだな松田偉いぞ!とまずは安心いたしました。

読み終わった感想。
あれ、、、これはもしかして長期戦が期待できる流れなんでは???
王子様に
跪かせて?
媚びさせて?
そんで次は何をご所望ですかお姫様?

今作で矢印ひとつくらいは←になったでしょうか。
いや、0.5かな?
ただこの2人、進展はなかなかしなそげな雰囲気を出しつつも、松田の身体がわりと押しに弱くてちょろいせいで1冊1エロあるエッチで松田の変化が見てとれてしまうのが堪らんね。
前作と今作を読み比べてふふ♡ってなります。
てか女の子遊びできなくなってる時点で読者はお察しだけどねーーー。
加藤が銀行を出ていくまでにはまだもう少しの猶予があるっぽいので、焦らずゆっくりあの手この手でプロポーズし続けて粘り勝ちしてほしいなと思います♡

【電子】ebj版:修正-、カバー下なし、裏表紙なし

6

ナイスカポー

前作がいいところで終わったので、続編うれしいです。

いい感じになったものの、まだお付き合いはしていなかったんですね。

でも松田は意地をはりながらも、加藤のことが気になっちゃってしょうがない。

川原と榎本さんがどういう役割をするのかと思ったら、そうきましたか〜。なるほどです。

どちらも違う形で、2人の仲を刺激してくれました。

特に川原の場合は、松田が殴られたのを見て加藤が殴り返しちゃう。かっこいい。
カッときて人生初かも、と加藤は言いますが、その後しれっと「つい」と言うのがおもしろい。
カッときている時の顔は見せない。想像がふくらむので、その方がいいですね。

加藤が会社を辞める話、川原の転職のくだり…が全部つながってうまいこと出来ているなぁと。

結局、口では認めないけど、加藤を受け入れる松田。

ずっと松田はギャンギャン言うけど、前半、チューはされるがままだったのもおもしろくて。そこまではいいんやとw

松田の抵抗を全く意に介さずぐんぐん押す加藤がいいです。
松田のことをちゃんと見抜いている。

「俺の基準はお前だけだから」
ベタ惚れですね。そりゃブレないわな、と思わせてくれた一言。

ここまで言わせる松田。
ここまで言ってもらえる松田。
内心ぐらっときて、意地を張って聞けなかった会社を辞めることを聞けました。
その後はとんとん拍子?にチョロさも出たのもよかったw

1点気になったのは、絡みのシーン、動きの線や擬音があればいいというわけではないですが、先生の場合、やっぱり静止画みたいだなぁと思ってしまいます。ごめんなさい。

好きなツボ
・お互いが相手にぐっときている時の無言の表情に萌え〜
・梶次長!今回もかっこいい!!(好き)
・普段スーツ+髪セットの2人が、オフでは私服+髪おろしているのがかっこいい(特に加藤)
・お前も浮気しないと思っている、したら「閉じ込めて鎖で繋ぐ」とかわいい笑顔で言う加藤
・榎本さんがいい人だった(里先生作品に出てくる女性キャラは嫌な感じが多いイメージだったのでよかったです)

8

最高のラスト

「俺が好きなら跪け」の続編です。
プロポーズを受けて、めでたしめでたし…ハッピーエンドの後のお話かと思いきや!!まったくもって前作とふたりの関係が変わっていません。
でも、前作よりも好き好きアピールをしまくる加藤と赤面が増えた松田を見ていると、今作こそは大丈夫だなと安心しながら読めました。

とにかく里先生の描くスーツ・サラリーマンは最高ですが、ツンデレのメガネ受けはもっと最高です。
感情を見せないようでありながら、はらわたが煮えくり返ったり嫉妬したりして自分の気持ちをなかなか認められない松田が可愛いんですよ。そんな松田をじっと見つめて守る加藤もかっこいい。振り回しながら振り回されているふたりは今作でも楽しませてくれます。

きちんとお仕事して周りの人たちと助け合ったりトラブったりもしながら、ラブやセックス以外のお話もちゃんと面白く読ませてくれるのは里先生ならではです。

今回、ふたりが抱き合うシーンでセリフがない箇所があります。
そこがとても素敵でした。絵だけで感情を伝えてくるなんてさすがだと思いました。

結局、松田は完全に落ちたわけでもないのですが、あとは時間の問題でしょうね。


どれだけ媚びるんだろうか?どう媚びるんだろうか?
タイトルを見て、どうなるんだろうと楽しみにしていました。

そして…やられました。
最後の最後です。
最後のページです。

最後に「はあぁぁぁぁ…」と仰ぎ見たくなります。

最高にいいエンディングでした。

5

素直じゃないですね

ツンデレ受けとか、美人受けとか大好きで、松田は好きなタイプの受けです。

そして溺愛攻めも大好きなので、加藤も大好きです。

加藤は通常運転でずっと松田にちょっかいかけてます。
そしてそんな加藤に松田はツンツンしまくり、と思いきや口だけツンツンしてても抵抗が弱くなってる!
松田の心境の変化がすごいです。
意識しまくりヤキモチを妬き、加藤が辞めるかもとなればモヤモヤしています。
なのに!素直じゃないんですよね。
たまにはデレも出して欲しいですが、ツンツンお姫様な所が松田の良さですかね。

お仕事パートもしっかりと描かれていて、今回後輩との絡みの話がありました。
松田の人柄とか、加藤が松田を信頼しているのが伝わる所とか、仕事のトラブル処理と絡めてありました。
2人共仕事バリバリしていてカッコいいですね。

松田は気持ちの方は傾いてそうなのに、この後どれくらいツンツンが続くのかな?
加藤にそろそろデレてあげて欲しい!
そしてそれを壁になって見たい!
下手するとまだまだツンツンしまくりそうなので、本当にお願いします。
デレる続きが見たいのです。

4

安定の二人

前作「俺が好きなら跪け」から、松田は相変わらず合コンしてるし、加藤への態度は変わってない
と思いきや、めっちゃ意識してますね!笑
意識しすぎて怒った態度になったり、妬いてるような感情になったり、色々忙しくて可愛かったです。

加藤は相変わらずマイウェイで、松田にしか興味がなくて、松田が大好きで最高でした!
松田がつれない返答をしてもスルリと流してるのに、肝心な事は気をつけて行動に示しているとか、愛を感じます。

いつも怒って素直になれないけれど、少しずつ加藤を意識しはじめてるような感じでした。
以前の無理矢理ではなく、合意でのエッチもありましたし。

二人が少しずつだけど進展していくのを見守っていきたいです!
今回も最高でした!!

2

はい最高〜♡

神です。
やっぱり里先生てば最高のリーマン描き!
期待を裏切らない最高のリーマンBLでした。
これを求めていた!
1巻よりパワーアップして私はこっちの方が
より萌えましたね。
全部嫌いと全部好き
きゃあ〜にやにやが止まらない。
はあぐいぐい攻め最高。
シリーズ最推しは大人カプの梶ですが
加藤も好きだわ〜
そして松田はちょろすぎる笑
ちょろかわツンデレ受け最高峰ですやん。
書き下ろしはこれまた最高で
召されました、、
続編希望です。
てか続いてる?
次はまた梶が見れるかんじ?
里先生のリーマンBLほんと元気になる。
恋愛の前にちゃんとしごできな様子が
しっかりあるのがいいですよね。
そして相変わらず合コンのモブ女子は頭が悪そうでした笑
おっぱいなんてどうでもいいですよね。
加藤が最高。よきカプです。
みんな読んで。
生きかえります。

4

どっちも格好いい

待ってた続編!!
前作の時から思ってましたが受け攻め両方で仕事バリバリ出来る同士でどっちも格好いいんですよね!仕事にプライドと責任持ってて
スーツが大変似合う!仕事の時きちっと髪セットしてるのがいい!プライベートのラフな格好との差もいい
仕事では対等な立場だけど加藤はベタ惚れで松田はライバルだから反発しながらも気にしてる
加藤が上手な感じなのに恋愛だけじゃなく仕事で松田の事認めてるっていうか尊敬してる感じが垣間見えるのが好きです
あと後半、松田が殴られて加藤がその相手殴った事でてめえのせいで俺が殴れなかっただろうが!って言うところが本当にいい
松田格好いいんだけど可愛い
この松田が反発してる所がこの作品の良さだと思うゆですが完全にデレた所も見てみたい気もするというジレンマ
更なる続編期待しています

3

松田ァァァ〜!好きだ〜!

里先生の描かれる働くメンズが男らしくて男らしくて、ほんとに好きしかない。

仕事はバリバリ、高いスーツもばっちり着こなし、適度に趣味やお酒も楽しむ、、、
ああ〜〜〜これ!これですよ!
こんな「圧倒的・イケてる雄」たちが真剣にBLしてるBLを読みたいんですよ私は〜!!

と、一作目から号泣しながら読みました。続編を描いて下さり、世界に感謝しかありません。

松田がね、、、もう理想の受け過ぎて、、、加藤もね、、、理想の溺愛攻め過ぎて、、、
一生この二人のもだもだを読み続けたいです!!


前作の方がお仕事描写が多め、今作はわりと恋愛描写がメインかな。
えろのときの加藤の仕草に、松田へのクソデカ愛情が溢れまくっていてとにかく最高。
えろくはないんですよ、、えろくはないんですけどね、もう、そんなもん必要ないんや、、、そこに愛があるから、、、

さらに続きを期待して、、、待ちたいです、、

10

続々篇を今から待ちます!

 こちらの作品は電子で連載しているのを追ってきたので描き下ろしくらいしか目新しいものはなかったのですが、、
 里つばめ先生は大好き、特にこの加藤×松田のCPとDOGSシリーズが大好きです。
 だからこの続編は手放しで神!にしたかったのですが正直萌2と迷うくらいでした。
 理由は連載を読んでいても思っていたんですが前作、俺が好きなら跪けの最後からほぼ状況が変わっていないとしか思えないからです。
 まぁ松田の拒否り具合が一度ヤっちゃったぐらいじゃ加藤を全面的に受け入れられないからですよ!って四方八方から言われそうではありますが、私としてはもうちょっとイチャイチャした2人を見たかったんです、個人の感想です!
 じゃあ続々篇では見られるかも、って期待しておきますね。
 あ、最新号のcraftではショートストーリーとして俺が好きなど嗤わせるの上司CPがイチャラブで萌えました!

8

ちょっ、描き下ろしーーー!!

同期でライバルでもある二人の恋愛を描いた、「俺が好きなら跪け」続編です。

で、内容に関しては、愛に溢れた素敵なレビューが既に上がってる為、個人的な感想だけ。

私は松田がめちゃくちゃ大好きなんですよー!
こういう鼻っ柱が強くて、プライドが高くて、でもそれに見合ってちゃんと仕事が出来るしバリバリ働いてる男って、本当に良い。
いやマジで、スーツの上着を脱いだ状態でシャツを袖まくりしてるだけで、萌えて萌えて仕方ないですもん。
男の色気に溢れてて。

また今回、加藤の溺愛ぶりが更に加速してるんですよね~。
もう臆面も無く、隙あらば口説きにかかる。
えーと、落とされまいとする松田と、ストレートに愛を出しまくる加藤との攻防戦なのです。
前回も実はそうだったんだけど、それが更に勢いを増してる。
いやさあ、これが萌えて萌えて。

いや、何だろうな。
今回、個人的に一番萌えたところなんですけど、松田の変化なんですよね。
こう、女の子大好きでまたモテる彼は、相変わらず愛想を振り撒いて彼女等の誘いに乗る。
それがそれが加藤との攻防を経て、なんと「一緒に飲みませんかー♡」との誘いを断るんですよ。
誘いに乗ろうとして、躊躇して断って、そんな自分に頭を抱える・・・。
もう、キャーーーッ!と。

これさ、なんでこんなに萌えるか考えてみたんですけど、男同士の恋愛だからこそがしっかり描かれてるからなんですよ。
加藤ってめちゃくちゃいい男で、これだけ好きだって事をストレートに表現されて、それで気にならないワケが無い。
こう、好きだ好きだと好意を伝え続けられれば、自分も相手に好意を持っちゃうものだと思うんですよ。
でもノンケであるが故に、なかなか一歩を踏み出せないし、自分の気持ちを認める事すら躊躇する。
セクシャリティの壁って、想像以上に高いものだと思うのです。
それがあってなお、惹かれる気持ちを止められなくて葛藤するって部分にこそ、限りない萌えがあると言うか。
もう松田、どんどん悩んじゃってー!と。

ちなみに、描き下ろしが鼻血ものでした。
もうマジですっごいから!!
松田の足を持って跪いた加藤のセリフーー!
バッカじゃねえのと言いながらも、松田の表情ーーーーー!!
思わずブハッとなったわ。
ここで(も)前巻のタイトルの回収来たか!
もうこれは陥落だよね。松田。

ところで、しつこいですが、私は松田が大好きなのです。
ちょっとした誤解から後輩に殴られた松田。
するとなんと、加藤の方がキレて後輩を殴っちゃうんですよ。
その事に対する松田の反応がさあ!
「てめえのせいで俺が殴れなかっただろーが!」ですよ。
ガン切れですよ。
受けは普通、そこでトキめくんだよ!的に。
もうマジで松田、最高だよな!

20

松田さん、ガードがゆるっゆるですよ!!ヾ(*´∀`*)ノ

「俺が好きなら跪け」続編です。

跪けのラストに萌え転がった民としては、
あの続きが読めるのか…!!と大歓喜です(∩´///`∩)
微妙な距離感・関係性が丸っと1冊楽しめました♡♡

続編はデレ増しで更に萌え度アップ↑↑
ニヤニヤが止まらず、面白かったです!ヾ(*´∀`*)ノ


さてさて。

加藤(攻め)に抱かれて以降、
松田(受け)は女に誘われても乗り気になれず狂いっぱなし。
怒りの矛先は当然 加藤に向かっていてイライラしてます。

(松田がどれだけギャンギャンしようが加藤は総スルー)
(図太いというか、ブレないというか、逞しいというか)
(それが加藤の良いトコロ♪ヾ(*´∀`*)ノ♪)

松田がイライラしている原因はそれだけではなく…。
松田以外は眼中にナシな加藤が、
ある特定の女性社員にだけちょっと対応が優しくて。
なんとなくスッキリしないモヤモヤも抱えています。

(どう見ても嫉妬だよね~!とニヤニヤしたーーー!!)
(しかし感情を素直に認めないのが松田の可愛いトコロ♪)

ーーーと、そんなこんなで、
○意識しっぱなし・調子狂いっぱなし・意地っぱり松田
○どこまでも松田しか見ていない超マイペース男・加藤
の攻防戦がたーーーーーっぷり楽しめました(∩´///`∩)


今回は松田のガードがゆるゆるになっててですね。
加藤に迫られると牙むき出し断固拒否を一瞬みせるけど、
キスされちゃうと一気にガードが解けててッッ!!
その顔でヤダヤダ言っても説得力ないですけど!?(激萌)

はぁ…。ゆるっゆるの松田が可愛すぎて永遠ニヤニヤ出来る…。最高や…。

お仕事面では松田が後輩にかける言葉がグッときました。
チャラくて、女癖が悪くて、同僚ウケもすこぶる悪いけど、
仕事への姿勢や考え方は筋が通ってて情も持っててーーー。

負けず嫌いだから敵を作りやすく、信頼もされにくい。
けれど仕事に関してはクレバーで本当は信頼出来る人。
そんな松田の良さを加藤が見ていてヨシヨシ可愛がってるのは萌えます…!

(そんで上司組も理知的で素敵なんですよね~!)
(松田もきっと良い上司になるだろうな…と妄想する)

作中のセリフを引用させて頂いて…
加藤:「全部 好きになって」
松田:「全部 嫌いなんだよ」
そう言い合いながらシットリとエッチに溺れる。
この関係性が萌えを刺激してすごく良かったです。

(結局ラブラブやんけ…///)
(未読の方でこの会話がツボなら是非!おすすめ!)

描き下ろしでは
加藤が特定の女性社員に優しい理由が判明。
どこまでも松田しか見てない男だと実感しましたw

12

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う