Takkさんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2019

女性Takkさん

レビュー数0

ポイント数7

今年度82位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

事件の内容(黒魔術系)も恋愛もキツかった

2巻の2人は幻だったの?
ってくらいアドリアンとジェイクのシーンが少ない!
2巻で仲深まったからこっちとしては期待するじゃんか、この2人なりの甘いやつ。
まあ最初だけほんの束の間あったけど(アドリアンがジェイク大好きなんだなって感じで微笑ましくて今思うと切ない泣)。

ジェイクが任務中入院レベルの負傷してもお見舞いにさえ行けないアドリアン。心配すぎて内緒で行ったものの、ジェイクの傍には女性の姿が。家族もいてただただ傷付くしかないシチュエーションで読んでてつらいシーンでした。
これもほんとはジェイクがアドリアンの心臓を気遣っての事だったんだけど(でも多分来て欲しくはなかったよね)、人を介したから正しく伝わらなかった。でもすれ違う時ってこういうのが続くんだよね、、

あーなんかこの流れ、嫌な予感がする

と思ってたらジェイクからの
「彼女が妊娠した」「結婚する前にお前には言っておかないと」発言
うわー来たよ
ジェイクテメーコノヤロー

ジェイクがずるいのは、この時にズバッと別れ話をしない所ね!
自分も離れがたいからって死の宣告されてカウントダウン始まったアドリアンの苦しさ全然考えてない。
本人的には心の準備期間与えたとでも思ってるんだろうか?
世の中はクリスマス前で浮かれてる時ですよ、、アドリアンと一緒に傷ついた、あんまり酷くて。

結局その後正式に別れを突きつけて来るんだけど、そのタイミングも俺が決める!とばかりにクソ俺様でなんなのコイツ???って。
というのもこの別れ話前にアドリアンが事件に深く関わっちゃうんですね。そんときのジェイクが自己保身の為につじつま合わせようと必死でなんか「小物(笑)」って感じなの。らしくないんです。
あれは100年の恋も冷めてもいい案件だった。
でも間違ってもアドリアンから捨てられるってのはプライドが許さなかったんでしょうね。先手打ったようにしか見えない。くそー

個人的にジェイク憎し!そんな3巻でした。

ただアドリアンにもガイ・スノーデンという新しいロマンス相手が。
さあこれからどうなるのでしょうか。

…評価迷いました。作品全巻通してだと迷いなく「神!」って言えるけどこの巻は恋愛だけでなく事件まで乗り切れなかった。ユーモア不足。すみません。

煙草を吸うアレックス、眼鏡のアレックス、たまらん

超楽しみにしてましたー
読みたいと思ってた作品が理想通り面白かった時の幸福感!!ありがとうございます!!

ニャンニャさんの描くアメリカーンな雰囲気が、会話が、男の子が、とにかく好きでして。
とくに私この作品に関しては正直倫理観とかあんま関係なくて、とにかく楽しませていただきたい!!という気持ちで読んでます。笑

結論、最高に楽しめました!

大っ好きなアレックスはもちろんコールの浮気相手ブラッドもはちゃめちゃに男前だし、今回はこの2人の見た目だけで既に8割方満足してました。コールの浮気ですら普段は私割と潔癖なはずなのにこんなイケメン2人と…羨ましい!とさえ思う始末。笑

コールが浮気した後アレックスとだと自分がツライ、別れよう!とまで思ってたのにアレックスの新たな一面を見てあっさり「ブラッド?なにそれ?」みたくなるの笑っちゃった。
キスした事は言うけどフェラされた事は言わないのもちゃっかりしてるし。
コールめ笑。
みんな大きな声で言わないだけで、こういうズルい所誰しもあるある!人間だもの。
で、そのズルさを憎めない感じで描けるニャンニャさんの作風やっぱり好き。
(コールの浮気に関してはお相手にもちょっと事情があるし)

アレックスがブラッドに詰め寄るシーンも良かった。
アレックス、一巻から薄々感じてたけどコールにどっぷり嵌ってますよね。
ブラッドには相手を見下してるとか言われてたけど、私は普通の嫉妬だと思ったなー。
コールの首絞めたりアレックスもちょっとヤバい奴みたいになってるけど、この人は誠実だしいい男ですよ。
ちゃんと常識人だし。
ゲイバーで誘われた時の断り文句が、「あなたが殺されちゃうから」って…コールを良くわかってますよね。笑
多分この先もアレックスはコールに振り回されながらもそれを楽しんで、手綱もギリギリだけど握って上手くやっていくんじゃないかな。
考え方の違う2人でも、お互い好きなら理解しようと頑張って関係性を築いていけるよ、ってメッセージも良かったです。

メガネ姿のアレックスを見たコールの擬音「ドーーーン バリバリバリ」個人的にツボりました笑。カミナリ落ちたのかな?こういう所もオリジナルで好きー

ジェイクはずるいけど魅力的な男

1巻ではメイン2人のロマンスは皆無。最後にようやく2人の関係が進展するのかな?って終わりでした。

ジェイクが2人の関係を「楽にはいかないぞ 」と言ったようにあれから2ヶ月たってもキスすらしていないんですって!それもこれも“クローゼットゲイ”ジェイクがアドリアンに「お前は女じゃない」とか言って煮え切らない為。
そんなさなかジェイクとの電話口から聞こえてきた女性の声。それが引き金になりアドリアンが距離的にもジェイクから逃避する所から2巻は始まりました。

(事件内容はまるっと省きます…
ただ前回同様アドリアンにはハラハラします。某ドラク◯なら絶対に「いのちだいじに」で行くところ「ガンガンいこうぜ」モードです。アドリアンお願いだから、、って何度思った事か。心臓こっちが止まりそう、、これだけはジェイクに同情。)

2人のロマンス、結論から言うとジェイクはアドリアンを追っかけてきて無事セックスもする関係になります。

でもねー「ジェイクテメーこのヤロー
」なんすよ…
アドリアンの事を出会った中で一番きれいな男だ、とか言っといて自分は子供好きだ、とか結婚の予定もある、とかちょいちょい牽制してくるし。
キスはするけどいざとなると我に返って途中でやめるし。
…もう、こんな男私がアドリアンの友達だったら絶対止めますよ。そいつはやめたほうがいいんじゃない?未来無いよ?って。

でもこの作品常にアドリアン視点なんです。
アドリアンから見たジェイクという存在は悔しいけどやはり…

朝から卵4個も食べるし
いびきは消火器かノコギリで壁を削ってる音かって程だし
雨に濡れて日焼けした肌は超セクシーだし…
アドリアンの事めっちゃ優しく大事に抱くし
(「お前をファックしたい」は萌えた)

多分ファッキン魅力的な雄なんだろうなって。笑

アドリアンは何だかんだ言いつつジェイクにめちゃくちゃ惚れていて、ジェイクが負傷したのをきっかけに「自分の命より大事」とまで感じる程の存在になっています。
もうここまで来ると仲の良い友達(私)も何も言えません、いずれ女性の元に行ってしまうのも覚悟の上の恋なのでしょう。頑張れアドリアン!と見守りたいと思います。
(とはいえ一度全巻読んだ身としては今後の展開胸が痛いのですが…)

いやーでも数年ぶりに読み返したらやはりめちゃくちゃ面白いですこの作品。アドリアンのキャラ本当に好き。ユーモアセンスマジ最高です。

世界観に身を委ねる

読み終わって即他の方のレビューを確認しました。
良かった、私だけじゃない。

うん、難しいです。
でもなんだかスゴイ、面白い作品を読んでいるのだな、という感覚だけは終始あってなんかずっと緊張してました。

作者さんのSNSを拝見するに、新しい作品を読めるのももう限りがあるのだなと一応心の準備はしているのですが…
ここへ来てこういう作品を出してくるとは…
今まで分かりやすく描いてくれてたんだろうなって。

なんだか凄く難解な作品のように書いてしまいましたが、、
西田ヒガシさんの男同士の会話は堪らないものがあるし、
時系列で分かりにくいけどその後を想像できるハピエンと思います。

兎の森 1 コミック

苑生 

頑張れ志井くん!

幼馴染で一つ年上の環を好きな志井くん、この子がいい。
この作品が良かったのは安易にエロい展開にならなかった事。
ひとつずつちゃんとリアル。
一話ごとに小中高と成長過程を描いているので、そりゃあ好きな人(環)で色々想像したりどうしようもなくモンモンとする時期はくるんだけど(ばっかりだけど笑)、ちゃんと自制してます。

環に彼女が出来た時も、気持ちをぶつけて無理矢理しちゃうのかも、、とか正直想像しました。でも志井がしたのは2人を見たくないから距離を置き自衛する事。うん、やはり行動がちゃんとリアル。

お話が動くのは高校生になって、環が彼女と別れた理由を聞いてから。
好きな相手が「女の子苦手で…」なんて言ってきたらそりゃ動くか、動くよな。
でも気心の知れた幼馴染との恋愛は中々難しいものがありそう。しかも環には幼い頃の家庭環境から性的な事を嫌悪する傾向があるようで。(でもこれ最初もっと酷いこと想像してたからホッとした)

最後キスした後の環の表情はどう読み取ればいいんだろう。まだなんの感情も湧いてない感じかな。トラウマけっこう重たそうで少し不安…。
2巻以降も急ぐ必要は無いです。ゆっくり少しずつ進んでいってほしいな。

描き下ろしの志井くんかわいかったです笑笑。
環のユニフォーム姿の股の部分をスマホで拡大して…
きちんとズボン脱いでする計画的オナ◯ー好きです笑

エロは無いけどキュンキュンします

電子にて。
全140ページ中漫画部分は110ページほどで、あとはイラストと楽園くん(仮)が生まれるきっかけの前書きなど。

イラストはビビッドな原色の色味だけど水彩タッチでとても柔らかい印象です。楽園くん(仮)の色んなショットが大変可愛い。

漫画の方は佐条くん(同級生)のちょっと幼いバージョンみたいな楽園くん(仮)と友達の会話形式。
ただ友達の顔は見えなくて台詞もふきだしではなく四角枠のモノローグみたいになってます。
…説明が下手ですが汗、楽園くん(仮)の一人芝居にナレーションで相槌が入ってるみたいな?感じかな。

なんて事ない二人の会話の中に度々覗くお互いへの好意がたまりません!
たまに楽園くん(仮)の意味深き流し目もいただけたりしますが、さすが作者さんの描く佐条くんタイプの男の子は本気出すとスゲーなっていう…小悪魔感…

ラスト、柔らかそうなくちびるがチュッとくっつくのですが、、、
キュンッとして萌え転がりました。
可愛いーーー!!

非BLですって!?
いいえ、これはBLです!笑

とても好き

面白かった!

林くんシリーズは中高一貫男子校。
抱腹絶倒大爆笑って感じではないけど、そう来るかその発想は無かったな、みたいなシュール寄りの笑い。かといって全然小難しい事もなく楽しめる。
主役だったり脇役でも重要な役どころを担う林くん。この子がいい。変人。
中々個では居られない学生時代に、この独自のポジションを確立してるのはかなり強い意志を持った子と見た!
君はどういう大人になるのかな?私は興味津々です。


目高くん、二階堂くんシリーズは共学校。
眼鏡を取って普通にしてたらジャニーズjrな二階堂くん。中学時代その顔面の良さから女子の間で人気だったけど、今はその面影は全く無い。むしろ学校中からその不気味な風貌が噂されてるほど。
二階堂くんが不気味なふりをしている理由は中学時代のトラウマ(エグい)から。
最初は皆同様恐れていた目高だけど、中学時代の話と当時の写真を見てどうにか笑わせたい、と思うようになる。

素敵な話だったー。あっもちろん笑いがベースに有りますが。
浮きまくってる二階堂くんを自然に皆の和に入れたり(周りは一切受け入れて無いけど汗)、歩みのペースを合わせる目高くんいい男じゃないですか!!二階堂くんがちょっとずつ普通に戻ってる。もう少しだ、頑張れ!


作品の中で男子が男子を「かわいい」と思うシーンが度々出てきます。なのでBLとして想像して読む事も出来ると思う。
個人的には友情の方がしっくりくるかな(^^)

恩田星人 コミック

雪路凹子 

カワウソとかキリンとか動物も沢山

雪路凹子さんは絵が綺麗で作風も独自路線を貫いていて好きです。

冒頭の「助けていただいた蝉です。僕の子供を産んで下さい」だけでも凄いのに、助けた恩人が宇宙人なんです。
更に下宿の大家さんはものすごく美しい口の悪いオネエで子持ち。その子供がめちゃくちゃ可愛いくて特殊環境への適応力高いの。
もうこれが出落ちでここが笑いのピークでもいいから続きが読みたい、と思ってポチりました。笑

割合的には9割9分振り切ったギャグで残りの1分がストーリーかなってくらい。でもそのストーリーが切なくて結構いいんです。
儚い蝉の命と愉快な仲間達とのひと夏の想い出…的な。
自分が夏を描いた作品が好きな事もあるけど、一瞬宇宙人と蝉の恋というトンデモ設定を忘れそうになるくらい…とまでは言いませんが笑
じんわりといいんですよ〜

6年後に明かされるオチがまた良かった〜。今度はあの子と恋をするのかな?

今回も笑えてとても面白かったです。
あっ作者さんラー◯ンズ好きですか?

試し読みで感覚が合えば最後まで楽しいと思う

いやー隅から隅まで面白かった。最後の最後までよく出来てて大満足!

最初から2人の会話の面白さに引きまれたんだけど、他愛もないボケツッコミ(ツッコミがめっちゃクールでオモロイ、沢山ツボった笑)から段々核心に触れてくるの上手いなー。

クールでSっぽい塩見のキャラが良い。好きな相手を冷静に観察して時にはめっちゃ辛辣に分析してるの面白過ぎる!素直で単純な先輩をうま〜く自分の思い通りに動かした時のしたり顔もエッチで最高。愛情があるから無理強いはしないけど、ここぞで躊躇わないのも手練れ感あって良い。

一方の先輩もほんっとかわいい!先輩を好きなはずの塩見から見た先輩像を見てもほんと平凡でそれこそズコーッなるシーンいっぱいだけど笑、一生懸命で容量悪くてかわいいよ笑笑。

最初2人の会話劇があまりにも楽しいものだから、同好会に人数増えるってなった時「えー要らない、この2人を見てたい」って一瞬思ったんです。でも3人の会員がまたそれぞれ良くてストーリーが広がりました。3人とも大好き!

本編だけでも充分楽しかったのですが、あの塩見がどういうきっかけで先輩を好きになったのかなぁ、と思ってたので塩見視点の話が最後にあってもう大満足。個人的に完璧な構成でした。

EDGE COMIXなのに珍しく電子でも「会員観察記録」のカバー下が付いていまして♪
私の個人的な嗜好ですが、ノンケ童貞の処女を奪った場合、攻めには受けの童貞を貰って欲しいのです…つまりリバですね。
タチ専の塩見が初体験は受けだったとの記録を拝見し可能性めちゃくちゃあるじゃんっ!!て。
塩見くん、もし今後先輩が望んだら受け入れてやってね。笑

そーいった意味でも最後まで感覚の合う作品でした。大大満足♡

意外とシリアスで謎めいてる

作者さんのマウリが大好きだし、電子の立ち読みで子狼のテオがとっても可愛かったので思わずポチっと。

読み進めていくと最初の印象より大分シリアスだし残酷で、お話のテンポも早くてちょっと乗り切れなかったかな…。

主人公の人狼ジェオは、みなしごの子狼テオを拾って溺愛している心優しい青年。
…なんだけどテオを傷付けた?人間(ニール、ロッドの友人)を凶器を持っていたとはいえ問答無用で崖から投げ捨てたり、男娼と間違われて血まみれのボッコボコにしたりと加減を知らない所もあるみたい。
お話の冒頭では故意では無いにしろテオに危害を加えた人間(ロッド)の言い分をちゃんと聞く耳も持っていたのになぁ。余程ニールは酷いことしたのかな。

ジェオのキャラクターや細かい感情の部分にも色々違和感が残りましたが2巻以降ピタッとはまるのかなー。一応読んでみようと思います。

テオのゼェゼェ苦しそうなのは早く治ってほしい。テオかわいい。