伴侶の心得

伴侶の心得
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
21
評価数
6
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344817876

あらすじ

唯一の肉親である母に捨てられ、誰も信用できずにいた高校生の深森は、怪我をしたところを自ら天狗だと称する百嵐に助けられ…。
出版社より

表題作伴侶の心得

天狗の次期頭領・百嵐
高校生・深森

その他の収録作品

  • 羽の薫りに抱かれて
  • 伴侶の心得

評価・レビューする

レビュー投稿数1

豪華な雰囲気です

「黒羽の薫りに抱かれて」は人との縁が薄く常に一人ぼっちだった深森が
怪我をしたところを介抱してくれた百嵐に段々心を開き
結ばれるまでのお話で雑誌掲載作の改訂版になります。
そして、タイトルにもなった「伴侶の心得」は書き下ろしの続編になります。

百嵐のお屋敷にはとっても豪華です。
春夏秋冬それぞれが楽しめる離れ?があるのですが
お花見、栗拾い、冬の満月、蛍と
ほんの10日ばかりでいろいろな場面が出てきます。
季節の行事をきちんとしたことのない深森は感動しまくり。
ちょうど読み終わった日に夜外出すると
満月で日頃意識することはないですが読んだ直後ということで
なんだか自分も月と月が照らす畑に見とれてしまいました。
雪じゃないのが残念だ。
あと、お花見でのあーんvにすごく萌ツボが押されました。
あーんvは鉄板。

龍神の銀朱様が深森の護り石を取り上げるシーンは
可哀相で可哀相で仕方ありませんでしたが
続編では何故か深森を気に入りアドバイザーに。
やっぱり神様なのですね。

続編は百嵐の伴侶を名乗る風華が現れ深森はイジメ倒されます。
風華は男しか続きいない天狗の中でもある時期が来ると
体が女性的な特徴を持ち子供が産めるようになる特殊な天狗で
次期頭領である百嵐の伴侶となり子を為すことが役目だとか。
一人で耐える深森は子を為せない自分は身を引いた方がいいのでは、と思うのですね。
王道展開ですがこれがいいのです。

ただ、誤植が多かったのがちょっと残念。
特に深森と森若の名前がよく間違えられてて途中で何度が集中力が切れてしまった。
再販するときは直してくれるといいな。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ