アミラさんのマイページ

レビューした作品

女性アミラさん

レビュー数1

ポイント数22

今年度499位

通算--位

  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

考えたら負け、視覚特化型

SM!年下高校生ご主人様、しかも長髪(お団子ハーフアップもある…大歓喜)。0時回った瞬間に電子で即購入しました。全体的に満遍なくエロいストロング系なのに体温低めというか、淡々としたテンポが作品の雰囲気をしっとり落ち着いたものにし、よい効果を生んでおります。好き。

むっちりとした身体は言わずもがな。加えてご主人様の凛々しい眉毛と口角が大変良いです。学ランが短くてダサいのもたまりません。ワンコ系攻めでもいけそうなビジュアルなのに、貫禄がすごいんだわ。好き。

と神要素連発なんですが、ストーリーはどうなんでしょう?ある種衝撃的なはじまりから、ハピエンにおさめるにあたり必要な流れだったんでしょうか。
親不在がちの堂島の家庭環境、もしかしたら性癖でも悩んでるのかも。そんなご主人様、いや彼の理解者になりたい!教師としても!→いや僕別にこれでいいし何も不満じゃないんですけど(淡々)→え、先生の勘違い思い込み一人相撲…!?
最後にこの流れ。うそ何これ。盛大にズッコケました。他にも叔父さんがクラブ経営してる理由など、よくわからない要素が多く???のまま読了しました…正直、お話要素加味すると萌〜中立です。

とはいうものの、ストーリー重視したい頭は一旦置いておいて、頭を空っぽにして、この作品が読める歓びをシンプルに享受しませんか?と皆さんをお誘いしたいです。年下高校生ご主人様、いいですよ…(先頭に戻る)

きみの春花 コミック

有馬嵐 

BL荒野に咲いた、白くて可憐な花

きみの春花。まさに、出会ってから花の咲くようなスピードで心を通わせる2人。大した事件やトラブルもなく、あからさまな当て馬や嫌な奴も出てこず、柔らかに時が流れていきます。ちょっと古くさい(感じに寄せていると思われる)絵柄も、空気感にマッチしていて◎。マドンナというワードのレトロ感も◎。

1話1エロ絶対!引きが強くないと読者がつかない!みたいな作品(それはそれで好き)が席巻する中で、BL荒野に咲く一輪の花みたいな作品。書き切られた先生と担当さんに賛辞をお送りしたいですし、そういう風潮だからこそこういった作品が評価されて欲しいと願います。受け攻めとかじゃない、むしろその気持ちが恋なのか何なのかわからないまま終わったとしてもよかった。「BLは(今は大人になってしまった、かつての)少女のための少女漫画」と改めて思える作品でした。

黒髪執着攻め!

電子でずっと気になっていた本作、紙版が出たと知って購入致しました。帯には「ドSサイコパス攻×生意気お坊ちゃまの執着愛BL」。うーむ、良い。
お話は、陰キャと見下して近づいた相手が実は・・・というパターン。攻の広田さんが竜輝くんに執着するキッカケ?がしっくりこず、受の竜輝くんの心境の変化もよく分からず。でもお金持ちで自信満々で素直にまっすぐ育った竜輝くんだから、まっすぐ広田さんに向き合って受け止めたってことなのかな。広田さんの闇深そうだったけど蓋を開けてみたら感情表現が下手なかわいいお兄さんでした、ということでいいのかな?あと別にドSではなかった。最終的には丸く収まっているのでOK。
画は非常に好きです、攻めの広田さん、黒髪くせ毛つり目で狐というか猫っぽいというか。オドオドもオラオラもメソメソも、どのモードでも全部大変可愛いです。あと、2人ともお身体が非常に良いです!最終話のシーン最高でした。最高だったからこそ、その他では着衣が多めなのが残念・・・最近よく見かける雄っぱい系とは全く違って、自然に肉感的というか、ずっしりさを感じます。先生の描く身体、もっと見たいです。画は神、お話は萌、間をとって萌2です。

ノンストップ、エロ萌え笑い全力疾走

藤峰式先生の作品は、明るくテンポ良くワードのチョイスが秀逸なので大好きです。今作もスピード感がすごい・・・
基本構造は、「出会いは最悪だんだん惹かれ、当て馬トラブルすれ違い、最後は復活大団円の超超王道ラブストーリー」です。このあんまり考えなくても付いていけるド定番の骨組みがあるからこそ、盛り付け過剰のエロ萌え笑いギャグきゅんトッピング全部のせがなんとか収まって、ボリュームのある作品になっていると感じました。これでお話も複雑だったりするとエンターテイメントとしてしんどくなるので、器が溢れる寸前の絶妙なバランスだと思います。
個人的な最萌ポイントは、後半にかけてミナトが春人の手やおでこへ優しくキスする、という描写が増えてるとこですね・・・ぶっ飛んでて、え・・・?この人大丈夫?な側面が際立つミナトもちゃんと人間で、段々と愛情が深まっていっているんだ。というのが伝わってほっこりしました。温泉のシーンも人間らしさが垣間見えてよかったです。

【補足】うにとトロっていう猫チャン達が出てくるんですがこれは反則です。猫かわいい。ちょいちょい2匹でうりうりしている様子が見られるのですが最高に可愛いです。息抜きに猫チャンシーンだけ追っかけて読んでいます。

艶っぽい筋肉お兄さん好きは急いで集合!

黒地に「こう見えて、極上の受け」の文字が踊る帯と、表紙画のしなやかで筋肉質な曲線が目を引きます。でも、こう見えてっていうかどう見ても受けだよなぁ…などと野暮なことを思いつつ、これは手元に置きたいぞ!と早速紙で購入してきました。

皆さまのレビューの通り、素晴らしい画のクオリティで眼福タイムが続きます。薫さんのリップには大体ツヤが書き込まれていて、湿度感が◎。上半身がモリッとした筋肉、各種ステージ衣装もエッチで素敵で最高。しかしながら?画の良さと薫さんのエロさが圧倒的な分、真志くんとストーリーのプアさが際立ち、真剣に読まないと全然話が入ってこない。コミックとしての引っ掛かりという点では残念でした。

ところでタイトルが、「ストリッパーの淫らな悪戯」なんですが、淫らな悪戯は最初の引き込んじゃうチップキスのところだったのかな?居酒屋?もっと、どどどいイタズラを想像して期待していたので、前のめったまま読了してしまい肩透かしでした。期待してた自分が恥ずかしかったです。艶っぽい筋肉お兄さんが好きな方は是非紙でお手元に。買ってよかったです!電子では第二章に進んでいるとのことで、続編をとっても楽しみにしています。

凄い作品でした、キスしたくなる。

表紙の印象で何となーく手が出ずにいましたが、機会があり読んでみたところまんまとドハマりしました。こちらの作品は勝手に受けの風太が人気かなー?と思っていますが、私は攻めの芹にやられました。まっすぐなクセに掴み所がなくて、そのくせ気づけば目の前にいたり。絶妙な距離の取り方に、風太と一緒にキュンモダしてしまいます。主人公の2人が可愛いくてかっこいい、本当に魅力的。

秀逸だなと思った場面は5話目、2人でソファに座ってゲーム中の一コマ。風太の心の声「しかしこのまだ何も始まってねーのに何か始まってる感」それな・・・と一人吐血しました。芹も風太もゲームの画面を見ながら見てない、お互いを見てないけどめちゃくちゃに見てる、何かがもう始まったソファの上、2人のムード。手に取るように感じられて感激でした。

人を選ぶ作品

タイトルの通りです。皆さまのレビューはとても参考になるので、ご覧になってからご購入される事を強くお勧めします。

こちらは作家買いですが、ストーリーが全くダメでした。他の方もコメントされている女性登場の場面がどうのということではなく、攻めの斉藤さんの心情の変化に全く共感できずにしんどかったです。斎藤さん自分勝手理論で逆恨みとしか思えず。頭固いマンなので、納得出来ずに終わりました。

絵は神神、ストーリーは趣味じゃない、お楽しみシーンは萌萌で、総括すると中立寄りの萌といったところでしょうか。

PICK UP 電子 コミック

相葉キョウコ 

サクっと気軽に読む作品

作家買い。横暴お姫様攻めの拓真君に目をつけられた、大型犬(ラブラドール)加藤さんが、じわじわ追い詰められて精神的肉体的に完全に絡め取られ、陥落。実のところ拓真くんの加藤さんへの執着も相当なもので、結果としては行ってらっしゃい、2人とも元気でね!というストーリーです。
考えさせられる…みたいな要素はバッサリなくて、ただ意地悪な拓真くんとぬったり堕ちていく不憫な加藤さんの心の葛藤が美味です。
3話目で、お!!!加藤さんのターンクル!!?見たい!頑張れ!と期待したが、ダメでした(リバならず)。

同時発刊のコミックも購入しましたが、こちらの方がオススメです。先生のこってりめの絵が内容とマッチしており湿度高め、しかしながらサラーっと読める内容なので、サク読みにぴったりかと思います。

オタクあるあるが笑える、今の空気にマッチした作品

こちらは電子書店限定配信なんですね。なぜ評価少ないんだろう?分かりやすいタイトルですが、ちょっと圧が強いのかな・・・。

2次BLは、存在→見出し→妄想→薄い本等具現化、と進捗していきますが (?)、こちらのお話は完成形(強くて濃い世界観が既に存在)→ご本人バレ→戸惑い→実践→???と、ゴール(?)から現実に落とし込みそしてなぜか実践していくという逆ルートを辿るお話です。最近よく見る「BLあるある」の潮流も感じる、チャレンジングで面白いアイデアだと思いました。

2人のキャラがとってもわかりやすく (やや極端)設定されているので左右固定感が強く、あーハイハイという感じも否めませんが、そのありがち感もまた面白い。特に、先輩の塁くんがバカチョロくて流されやすくて純粋で可愛く、コメディ感を加速させます。同業モブキャラのユンくんがK-POPアイドルのワンコ系マンネだったりと、今の時代の空気にあわせてる設定も、なるほどねーといった感じです。
エロは良いです。響も言葉攻めさんの気があるし、塁は塁で実況系。響の家での一コマ「忘れちゃったから、それ、やって?」の塁の下りは思わず膝を打ってしまいました。

アイドルの時間は有限。そんな限られた濃い時間の中で、一蓮托生な2人の関係は、気持ちは、そして仕事はどう変化していくのか?展開によってはこちらの作品、大化けする可能性あると思います (でもタイトルがなー)。続きが楽しみです。紙の本が出れば購入するのにな。

正統派の大盛り+α

たどるゆびからのシリーズものですが、断然こちらの方が好きです。涼くんの泣きぼくろ最高。

芸能界!超人気俳優と売れっ子制作会社経営者!両者どスケベイケメン!出会いは最悪身体は最高!だんだん惹かれてすれ違い、別れて復活大団円!と王道てんこ盛りで、BL血糖値が低い時にガツンと摂取したい一品です。毎話のエロもがっつりで (最高)、一見定番大味な印象ですが、ツボに刺さる細かいディティールの萌えが随所に仕込まれており、ここはさすがぼすこ先生。読み返すたびにキャラクターへの愛情が増し、味わいが増すお話です。
それだけでもう十分なのですが、フィールドは違えどどこからどうみても成功者な2人の (特に涼くんの)仕事における苦悩や葛藤も描かれていて、お仕事モノとしても満足できます。あと、理玖は涼くんの見せる下がり眉の表情が大好きなんだなぁってちょっと気持ち悪いです (絶賛)。