キスよりやさしく

kiss yori yasashiku

キスよりやさしく
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×218
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
206
評価数
50
平均
4.2 / 5
神率
44%
著者
木下けい子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
価格
¥648(税抜)  
ISBN
9784813031635

あらすじ

好きになって、キスをして、
恋人としてつきあい始めた綾瀬と藤沢。
キスしたら、触りたい、
触ったら、もっと気持ちいいことしたい。
そう思ったふたりはエッチしようとするけれど、
現実はそう簡単じゃなくて!?
邪魔が入ったり、
怖くてたまらくなったり……
気持ちは一緒のはずなのに。

キスから始まった恋、ついに完結!

表題作キスよりやさしく

綾瀬千洋,1歳年上のクラスメイト,高校生
藤沢蒼太,高校生

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

可愛い二人

二人ともなんてかわいいの!
男子高校生尊い!

エッチしたいでも怖い相手はどう思ってる?また邪魔が入ったとか、あるあるですよね。

でも付き合ってるって確かな絆があって、好きな人の名前を言えなくてもいつか堂々と一緒にいられる日が来るとお互い信じて。
揺るがない二人が良かった!

有貴は相変わらずですが最後はアドバイスまで。結局何だったのかな?

綾瀬が藤沢可愛い!とか早くエッチしたいとか、藤沢も電車の中で想像しちゃったり無意識にスマホで検索しちゃったり、本当に見てるこっちが可愛い!と声に出ちゃいそうです。

進路も別れちゃいますが大学ではルームシェアとかで一緒に住めたらいいですね。

0

完結

キスからその先へ。
その、一歩が踏み出せず強気になったり、臆病になったり。
もどしい程行ったり来たりを繰り返しながら育んできたふたり。
焦れすぎてどうしたいのかと、投げやりに思ったりもした作品ですが。
好きでいることの強さ。
それから伴ってくる煩わしい出来事やつい感じてしまう後ろめたさ。
今すぐには公に出来ない分別に、伝わってくる気持ちの揺れ動きが切なくて。
それでも好きになったことを後悔しない。
真摯に告げる姿に、それまでのもやもやした気持ちが吹き飛びました。
「初めて」をこれほど特別に扱いながらも、一度越えてしまうとすぐ日常になってしまう当たり前さ。
場所に苦労するふたりのいちゃいちゃが堪らなく愛しく感じられるラスト。
読み続けて良かったな。
幸せの余韻に浸りながらじわりと思うことができました。

0

大人になっても、いつまでも君がかわいいことを俺はきっと知ってる。

意外にも、アッサリと完結してしまう。
「好きだからキスしたの?」で、不穏な空気を醸していた、母とは決着ついたらしい。
綾瀬は日本にいる。そのことで、何か蒼太を不安がらせる様な事案も発生していない様子。
有貴は相変わらずだが、そんなに邪魔も出来なくなっている。だって、綾瀬が泰然としているからね。割り込めないのだ。彼に出来ることと言ったら、せいぜい遅くなる、と言って、早く帰って来て、イチャついている二人を驚かすことぐらいだ。
有貴もまた、自身がゲイであることを悩みこそすれ、彼の悩みについては詳しくは語られない。
1巻毎に高校生活ならではのイベントがあって。今回は、修学旅行。
綾瀬と蒼太はクラスも違うので、被ることが無い。せっかくの旅行なのに。
これまでは大人びた綾瀬が何となくモテている気配だったが、ここに来て蒼太もクラスの女子から告白されたりもする。修学旅行の夜には、あるあるの想い出イベントだよね。
蒼太は、類といつも一緒なので、腐女子っぽい子が「藤沢は高橋のもんだからー。」などと言ってるのも可愛い。
そして、やっぱり男の子同士だから、オープンに出来ない、好きな子の名前を言うわけにはいけない、ということを切なく思って、蒼太は涙をこぼすのだ。こんなに好きなのに。

綾瀬の家庭のこととか、そういうことは置いといて。どちらかというと、二人の初めてのエチ、に辿り着くまで。というのが主題。男の子とは初めてなのか、慣れている筈の綾瀬も結構バクバクしていて。怖がっている蒼太を「出来るだけ、怖がらせないように。」と、頑張っている。
そして、エチばかりしたいわけじゃ無い‼︎ と、思いながらも、早く蒼太とそうなりたい、と願っている。蒼太の方も、怖がってしまったことを申し訳ないと思い、やっぱり綾瀬と繋がりたい、と強く願っていて。二人はその気持ち以上に両想いなんだということが分かって、とても可愛い。
「想像する、俺と藤沢が大人になっても、つきあってるとこ。どんな想像しても、藤沢は可愛い。」
という、コトの最中に言う言葉。とっても可愛いです♡
きっと二人は大丈夫。そう思わせてくれるから。

いつも一緒にいる類くんは、キスから先のことを報告してくれなくなった蒼太を寂しいと思い、いつも見て来たからこそ、二人が一線を越えたことも察します。類くんはホントにいい子なので、もっと見たかったな。割とアッサリ終えてしまうので、寂しさが残ります。青春時代を思い出す様な、メランコリックと共に。

1

寂しくて、もうため息しか出ない

読み終わってしまった…。
何だか寂しい。
もう少し、いや、2人がおじいちゃんになるくらいまで見ていても良かったかも。

進級して、クラス替え、修学旅行といろいろありました。
BL界では目の上のたんこぶでしかないクラスの女子たちの暗躍もあったり、いろいろな出来事を通して、藤沢の悩みがステップアップしていました。

好きな人はいる。
でもその人の名前をみんなの前で言うことができない。
それまでも「男同士」というのはデートのときにネックになっていたりはしたものの、前回までは「第三者の視線」だったのが、今回初めて「周りの人たちにどう思われるか」という段階に来ました。
この問題はきっとなかなか解決はしないんだろうなあと思います。「なに食べ」のシロさんたちのような年齢になったって、シロさんは職業柄、職場ではカミングアウトする気はないわけだし、綾瀬の言う通りにおじいちゃんになって一緒にいられるとしても、大手を振るって「パートナーです!」と言える日は来るのか…。来てほしいけど…。
と、フィクションの人物たちの将来のことまで真剣に悩んでしまいました。

「そこで終わるんだ?」という物足りなさはありました。
そこはゴールじゃない!と勝手に思っていたけれど、たぶんそこがゴールだったんですね。
「キスも知らないくせに」で恋を知ってキスをして、「好きだからキスしたの?」でお互いに本当に好きだからキスをして、好きだからその先もという気持ちになって、「キスよりやさしく」えちいことをしましょう、という3段階だったんだなあ。

完結してしまいましたが、また気が向いたときに何年後かのふたりの姿を描いてほしいです。

2

ちょい物足りないけれど

あぁ!良かった良かった!
帯にも、初Hと書いてあるので、そうなるんだろうなぁと安心して読み始めたのですが、色々あるわけです。
ナゼ邪魔が入る?!とか、修学旅行の花火の場面では、女子達にバレる?!と、勝手にドキドキしたり。
ホテルに行けばいいのでは?と思うけど、そういう選択肢がないところが、何だか可愛いなぁって思っちゃいました。

結果は、めでたしめでたしです。
肝心のシーンは、案外さらっと描かれており、ちょいと物足りない感が私はありました。なので、神評価ではなく、萌萌にしました。
もう少しラブラブなのがあればなぁと、思っちゃいます。

あと、いとこクンをスピンオフとかで主役にして欲しいなぁ。性格悪いけど、最後とか可愛いかったので。

2

待ちにまったシリーズ完結編!

待ちにまったキスシリーズ完結編!

2巻でキスや触りっこまではいってましたが、いよいよ最後までを意識し始めてから、嬉し恥ずかしい初エッチまでを丁寧に丁寧に描き上げて下さってました。木下先生は、こういう初々しいモダモダドキドキの恋愛ものが本当にお上手ですね。

女性とは経験済みの綾瀬の方がリードするんだろうなとふんでたら、いざとなったら蒼ちゃんの方が男らしかった!そこら辺の女子より可愛い上に、足も速くて度胸もある蒼ちゃん!綾瀬がメロメロになるのは当然の流れですね。類に事後報告するところも可愛いかった~(←女子か!)

エチシーンはマイルドですが、それを補って余りある萌えシーンの連続でした!

0

モダモダしてるのが良い

この作品がシリーズものだと気づかず3冊目にあたるこの作品から読んでしまいました。
本当はキスもしらないくせにー>好きだからキスしたの?ー>キスよりやさしくの順で読めば、二人の出会いから、順を追ってストーリーが楽しめたと思うのですが読み終わってから前作2作品を読みました。
巻数がついてないとなかなかシリーズものと気づかないので、巻数つけてくれるとわかりやすいのですが、なかなかBLの作品はわかりにくいものが多いですね。

木下けい子先生の作品は登場人物がどれも魅力的で、このシリーズもかわいい藤沢くんに1つ年上の転校生綾瀬がお互い好きどうしだけど、1つ1つのステップをとてもゆっくり丁寧に描かれているので、絵柄もストーリーも全然違いますが、雰囲気が中村明日美子先生の同級生みたいだと思いました。

割と1巻で付き合ってから最後までする作品が多いので、こうして3巻にわたって出会いから、キス、触りっこ、Hまでそれぞれの心情に重きを置いて丁寧に描かれていているのが微笑ましくて、2人といっしょにドキドキしながら読みました。

高校生同士の初々しい感じが良いです。
友達の類はいい奴だし、ちょっとあて馬的に綾瀬のいとこの有貴も出てきて、いいところで邪魔に入ったりしますが、そこまで悪い子でもないみたいだし、そこまで嫌な感じの登場人物がいないのも良いのかなと思ったりします。

藤沢くんは何もかも綾瀬が初めてで、真っ赤になってる顔もかわいいし、綾瀬が藤沢くんのことかわいいって何度も言ってるの本当に好きなんだなと思えるし萌えが詰まってます。

3

ほっこりじんわり

うわあ…萌えた〜!キュンキュンきた〜!
語彙力乏しいですが、読後萌え転がりました(//∇//)

「キスも知らないくせに」「好きだからキスしたの?」の続編。
前2作でHには至ってない二人、今作は二人とも「やりたい」気持ちでいっぱいです。
綾瀬のおばさん家族が不在という絶好のチャンスも藤沢が怖気づいたり、二年生になりクラス離れたり…とうまくいきません。
このモダモダした感じが焦れったいのですが、二人とも可愛くて!!
藤沢が可愛いのは勿論、藤沢を大事にしている綾瀬も可愛すぎです(´∀`*)

二人の念願のHは一度だけ。
木下先生らしいアッサリしたHではあるのですが、そこに至るまでの過程がとても良いです。
自分本意じゃなくお互いを思いやる二人だから、卒業後もきっとうまくいくだろうなぁ。

3巻で綺麗に纏まっているんですが、二人の大学時代とかも読んでみたい…と思わずにはいられない、可愛いCPでした。

2

大団円

『キスも知らないくせに』『好きだからキスしたの?』に続く3巻目にして完結編。

ネタバレ含んでいます。ご注意を。





両想いになって、キスをするようになって。
その次は…?

エチなことには興味津々。
好きだから触りたいし、エッチもしたい。
お互いそう思っているのに、いざ事を致そうとすると邪魔が入ったり、そーちゃんがおじけづいちゃったり。

という、DKらしい、青く可愛らしい恋のお話でした。

「初めて」の行為にちょっと恐怖を感じるそーちゃん。
そんなそーちゃんの気持ちを汲み取って、ちょっとずつ距離を縮めようとする綾瀬くん。

二人の初エッチは無事遂行できるのか?

という、エチに至るまでの過程、のように見せかけて、その内面は、お互い、相手の嫌がることはしたくない、相手の今の気持ちは?と、常に相手の気持ちを慮っている。愛情あふれる二人の想いに満ち溢れている作品で、めちゃめちゃ萌えました…。

相変わらず二人をひっかきまわす有貴くんと、ナイスアシストをする類くんのサブキャラもいい味出してました。この二人、くっつかないかな…、と密かに願っているのですが☆

「男同士」という禁忌を抱え、時に悩み、時に不安になり。
それでも、お互いへの愛情は一点の曇りもなく。

まだ若い彼らに、これから逆境が襲い掛かることがあるかもしれない。
それでも、この二人ならそれを乗り越えていけるだろうな、と思える強さと愛情がある。

帯の文句はちょっとエロエロしいですし、初エッチに奮闘する若者のお話ではありますが、エロさはほぼなし。
さわやかで心温まる、やさしいお話でした。

シリーズの完結は寂しいですが、またどこかで彼らに会えることを願って。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ