• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作向日くんは高校生

宮島郷(向日郷)、高校3年生、18歳
嘉村葵、花屋店員、シェアハウスの大家、23歳

その他の収録作品

  • all four seasons(描き下ろし)

あらすじ

初恋のお兄さん・向日くんを想い続けている花屋店員兼シェアハウス大家の葵は、
ある日、参列した結婚式で偶然と向日くんと再会する。
未だにお互いに好きだとわかった二人は晴れて恋人同士になり、幸せな一夜を過ごすことに。
しかし後日、新たな入居人としてやってきた向日くんは、どこからどうみても高校生で…!?
★マイクロコンテンツ版配信時のカラーを完全収録!!

★★電子のみで楽しめるスペシャル修正仕様★★

作品情報

作品名
向日くんは高校生
著者
木丈ですく 
媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784796416702
4.4

(52)

(33)

萌々

(10)

(8)

中立

(1)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
9
得点
230
評価数
52
平均
4.4 / 5
神率
63.5%

レビュー投稿数9

続編鬼希望、年下攻めの萌えポイント全制覇しとる

とにかくとにかく絵柄がめちゃんこ好みでした。攻めの向日くん、文句無しの最高な男、いちいち超絶かっこいいのにちゃんと年相応の可愛さある、たまらん最高。受けの葵くん、向日くんと並んでると忘れがちだけどちゃんと成人男性の大学で華奢すぎなくて最高、可愛いし綺麗、ありがとう。
ちゃんのエッなのに、書き下ろしで普通に泣いためちゃくちゃ最高だった、本当に数年後の2人が見たい...見たい..........続編鬼希望です

0

違和感を楽しめるかどうかが分かれ目でしょうか?

初めて拝読する先生です
前作がデビュー作だったんですね~

すごくキャラの「目」に特徴のあるイラストだと思います
アイライン強め男子!褐色アラブ系とか描いて下さったらめちゃハマりそうでは?と勝手に妄想してしまいました

今作はバッチリ日本人で年の差CPですね
年下DK攻めです
年下ですがおもしろい設定のお陰でこの年齢差が作中で良い塩梅でスパイスになります

年上だと思っている人への態度と年下だと思っている人での態度の違いという所で人の持つ色んな側面が曝け出されるっていうのもあんまりないシチュエーションなのでオリジナリティがあるお話しだと思いました

とは言え、やっぱり個性的過ぎるというかだいぶ無理はあるかなぁ、、、とも思わなくもない点はあります
葵さん、天然さん過ぎるし気付かな過ぎる(笑)
「高3に見える小5」
ココへの違和感を払拭出来る、受け入れられるかどうか?!がこの作品を純粋に楽しめるかどうかのポイントかな?と個人的には思います

確かに郷の性格だとあり得るのかも知れない?と思わせてくれる面もあるのですが、所々で郷の年下らしい所も披露してくれるので色んな魅力を見てしまう事で逆にここの違和感への払しょくを邪魔していた気もします。。。
そこがまた郷の人間らしくっていい所なんですけど、、、
圧倒的なオーラで大人っぽく魅せ切ってしまえばいい所も、リビングで宿題を広げたり同級生と屈託なく笑顔で写真に納まるなどしてDKの郷の可愛さを出してしまう事で「高3に見える小5」の説得力は低くなる、、、だけどその代わりに今の郷の魅力は増す、、、
すごくここの表現のバランスが難しかったんじゃないかな~???と思える設定とキャラだったと思います

ほんとにチャレンジとしてはとても面白いオリジナリティではあると思います!
(何か偉そうにすみません。。。)なので今後も木丈先生らしい作品を生み出して下さるんだろうな!という期待を持てる作家様の作品を読めた、と思っています
また、次回作出たら必ずチェックさせて頂きたいと思います!!

6

初恋が実って良かった

初恋のお兄さん・向日くんと偶然再会、そこからあっと言う間に身体の関係になった葵。
でもそこにワンナイト的な軽さはないし、向日くんの言動にも怪しさはまったくなくて。
お互いにずっと好きだったことがわかる甘くて幸せな初セックス最高!というところから始まったのだけど…

7年前2つ上だった向日くんは現在18歳で葵の5つ下ということが判明。
…え???
数字の罠にハマって頭がこんがらがり、向日くんが18歳だった世界に葵がタイムリープしたのかとさえ思いました(笑)
向日くんが年齢を偽っていた、というだけの話なんですが。
大人になってからとこどもの時の7つ差はだいぶ違うので、そこはちょっとムリがあったんじゃないかな?と。

でも葵が思いの外すんなり受け入れられているようだったので、本人たちがいいなら黙って見守ろう。という気持ちになり、
再会してからずーっと幸せそうなふたりを見ていたら、細かいことも段々と気にならなくなるという不思議な感覚でした。

そしてお互い想いが真っ直ぐ相手に向いているので、欲望をぶつける時も全力100%!
がっつりエロい絡みがすごく良かったです。

年齢だけではなく名前も偽っていたのは結構驚きましたが。
「うーん??」となったところ以上に萌えがたくさんあった作品で楽しめました。

1

かわいいのに説明不足

誤解と思い込みが効いているとってもかわいらしい再会初恋物語でした。
向日くんの年齢設定に一瞬驚きつつも、時にはそういうこともあるのかもしれないと流れに乗ってみたほうが楽しめる作品かなと思います。
すっきりとした絵柄と表情豊かな作画が素敵です。
赤面顔とはにかんだ顔がものすごくかわいい。

大人っぽい外見をして年相応な反応を見せる攻めのギャップも、ストレートな感情表現と言葉で攻めを一瞬でときめかせる受けの図もすごく良かったのです。
リズム良く進むストーリー展開はストレスフリーで読みやすい。
ただ、流れに乗って楽しもうにも終始矛盾点と疑問が頭に浮かんできてしまい、結局なんだったんだろうと首を傾げる部分もあり…でした。

まず、2人のそもそもの出逢いがなにをきっかけにしてだったのかがよくわからず、断片的に語られる過去のピュアな初恋エピソードを読めば読むほど、もう少し説明があれば入り込みやすいのになと惜しくなりました。
毎話の性描写よりも、どちらかというとどでかい初恋感情の芽生えから成長までをもっと知りたかったです。
そして、1番の疑問は向日くんの苗字が宮島になっているのかについてひとことも言及されていない点。
引っ越し=離婚で苗字が変わったのか?それとも向日は偽名だったのか?
ここが最後までどうにもすっきりとはせず、中立寄りのこちらの評価になりました。
あまりもだつかずに爽やかにくっついてくれるのも、意外とはっきりとものを言う受けも好みだったのですが。

4

予想以上にエロは多めでゴザイマシタ(〃∇〃)

帯の「溺愛」「エロきゅん」「初恋」の3連発パワーワードに惹かれて読んでみました♡
読む前に勝手に可愛いい系にちょっとエロい感じかな?なんて思っていたのですが、、、予想以上に、、、エロかったァ…Σ(゚Д゚)~//♡//!!!

正直、結構設定的には無理めなパワープレイ感はあります…
7歳もサバを読む小5ってなかなかだな…とも思うし、そこに気付かない葵さんもなかなかだな…wとは思ってしまう。。。
でも、まぁ、そこが面白い勘違いって事だし、健気な一途さでもある訳で、、、創作の楽しさでもあるから深い事は考えずに楽しめた方が「正解!」な気がするストーリー展開かと思います

ただ、楽しみ方を分かった上でもすごい1点だけめっちゃ気になるのは郷くんのお名前です。。。
結局「向日くん」が本名で「宮島くん」は偽名って事?
シェアハウスに偽名で入居?
それとも向日くんの方が偽名?
それだと素敵な向日くんと葵さんを足して出来上がる「向日葵」というロマンティックなエピが薄味になっちゃうよね、、、
何か、、、ココがちょっと引っかかる、、、
もぉ引っかかるついでに素人意見を書いちゃうけど、折角「向日葵」がいいアクセントになってるのだから表紙も「向日葵」使ったら良かったのにな~って思っちゃたりしました。。。
作品タイトルにもなってるからこそ、このお名前に疑問が残る感じはあんまり好みではないかな~、、、と思いました

なんか、、、所々でとても❝惜しい…っ❞という気がしてしまう…
惜しいと思う程にグッと興味を持って読める所と「あれ?」と一瞬でスンって集中力が切れて素に戻ってしまう所が交差していました
初めて読ませて頂いた先生なので読み慣れてない所もあるのかな?とは思いますがシチュエーション萌えはすごい出来た作品でしたので、先生の他の作品も読んでみたいなって思っています٩(๑´3`๑)۶

年の差(相手は未成年)があっても想いが優先されて突っ走る感じとかは結構好みです♡今回はココに背徳感などは感じさせないのも読み易さPOINTな気がします
一途な年下なのに初えっちのリードがスマートだったり、時には盛り上がって青姦しちゃうとかもエロを気兼ねなく楽しめて良かったです


評価は萌~萌2の間ですが、良修正で予想以上にエロ多めな感じを楽しめた事と初めて作家さまだった事を考慮して今回は萌2にしました

白海苔修正なので太めではありますが元画もバッチリ確認出来るので良き感じの修正具合でした
兜合わせプレイを邪魔しない修正は正義♪

3

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP