drap 2010年06月号(雑誌著者等複数)

drap

drap 2010年06月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
12
評価数
4
平均
3.3 / 5
神率
25%
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
発売日
価格
¥752(税抜)  ¥812(税込)
ISBN

あらすじ

天王寺ミオ「恋愛Paradox」
ねこ田米蔵「妄想エレキテル」
鈴木ツタ「WORK in」
梅沢はな「愛と欲望は学園で」
直野儚羅「恋愛年齢5」
日下孝秋「からめ手で口説いて」
緑山ヨウコ「カラフル男子」
島あさひ「アラビアン・騎士」
嶋田尚未「貴方の犬になりたい」
霧嶋珠生「ビター・ハニー」
桜井りょう「その男、ご用心」
菊屋きく子「小吹くんの恋煩い」
元ハルコ「下がってお待ち下さい」
神田猫「オトコ心」
千鳥ペコ「コウソク×ラバーズ」
花本ちやこ「はじめてをあげる」

表題作drap 2010年06月号(雑誌著者等複数)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

人気コミックスの続編3連発!

誘惑レシピのないdrapはちょっとさびしいですね…(個人的に)
また、先月号の嶋二先生の作品で萌え滾りまくっていたので、それが今月号では読めないのかと思うとこれまた寂しいです…
そんなわけで、今月の目玉はコレ!!
ねこ田米蔵『妄想エレキテル』
今回はふみの妄想ではない!!生身エッチですよぉぉぉぉぉ!!!!
…なんだか春平がすごく自然に「恋人」っていってますよ。
もっと自分たちの関係を否定しにかかるんだと思っていたんですが
なんですか、初っ端からこの甘~い雰囲気は!!
指で“ぬこぬこ”されるのにも慣れてきた春平…
・・・こんなの春平じゃない…と思っていたら、どうやらふみも
「ぐずらなくなってきたね」って。
そうなんですよ、春平はイヤイヤしたりぐずったりするのが可愛いんですよ!!
残念!!…でも嬉しいぞ…ゲヘヘヘヘ
今回は春平の嫉妬がテーマでしょうか。
AVを見ることになった春平ですが、実はふみはゲイビを見ていると知って、
肝心の中身が頭に入ってこない春平。頭の中はふみでいっぱい!
で、ついにふみにフェラOKが出るのですが!!
ふみくんハァハァしすぎです続きから!!そんなお前にハァハァだよちくしょー!!
嬉し恥ずかし☆初めてのフェラタイムはなんとも甘美なものなようで…ハァハァ
もっと詳細が見たかったぞ!
この二人はこうやってちょっとずつステップアップしていくんでしょうね~
挿入は一体いつになる予定ですか…?!ハァハァハァハァ
そして今回は妹についにバレた!しかも兄はネコだぜ妹たん!
どうするどうなる?!続きは次号!楽しみすぐる~www

鈴木ツタ『WORK in』
公志×おとーさん続き。
やりたい公志とつれないおとーさん。
しかしおとーさんもやりたくないワケじゃない!!
チュッチュッって盛大な音たててキスする公志と、それを恥ずかしがるおとーさん。
……やばいどっちも萌える!!
次回はこのままエロ突入?!それともこのままフェードアウト?!
頼みます、ツタさん!drapさん!!

直野儚羅『恋愛年齢』
今回はしょーもないバカップルの痴話喧嘩です。
ほんまにしょーもなさすぎてハイハイってかんじですよww
喧嘩の理由は「パンツに名前を書かれた」って…wwwww
結局は甘々ラブラブでエロエロなんです。
今回は倉本の子供っぽい一面も見れて面白かったです♪
本当にこの淫乱オヤジは淫乱すぎて困るぜ…!(褒め言葉)


…という人気コミックスの続きが読める今月号でした。
次回は「わんことにゃんこ」と「妄想エレキテル」に期待かな~
レシピと嶋二さんの新作はいつですか~??

1

ミドリ

伊吹さんコンバンハ~ww
個人的には今回のdrapは本命がなくて寂しかったんですが、やっぱり『妄想エレキテル』がおもろいです!!
こういうアホでエロくて楽しい作品は大好きです!!
早く二人が結☆合!!できることを祈っておりますww
ていうか伊吹さん……
2400字越えるってどんだけwwwww

伊吹亜弓

ミドリさんこんばんは☆

>残念!!…でも嬉しいぞ…ゲヘヘヘヘ
>もっと詳細が見たかったぞ!

…変態な欲望を隠そうともしないミドリさんのパトスが大好きです…!
もう今月はいろんな作品が復活したりして楽しすぎましたよねっ
私もパトスのあまり、今回で初めてレビュ2400字の限度に引っ掛かりましたw

爆笑ときめき、のち号泣…!

今月号ほど心を揺さぶられた月はありません! 先生方…drap編集部様…この気持ちをありがとうございますっ

ほんとうに…っ、ほんとうに良かったです、元ハルコ先生の 「下がってお待ち下さい」 !!
堂島さんがほんとうにいい男すぎます。田中さんの中にある自分への許容の広狭を察知して、それに合うだけの愛情表現をしてる。
1月号では田中さんを慮って、怒って逃走する彼に合わせて腕を掴むタイミングを計ったりしたのに、今月号では道端にも関わらずギュっと抱きしめちゃったりするんですよ!
田中さんにとっての自分の存在の大きさを弁えている姿勢、すごく好きです。こうした紳士な態度って、そのまま信用や心の広さを表せられますよね。男子みな紳士たれ、そんな風には思いませんが、少なくとも田中さんに対してはそういった態度が不可欠だと思うんです。この堂島さんという人は、それがものすごく絶妙でした。
念願の両思いの絡みもありましたが、いままでの経緯を考えるとエロス方面への萌えよりも、心を許して身を委ねている田中さんの表情やら態度やらに涙が止まらなくなりました。田中さんの 「きもちいい…」 に激しくキュウンとき続きてどうしようかと思ったら、堂島さんの 「同じで 嬉しいね」 に心臓を食いちぎられるかと思うほどときめいて…。
こんなときまで…否、こんなときも優しい堂島さんはダメだと思う…。
余計な効果音や喘ぎだとかが全然ないから雰囲気がすっごくしっとりしていて、彼がどれほど優しく、息みたいな声でそう言ったのかが想像できてしまうんですよ…。
それから、もうこれは幸せすぎてどうしようかと思ってしまったのが、ラスト2コマ前の田中さん!
寝ちゃった堂島さんの隣でときめきを噛み締めていた彼が 「くすっ」って笑うんです。私…もうこの小さなコマにどれだけ涙したかわからないです。だって田中さん、いままでの5回の雑誌掲載のなかで一度の自然に笑ったことなかったんですよ。第1話あたりでおばあちゃんに愛想笑いを2回?して、上司の言葉に苦笑い?を1回しているんですけれど、あとはずっと難しい顔をして恋愛していたんです。
それが、幸せそうに寝ちゃっている堂島さんを見て 「くすっ」 って…!もう、こんなに幸せすぎる情景がサラッとそこにあるということが、ちょっとよく解らなくなりました。

それからねこ田先生の 「妄想エレキテル」。「下がって~」 が割としっとりめな静の感動だとしたら、こちらは間違いなく動の萌えでしたね!
コミクスでは挿入なし・オーラルなしで終了した春平とふみの性春ラブが、今回進展を見せていました!
いやぁ…春平の妄想ってすごい。女の子の胸や体の柔らかさが大好きらしいのに、ふみが自分似のゲイAV男優が好きと知って妄想で嫉妬した途端にオーラル許可って…!春平はある意味とっても動物っぽいんですけれど、それに対するふみの立ち位置がすごく良いなと思います。大前提として春平を愛しすぎているから、待つのもせがまれるのも全然大丈夫。
というか…春平を見る眼がいちいち “好き” と言っているかのようでくすぐったかったです。春平に初めてオーラルをするときの彼、ものすっごく嬉しそう!誕生日に欲しかったプラモデル貰った男の子みたいな顔しないでください…っ ←
それから今回は、春平の妹・秋乃がものすっごくおもしろかったです。あの子、前々からいい仕事しておるな…と思っていましたが、兄妹揃って楽しすぎます (゜ε゜ )
こんな爆笑を投下してくれる妹キャラなんて、前代未聞ではないでしょうか!?二人のことはもちろん、彼女の今後にも注目していきたいところですね!

ツタ先生の 「WORK in」 の続きもあって嬉しかったです~ (o´∀`o)
ほんと…おとうさんが可愛すぎてもうダメかと思いました…!コミクスでツタ先生が続編アリとおっしゃっていましたが、こちらの未挿入カプのお話でとっても嬉しいです。私はあの上司×部下も捨てがたいですが、まずおとうさんが愛されるべしということだったのでしょう…!
おとうさんは解りにくいところが可愛いと思うの…。自分から連絡せずに着信をずっと待っちゃうところとか、それを娘のみちにバラされちゃうところとか!ふつうに恋愛していたら、電話をしないだとかするだとかの駆け引き (?) はすごく面倒だと思う。でもそういう際の “自分は待ってたのに” というのを、言うのでもなく行動にだすのでもなく、第三者である娘に言われてしまうこの隙がたまりません…っ
それで、みちが居ないときは実は結構積極的な発言もするんですよ、という姿勢!もう…おとうさんだから余計萌えているのに、おとうさんじゃないんですよ…。一人の男としてコージくんを誘っているんですよね。なのに 「おとうさん」 と呼ばれちゃうのが、なんだか切ない。そりゃそうですよね…。
だから最後の一言には激しくキュンとしました…。男と男になりましょう、って言っているのだな…と思いました。
コミクスはどちらかと言うとコージくんが必死だなと思っていましたが、おとうさんも恋愛していたんだな。ほんと…、どうしてこんなにいいところで終わっちゃうのでしょうか……。次が2ヶ月後だと知り、ツタ先生およびdrapさんの焦らしプレイにまんまと踊らされそうです…。

もう私としては爆笑とときめきと感動と涙で、だいぶ労力をともなう6月号でした。
今月のdrapさんは読者ハガキがだいぶ節操無しになりそうです…。◎を過去最多数付けた気がします。

0

お兄ちゃんカミングアウトに妹、失神…

少しずつ、恋人としてのふみ君との距離が縮まって来たように思う春平ですが、実際はまだまだ序の口で…。
それでも拙い愛情を育んでる二人でした。がある日の事、春平はふみ君とのキスしている現場を妹・秋乃に見つかってしまい、妹にふみ君との関係を白状させられ、さらに春平は自分自身が受けであることを白状してしまい…。
事実を聴いた妹は、その場で悲鳴を上げ、あろうことか気を失い倒れてしまった。

今回、春平の可愛いさ、ぼけっぷりや、へんな所で真面目になる、天然ぷりに大いに笑わせて頂きました。ごちそうさまです!

0

今月は普通…?

先月号は前編やらで何だか物足りないのが多かった分、
今月号は後編(最終回)で楽しめました。
っと言っても好みはあるので…


今月のイチ押しは先月号から気になってた
「下がってお待ち下さい」元ハルコさん
前編ではイジイジしててとても気になってたのですが、
後編では良い感じvv
寝てる堂島に囁いてる田中がとても可愛いヾ(o′▽`o)ノ゙゚


「WORK in」鈴木ツタさん
娘を寝かしつけ、やっと、やっと今月号で最後まで…!!
ですよね?今月号の終わり方は??
次回8月号まで待てないです…(≧ヘ≦ ))(( ≧ヘ≦)。
このカップルも結構じれったいんだよなぁ、ねぇお父さん。


「妄想エレキテル」ねこ田米蔵さん
この2人は本当に、ゆっくりゆっくり成長していってますね。
でも今回は春平のヤキモチから妹(秋乃)にふみとの関係バレちゃった。
それも、ふみが攻めΣヾ(゚Д゚)ノ
ハハハ…アニキは攻めじゃなかったんだなぁ、秋ちゃん

あとは、漫画初登場の松本ちやこさん「はじめてをあげる」
少年達の凄く可愛いお話です。


さてさて来月号
続き私は梅太郎さん「恋愛ダメージ」に期待です。
このカップル好きなんですよ~vv



1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ