狼に捧げたい -眷愛隷属-

ookami ni sasagetai

狼に捧げたい -眷愛隷属-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×224
  • 萌5
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

226

レビュー数
12
得点
191
評価数
49
平均
4 / 5
神率
30.6%
著者
夜光花 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
笠井あゆみ 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイノベルズ
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784799739693

あらすじ

討魔師という魔を祓う力を持つ一族の柚は、
神の使者である白鹿を身体に宿している。
そんな柚は子供の頃、助けてもらった本家の次期当主と目される、
強くてかっこいい耀司を崇拝していた。
かわいい容姿とは裏腹に、耀司の信奉者以外には容赦ない乱暴者の柚は、
タスマニアデビルのようだと噂されている。
ある日、2人で仕事をすることになるが、
愛する耀司に尽くすために柚は1人で暴走し、敵に大事なものを奪われ…!?
耀司の弟・有生と半人前討魔師・慶次の狸も食わない喧嘩話も収録!

表題作狼に捧げたい -眷愛隷属-

弐式耀司、白狼を眷属に持つ討魔師で本家の長男、25
伊勢谷柚、白鹿を眷属に持つ討魔師、21

同時収録作品痴話げんかは狸も食わない

弐式有生、討魔師、22
山科慶次、半人前の討魔師、19

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数12

耀司×柚子編の序章?

読んだ感想はそんな感じです。
二人の関係も未達成な気がしますし(精神的に)、
柚も、それから耀司さんも、
互いにまだまだ成長する伸び代があるので、
次作でもっと深く繋がり合う二人を見てみたい。

あとがきで夜光さんがおっしゃっていましたが、
このシリーズ、ラストは必ず閨で終わるということで、
耀司と柚もあんなことになってますが、
私的には、正直あれは無くてもよかったかなと。
なんだかとても唐突な感じがして、違和感。
百歩譲って柚がせめてひと夜だけでもと思うのは分からなくもない。
でも、耀司さん、ここでこの柚を受け止めていいんかい?と、
やはり欲望には負けちゃうんかい?と思ってしまいましたよ!

このシリーズ、有生×慶次もまだまだ続きそうなので、
耀司×柚ももうちょっと成長した二人が見てみたいかなと。
いっそのこと、
成長した柚に耀司さんがめろめろになる感じとか期待したいv
不完全燃焼気味ですが、次作に期待で「萌×1」。


余談ですが、笠井さんの鹿にやられました!
鹿に萌えたのは初めてです!vvv

0

長男様のオーラに萌えました!

夜光花先生、初読みです。
気になってはいたもののなかなかきっかけがつかめずだったのですが、今回『狼に捧げたい-眷愛隷属-』電子発売企画で既巻がお得に買えるということだったので、前作の『きつねに嫁入り-眷愛隷属-』を読了したあと長男のことが気になりすぎて本作も購入しました!
(なぜ1作目を買わなかったかというと、あらすじ読んでみて自分の好み的に2作目からがいいだろうという予感がしたので…。)
期待通り、長男素敵でした!さすが力の強い討魔師かつ長男。帝王というか王様のような雰囲気がある人でした。大好物です。
柚が耀司の寝込みを襲った時もきっちりキスには応えつつも、その後、もっともらしく柚を嗜めるシーンにとても萌えました。

『きつねに嫁入り』を読んだときから思っていたのですが、こちらに出てくる攻めの人達の力の強いこと強いこと(驚)! 耀司、有生の手にかかればどんなに厄介な相手もコロッとスルスルッと討伐してしまうのには、やばい2人強いかっこいい…!って思う反面、逆に相手はこんな弱くて大丈夫なの?妖魔界大丈夫なの?と、物語とはあまり関係ないことを思ってしまいました(笑)
圧倒的な強さを持つ攻めに対して、受けはわりと無鉄砲というかおバカというか…(慶次は半人前というのもありますが柚も慶次も無鉄砲がすぎるような…)、攻めが好みすぎるだけに受けが自分的にはあまり好みのタイプでなくて、その辺りはちょっと惜しい気持ちに。

今回『狼に捧げたい』の後半に入っていた有生&慶次のお話が結構好きでした!ケンカップルな2人の文字通り狸も食わない甘さ強めのやり合いが見れて楽しかったのと、本編のあとに続く話になるので、2人の恋路の行方や耀司の気持ち、柚の今後など、いろいろ未消化だった本編でのメインの人たち以外の事情を少しだけでも知ることができて嬉しかったです。
『きつねを嫁入り』を読んだ時よりも『を読んだあとの方が有生&慶次のカップルのことが好きになりました。

そして、前述した通り、本編はいろいろ未消化で終わってしまったのでぜひ耀司&柚の今後が読みたいです!先生楽しみにしてます!お願いします!

3

柚に感情移入できるかどうか…

前巻の有生と慶次のコンビが好きすぎて、番外編目当てに購入。
もちろん表題作も楽しみだったんですが、何せ電子化が遅すぎてやきもきさせられました!
次からはもっと早めにお願いしたいです。

まず表題作の耀司と柚カップル。
柚の耀司への依存がすごすぎてついていけない部分はあるものの、ひたむきでひたすら一途な姿が可愛かったり哀れだったり…。
柚の一方的な想いが独り歩きしてる感じで読者が置いてきぼり感は否めませんが、柚の極端な性格がお好きな方にはハマるんじゃないでしょうか。

耀司は前巻からちょこちょこ出ていましたが、完全無欠でクールなイメージ。今回もイメージは変わらずだったのがちょっと残念。
もっと人間らしい部分や魅力が感じられたら、柚にも感情移入できて物語にももっと入り込めたのではないかと思います。

今回一番ぐっときたのが柚が眷属の藤風に契約解除を言い渡されるシーン。
柚の絶望しながらも、耀司のことばかりで自分や藤風のことを全く考えてなかったと気付かされる場面は泣けました。
柚と耀司、二人の関係性が進展したようでまだまだこれからって感じなので、まだ柚に伸び代がある分今後の展開に期待したいです。

一方、有生慶次は相変わらずのケンカップルでにやにやが止まりません!
喧嘩の内容はともかく小学生のようなやり取りで幼稚な二人が萌える!有生が私的にツボキャラなのがでかいと思います。
初めて慶次に謝った時はちょっと感動して親のような気持ちに…。笑
仲直りエッチはとても萌えました。
まだまだ二人のやり取りが読みたいので続編ぜひお願いします!切実に!

3

2人とも『痛い』と思うんですが

なんだかんだ言って、このシリーズは面白いです。
是非、またこのお話の皆さんとお目にかかりたい。夜光さま、どうぞよろしくお願いいたします。

有生×慶次の2人がまるで小学生の様な「好きな子だから虐める」×「あんな嫌な奴、大っ嫌い」を繰り広げているのに対して、耀司×柚はかなり複雑に痛い感じです。

まず思うのは『信仰は恋ではない』ということ。
崇め奉られる方は疲れますよ。
柚は耀司に対する恋を発見しなければならないのでは?と思うのですね。
その糸口は掴んだ様に思えるのですけれども。

柚が痛いのは幼少の頃の被虐待経験から生まれているんでしょうけれども、私は耀司も「結構痛いやっちゃなぁ……」と思うのです。
柚の自立を願っていると口にしつつ、自分の思う様に自立して欲しがっている所なんか、正にそうですよね。
まぁ、狼は自分のつがいも大切にしますが、何と言っても『群れ第一主義』だからなぁ。守るものが多い人っていうのは、こういう風になっちゃうのかもしれません。

読んでいて楽しいのは圧倒的に有生×慶次(同時収録、最高でした)なのですけれど、この2人の今後もとても気になるのですよ。
柚だけではなく、耀司も一皮むけなければ進まないんじゃないかな?この2人。

登場した皆さまの中で、私が強烈に「お付き合いしたい」と思ったのは、柚の眷属、白鹿の藤風さまでございます。
静謐で潔い。
かっこエエ……。
続編があるのであれば(くどいですが、夜光さま、お願いいたします)藤風さまにも是非、再びご登場願いたいです。

4

あくが強い

続編かと思っていたので違ってがっかりした口です。でも楽しみました。
柚は不人気かな。確かに今回の話、あの子に良いところは無かった。要約すると暴走して反省しただけで終わってるっていう。
だからこそ、次回は挽回したところが見たいです。試験だって一度なら落ちても良いしね。ふつうの人たちとふつうの人間関係でも築いて目から鱗がおちれば素直なので変に男ぶり上がるかもしれない。
眷属どうなるんだろう。大穴龍かと思ったけど蛇?小鹿?
タスマニアデビルの今後に期待。
可哀想だけどたまにお兄さんがこっそり様子見に来てくれればいいよ

4

鹿よりタヌキが好きです

本シリーズの続編が出ると知った時はすごく嬉しかったのですが、まさかのスピンオフ・・・泣
正直、読み終わった後もやっぱり有生と慶次のストーリーをどっしり読みたいなぁという気分になりました。

今回は有生の兄・耀司と初出のキャラである柚のお話です。
前作「きつねに嫁入り」からストーリーに絡んでいる井伊家がまた登場してひと悶着あります。

何というか、耀司は一作目から登場しているし、笠井さんのイラストが本当にかっこいいので好きなキャラなのですが、受だけはまったく心に響きませんでした。
好きになれず、かといって別段不快感を覚えることもなく、お話はすいすい読めるのですがこの続きをもっと読みたいとは思えず・・・
夜光さん作品の受でここまで興味持てないのは初めてかもしれません。

やっぱり本編を読み終わってからのメインカプの方が圧倒的に楽しめました。
番外編ではありますが、それなりにページ数もあるので有生・慶次が好きな方は迷わず購入をオススメします。
喧嘩話なのですが、ラブ度が大分増してます。
唯一残念な点があるとしたら笠井さんの描く可愛い子狸が今回は挿絵に無かったところですね。

多少ガッカリ感があったのは否めませんが、やっぱりこのシリーズは面白いです。
次巻にも期待してます。

11

番外編

シリーズ初のスピンオフ。
自分も前作メインの有生×慶次のカップルが好きで今回は有生の兄と新キャラ柚のカップルメインでした。
元々、スピンオフが苦手で買うか迷いましたが番外編に二人が出るときいて…(嬉泣)

本編も少し読んでみましたが、自分はあまり受けが好みではなく、あまりすらっと入ってこなかったです。好みが分かれるのでしょうね…

ですが
番外編は大変美味しく頂きました。
慶次が本当にアホで可愛く、有生もツンツンしつつも慶次にメロメロなのダダ漏れというか…前作よりもかなりラブラブでした。
慶次の方から有生にキスしたり抱きついたりで有生が「くっ」っていう声を出すんでんですけど自分的にはココがすごく腰にきました。(彼の方が腰に来たであろう)

多分続編来るんですよね?(来ると思いたい)
このシリーズは止まらないで欲しいな…

8

受けが攻めの過激派(笑)です

このシリーズ大好きで作者様も大好きなので続編を楽しみにしておりました。
ただ、前作の有生×慶次カップル(?)がめちゃめちゃに好きすぎて今回のメインがあの2人でないと知ったときの絶望感が半端なかったです(笑)

しかし蓋を開けてみればこちらの長男カップルのお話もとても面白かった!作者様も仰ってますがこのシリーズはコメディ寄りとして読んでいます。
ハマる人にはハマるけどきっと苦手な人もいるだろうな...という感じ。受けのテンションが総じて高いので...

あらすじは他の皆様が詳しく書いてくださってるので割愛しますね。とにかく感想が書きたいのです。

今回の受、柚は顔は可愛いけど弐式家の長男である耀司以外への態度が本当にひどいです! 軍隊?教徒?笑 悲惨な幼少時代を救ってくれた耀司に盲目的な愛を捧げるようになるのはなんとなく分かりますがここまでいくと過激派です。絶対そんな事言わないとは思いますが耀司が人を殺せと言えば柚は実行してしまいそう。世界の中心がほんとに耀司で回ってます。
当の耀司はそんな柚に変わってもらいたかったんですよね。後ろを付いてくるのではなく、隣に立つ存在でいてもらいたい。
柚には人間的にぜひ今後成長してもらいたいと思います。ただ、この2人恋人としては成立してるのでその辺は心配なさそう。

問題は後半にちょこっと載ってる有生×慶次!
こちらはまだ一応恋人になってません!!ここまで来て!!笑
ただ、あの有生が慶次に謝ってるしかなり進展してきてます。そろそろ恋だと気づくかな?
今回1番大人だったのはタヌキくんだったと思います。すごく良い事言ってた...超可愛いしほんとに癒しキャラです。あと泣く慶次を見てたじろぐ有生の挿絵がとっても良かったです!
あとがきにもありましたが恋愛感情に気づいてショック死する有生とか面白すぎるのでぜひ続きを書いて頂きたい....本当にお願いしますこの2人かなり好きなので....笑

本当ほんと〜にまだ続いて欲しいシリーズなので感想レター送ったりアンケート出したりしようと思います!

あと余談ですがコミコミさんで予約してたら今回発売1週間前に届いてすごくびっくりしました!いいの?みたいな笑

あ〜ほんとにまだまだ読みたい!

8

受けちゃんを愛でる攻めさんに激しく共感

作家買い。

『眷愛隷属 -白狐と狢-』→『きつねに嫁入り -眷愛隷属-』に続くシリーズ三作目です。前2作は超一流の討魔師の有生×半人前の討魔師・慶次のお話だったのに対し、今作は有生のお兄ちゃんの耀司のお話。

スピンオフものなので前作未読でも理解できないことはないと思いますが、それでもやっぱり読まれてからのほうが楽しめると思います。





母子家庭で育ち、その母親から虐待を受けていた柚。
そんな環境から柚を救い出してくれたのは、弐式家の時期当主の耀司。以来、柚は十年にわたって耀司を崇拝し続けている。

耀司のためだけに、柚の毎日は過ぎていく。
そんなある日、柚に耀司とともに仕事をする機会が訪れる。耀司のために良かれと思って柚が起こした行動が大騒動を引き起こし…。

タイトル。
そして表紙。

そんなところからも読み取れますが、今作品は受ちゃんの愛情がめっちゃ強いです。夜光作品はどちらかというと攻めの執着心が強すぎる、といった関係が多い気がするので、新鮮な気持ちで読み始めました。

でも、執着しているのは柚だけに非ず。

耀司の、柚への愛情も満ちあふれている。
柚のことを大切に、そして愛しすぎたがゆえに、柚の耀司への想いも若干歪んでしまった。

もう、こういうCP、めっちゃツボなんですyo…。

この人じゃなきゃダメなんだ、っていう。
良い。すごく良い。

柚は自分自身の失態のために大切なものを失ってしまいますが、これから頑張って、彼自身の力で取り戻してほしいな。耀司のためではなく、自分自身のために。

ま、耀司さんの事ですから、影からサポートするのでしょう。

前作から耀司さんのスパダリ感はにじみ出ていましたが、彼はまさにザ・スパダリさんです。めっちゃカッコいいです。

終盤には有生×慶次のお話も。
相変わらずな二人に思わず爆笑。
この子たちはなぜ、自分の事には疎いんでしょうね。でも、少しずつ気持ちが近づいていっているので、彼らが自分の想いに気づいた時の反応がめちゃ楽しみです。

それと特筆すべきは笠井さんのイラスト。
笠井さんは肌色率の高い表紙を描かれることも多いですが、『眷愛隷属』シリーズの表紙はすんごく可愛い。

今作も、耀司さんの服が少しはだけちゃってはいますが、柚の一途さがにじみ出てて可愛いのなんのって。耀司さんの男の色香に中てられ、柚の可愛さにKOされ。何という神イラストか。

中の挿絵ももちろん素晴らしい。

次巻はまた有生×慶次メインのお話かな。
今から楽しみで仕方ないです。

9

耀司と柚に萌えるかどうか

狼に捧げたい
今回は長男耀司と柚のお話ですね。
柚は耀司の遠縁の子供で母子家庭で耀司の叔父がたまに母親に連絡を取っていたのですが、連絡が途絶えて様子を見に行く所から始まります。
当時耀司は15歳、柚は10歳。

柚の境遇に胸が痛み、それ故耀司に依存し崇拝するのもある意味仕方ないかも。でもそのままではいけないと、何度も耀司や眷属の白鹿からも言い聞かせられてたのに。

こちらを読む前に前巻を復習しといた方がいいかもしれません。少し前巻の事件も関わりますし久しぶりに読むので環境や家族構成など忘れている部分もありました。

このお話は主人公の柚を好きになれるかも大きいかもしれません。
耀司に依存し耀司の為だけに生きて崇拝している柚。恋愛の相手としてはもう少し対等でいてほしいですね。
スラスラ読み進められますが私は最後まで柚にそんなに思い入れを持てませんでした。

事件が起こり、さらに柚のスタンドプレーやら色々あって最後には柚は自立することに。
そして柚は大胆な計画を。眷属のいる耀司相手には難しかったですね。
ヤらせてもらいます!(笑)
濡れ場もしっかり書かれていますが耀司が柚に押されぎみで攻めなのに少しタジダジで残念。

でもいつか近いうちに耀司の隣に立てる日が来るでしょう。自分の人生を生きて欲しいです。
耀司に愛されてるようですし陰ながら見守られるのでしょう。

痴話げんかは狸も食わない
耀司の柚への想いも感じられるお話でした。
柚に協力を頼まれる慶次。困り果てますがあっさり片付きます。

そして有生と慶次。小狸がいいこと言いますね。それに今までよりもラブラブかも。
ピンクの道具は使ったら堕落させて討魔師の資格を剥奪されるかもと本気で怯える慶次。
有生への怒りに燃えるのですがちゃんと仲直りとエッチも。濃厚でした。
特に有生が!慶次が帰ると言ったらとても寂しそうで。

この二人はいつ自覚するのかな?続きはあるのでしょうか。また前巻前々巻を読み返したくなりました。有生と慶次の短編に萌えたのでこの評価で。

タスマニアデビル!調べないと!

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ