あむりさんのマイページ

レビューした作品

女性あむりさん

レビュー数0

ポイント数17

今年度332位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

違和感もありつつ

個人的には苦手な部類な作品でした。
最後までどう進むのか気になって、どんどん読んでしまったのですが、
あまりの不毛さに…。心配になってしまいました。

大学時代からの友人、朋哉に片思いしている棗は、
失恋するたびに自分に頼ってくるに世話をやいてやるという
パターンが繰り返されている。
ある種、読んだことのある展開ではあるのですが、
最後まで朋哉がどう思っているのか?とワクワクです。

棗は、朋哉の別れた彼女たちの忘れ物を
コレクションしてしまうという、不毛なコレクターでした。
これが、なかなか理解し難かったです。

そして、タイトルの上手さに唸らされました。
イラストもとても内容の雰囲気に合っていました。

あれ?楽しめた

スピンオフとは気づかず読み始めましたが、
主人公が「きみの知らない恋物語」のあの子と気づき
嬉しい気持ちで読むことができました。
いや~大きくなりました(笑)!
ゲイ両親に育てられた聡の、辛さを乗り越えてきた故の
強さに感心しつつも、
BLだからこそのファンタジーだとは分かってはいるものの、
愛されて育つって大事なことなのだなと思わされました。

そして、受となる千野のツンデレ具合がたまりません!
大人なんだけど、どこかやんちゃな様子が好きです。

シリーズもの

前2作は読んでいたのですが、
しっかり内容を覚えていなかったので、
読んでいて入れ込むか心配でしたが、
前作の知識がなくても楽しめる内容でした。

無垢な心を持つ受の主人公という設定は
個人的には好きではありません。
でも、上手くモフモフ好きのツボを押していただき、
違和感なく読むことができました。

狐のイラストの可愛さに、悶絶です。

内容も濃かったので、2人のあまい部分が少なかったのが
残念です。シリーズを読み返したくなりました。

好みの問題

成瀬さん、とても好きな作者さんですし、
内容もふんわりしていて、帯にあるように「ピュアな初恋」もので、
良かったと思います。
「しゅみじゃない」評価になってしまったのは、
もうただ、私の苦手な性格の主人公だっただけです。

少々天然な性格で、かわいめな高校生、フユは、
偶然会った、強面パティシエの鴻巣に憧れ、徐々に恋をしていくようになります。
自分では、恋とは気づかず、純粋に恋をしていく様子と、
そんな純情を突き付けられた強面大人の男の翻弄される様子
というのが、楽しめる作品です。

タイトル通り、ピュアなものを読みたいときには
よいかと思います。

睨めば恋 コミック

ゆくえ萌葱 

表紙からして素敵

初読み作者さんなのですが、
表紙のインパクトにノックアウトされ、購入しました。
よくやるヤンキー受では、
結局、小柄で可愛かったり、キレイめだったりするのですが、
今回は、最後まで凶悪なにらむヤンキーだったことが、
とても楽しめた要因です。
受攻逆でも良かったようにも感じますが、
敢えて、イカツイヤンキーを受にしたところも、ニクイです。

正直言いまして、
あまり好みの絵の作者さんではないのですが、
今後の作品も楽しみです。

好きな作家さん

「白衣にひそむ熱情」がとても好きだったので、
非常に期待して読みました。
とりあえず、エロてんこ盛りでした!
そして、結構、受も雄っぽい感じなので、
かわいい受が好きな方にとっては、苦手な部類かもしれません。

なかなか、ぶっ飛んだ性格の登場人物(特に攻)が
出てきますが、それが楽しい!笑いながら読めるエロでしょうか!
葉月さんらしい、各カプのリンクがあるもの、面白くしています。

ただ、葉月さんファンとしては、もっと内容のあるものを
読みたかったな~~と、勿体なく感じるのでした。

イラストベストマッチ!

ストーリーとイラストがとてもマッチしているように感じました。
いつもは、あまりイラストを重要視していなくて、見ないこともあるのですが、
今回はイラストを楽しみつつ読むことができました。

今回は、SMものということですが、
砂床さんらしく仕上がっているように思います。
こういったSMものだと、
「縄とか色々な趣向を凝らしたエチを
詰め込めばいいと思っているのかな?」と感じてしまう作品もありますが、
ちゃんとエチ1つ1つにも意味がありました。

ただ、受の生い立ちがあまりに不幸しぎて、
別の意味で悲しくなってしまいました。
幸せになってもらいたいです!!!

足りないような

何かもう1歩欲しいかな~とは思いますが、
人外の王道とも言えるものであり、
ついついホロっと涙してしまいました。
そんな自分にも、予想外です。

吸血鬼と人間の再会もの
大学生の啓太は、ひょんな運の悪いことに、
吸血鬼のアルノルトの下男として
世話係をさせられることになってしまって。という始まりです。

アルノルトは、傲慢で、俺サマな性格なのですが、
その中で、ちゃんと啓太のことを思っていて、
思っているからこそ、啓太を手放そうとする展開に、
引き込まれました。

ただ、主人公の啓太があまり好きではない性格だったです。
もう少しだけ、ポジティブであってもよかったかな~と。

目のつけどころ

目の付けどころが面白いな~と思わされるお話でした。
流行ったあの企業をもとに作られているようで、
その発想が面白いです。

ただ、無難なお話だったかな。。。と思ってしまいました。
薄々感じていましたが、
あまり、この作家さんとは合わないのかな~と実感。

華やかな容姿で、明るく仕事もできる沖田は、
自分がストレスからくる味覚障害のときに対応してくれた
会社の管理栄養士、安芸にワンコのように懐いている。
沖田は、別に安芸に恋をしていたわけではないのですが、
安芸が、沖田の先輩に片思いしていると知ったことで、
心がグラグラっとくるのでした。

沖田のギャップというのが、もう少し何かあるともっと楽しめたと思います。
イケメンでスポーツマン的なのに、ワンコのようにかわいいってのも、
楽しかったのですが。

テキトウな食事をしてしまう環境にある、昨今、
食事をすることの大切さを改めて感じることができました。

ほっこりしたお話を読みたいときには良いかと思います。

読みたかった続き

本編の後日談です。
本編では、南国リゾートが舞台だったのですが、
こちらでは、日本に戻ってきた2人のあま~いやりとりです。

本編から考えると日本での2人は、仕事ですべきことが山積みだろうし、
大変な日々だろうと思うのですが、そんな2人のほっとした時間を
読むことができます。

黒川視点なので、もっと黒川の内面を読みたかったのですが、
SSということでページの関係から浅くなってしまったのが、
勿体ない~と少し残念です。