サムライアイスクリーム★

samurai ice cream

武士冰激凌

サムライアイスクリーム★
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
4
得点
27
評価数
12
平均
2.7 / 5
神率
16.7%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
新書館
レーベル
Dear+コミックス
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784403665394

あらすじ

泣き虫だった幼馴染みの星が男前+肉食な超絶フェロモン男子となり10年ぶりに戻ってきた。
すっかり変わった星に慧は戸惑ってばかりで……!?

表題作サムライアイスクリーム★

三田星 高校生モデル 転校して来た幼なじみ
一ノ瀬慧 高校生 剣道部

その他の収録作品

  • I SCREAM LOVE(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

受けが凛々しい

可愛かった幼馴染が自分よりイケメンになって帰ってくる、という再会もの。
海行リリ さんの本はあんまり読んだことないですが、絵が可愛いですね。

主人公はサムライと呼ばれる綺麗だけど硬派で無口な人。
カッコいい受けって希少価値が高いと思います。
男らしいのに笑うと可愛いのでキュンとなる。

しかし、攻めがチャラ男系だったのがニガテでして、カップリングはそこまで萌えられなかった^^;
こればっかりは好みなのでしかたないかとも思いますが…攻めが主人公一筋なのはいいんですが、モデルなのに主人公のためなら自分のファンにも冷たくあたるというのがどうも苦手でした。
「1人しか大事じゃない」ような人が大勢の人に笑いかけるようなお仕事って出来るもんなんだろうか。学校の女の子にもモテモテでしたが…

攻めより受けがカッコいい、てタイプのカップルが好きな人にはオススメだと思います。

0

サムライが流れていきます

サムライ…。
何もかもが茶番劇でした…。

基本的にモデルとか芸能界の話は嫌いでして…。
撮影とかで日常の中に非日常を入れてくるのが苦手で。
女子にちやほやされる環境が当たり前という軟派な人物に魅力を感じないせいかもしれません。

低評価なので疑問に感じた点だけを挙げて終わりたいと思います。

まず10年近く会っていなかったのに攻めのテンションがおかしい。
ずっとそばに張り付いていたかのような好き好き攻撃に違和感。
離れていた10年、連絡も取っていないのに、なぜあそこまで想えるのかが不思議でした。
親から聞いていて「やっぱり好きだなと思った」とかそういうエピソードもないのになあ。
受けが「攻めを守る」ことに必死なのもよく分からない。
小さい頃のことってそこまで引きずりますかね?
隣に住んでいた時間より長い時間が流れて、疎遠で、もはや他人より他人なのに、そこを埋めるエピソードがないので2人のテンションについていけませんでした。
さらに周囲も昭和のドラマか映画?という感じ。
先輩たちの行動も「顔はやめときな。ボディにしな」という時代の金八先生に出てきそう。
展開も「こういう流れを入れたらドラマティックだよね!?」という流れをどんどん詰め込むばかりでつながりもあったものではなく、人物には共感できない、流れにも入り込めない、ただ「サムライ」と呼ばれているらしき少年が流れていくのを河原で見ている感じでした。

まずは離れていた時間にどういう風に思いが募っていたのか。
離れてもなお「守ってあげたい」と思えるようなエピソード。
「サムライ」という名にふさわしい一貫した行動(撮影は嫌がるのがサムライ)。
攻め受けともに読者が「良い!応援したい!好き!」と思える人物描写。
ドラマティックじゃなくていいから、ふたりの絆が深まるふつうのエピソードをこつこつと。
こういう点があったら楽しめた気がします。

あくまで個人的な意見ですが、絵が好きだと多少の難は吹き飛ぶ派でも吹き飛ばせるような難ではありませんでした。無念だ…。

0

ツッコミどころが満載

小さい頃に家が隣同士だった幼なじみが、高校生になって再会するお話です。

受けはサムライと呼ばれている剣道部のエース。美人ですが愛想がなく、剣道部の先輩たちからは嫌われています。
その受けと同じクラスに転校して来たのが、幼い頃によく遊んでいた幼なじみの攻め。雑誌モデルをしていて大人気のイケメンです。
小さい頃は、泣き虫だった攻めを、その頃から剣道をしていた受けが守ってあげていた、という関係性でした。

設定がありがちで新鮮味がなかったことに加え、エピソードや展開の無理やりさが目立ちました。まず受けの剣道部の先輩たちが何事かと思いました。可愛げのない受けが気に入らず、試合に出られないように閉じ込めるとか。「俺が代わりに試合に出といてやるよ」なんてのんきに言ってますが、それ普通に部活動停止級の不祥事ですから…。しかも受けだけじゃなく、出くわした攻めまで一緒に閉じ込めるとか、バカじゃないの? と思います。部長だけはまともな人でしたが、まともなだけに、もうちょっと他の部員の管理しろよ、とも思いました。
あと受けの性格が無愛想で、ほとんど人と交流しないことについても、何の説得力もなく「小さい頃に攻めが引っ越して行っちゃったから怒ってそんな人になりました」と。10年前に幼なじみが引っ越して行っちゃったから笑顔がなくなった、ってそんな乱暴な…。
しかも、そんな乱暴なオチがついて、「もう1人にはしないよ」的なことになったくせに、次の話で攻めがソッコーでキスして抱きしめたら受けに拒まれ、「俺に近づいたら襲うよ」とか「住むところも学校も変える、もう二度と会わない」って…。アホかと思いました。あまりに子供、あまりに短絡的で独りよがり。

攻めはアホだし、受けも攻めの気持ちを受け入れる理由が「攻めがいなくなるくらいなら」みたいな感じだし、萌えはカケラも感じられませんでした。
あと受けが、剣道部の先輩たちを敵に回し、部活を休んでまでアイスクリーム屋でバイトしている理由がまるで理解できませんでした。直接の理由は人手不足に困った店長にスカウトされたからだけど、昔攻めとアイス食べた思い出があったためのようです。何だそりゃ。攻めとの思い出アイスだけか。
絵が可愛いし綺麗なので中立にしようかとも思いましたが、このストーリー展開の乱暴さがあまりにも受け入れ難かったので、申し訳ないですが「しゅみじゃない」で。

3

立派に成長しましたね

幼馴染の再会ものです。
幼少の頃は慧より小さくて泣き虫だった星が10年ぶりに帰ってきたが、昔とは違い男前でモデルの仕事もしているという成長ぶりに星の為に強くなろうとしていた慧は戸惑ってしまって‥。
可愛くて泣き虫だった星がイケメンモデルに成長!そこまではいいのですが、慧が好きな筈なのに離れてる10年の間に色々遊んでいた感が否めません。軽過ぎ!
泣き虫だった星を護る為に剣道を始め、今やすっかりサムライと渾名まで付いてしまった硬派な慧、顔良し、頭良し、性格良しの三拍子揃った好青年に成長!
昔は可愛らしい子が今は格好良く、昔は格好いい子が今は美しくなっている、再会もの王道ではありますが、面白かったです。当て馬も横槍も入らないので安心?して読めました。ただ、欲を言うなら、星が少しだけ自己中だったかなぁというのと、10年間、他の子と遊ばず(H的な意味で)慧一筋でいてほしかったなぁというところですかね。(他の子と経験したとは言ってませんがそんな雰囲気‥)

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ