飼い犬(フィギュアオタク教師)にむしゃぶりつかれる!!

ワンコの誘惑

wanko no yuuwaku

ワンコの誘惑
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
22
評価数
8
平均
3 / 5
神率
12.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
光文社
シリーズ
Kobunsha BLコミックシリーズ(光文社BLコミックシリーズ・光文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784334807672

あらすじ

生徒たちから「鬼姫」として恐れられている数学教師のツンデレ姫川は、なぜか国語教師の古雅山に激しく懐かれていた。人目もはばからず勝手に姫川モデルのフィギュアを作っては、間違った求愛を続ける非常識な古雅山にキレる姫川。しかし、蹴られても犬のように懐いてくる古雅山に、次第に翻弄されてゆく姫川は――!?
元チンピラで青年実業家×弁護士の下剋上(?)ラブを描く短編ほか、犬(ワンコ)攻め×鬼(ツンデレ)受けの表題作の番外編描き下ろしも収録v
(出版社より)

*お買い上げのお客様に、作者既刊、心交社ショコラコミックス『ロストチャイルド』のPOP&ペーパーをお付けいたします。

表題作ワンコの誘惑

古雅山総一郎 高校教師
姫川 高校教師

同時収録作品誘惑しないで

寒河江蛍 アパレル会社社長
椿山涼一 30歳 弁護士

その他の収録作品

  • ワンコのニャンコ

評価・レビューする

レビュー投稿数5

なかなかな狂犬でした

amazon kindle unlimitedで閲覧。

ワンコ攻め大好き!なのでタイトルだけでワクワクしました。
ともに教師で片方は大型ワンコという設定だけど、完全な狂犬です。
受けが待て!と言っても聞かずに突然襲って咥えてしまったり、勝手に合鍵を作って受けの家に侵入したりとヤバい奴。

そしてそんな狂犬に次第に絆されてしまうというストーリー。
攻めは受けのエロフィギュアを作るのが趣味で完成度も高いんだけど、このフィギュアのバリエーションを楽しむのと、狂犬ぶりを楽しむ作品だと思います。

攻めはなかなかな狂犬なんだけど、狂犬度合いに関しては他作者さんの「ジュリアに首ったけ」のジュリアを理想とする私にとってはまだ甘ちゃんに感じました。切実さというか深みがないというか・・・。

そして受けがちょっと好みじゃなかった。
常にギャーギャーヒステリックに喚いてる印象なんだけど、その割には結構早くにくらっときて絆されちゃった。
さらっと読む分には楽しいけど、再読したいというまでにはならないかな。

萌よりの中立。




0

ありかなしか、あるのかないのか

表紙のメガネをかけてる迫られてる男性の
顔をしたフィギュアを握りしめているところが
気になり、購入しました


内容は、教師同士で
メガネをかけた姫川を好きな
古雅山の話です

古雅山はフィギュア作成が得意で
姫川の萌えフィギュアを作成してます
これ、非常に良かったです

テーマもあり、ネーミングまである
しかも隠すことなく机においていたり
見せたりしてますし
そんな職員室だめですが
注意もされてないですね

姫川の暴力がなければ萌えでした

古雅山の全作品がみたいです

0

このフィギュア欲しい

変態ワンコに流される、ツンデレ受けのお話。
ギャグとしては充分面白いけど、このキャラクター、どっちも私の萌えツボじゃないのよね。
もっとはっきり言うと、変態ワンコの古雅山みたいに強引なキャラは地雷キャラ。
心臓がドキドキしちゃうくらい嫌い。
対する姫川も暴力的な割には簡単に許しちゃうし。
お外で簡単に最後まで戴かれちゃうなんて、ツンデレと呼ぶにはゆるいよね。

でも、古雅山の作るフィギュアは、マジでエロ可愛い。
さすがに家の中に飾るわけにはいかないけど、欲しくなっちゃうな。

2

ワンコフィギュアフェチ攻×ツンデレ受

表題作連作と、短編1作収録。

いやー、やっぱ山田まりおさん好きだー!
今回は教師同士で、大型ワンコ系で生徒からも人気のあるでも趣味はフィギュア作りとフェチ入ってる教師・古雅山〔攻〕
そして鬼姫と呼ばれ教師からは敬遠されているツンデレ教師・姫川〔受〕
古雅山は姫川が大好きで、校内だろうがどこだろうがともかく押して押して押しまくります。
しかも妙にエロい姫川フィギュアを作っては愛でるという変態っぷりも兼ね備えたワンコ攻です。
古雅山に迫られて、ちょっと流されちゃうんだけどやっぱツンデレオチかよーーな姫川も可愛い。
一応当て馬で姫川の元同級生の教師も出てはくるんですが、古雅山のラブ押しっぷりに出る幕はないわーーって感じで。
大型ワンコ+フィギュアフェチ攻と直ぐに手が出るツンデレ受の姫川のやりとりが面白かったー!

1

萌えられるかどうかはともかく、笑えますw

山田まりおさんは4コマ漫画「バカ女の祭典」で知ったのでマジ?同一人物?と思いながら購入しました。・・・BLでもノリは一緒でした(うむ)

生徒に対して常に怖い顔で接し鬼と呼ばれてる姫山は「好き」の表現が何かおかしい古雅山にベタベタとなつかれてるわけですが、
この表現方法がとにかくエロフィギュア。本人の意思とはあんまり関係なく縛られる脱がされる猫耳つけられる。そしてその対象は本人にも向くもんだから姫山もデレようがなく、とにかくずーっと怒ってる。

でもちっとずつほだされてるかな・・・って頃にすっとひいたりとか。なかなか天然のたらし変態。
意外とエロい裸なんですが、なにせ間に逐一はさまれる突っ込み満載の変態フィギュアなどのネタの香りが強く、萌えたい人には向いてないよなー。
でも自分は、面白かったよ。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ