ioやさんのマイページ

レビューした作品

エキスパートレビューアー2022

女性ioやさん

レビュー数325

ポイント数1478

今年度23位

通算--位

  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

再読〜。

久しぶりに、再読〜。
2巻は出てるけど〜購入に迷い・・・皆様の評価、レビューを読んで満足してしまい、昴と深月編のスピンオフが出たので・・・これまた、購入に迷い・・・改めて、読み返してみた。

ストーリーで、オメガバース特有の悲壮感と
陵辱は大好物。
出来損ないのオメガの灯里が、拗れたスパダリ大堂に愛される王道設定も大好き。
しかし今回も、1巻で結婚式まで見れたので、満足してしまった。
続きを読みたいとまでは行かなかったな。
これは、ここまでにしておこうかな。

かわいい2人のお話。

那梧なゆた先生、再読〜。
何回読んでも〜安定作品だわ。
ストーリー可愛くていいねー。。。
早めにお付き合いが始まったから、その後のストーリーがめちゃくちゃ良い。

郁美が、大学の夏休みの帰省中に、庭師の春潔と出会い。
夏祭りで付き合う事に。
そこから、遠距離。
冬の連休で春潔が郁美に逢いに行ったり。
そして翌年の春に初旅行とか。
郁美と春潔が、最初はガチガチに緊張して居たけど、季節感を通して、少しづつ慣れて行く過程がかわいかったぁ。

これはずっと、見てられる2人だな。

まものさん大活躍。

鯛野ニッケ先生の描くファンタジー好きだなぁ〜。
異世界と不思議が掛け合わされていて、人の心理描写も手伝って〜鯛野先生ならではの味付けって感じ。
他の作品も、読み返したくなった。

なんでも遠慮がちな琢磨と、自分に素直に生きる暴君気味のまいの恋のストーリー。

「まものさん」が、キーパーソンなんだね。
最初は、琢磨が病んでる系かなとも思ったけど、行動原理を辿って行くと〜ばぁちゃんから繋がっていたんだね。
そこから、まいへの気持ちへって感じで〜まものさん大活躍。

人を想いやる、とても優しいお話しだ!

あとがきでの経緯〜面白かったです。

続編欲しい〜

こんな、オメガバースのパターンは初めて〜。
アルファの神宮寺とオメガの海里が、お客様と結婚コンサルの関係だけど、最初にあった時点で運命感じて〜最後にはハッピーエンドなんだろうと読み進めたけど・・・

途中から、いやぁ〜まさかなぁ〜!?と、思ってたら、海里の子供の父親が神宮寺だったとはwww
そー来たかぁ〜!と、感動と笑いの渦。

えっ!?海里に最初からそんな素振りあった?って、読み返したら、ちょいちょいこれかな的なのはあったのね。

神宮寺と千里の初のご対面は、なんか描写的に良いシーンだった。

結婚式で終わってしまったけど、その後の一家の団欒読みたかった。
ほのぼのオメガバース的なので、続編欲しいわぁ〜。

闇系の秀作!

いとだ旬太先生、初読みです。
この作品が、デビュー作なんて〜これから目が離せない作家さんの1人になりました。
内容は、タイトルと帯に描かれているまんま。
闇系大歓迎には、待ってました!と、言わんばかりの1冊。
セリフや、描写に遠慮が無くてエグリが凄い。

登場する大人は、全員狂ってます。
そんな大人に育てられた主人公の塔太と悠人
も、頭おかしいです。
狂った親に、搾取されたものを塔太と悠人が〜自力で奪い返し進んでいく姿がラストに描かれている。
それまでの途中経過が、素晴らしくムナグソ悪いけど、悪くないな。
ぼやかす様な描き方するなら、これくらいインパクトがある方が良い。

あとがきに、随分前に完成したものだったと・・・どこにも発表せずじまいだったと・・・

発表してくれた先生、編集者さんありがとう!とても、良かったです。
今後も期待しています。




こりゃ〜構いたくなるね。

久しぶりに、再読〜。

こりゃ〜構いたくなるね。
佐倉がとても魅力的だわ。
哀愁漂う姿に、長谷川がロックオンね。

佐倉を捨てた元カレが、出来る男ならではのクズさが〜Eースパイスだったwww
大事にされたいけど、気持ちよい事も大好きな佐倉。お人好しの長谷川の提案で〜日常の癒しを知っていく。
長谷川が、土真面目過ぎるから〜靡かなくて逆に良かった。
ゆいつ先生の絵柄で、美人受けサイコー。

ゆいつ先生の描写って、立体感があって力強くて好きだわぁ〜。
絡みのシーンも、重さが伝わるから迫力ある。目が離せない作家さん!

極楽にゴースト

茶渡ロメ男先生の作品、楽しく読んでます。
やはり、作家さんと読み手の相性ってあるんだねぇ〜。
いやぁ〜、分かっては居たけど〜ココ最近読んだ、前作でも今作でも立て続けに同じ様にに感じた事があったから〜余計ね。
茶渡ロメ男先生の作品は、BLってよりもヒューマンドラマな感じで、読んだ方が〜やはり、わたしには会ってたなぁ〜。
決してつまらないと言う訳では無い。
私の、萌のポイントの問題なんだろう。
次回作も期待しています。

バリタチがネコに堕とされる

電子書籍198ページ。
4作品収録。
面白かった作品だけ感想しまーす。

「金髪は紳士がお好き」
バリタチが、見た目美人にネコに堕とされるストーリー。
これは、嬉しい癖だわ。
しかし、これで終わりかい?

「ユアマイヒーロー」
これ、1番好きなのに短いなぁ〜。
ダーク系は好み。
あらすじに、ハッピーエンド予定で続きがあるとか。悪役がどうなるのか楽しみだわ。

「ユキとクロ」
これは、丸々1冊で読みたかったな。
滅びたはずの、獣人がまさか存在したとは・・・これは、夢がある。
是非、どこかで続きをお願いします!


良いところで終わってしまった。

一座の女形〜これは、とても好きなやつだ。
良い所で終わってしまったぁ〜付き合い出したその後を、もう少し先を読みたかったぁ〜。

歩と西は、学生と一座の女形と、漫画家〜2足のわらじを履いているプロ同士。
そんな2人が恋に堕ちて〜自分の気持ちに気づくまでの流れが自然で〜アオハルでした。

仕事と高校生の使い分けがちゃんとあって良かった。
スポーツしてるシーンとか、友達との絡みとかあって学生してるシーンと、仕事してるシーンのギャップがより2人の素を引き出していて良かった。

よめちゃう指先 コミック

喃喃 

面白かった。

喃喃先生、初読み〜。
先生の名前読めなかったぁ〜。
なんなんって、読むんだね。

シバ&ウィル、巡&中原の、2カップルのハッピーエンドまでのストーリー。
全体的に、重くなくて読みやすかった。
シバ&ウィルのストーリーは、当て馬も出てこず〜。
ウィルが、シバにひたすら甘やかさてる感じ。ちょっと、誤解はあるものの〜
なかなか掴み所のないシバが、余裕が無くなるシーン・・・とても、良かった。

巡&中原カップル。
これは、脇役の穂積さんが気になったなぁ〜。