配達のお得意先の相澤さんは、引きこもりのウサギ男だ。ある日、無口な相澤さんがウサギ頭のまま迫ってきて――!?

花とうさぎ

hana to usagi

花とうさぎ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神93
  • 萌×2111
  • 萌84
  • 中立38
  • しゅみじゃない20

--

レビュー数
61
得点
1199
評価数
346
平均
3.6 / 5
神率
26.9%
著者
嘉島ちあき 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784796404761

あらすじ

411号室の相澤さんは、いつもウサギをかぶっている……。
配達のお得意先の相澤さんは、引きこもりで人見知りのウサギ男だ。
大体何であんなの被ってんだ。変態?
毎日配達してるのに顔は見えないし無口で、怖いコトこの上ない。なのにある日、ウサギ頭のまま、腕をぎゅっと握ってきて「ま…また明日、よろしくお願いします…」なんて俯き加減で言われたらもう――ときめいちゃうじゃないですか。
BL界の若き彗星・嘉島ちあきのデビュー作!

花とうさぎ
あの笑顔をもう一度
僕らの最大公約数
この度、いい方法を思いつきました。/描きおろし
四コマ・あとがき/描きおろし

表題作花とうさぎ

相澤守,うさぎの着ぐるみ着用の客
梶山亮太,宅配便の配達員,22歳

同時収録作品あの笑顔をもう一度

同時収録作品僕らの最大公約数

同級生の恋人 翔平
高校生 たっちゃん

その他の収録作品

  • この度、いい方法を思いつきました。
  • 四コマ・あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数61

設定をもっと固めて欲しかった

◆花とうさぎ(表題作)
 人見知りゆえ誰かと接する際は必ずうさぎの被り物をする攻めというキャラ設定は十分面白かったのですが、その設定がとても緩かったように思います。どこで誰に会うか分からないから外に出る時は必ず被るのかと思いきや、結局被らず出てしまって、受けにすぐ気付かれる始末。本人の顔が分かるのは最後の方だろうと思っていたので、かなり早い段階でバレて拍子抜けしました。そして、受けに会う時は被ったり被らなかったり、人見知りなのに想いの伝え方は割と普通だったり。あまり設定が活かしきれていないように感じました。

◆あの笑顔をもう一度
 こちらは準BLくらいのライトな関係です。ピアノの発表会にトラウマがあり、実力はあるけれど人前で弾くことに抵抗感のある男子と、彼のピアノを聴きたくて文化祭で弾くよう頼み込む男子。題材はいいですし、必ずしも攻め受けはっきりさせて欲しいわけでもないのですが、そもそも恋愛的好意にまで至っているのかもよく分からず、あまり萌えるポイントがありませんでした。

◆僕らの最大公約数
 この作品の中では一番好きでした。既に付き合っている2人が、どっちがタチをやるかで揉める話です。最終的にタチをやる方も可愛らしい感じで、年齢相応の雰囲気が楽しめました。

0

良い意味で癖のない作品。

エロの割合が少なく、BL初心者にオススメしたい1冊だと感じました。

ストーリーは全体的に薄い印象があります。
「うさぎの被り物を被った謎の男」という、他では見ることのない設定にも関わらず、掘り下げきれていないところが中立評価にした理由、マイナスポイントです。
「なんだ、ただの人見知りかよ……」と。

しかしながら、登場人物たちが等身大である点は読者としても受け入れ易く、綺麗なイラストも魅力的でした。
良い意味で癖のない作品だと思います。

0

ほんとはちょっと萌えたけどエロもほしい。

優しくて可愛い、タイトルの印象通りの作品でした。

内職だけでそんなに稼げるのかなーとか展開に無理あり感は多数あるものの、
ほのぼのほんわかな雰囲気は良かったです。

みなさんが言うとおり、うさぎの被り物の理由が“人見知り”だけというのは残念でしたし、
もっとイチャイチャしほしいと思いました。

最後のほうの、玄関のピンポーンで起きたとき、
うさぎの被り物だけかぶって出てこうとしたときはホント笑えました。
顔だけ隠れてればいいのかwwでもそれはヘンタイだ。

人気があるからと読んでみたけど、物足りない感じがしました。
期待しすぎなのかな。。。逆に読む前より空腹な感じ。

0

読んで損はしない、あっさり正統派

人気作品になるだけの安心感はばっちりです。
絵柄も落ち着いたかわいさで、漫画としてもしっかり面白い作りになっています。

カップリングのノリや雰囲気は、なんとなく腰乃さんを彷彿とさせる感じがありました。
腰乃さんよりはエロ描写は少なめかなと思います。

もう少し一風変わったものが欲しい…という身としては、
ちょっとあっさりキレイめすぎるかな、という印象です。

2

安易にハードルを上げてはいけない

期待しすぎました。CD化されているからと言って安易にハードルを上げてはいけませんね…反省。これと言った深みはないですが、悪いお話ではありませんでした。優しくて可愛い、タイトルの印象どおりの作品です。

正直、ウサギの巨大な被り物をする理由が「人見知りだから」というのは雑すぎると思いました。何かこう、後半でドラマを覆すような展開があるかと思いきやそれもなく。ウサギの被り物をした攻というキャラクターが先にあって、後付けの理由がそれ…なのかな?内職で作っているのが花というのも妙にファンタジックで違和感を覚えました。

とはいえ、多分そういうところはこの作品では些末なものみたいなので、ふわっとした雰囲気を楽しめればいいのかなと思います。

1

被ってるけど表情はある

表題作は、相澤さんがうさぎの被り物を外している時の照れた表情が良かったです。
配達に来た梶山さんの笑顔に相澤さんは一目惚れしたようですね。

梶山さんが相澤さんの素顔を問い詰めようとした時にタイミング良く子供がぶつかってきて被り物がはずれたり、内職だけでそんなに稼げるのかなーとか展開に無理あり感は多数あるものの、人見知り(視線恐怖?)で気弱な大男の初恋と言った感じで楽しめました。

手料理を振る舞うにあたって食材を本場から取り寄せたりと張り切り過ぎてます。
マスカットティーが家に常備されてるとかお洒落な面も。

★あの笑顔をもう一度
ピアノの発表会にトラウマがある男子の話。
トラウマと言っても原因が思ったよりシリアスじゃなかった。
恋愛というより心の交流と言った感じ。

★僕らの最大公約数
付き合いたての幼馴染同士、甘い雰囲気もあるけど
どちらが上になるかのぎゃあぎゃあとした良い争いは、幼馴染の遠慮ない関係で良かったです。

0

かわいいけど……

とても可愛らしいお話でした。
個人的にヘタレ攻めが好きではないため、好きになれなかったのと、人見知りって顔を隠してると大丈夫という設定には疑問でした。

でも、友達はすごい面白いと言っていたので、個人差が出そうです……

1

思わず、表紙買い

うさぎの被り物の中身が気になり、購入しました。
割と最初の方で攻めの容姿が判明しますが、予想通りでした。
ぐるぐる悩むヘタレ攻めで、やきもきしましたが、最後は男をみせたので良かったです。
笑顔が可愛い相澤さんでしたが、全裸に被り物姿は、変態そのものでした。

3つ目のお話しの、肛門問題からの展開の流れ、面白かったです。
受けは頭がいいはずなのに、攻めに上手いこと言い包められてました。
攻めくん実は頭いい?と疑ったり、たっちゃん負けるな頑張れと、応援したりしてしまいました。

0

ヘタレうさぎさん可愛い!

とてもかわいい表紙に惹かれ、駅の書店にて購入。
*配達員の梶山亮太(受)が、引きこもりでうさぎの着ぐるみを被った相澤守(攻)の所へ配達に行き、そこから出会い、物語が始まります。

とても読みやすかったです。ストーリーも分かりやすく、なんと言っても攻めの相澤さんが可愛いのです。見ていてもどかしいですが、ヘタレ攻め好きな私にはとても満足です。
しかし後半は自らキスをしてくれて、キュンキュンしました。

あまりベタベタはしていなくて、エロも控えめですが、お互いの事をぐるぐる悩んで想っている二人が可愛いかったです。

1

うさぎさん萌え

可愛らしい作品でした。
でも私的にはいちゃいちゃが少なめかなと思ってしまいました。
もうちょっとうさぎの期間があっても良かったんじゃ、、、
とも思っちゃいました。
結構展開が早かった気がします。
表紙が可愛くて買ったのですが、作品の中身も可愛らしいです。
うさぎさんの相澤さんが可愛いです。゚゚º(゚´ω`゚)º゚゚。
そして、梶山くんが思ってたよりもちょっと怖かったです(笑)
宅急便やさんという所に萌えました(´꒳`*)
せめて言うならもっといちゃこらして欲しかったというのが本音です、、、。

1

表紙の勝利……なのかな。

今更なんですが、読了。
うさぎ、うさぎ、ですか……と、ずっと気にはなっていたものの
話題になっているのを横目に、なんとなく読む機会がなかったのだが
ようやく読みました。
表題作に加え、生徒会長とピアノ男子、幼馴染みの高校生の2作が収録。
なにげに世界が繋がっている話。


『花とうさぎ』のウサギの方は表紙を見るだけでも一目瞭然。
で、花はお相手なのかと思ったら、これ内職で作っている花なの?
確かに表紙でもウサギ氏花を持っていますね?
ところで、花作りの内職で生計を立てているの?
なんか特殊な花なの?
ちなみに、造花づくりの内職は単価5円~20円だそうですが。

と、どうでもいいことを書いているのは、
正直感想の書きようがないからです。
うん、可愛かった。
特にうさぎ頭がぷるぷるしているのとか、可愛い。
無理な設定といえば無理な設定だけれど、設定の勝利というか
今までなかった設定なので、そこは確かに面白い。


話は顔を隠さずにはいられない半引きこもりのヘタレが、
毎日現れる宅配便のお兄さんに恋をする話。
これって、きっと切なくキュンとする話になるのかな?と思うが
ウサギの超インパクトに比べると何もかにもが薄味、
個人的には説得力も薄く、ぼんやりと読み終わった感じだった。

このウサギ氏、恥ずかしいからと、
Fe××atioの時に受けにマイかぶり物(うさぎ)を被せるんですが
もうここまでくると、コメディとしか思えず
ゲラゲラ笑って読んでしまいましたさ。

ぼんやりテイストで可愛くて悪くないのだけれど、
個人的には色々残念なところもあり、評価は辛めに中立で。

3

可愛い!

なかなかあり得ない設定ですが、違和感なく読むことが出来ます。絵のかわいさと受けの梶山くんがツンデレ健気な感じでとてもキュンキュンしました!相澤さんも一人でぐるぐる悩みながらも梶山くんのことが本当に好きで大事に思っていることが伝わってきて、応援したくなりました!

2

可愛い。以上

うだうだぐるぐるしてる2人がとても可愛くて…
可愛かったです(え

初BLコミックでしたがニヤニヤしながら読んでました

0

うさぎ

ウサギの着ぐるみ。しかも、顔だけ。
可愛いんだか、怖いんだか…。
(某ホラーゲーム思い出しました)

人見知りって顔を隠してると大丈夫なもんなのかな。
これだけ、梶山と話しているのだからそろそろウサギを取っても良い気がする。

顔だけ隠してると人見知りっていうよりは顔にコンプレックスを持ってるんじゃないかと…。

人見知りでカオを見られるのが嫌とあるけどやっぱり自分のカオが嫌なんだからコンプレックスなんじゃ…。

顔を見せてくれない相澤に梶山が怒って「プリンに頭突っ込んで窒息死しろっ!」って言って出ていくんだけど…。

これは、もし、自分が言わなきゃいけないとしたら途中で笑っちゃって最後まで言えませんなセリフです。

プリンは食べていけばなくなるから頑張れば死なないと思う。

そんなにときめくところもなかったな。

1

絵が可愛くて購入

絵がとても好みで購入しました。内容は少女漫画チックで可愛かったです。
しかし、やっと一歩進んだ…!さぁ!ってときに朝チュン…ちょっと、いや正直けっこう残念でした…
描き下ろしでも少し絡みがありますが、表題作のカプの初めてが読みたかったです。

3つ目のお話の高校生カプが攻受どっちがどっちと揉めているのは可愛かったです(笑)わたわたしている感じも初々しくて好みでした(*´ω`*)

濃いエロが好きな方にはあまりおすすめできないかと思いますが、少女漫画の延長で軽い絡みを含んで(軽いといっても描き下ろしでフ◯ラありますが^^;)きゅんとしたいなって方にはいい作品だと思います。
わたしはどうしても朝チュンだけは残念でなりませんでした…!><(大事なことなので二回(ry)

0

三作品入ってます

可愛らしいイラストに惹かれて、購入しました。
物語は三つ入ってます。
私は一番最初のうさぎ攻め(笑)のが好きでした。
内容もふんわり可愛い感じ。昔読んだ少女漫画っぽいなと感じました。
エロ好きな私にとっては、ちょっと物足りなかったです(笑)

0

絵も内容も可愛かったけど

一時期、バナー広告がやたらに出ていたし、ちるちるの評価も高かったので、期待しすぎてしまいました。
加えて、引きこもり男性との恋愛を扱った他の作品があまりにも私好みだったので、それと比較してガッカリしてしまったようです。

今作は絵も内容も可愛かったのだけど、内容が薄いし、説得力をほとんど感じない。
引きこもりで超人見知り、ウサギ頭の相澤くん。
確かに、優しいヤツだろうし、梶山くんはある意味ほだされたんだろうけど、付き合い始めてからも彼は変化しようとはせず、そのまんま。
それでイライラしっぱなしに見える梶山くんは、相澤くんのどこが好きなんでしょう?
(相澤くんが梶山くんのことを好きな理由は、十分すぎるほど理解できるんですけどね)

それに相澤くんってお花を作る内職で生計を立てている割には、良い部屋に住んでそうだし、海外から食材は頻繁に調達してるし、Hするための研究や道具等にかなり金をつぎ込んだ模様だし。
実家が金持ちだったらまだしも、これは通常ありえない。
こういう部分でのファンタジーには、私の心が冷えてしまうことを実感しました。

ウサギの被り物も、しばらく着用してたらヒドい臭いだろうなぁとか、梶山くんに被せちゃったことがあったけど、臭くはなかっただろうかとか、ヘンなところがどうにも気になってしまう。

結局は、ウサギ頭というインパクトの強さと可愛さに尽きる作品かなと思います。
そこに萌えることができなければ、私と同様に楽しめないのでしょうね。

1

かわいいww

かわいいの一言に尽きます。(^.^)

0

かわいいお話3つ入り

全部で3つのお話が入っていました。

表題以外は、高校生カップルのお話。

表題のうさぎさん。
もちろん面白かったのですが、攻めうさぎが
しつこすぎて笑いながらイライラしてしまいましたw
いくらなんでも「もう取りなよ」と
読みながらツッコミましたさw
まぁ、それが”うさぎさん”の特徴なんでしょうけどね。

表題ももちろん面白かったのですが、
それよりも短いお話だった3つめのお話が
笑えるしかわいいし・・・、私的には萌え度が高かったですw

1

引きこもりで内職で一人暮らし?

新しい設定のBLで途中まで非常に楽しく読んでいたのですが、
攻めが引きこもりで内職でしかも一人暮らし?というのが明らかになり、疑問点のほうが萌えを超えてしまいました。
内職で一人暮らしできるくらい収入があるのかどうかが、気になって気になって仕方ありません。何の内職かを教えてほしいです。少し表記があれば、こんなに気にならなかったのですが。
BLはファンタジー??そんなこと気にしないほうがいいんでしょうか。
というわけで中立にさせていただきました。

1

な、なんて微笑ましい

微笑ましいうさぎカップル

なんといっても絵がかわいかったです。
キャラはとても素敵でした。

表題作の「花とうさぎ」
人見知りのうさぎさんが、明るい配達員さんに恋しちゃった話、
キュンキュンします。
付き合い始めてさらに奥手になってしまった相澤さんに
もどかしさを感じたのは梶山さんだけじゃない。
みんなです!!(笑)

「あの笑顔をもう一度」
2人とも黒髪とか萌えましたね。

「僕らの最大公約数」
コミカルなお話で何回読んでも笑ってしまいます。
「どう考えてもいてーだろ!?(必死&真剣)」 って。

この本、ほんと最高でした。

2

ウサギが攻めというギャップ

表題作の攻め、ごついのにうさぎです。
うさぎって本来、小動物ですよね、草食動物ですよね。そんなうさぎさんを体格が隆々とした男が頭にかぶってます。そのインパクトたるや…!
さらに地味男なのにイケメンで手先が器用で、それなのに人見知りで奥手…っていう何重にも重ねられたギャップがたまりませんでした。
宅配便の梶山さんもいかにも普通の青年、なのに泣き虫で一生懸命だったり笑顔が素敵だったり、とても可愛い。癒されました。
最後のうさぎフ○ラのシュールさには笑った(笑)
あと幼なじみカップルの小さい方が攻め!ってやりとりも地味にツボです。
絵も整っているしデビューコミックスということですが完成度高い!と。嘉島ちあきさん、これからの作品も楽しみです。

4

ヘタレすぎる!

ちるちるのランキングを見て
購入を決めたような気がします。

帯の「このウサギは攻めです」も、
かなり強烈だったかも。

実際読んでみると、
ほのぼのしていて、良かったと思います。

相手(攻め)はヘタレで恥ずかしがり屋なのですが、
恥ずかしがり屋にも程があるでしょう!

でも、その恥ずかしさを隠すのに、
うさぎのかぶりものをするというのが
良かったですね。

これが、顔を隠すために
プロレスマスクをかぶったとかになったら、
いっぺんに物語の雰囲気がぶち壊しですから。

途中で、攻めの内職がバレてしまうのですが、
そのシーンがとっても良かったです。

幻想的に花びらが舞い散って。

コメディ色が強い物語で
わたしは好きでしたね。

やっぱり被り物が功を奏したのだと思います。

被り物って珍しい小物ですが、
いいなぁ、とか思ってしまいました。

1

うさぎ攻めに惹かれて

色々なところで好評だったのと、うさぎ攻めに惹かれて購入しました。
極度の人見知りでいつもうさぎの被り物をしている相澤さんと配達員の梶山くんが次第に惹かれあっていく様子が丁寧で、絵柄と相まって凄く可愛らしいお話でした。
梶山くんが凄く男らしいというか、現実にいそうな普通の男の子で変にBLっぽくないところも良かったです。
一つだけ残念だったのは、相澤さんがうさぎの被り物をしていた理由が少々薄かったところ。
人見知りで顔を隠したいなら、途中でしていたように常時マスクとサングラスでも良かったんじゃ?と思ってしまいました。
うさぎの被り物でないといけない理由が明確にあれば良かったかなと思います。
が、描き下ろしの梶山くんにうさぎの被り物を被せてするシーンは色気があって凄く良かったです(笑)

3

萌える可愛い//

 ウサギが攻めだと!?、あとウサギのやつとった顔を見たい!
と思って思わず買ってしまいました。
 とにかく、絵も可愛くてウサギが可愛かったです!ウサギのヘタレ感がたまりませんでした//
 受けの子の、ウサギがヘタレで、なんにもしてこないから怒っちゃうってところも可愛くてよかったです//
ウサギも仲直りしたいけど怖くて電話もできないっていうのも可愛くて//
 とにかく可愛い作品でした!
このほかに、二作品あってどちらもよかったです!
 ウサギのヘタレ具合可愛いですおススメです!!!

 

5

うさぎが攻めという煽りにひかれ

あと、電子書籍サイトのバナー広告に
よく載っていたので、面白いのかな?と気になり
書店で見つけたので、購入にいたりました。
読んだ感想といえば、うさぎの攻めの正体に期待していたので
残念な気持ちになりました。有名人とか、姿を隠さないといけない身分だとか
色々妄想していたので、肩透かしをくらいました。
ただのシャイな引きこもりでしたね。
内職で生計を立てているんですが、そのスピードと技術力が半端ないので、
きっとその収入でやっていけるんでしょう。
受けは絵柄とあいまっての可愛い配達員です。
制服がよく似合い、性格も大変可愛らしいです。
こんなうさぎのことを好きになるなんて、男前だと思います。
きっとこのうさぎの相手になれるのは彼しかいません!

ビックリしたのが、顔を見られるのがいやという理由で
ふぇらをしている時に、受けにうさぎを被せるシーンです。
お前、もういいじゃん!と心のなかで突っ込みました。

1

ほほえましいラブコメです

表紙買いでしたが大正解でした。

この何とも言えない愛嬌のあるうさぎヘッドのインパクトにまず目を惹かれるのですが、中身もじつに愛好のある攻さんでした。
わりとすんなり惹かれあってしまうのですが、読んでいてとにかくあったかい気持ちになれるのでひっかかりません。
エッチシーンは少なめですが、この2人とこのお話にはこのくらいで丁度いい気がします。
書き下ろしで、このうさぎヘッドを活用した(笑)ほほえましいエッチが展開されるので、私的には大満足です!
セリフやモノローグが無くても何を考えているかが伝わってくるような表情豊な絵、話も笑いとキュンのバランスが絶妙でグイグイ引き込まれます。

3作品収録されていますが、私は表題作が一番好きです。
幸せになってほしいなと、応援したくなるカップルでした。
もし続きがあるならぜひ読んでみたいです。

2

絶妙な可愛さ

広告でたまたま目にしてたうさぎさんにやられました。このうさぎ一見しただけでは可愛い・・・?くらいですが照れたり焦ったり表情が変化していくと可愛い!となってくるので不思議です。


受けの笑顔に一目惚れした攻めは恥ずかしがりやで引きこもりなのでアプローチも控えめです。 普通だったら良いお客さんで終わりそうですが、うさぎがあることで受けは気になってしかたがない。そこからはお約束の素顔はイケメン!笑顔が素敵!一途に気持ちを伝える!これで二人は交際にまで発展する。付き合ってからは攻めのじれったさにもどかしくなるけれど結局はラブラブでほっこりしました。


デビュー作らしいのですが可愛い絵柄だけれど体つきがきちんとしていたりエロさもあってこれからに期待の作家さんです。思わず次の作品も買ってしまいました。

4

被り物?

ってどういうことってなってた作品。
ずっとランキングに入ってたので、気になりつつもずっと買うの躊躇ってたんですが、買って正解でした!!


ほんとかわいくてかわいくて…!
所々笑いのツボになるところもあって
自分に自信がなく、
人見知りっていう理由で落ち着かない設定がすごいなぁって。
人の顔を見れないとかじゃないところにさらにキュンて来ました。好きな人に対しては見たいっていうのがあったり、ヘタレさ発揮されまくりのそこがまたいいです。
エロなしになってましたが、少し入っててそれもそれで良かったです!

他の読み切り作品もすごく好きです!!
迷うなら買ってみる価値のある作品だと思いました。

2

ウザギ攻め!?

表紙のインパクトすご過ぎてずっと気になってましたw

変わったお話なのかな~って思って読み始めたけど
攻めがウサギの被り物してる以外はかなりフツーでした。
でもそのフツーな感じが逆に良かったぁ!!!
受けと目が合うたびにいちいち赤面する攻めが可愛くて
頑張れ頑張れ!!って応援ちゃいますw

表題作の外にも2つ入っててどっちも良かったです♪
みんな臆病で恋をしててじんわりとした熱を
読んでいて感じました( >///<)

描き下ろしが萌えたぁ( ´Д`)

2

神作品だと思う

なんだろう、まず表紙が可愛すぎてやばいです。
表紙買いしてしまいました笑

まず攻めがうさぎのかぶりものをしてるというシチュで、ちあきワールド炸裂。
なんか深い理由があると思いきや、シャイボーイだったwww
もう設定に萌えます♡

そして、めちゃくちゃイケメンなんですよねうさぎさん♪
かぶりものする必要ないのではと思いつつ、素顔は受けの梶山くんだけが知ってるなんて美味しいと思います←

見てて癒されるカップル!!
個人的に晴れて恋人になったあとにうさぎさんが梶山くんにうっかりキスしちゃうとこが好きです。

あと読んでてとてつもなく実感したのがちあき先生、短編の神だと思います。
あまりネタバレすると買った後のお楽しみがなくなるのであえて言いませんが短編の神です(強調)

もう買うか迷っているのであれば即買っちゃいましょう!!
おすすめ作品です♡

5

さらっと読める3編収録

◆花とうさぎ◆

とてつもなくシャイであるが故に、うさぎのかぶりものをかぶって引きこもっている相澤さんと、宅配便の配達員・梶山君(22歳)の、ふんわり可愛い恋のお話。
ストーリーもまとまっているんですが、絵がすごく可愛いので、絵の魅力に引っ張られてスイスイ読めてしまいます。
はじらったような表情のまんまるいうさぎの顔を無理やり取ると、中からもっと恥じらった真っ赤な相澤さんの顔が・・・この辺がかわいい。
かぶりもの系って、かぶりものの表情と中の人の表情のギャップが見どころという話も多いんですが、相澤さんの場合は、中の人がかぶりもののうさぎよりも100倍うさぎさんな感じがイイんですよね。

ただ、相澤さんって、よく考えてみると謎が多い気が。
内職で生活してるわりには料理の食材なんかすごく凝ってて、実はリッチそうだし、料理の腕前もかなりレベル高そう。ネットで作り方見ただけじゃ、そこまでは・・・ねえ。(←自分自身の経験による生の声)
ひょっとして知られざる過去があるんじゃないの?ほんとはうさぎかぶってるのも、シャイだからという以外に何かきっかけがあったりして?
かぶりもの男⇒実はシャイなイケメン、というのはステップ1で、実はステップ2に、もう一段隠された事実があった!的な展開を期待してたんですが、わりとすんなりハピエン。個人的にはもう少し相澤さんのことを知りたかったな。

それにしても、相澤さんってほんとにシャイで、「ザ・ヘタレ」なんですけど、それでいて意外に相澤さんの思い通りにコトが運んでいく不思議・・・案外、真のヘタレ攻めとは、ヘタレと見せかけて自分のペースに持ち込むスキルを持ちあわせているのかもしれませんね。
描き下ろしではしっかり〇ェ〇チオまでこぎつけてましたし。
うさぎ卒業の日も近そうです。

◆あの笑顔をもう一度◆

生徒会長の瀬川と、ピアノしか取り柄がないと卑屈になっている藤村の、ひょっとしてこれは恋の始まり?なDK臭たっぷりの甘酸っぱいお話。
午後の音楽室。
弾き慣れないピアノを弾こうとする瀬川に、背中から「こうだ」と手を添えて弾いて見せる藤村。
息がかかりそうなこの距離感、萌えました!
音楽室というだけで、何か秘め事が起こりそうな期待感ムンムン。そこに1台のグランドピアノとDK2人・・・もうそれだけでも萌えちゃうんですけど。
さりげない作品ながら、DKを満喫させていただきました♪

◆僕らの最大公約数◆

これもDKのお話。
最近付き合い始めた翔平とたっちゃん。初エッチを前に、どっちが攻めるかで大モメ!
初めての体験にドキドキわくわくしてる2人が、とってもキュート。ちょっと人とは違う経験だけど、これも青春の1ページですよね。
頭が良くて理論派のたっちゃんが、何故かおバカの翔平に理屈で受け認定されちゃうオチにもクスッと笑えます。
このお話が、一番好きだったかな。

5

エロ・・・なし。ではない

このサイトで「エロはなし」と認識してから読んだので
予想外でしたね〜
私自身BL初心者な上に、好きな漫画がセブンデイズなので、他の方よりエロの基準が低いのかもしれません・・・!
でもほんわかしたシーンの方が多かったし、
梶山さんのおこりんぼで泣き虫っていう最初のさわやか宅急便少年からのギャップにやられました!

3

うさぎかわいい

よく広告に出てて気になっていたので試し読み、おもしろそうだなと思い購入。

うさぎかわいいです。実際こんな人いたら怖いですけど 笑

でもちょっと相澤さんがへたれすぎてストーリー的にもだもだしていたのでちょっと好みとは違いました。

最後のおまけが一番好きですね。顔を見られたくなくて相手にうさぎを被せたはいいが、相手の顔が見たくなってしまうという。うさぎの中の相澤のにおいにはあはあしてしまう梶山も萌え。

あと二作入っているんですが、どちらも自分の好みとはちょっと違い、あまり萌えられませんでした。

とにかくみどころはうさぎがかわいい!ですw

1

このうさぎは攻めです  (帯より)

うさぎの着ぐるみ、しかも頭だけ被ってる…
頭だけ売ってるのかな、なんて見当違いなことを思いながら手に取った作品です。

また帯にも書いてありましたが、うさぎさん…もとい相沢さんが攻めです。
まだまだBL初心者の私は、帯に書いてあるにもかかわらず
絶対受けだと思い読んでいました。

引きこもりで内職をしているうさぎさんこと、相沢さんと
いつも近くに王子様、宅配便で配達をしてくれる梶山さんの
でこぼこ(背丈とか)な2人の近づいたり、擦れ違いで離れたり
もどかしくも、あったかい作品だな、と思いました。

3

ほんわか、かわいい

宣伝で気になっいて、書店で見たので速攻買いました
まず表紙が可愛いです
色の綺麗さに目をひかれました。
ちょこっとずつBLっぽさを出してきて初心者の方も見やすい感じだな~と思いました

そんで、ヘタレのはずの相澤さんが「僕だって男なんですよ」で
もう鼻からケチャップでした…(笑

『あの笑顔をもう一度』
がっつりBLでもH有りでもなかったですが、少しずつ2人の距離が縮まっていく感じがたまりませんでした

『僕らの最大公約数』
たっちゃんの色っぽさでノックアウトでした…



とにかく笑えるところもあってずっとキュンキュンしまくりでした~☆

3

爽やか!可愛い!

表紙を見た瞬間にビビっときました。
宅配便男子が好きなのと、うさぎのきぐるみがおかしくて可愛かったので思わず買ってしまいました。

表題作はとことん可愛い。二人ともしょっちゅう赤面していて、初々しさがたまりません。
梶山くんが知らない内に相澤さんに惹かれていき、無自覚でグイグイ迫っていくところがいいです。そして意外と強引(というか頑固?)な相澤さん。
ただ、一目惚れだった相澤さんはともかく、梶山くんが相手のことを好きになるのがちょっと早かったかなと思います。もう少しじっくり付き合うまでの過程があってもよかったと思います。

2作目の主人公はピアノを弾く男の子でした。
トラウマがあるということで期待したんですが、結構拍子抜けな過去でちょっと残念…。
まあ表題作ではないので仕方ないですが。
お互い好きになる手前という感じで、可愛らしかったです。

3作目は一番エロな話でした。
どっちが上かを取り合うのですが、二人とも学生らしいおバカな会話を繰り広げていて面白かったです。
見所はなんと言っても最中のたっちゃんの顔ですね。エロ可愛いとはこのこと。
表題作もとっても素敵なんですが、これが一番好きな話でした。

全体的にエロは少なめで、絵も可愛くてふわふわした雰囲気がよかったです。
一言で言えば、「キュンとする」話でした。

5

すごい

色んなところで好評なことを知り、ついに読んでみました。

そしたら、まぁ、これは皆さんが高評価するのもわかるわーって感じでした。

全体的にふわっとした線で描かれているのが、作品の雰囲気を、より切なく甘くしていて良かったです。
まだ迷っている方は絶対に読んでみるべきだと個人的に思います。レビューでなんと言ったらいいかわからないくらいには、心に刻みつけられますよ。

2

これは新しい

表題作の「花とうさぎ」
きました、うさぎ攻め。

見た目は悪くないのに人見知りで引きこもり。
故にうさぎの着ぐるみを被っているという変人攻め。
この攻めが初心で面倒くさくて、とにかく可愛いです。
初めての経験にあたふたする攻めがとても微笑ましいです。

対して受けは、はっきりしていて男前な性格。
臆病でなんかズレてる攻めには、このくらいがちょうどいいかもしれませんね。

2人の可愛らしい恋模様にキュンキュンしっぱなしです。
斬新かつコミカルでとってもおもしろかったです。

2

可愛かったです!

エッチシーンは少なめですが、攻めの相澤さん(うさぎ)も受けの梶山くんも凄く可愛かったです。
おまけのフェラの話は萌えました……!

他の2つの話も良かったです!

あと、買う前に裏表紙を見たら相澤さんの顔が帯で丁度隠れるようになってて「見たい……!!」って気分になり買いましたww

2

うさぎが・・・

絵が好きで購入しました。ストーリーは優しい感じで、Hシーンもおとなしくエロさは少ないと思います。

受け様攻め様、お二人とも爽やかイケメンです。
うさぎが攻めです。
えっ?逆じゃない??と思えるほど恥ずかしがり屋な攻め様。
最初のほうを読んでいるとどう考えたってウサギが受けでしょう!
と思ってしまいそうですが、そこがこのお話の面白いところ。
恥ずかしがり屋のうさぎ攻め様も、ひそかにHできることを期待して
いろいろ買って準備したり・・・けなげ

Hした次の朝ピンポンが鳴って、まっぱにウサギかぶって慌てる姿もなかなか可愛かったです。(#^.^#)
今後二人がどうなっていくのか、攻め様の恥ずかしがり屋は克服できるのか・・・
気になるところです。

1

イラッと

ウサギの着ぐるみ頭をかぶった男と宅配にいちゃんの恋って、、、

出会いはウサギ頭状態で、第1話でせっかく頭をとってお付き合い始まったはずが、第2話、第3話と進んでも、またウサギ頭に戻ってしまうというのが、なんとも、かんとも。
お話としては、
恋が進む→もっと相手を知りたい→顔を見て話したいのに、なんで!と、もめる→そして仲直り
と進むのは定石の展開なので、それはまあある意味仕方ないけど、ウサギ頭にインパクトがあるだけに、この繰り返しには結構イラッと来るかな。
でも、絵がすっきりした細い描線のサラッと軽いタッチで、背景の処理も省略のバランスがいいので、くどくなったりしないところが好きです。

ドラマCD購入予定なので、予習のために原作コミック購入しましたが、音声化されるのは表題作だけのようで、この着ぐるみ男のもごもご感がどう音になるのは楽しみだけど、どうせだったら「僕らの最大公約数」とオマケ4コマまで一緒に入れて欲しかったな。

1

読後、うさぎの中身が想像できて2度萌え。

人見知り度★3 逆に目立っている度★4 擬人化ではない度★5   
ピュア:えろえろ=3:1

 人見知りの相澤さん(うさぎ)と、宅配人の梶山。うさぐるみ依存症になっている相澤さんから、うさぎを取りあげると…。素顔が見えて何気ない言葉を交わすだけでドキドキしてしまう、純粋な感情が味わえました。うさぎ効果すごいです。

 次第に依存症が克服されてゆき、描き下ろし後日談ではうさぎはHの小道具扱い。白熱してくるとついには蚊帳の外になってしまううさぎ…。最後までグッジョブうさぎでした。

他2編。
◆あの笑顔をもう一度
 生徒会長×ピアノ少年。恋が始まる前のニアな雰囲気。くすぐったい期待。
◆僕らの最大公約数
 受け攻め攻防戦。どちらが突っ込むかと口で言い争うのは好きじゃないんです。リング上で体と体で話し合って決めてほしいんです。そういう攻防戦が見たいです。

1

うさかわいい。

書店で何やら面白げな表紙が気になっていたところCD化の情報もやってきたので読んでみました。
いやー、かわいいお話でした。
ウサギ攻です。
と、書いてしまうと獣姦のように聞こえてしまいますが、そうではなくウサギの着ぐるみ(頭だけ)の方が攻なんですよね。
引きこもりの人見知りのために宅配業者が来るとかぶっちゃう。
それはまだわかるんですが、恋人同士になってからもかぶってるとかスゴイなぁと思ってみたり。
描き下ろしのウサギの使い方もステキでした。
ただかぶってただけじゃなくて、それを活用してて。
それが、更に相手には匂いとか盛り立てる効果にもなってて。
非常にかわいかったです。

そして、気になったのは「僕らの最大公約数」
これ、スゴかった。
攻めたい同志の2人がどうやって受を決めるかってことになるんですが、その決め方!
そして、その攻のモチモノのたとえ!
たぶん、巨根自慢とかはいても、ポー○ビッツで胸を張って得をしたのは彼だけじゃないかと…。
しかも、どうやら平常時からの伸びしろはなかなかのもののようで…お疲れ様です(笑)
どこかでチェンジがありそうでないのもなんだか面白かったです。

2

とりあえず可愛い

このウサギは攻です。
という帯の字にファ!?となり、気がついたら購入してましたww
攻のヘタレさがウサギの被り物によって、全身で表現しているようでした(笑)
ストーリーは可愛かった。
ほんと可愛いって言葉が似合う作品で、さぐりさぐり恋愛する二人を応援したくなるような感じでした。買ってよかったなぁと思います。
でも、エロはあんまりありませんのでそういうのを求めている人にはオススメできないかもですね。

ドラマCDにもなるようなので、あのウサギがどうなるのか楽しみですww

1

この発想はなかった

終盤になるまでこの表紙のように攻めはウサギの着ぐるみをかぶったままで、ずっと顔が出てきません。だいたいの表情がウサギとして語られます。しかしそれが、かわいい!攻めがかわいくて受けがツンなものを好みな方にはかなりおすすめできるかもしれません。
表題作以外も、かわいらしくてヘタレな攻めと、苦労人っぽい受けの話があります。
さらに、攻めがかぶっているうさぎの着ぐるみを、効果的に使った色っぽいシーンもあるので、この発想はなかった!とびっくりしました。

2

う、うさぎが!!!!

うさぎが攻めです。
うさぎなんですが、けっこうな男前な彼。
ストーリーはほのぼのしていてエロ要素は薄いですが、
「うさぎ」アイテムが極めてひきつけられますw
今回エロ要素が薄かったので、もし次回作があれば・・・進展あればいいですがw

受け様が攻め様のうさぎのかぶり物をさせられて、
攻め様の匂いにクンカクンカしているのになんか萌えてしまいましたw

表紙買いでは、なんでうさぎのかぶり物??と思うところですが
気になる方は是非!

2

ウサギオイシ

かわいい表紙と裏表紙に一目惚れしての購入からだいぶたってしまいまいましたが、これまたかわいいお話でした。
変態さんな話だと思っていたのに存外ピュアで萌えた(´▽`)
や、変態は変態で美味しく頂いてしまうわけですがww

さて、お話は、集荷収集毎日なお家の攻はウサギサンの被り物をしている。
新しく集荷担当となった配達の受との衝撃的な出会いから幾日。
体躯のいいウサギさんとの関係も慣れてきた。
そんなさなか、なんと、中身が露見しているのを見かけてしまった受がどうするか!?というお話ですな。
正直、被り物、しかも可愛い、しかも攻と銘打っているからには、もうすこし いかついオッサンをイメージしていたんですが、存外可愛い子でどうしてやろうかと思った。
体躯がでかいという設定がなければ、完全に受顔だと思うんだがな。

顔を見せるのが恥ずかしい。
顔を見られるのが恥ずかしい。
好きな相手ならなおさらに。
シュールではあるのですが、それがまた可愛くて良い。
もっと隠すとこ有るだろwwな事後。
自分が恥ずかしくてかぶせたくせに「顔がみたい」なラストは可愛くてよかったです。
なんだろうねwホッコリするお話の詰め合わせ。
線の細い絵のタッチも存外好み

5

可愛いwww

とっても可愛いwww

1

兎の頭を被る攻めが笑(衝)撃的です。

新刊チェックで粗筋と表紙絵が気になりましたが即決には至らず、
発売後に試し読みをしたところ、導入部分の数ページを読んだだけで
これは是非とも買わねばと思い、発売後ということもあり特典ペーパーが
早々に完売になってしまうのではないかとヒヤヒヤしながら慌てて
いつものお店で新本を注文し購入しました。

読む前も、ふんわりとした柔らかい感じの表紙絵だと思っていましたが、
読んだ後に改めて表紙絵を見てみると、上記の印象に付け加えて
表紙絵から温かみが伝わってきました。
頭部の着ぐるみなのに、ポッと淡く頬を赤らめているウサギに、
こちらまで気持ちが移ってきたような感覚になりました。

『花とうさぎ』、『この度、いい方法を思いつきました。』
本当はヘタレ攻めは好きではないのですが、相澤さんは面白くて好きです。
恋人同士になってもウサギの頭を手放せない極度の人見知りの攻めに対して、
受けの堪忍袋が切れるまでの描写がとても伝わってきました。
ウサギの頭を被っていたり、受けと繋がるために十二分に
しっかりと準備をしていた攻めが可愛かったです。
短期間の間に人見知りの攻めを理解して、常に自分の気持ちを素直に攻めに
ぶつける受けに好感を持ちました。

『あの笑顔をもう一度』
穏やかな青春という感じの雰囲気が伝わってきました。
受けを優しく包み込むような感じの攻めに好感を持ちました。

『僕らの最大公約数』
攻め攻防のお話でした。
痛いのが怖くて拒んでいた受けの気持ちに共感し、気持ちが良く伝わってきました。
それにしても、攻めの局部のカラクリに、ちょっと卑怯な局部だと思いました(笑)。

『収集癖』(四コマ)
梶山くんと翔平くんが実は従兄弟同士だったとは。
梶山くんの、相澤さんへの愛情が十分に伝わってきました。

『うさぎが』(四コマ)
最後のコマの相澤さんに相変わらず萌えました。
梶山くんで本領発揮する相澤さんが可愛いです。

『まだやってた』(四コマ)
翔平くんと隆史くん(たっちゃん)が、タイトル通り、
まだ攻め攻防を続けている話でした。
トランプのジョーカーの絵柄がウサギだったのが粋だと思いました。
ウサギのジョーカーに萌えました(笑)。

表紙カバー下には、相変わらず恥ずかしがっている相澤さんの
1コマ漫画でした(笑)。
梶山くんの表情がとても良いです(笑)。
裏表紙カバー下には、藤村くんと瀬川くん、翔平くんと隆史くんの
4人が教室で談笑しているようなイラストが描かれていました。

今回の評価は、「神」と「萌×2」で迷いました。
どの収録作品も、物語の内容や展開、人物設定、絵など申し分なく、
調和が取れていて素晴らしいと思いました。
また、収録作品の全て、本自体からも優しさと温かさが溢れてくる感じがしました。
しかし、『花とうさぎ』の作品は、もっと読みたいと、
「神」評価にするには、これだけでは読み足りないと思い、
今回は「萌×2」にしました。
気持ちは「神」に近い「萌×2」です。

9

ウサギさんと幸せになるために

表紙で配達員の可愛らしいお兄さんに、一輪の花を捧げるウサギさん。
書店にてずらっと平積みされている数々のBL本、表紙に描かれるのが人間ばかりのなかにひときわ異彩を放つウサギの存在を捉え、なにごとかと思わず二度見をしてしまいました(笑)
ふんわりとした優しい色合いと相まって尚のこと独特の雰囲気を放っております。
お話は三編収録されていますが、どのお話もこの表紙から感じる優しい印象そのままでした。色味には淡さがありますが、ペンタッチ等はとてもしっかりしていてフワフワ系ではありません。きちっとしたラインにはとても好感がもてます。

【花とうさぎ】
花びらが舞い散る中、ついにしっかりと顔を見せてしまったシーンがとても好きです。この一瞬は梶山の目にとてもゆっくり、鮮明に映ったのだろうなと、そしてこちらも同じような速度で見れているんじゃないかなと思えました。
シャイシャイボーイな相澤さんとは大変なことばかりですが、梶山が割に押せ押せなので巧くいくような気がいたします。なにより、相澤さんてばシャイだということなのに一旦リミット外れると想像以上に貪欲(笑)
ディルドもローションも手に入れちゃって…ローション・ゴムはともかくディルドを梶山がそう易々と使わせてくれるとは…思えないよ相澤さん…!
うさぎの少し開いた口がこれまた、ちょっぴりマヌケで可愛いんです。つぶらな瞳も。
と、こんなにほんわりした内容の本編からズバッと飛び出た描き下ろしには驚きました。
匂いとか目隠しとか色々変態チックでたまりません。うさ頭にそんな使い方があるとは…相澤さんは策士ですね。梶山は目いっぱい愛を受け止めるといい!

【あの笑顔をもう一度】
結局これはお付き合いとかそういのではなく、ちょっと進んだ友人関係、ということでしょうか?
ゲン担ぎの逆、ありますよね。思い返せばあのときも…なんて、それはたまたまだと分かりつつも精神的に気になってしまうのはあるあるだと思います。
こののち、ふたりはどうなっていくんでしょう。生徒会長で周りに頼られる瀬川に対し、藤村はいたたまれなくなって少しずつ距離を取って離れようとしたり、してしまうのかな。そんな妄想をしてしまいます。

【僕らの最大公約数】
バックバージン死守のために提案したことがまさか想像の逆をいくだなんて…!
というよりもそういう提案をするだなんて…! そんな決め方…面白い!(笑)
賑やかなふたりでとても可愛らしく、終始にやにやしながら読み終えました。若さがあふれる感じで、ほんとうに可愛い!
その後もゲームやらなんやらで決めているようですが恐らく、たっちゃんはこのままネコのままむしろ一層とろとろになることでしょう。かわいい!

評価が中立なのは、メインの花とうさぎのふたりがあっさりとくっついてしまって拍子抜けしてしまい、萌えるとかではなくなってしまったからです。エロのありなしに限らず、個人的にお話として好きなのは【あの笑顔~】でした。
全体的に、ほのぼのとしていて楽しい内容です。ギャグシーンでは思わずクスッと笑ってしまいました。恋に対していっぱいいっぱいなうさぎさん!

3

あの(爆笑)発言に気を付けて!

クマ、ウサギ、ご当地キャラなど。
今年はかぶりものの新作が多い…?

相澤さん、ウサギとはまた可愛いチョイス。
これ、いったいどこで手に入れたの?!
流石はネット生活ですね~。
しかし、あれを長時間被っているのは相当大変そう☆
夏の熱中症とか、いらぬ心配ばかりしていましたw
このお話は、絵もお話可愛いし、萌えポイント満載の楽しい作品で。
若干の物足りなさは、ラストの描き下ろしでナイスフォロー。
フェ○話と四コマどちらも良かったなw

しかし、私の心を一番鷲掴みにしたのは「僕らの最大公約数」です!!
Hへの過程の面白いやりとりがたまりませんでした♪
リバりそうでリバらない焦らしも最高~。
そしてなんと言ってもポー○☆ッツ!!
笑いがとまりませんでしたww
この二人、お互い非常に身体に優しい~ね。

何の事かは読んでからのお楽しみ♪

3

可愛いを集めたほのぼのとしたBL

これ画像だとわからないことなんですが、実際手にとってみると帯が付いてて裏表紙の帯の下にウサギさんの素顔が隠されているという良いセンス。
とても可愛いセンス。
その仕掛けが妙に可愛くてによによしちゃいました。
一目惚れした宅配のお兄さんに会いたくて人見知りのウサギさんはウサギを被る訳ですが…付き合い始めのぎこちなさが可愛くてきゅんきゅんします。
表題作もいいけれど、僕らの最大公約数も好き。
書きおろしがどれも可愛くていい!なんだか可愛いだけのBLかと思ったらとんだ癒し系でした!
によによする!
フェラチオをウサギさん被ってするという新しいプレイに心が震える…。
そうだねそれなら顔見られなくて済むね(笑)
キャラ的には僕らの最大公約数の二人がだいすきなので、最後のババ抜きの今日もたっちゃんが下ねー!がツボ。
翔平くんの語彙が可愛くていいなあと思って読んでました…可愛いなあ超ポークビッ●。
そしてわたしもなんだかウサギの小物集めたくなってしまいました…。

2

可愛い~&キュン&笑った~!

こちらの作品は絵的にシュール系のギャグ作品かな~と思って手にとりました。
そして久々に可愛い~!&キュンがきました!
もちろん笑いも適度にあって面白かったです♪
表題作は多分ギャグ漫画と思って差し支えないと思います。

ずるい!うさぎの丸っこいフォームが可愛いよ!
特にうさぎの口の部分の丸いところがフェチなんです。
実際の見た目はうさぎ頭の下にリアルな男性の体がくっついているので相当シュールなんですがw

配達員の梶山が毎日荷物を届けに行く先の人は「うさぎ」の着ぐるみの頭の部分をかぶった変わった住人・相澤でした。
梶山がうさぎ頭の男はもしかして指名手配犯で顔を隠しているのか…などと妄想している時の包丁を持ってるうさぎが中二病絵でキュン。グルーミー的な。

相沢は極度の恥ずかしがり屋で、顔を見られるのが苦手です。
なのでうさぎの頭をかぶっているんですが、
しかしうさぎのかぶりものなんかすれば余計悪目立ちするということを本人は自覚していないから相当なトンチキぶりですw

結局二人が付き合いだしてからも相澤の恥ずかしがり屋はなおらなくて、
二人っきりになってもうさぎのかぶりものを中々取ろうしません。
もう顔バレしているのに、筋金入りの人見知り。

描き下ろしのフェラをしたいと思った相澤の裏技に笑いましたwww
そこまでして自分の顔を見られたくないのかっ!!!

5

帯【このウサギは攻めです。】

これよく見ると表紙のタイトル文字がお花で書かれてるんですね~!
表題作を含む3つのお話+表題作書き下ろしがはいってます。

【花とうさぎ】
配達員、梶山くんのお得意先はうさぎの被り物をした相澤さん。
毎日顔をあわせるけど何故うさぎ…??と気になって仕方ありません。
ある日、偶然にもうさぎを被っていない相澤さんを見つけ…?という話です。
このうさぎ、とても可愛いんですが被り物なので常に無表情ですし、何よりも切羽つまった時がめちゃめちゃ怖いですwww相澤さん大きいからズゥゥゥンて感じでwww
サングラスにうさ耳とか全裸にうさぎの被り物っていうのがシュールでとてもよかったです。
書き下ろしも変態チックで素晴らしかった!!w
【あの笑顔をもう一度】
生徒会長の瀬川くんとピアノの発表会を間近にひかえる藤村くんのお話。
相手の背中からピアノ弾く体勢って…いいですねぇ…
藤村くんのピアノが聞きたいがためにわざとステージの一枠あけちゃう会長カッコイイです。
これから発展しそうな二人…という感じでしょうか。
【僕らの最大公約数】
付き合いはじめて一ヶ月の幼馴染男子高校生カップルのお話。
自分のことを好き?と確認するシーンが可愛すぎて…!!
モノの大きさで受け攻めを決めようとするのが、高校生らしくてアホ可愛かったですw

可愛いがたくさん詰まった漫画でした♪

7

♪う~さ~ぎ追いし か~の~や~ま~

♪小鮒釣りし かの川~
おもわず童謡の【ふるさと】を高らかに歌い上げましたよん。
なんでかと言いますと『うさぎちゃん』が主人公だから。
歌に『うさぎ』が入ってるだけやん。←自分ツッコミ

面白いBLなんかないかなあと隅から隅までちるちるを検索しまくり
みなさんのちるちるレビューを隅から隅まで読みまくりの結果
この本を選びました~。

えがったぁ~。うさぎちゃんがピンポイントで攻めてきた!!!

【明日はいい真鯛が手に入りそうなのでポワレとかどうですか?】と言ってくる
うさぎちゃんがっ!
うさぎちゃんがっ!
カワイイすぎまする~。萌え萌えは続くよ。どこまでも。
あはぁ。あはぁ。ツボを押されMAX!!

表題作以外の話もベリーグッドでした。
【俺のち★こ 超ポークビッ●】って・・・ 大笑いしたわっ。
そこかしこに笑いの渦があって万人受けする作品だと思います。
作家買い決定!
次の作品が楽しみな作家に出会えて幸せです♪

5

とっても可愛い。

表紙に描かれているうさぎのかぶり物のインパクトが凄くて、これはどんな話なのか?!とワクワクしながら読みました。
とっても可愛らしい話でした。
宅急便のおにーさんと引きこもりで在宅仕事のかぶり物の彼。そんな組み合わせがもうツボでたまりません…!
ゴミ捨て場で素顔のまま受けに出くわした時のあの顔がたまらなく好きです。本当キュンキュンするお話でした。

それにしても人見知りだからうさぎのかぶり物かぶって引きこもってるってなかなか勇気がありますよね。その分インパクトは強かったです。
下手したら不審者として通報されてしまいそうな笑

5

久々の、どストライクきたー!!!!!

すっご!!
これでデビューコミックス!!??
笑いの加減も絵柄も展開もすっごく好みの漫画家さんです!!!

宅配のお兄さんってだけでテンション上がるというのにw
(まさに佐○男子的なね!!)
笑顔と対応が爽やかな22歳って、たまらんでしょ!可愛い!!!

うさぎの頭付けてるだけでも充分妖しいのに
度々襲われる妙な“間”がツボりまして……。
相澤が梶山君によく冷えたマスカットティーをくれたところなんて
うまそーーーー!!と思ってしまってw
私は、それなりにかっこいいくせに
人見知りで自分に全く自信がない、
でも好きな相手には尽くしたくて仕方ない攻めっていうのが好きらしい…w
だもんで相澤にハマったんだと思います!
控え目過ぎだけど、ちゃんと決める時は決めるって、オトコだね!!!

遊園地でウサ耳バンドして落ち着くって、相澤!
ソフトクリーム食べるのにマスク外すのを躊躇うって、相澤!!w
サングラスとウサ耳バンドは相性悪いのに、かわいいぜぇ……。
(ちなみにソフトクリームはミックス派です。どうでもいいですが)

遊園地の観覧車の中に逃げ込んで
もう会う理由も無くなると泣いた梶山君に
ぎゅーーーーーーーん!!!!!
若いわりにいい感じにサバサバしてるのに泣いちゃうって反則!!
相澤は恋愛スキル(対人スキル?)がまるで無いもんだから
梶山君の気持ちを考える余裕があんまり無いとか、
それに梶山君がもだもだするとか、
本当に愛おしい奴ら!!!

初めての交わりが朝チュンって残念(泣)
描き下ろしの『この度、いい方法を思いつきました。』でも
相澤がフェ○はしてるけど、実際合体(おい!)してるシーンがない!!
それでも、どちらの表情もとろけきってて良かったですよ…。(多少負け惜しみ)
しかし、見られたくないからとかぶりもんが前と後ろ反対で
息苦しいだろうに、梶山君!!そこ気になった!!(細かい)
けど外してくれて良かったー…。

短編2話とも可愛かった。
描き下ろしの四コマも面白かった。
(簡単に言いすぎ!!!)

実はお借りして読ませていただいたのですが、
あまりにも好みだったので注文してしまいましたYO!!!
そして、ちらっと思ったんですが、
嘉島さんって青エク描いていらっしゃるんでしょうか??
すごく黒髪眼鏡が某弟っぽくて好きです!
(違ったらすみません…;;)

おまけと言ったら失礼かもですが、“神”差し上げます!!好きだから!!
私、兎年で良かったわー!と謎の満足感も得られましたww
また追いかける漫画家さん増えてしまいましたが幸せだ!!
そうさ、幸せなんだよ!!(←??)

9

人見知りのアイテムはウサギの被り物

いつもウサギの被り物を被っている人を相手にするとしたら…
いくら可愛いウサギでもかなり不気味かも知れない、だって顔だけウサギなんです。
身体はそこそこ大きな男なのですから、もはや危ない人の域ですが、
そんなウサギの被り物を被った引きこもり男が恋をしたらと言うお話です。

引きこもりウサギの着ぐるみ頭だけを被っている相澤さん、配達員の梶山は
なんでそんなものを被っているのか気になって仕方ない。
それがある日素顔を見てしまい、被り物を被る理由が人見知りで恥ずかしいからと
言う理由なのですが、かなり徹底しているのです。
そんな引きこもりさんと配達員の恋のお話なのですが、人見知りで臆病で
人間なのに性格的には臆病ウサギなんて言葉がしっくりくるようです。
造花を作って生活している設定ですが、その手さばきは神かも(笑)
コミカルで可愛らしい作品だけど、恋する切なさはしっかり伝わる作品でした。

5

このうさぎにピンときたら・・・

この本滅茶面白いです♪
表紙のうさぎに注目してしまいませんか?
そして裏表紙はこの着ぐるみのうさぎを吊りあげている絵なんですが、バッチリと帯で正体が見えないようにしてあるんですよv
面白すぎて、ツボすぎて、何をレビューしていいやら困り果てて未だに面白いとしか言えない自分が情けない(汗)
しかし、ギャグコメディというわけではなく、コメディタッチだけどしっかりとした恋の物語なのでちゃんとそこは読ませます。
さあ、主人公と一緒にうさぎの着ぐるみ男にツッコミましょう☆

宅配便新人の梶山が受け持ちになったマンションの住人・相澤さんはいつもうさぎの着ぐるみの頭をかぶっている。

この相澤さんが実に残念な人なんだ(爆笑)
引きこもりで人見知りで、それでうさぎをかぶってるんだけど何故うさぎ?
そしてすごいのが内職で造花を作って生活してるっていう設定(驚愕)
どうしてひきこもりになったのか?とか、どうしてうさぎなのか、理由は書いてないけどそんな事どうでもいいのです!
梶山に好意を持った相澤と、相澤が気になる存在になってしまった梶山と、
何かそういうことになっちゃった的なお付き合いは、
ヘタレる相澤の尻を叩いて梶山が発破をかけるという、それだけの簡単なモノではなくて、イラっとしながら焦れっとしながら、案外に、恋愛に不慣れ同士がきちんとした恋人同士になる為に殻を破るお話みたいな展開になっていくのです。

何と言っても相澤のキャラでしょう。
着ぐるみのうさぎは表情がないのでとぼけた顔にみえるのですが、時々うさぎが頬を染めたり汗かいたりw
話すと間がわるく、無言で向き合うコマの実に間抜けなことw
もう顔を見られても平気なのにまだ被る、付き合いだしてもまだ被る。どんだけ恥ずかしがり屋さんなんだ!なその臆病さ(笑)
でもね、きっと全部人のカオで展開したら本当にイラっとしたかもしれないんです。
だからうさぎの効果は絶対120%で発揮してると思います。
すっぽんぽんで頭だけうさぎという姿は間抜けすぎて大爆笑。
描き下ろしのフェラネタもうさぎが登場して間抜け絵面が面白くてそこだけは色気の欠片もないのですが、相手の快感を覚えている顔を見たいという欲求を覚えた事で、相澤、少しうさぎから脱却できるのかな?
・・・上手く伝えられないので、うさぎにピンと来るものがあったらぜひ読んでほしいです♪

【あの笑顔をもう一度】
子供の頃ピアノの発表会で失敗したのがトラウマになっている高校生。
彼のピアノを聞きたいと生徒会長が計らい勇気を与えるお話。
彼等はきっとこれからなんですね♪

【僕らの最大公約数】
恋人同士になって一カ月のたっちゃんと翔太。
キスはするけど、まだ小鳥のついばみのような~
もっとキスも深いキスを、そしてあんなこともこんなこともしたいと願う翔太に、たっちゃんの両親が不在でお泊りという絶好のチャンスが!
たっちゃんが前に進まなかった理由は、入れると痛いという先入観によるこだわりw
両方つっこみたい攻め攻め攻防ですが、チ●コが小さい方が入れる方にということで折り合いをつけることになったのですが…
たっちゃん実は「俺のチ●コはミニサイズ」という自信があったはずの提案だったのに翔太の「俺、超ポークビッツだけどいいの?」
このやりとりが傑作でした。
”ケツの穴につっこむ”だの”うんこよりでけーじゃん”とか生生しいセリフもありますが、ご愛嬌で・・・(爆)

掲載の作品どれも色々違うパターンで楽しくてほのぼのして、初めてのコミックということですが、これからがとても楽しみな作家さんです☆☆☆

10

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ