sbtioriさんのマイページ

レビューした作品

女性sbtioriさん

レビュー数6

ポイント数50

今年度87位

通算--位

  • 神6
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

心温まる作品

前作から大好きなシリーズ。左岸左岸さんが描く繊細な背景や人物はいつ誰が見ても惹かれ、素敵な世界観を作ってくれます。表紙をみただけで、これは絶対面白いと思いました。付き合いはじめた野末さんと外川さん。前回に引き続き、どんな甘々な展開になるかと思っていましたが、良い意味で2人の心情を丁寧に描いて下さり、現実味がある会話や悩みについて少し辛い所もあったけれど、これはこれで良い展開だなと思いました。また、最後はハッピーエンドということで温かくスッキリした気持ちで読み終わることができました。人生のハッピーエンドとはなにか、考えされられる作品でした。

癒される上京編

初回限定小冊子+電子書籍限定書き下ろし付きで購入しました。
中3〜高校は「いつか恋になるまで」
大学・専門大は「明けても暮れても」
社会人は「家族になろうよ」
を描いていて、今回の作品「いつか恋になるまで」の続編、千秋と和馬の上京編でした。とっても楽しみにしていた作品で、想像していたよりずっと、2人のいちゃラブがみられて幸せでした。倉橋トモ先生の綺麗な線のタッチと、ほんわかした世界観で癒し度MAX。色々、満たされました。こんな幸せいっぱいな作品を生み出してくれて本当に感謝しきれないです。

遥か遠き家 コミック

八田てき 

2人の愛の形

とても悲しい終わり方でしたが、綺麗な絵と風景が美しく、しばらく余韻に浸りました。偶然に買った作品でしたが、この作品と出会えて良かったです。

舞台は90年代アメリカ。過保護すぎる親を持ち息苦しさを感じていたアランと旅人のヘイデンと出会ったことがきかっけでお互い引かれ合います。しかし、ヘイデンは1ヶ所にとどまれない放浪癖がありアランも一緒に街を出ていくことに、、、

途中までは、なんだかんだ2人は幸せになるのかなと思い読んでいましたが、展開がどんどん悪い方向に進んでいき、最後までハラハラしっぱなしでした。

そして、ラストのあのシーン。いい意味で期待を裏切られ、驚きとショックで号泣してしまい、複雑な気持ちでした。まるで海外映画まるまる見ている気分です。

とてつもなく美しい絵だけでなく、世界観に入り込んでしまうような衝撃的なストーリー展開なので、シリアスなお話が大丈夫な方には是非読んでいただきたいです。

綺麗で切ない絵

西本ろう先生、やっぱり画力が素晴らしく高いなと終始圧倒されました。パパラッチもののBL作品は初めて読むのでとても面白かったです。(人気俳優)本田龍×(芸能記者)比嘉真夏斗のカップリングです。画力のせいか、攻めも受けもえっちくて本当に幸せでした。後半の「本田龍なんて男はこの世から存在しない」からの英語で本音と台詞を一緒にしているシーン映画の一部を見ているようでとても良いなと思いました。タイトル回収もいただけて、1冊綺麗に収まっています。

最っ高にエロくてエモい

上下巻完読です。新しいオメガバース作品で新鮮に読ませていただきました。そして久しぶりの良作に出会えたなと思いました。この作品は、全オメガバースの原点、誕生を描いた作品です。相手を求め続けてしまったり独占欲を覚えたり、お互い初めての感覚に、戸惑い、これは動物としての本能か、それとも愛情なのかと葛藤してお互いにに向き合っていく姿が、丁寧に描かれていてどんどん世界観に引き込まれてしまいました。他にも、体育倉庫の暗い場所で描かれる2人の掛け合いや長いモノローグや台詞、全てのシーンが魅力的でした。「世界でたった1人の俺の異性」という表現も印象的で新たな性としてこんな例え方もありだなああと思い、エモさを感じました。

新たな性癖開花

評価が高かったので気になって購入しました。初読みの作家さんでしたが、絵が綺麗だったり好みだったり、ストーリー展開も違和感なく、全体的にとても楽しませていただきました。メインカップルは、長治こと蝶子(オカマタレント)×江本(俳優)です。オネエ・女装要素に少し抵抗があったのですが、実際、蝶子のスーパーイケメンモードに入るとバリバリの雄になったり、ギャップ萌えだったりで読む前の心配も吹っ飛びました。メイクオフ蝶子はびっくりするほど美形で惚れてしまいそうです。ギャップが欲しい、攻めの愛のある作品が読みたい、業界ものが好き、エッチな作品が読みたいという方にぜひ読んでいただきたい作品です。他にも同時収録作品として「恋愛不行き届き」が描かれています。こちらの作品は桐島(繊維問屋)×若宮(ブランド経営)でメインカップルと関わりのあるのカップルです。若宮が健気だったりとにかくあまあまだったりと癒されました。

夜画帳 1 コミック

Byeonduck 

絵もめちゃくちゃ綺麗

レジンコミックスで購入していましたが、単行本で発売されると知り会わざるを得ないと思いました。全てフルカラーで、1コマ1コマとても綺麗な絵であり、感動しつつ目が離せない作品でした。元・春画師のナミンは男色家として有名スンホに「私のための春画を描け」と誘拐される所から物語が始まります。新しすぎる設定と展開で久しぶりに惹かれる作品だなと思えました。そして、なんと言っても作品のキャラクターたちが魅力的です。登場時スンホの下衆っぽい表情がたまらなく良かったです。ナミンも寡黙で健気な見た目から春画師を描いていたというギャップに萌えました。先の展開はレジンコミックスで読んでしまいましたが、再び単行本化したら紙でも集めたいと思います。

すりこみ機能

読み終わるまであっという間で、終わったあともしばらく余韻に浸れるお話でした。全体的に綺麗にまとまっていていうことなしの満足すぎる作品です。そしてなんといっても、圧倒的画力です。座裏屋蘭丸先生の作品は全て購入していますが、見る度に惹かれる絵柄だなと圧巻させられます。そして、人物だけでなく、周りの景色や小物まで丁寧に細かく描かれていて、お話の中に入り込んだ感覚で読むことができました。
この物語は、男性専用愛玩タイプのヒューマノイド・アラタと元ヒューマノイド保護局主任・マキのお話です。ヒューマノイドのアラタには最初にみた人間を好きになり依存する「すりこみ機能」が付いていました。マキはその影響と過去のトラウマ?思い入れ?(好きな人にアラタが似ている&好きな人に騙された&好きな人が亡くなった)から、嬲るように抱いていました。しかし、一生懸命なアラタなどを見て、ちゃんとアラタをアラタとして好きになろうとします。その過程がなんとも愛おしく苦しく良かったです。そして、タイトル回収もしっかりとあり意味がわかった時は、ここでそうきたか!と感動と切なさで心いっぱいになりました。描き下ろしには2人の愛を感じられるえっちシーンもあり、最高でした。マキの男らしさとアラタの健気な見た目からのギャップで色気ばつぐんです。
今回は電子書籍で購入したのですが、紙でも購入し、修正なしのも見てみたいなと思いました。

sick コミック

倉橋トモ 

ほんわかしました。

良き終わったあとほんわかするようなお話です。お金持ちで顔も良い順風満帆な人生を送っている須藤(表紙左)と人と関わることが苦手でマイペースな岸(表紙右)は同じゼミ同士の共通点があり、須藤が岸に嫌がらせをすることが楽しいに日課となっていました。しかし、岸のことを少しずつ意識し始め、2人の距離が近づいていきます。この平和であまあまな感じがなんとも嬉しかったです。須藤が岸のことを自分のだと主張したり、岸の照れる顔が最高に可愛い所などきゅんきゅんする場面をいっぱい見られて幸せな時間でした。

刺激的で良かった

アニメで少年メイドを知り、購入しました。18禁なこともあり、エロ度MAXでプレイ上級です。今まで、女の子っぽい受け?は好みではなかったのですが、ツンデレ少年メイド・クーロ君がとても可愛いくショタ(小5)もいいなと新しい性癖を開拓してしまいました。ミースからのセクハラに時には足蹴り、時には受け入れつつ毎日を送っていくクーロ君。こんな癖のあるミースでしたが、優しい一面もあり、クーロを奴隷扱いしてもプレイの一種なのかなと思い、嫌な気持ちにはなりませんでした。他のシリーズもあるので読んでみたいです。