yoboさんのマイページ

レビューした作品

女性yoboさん

レビュー数0

ポイント数0

今年度--位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

魔彼、待望の続編!!

ベルシドのキスだけで
どうしてこうも萌えられるのか…
シドがおねだりするからいけないのかなぁ
ほんとどなたか教えてください…

シドの素直さ、おバカさ、
ついうっかり他人を信じてしまうところを
山中さんが今回もと~っても可愛く、
でもツン心は忘れずに演じてくださっています!

そんなシドに対しベルが嫉妬で魔力を暴走させてしまって
制御効かず抱くシーンも聴きどころでした。
あぁ…佐藤さんのとち狂った様子が堪らない…
闇ベル最高……
暴れるな、ずれる 最高……

それもこれも
1巻で2人に何かとちょっかいを出してきていた
嫌みキャラ モレクのシドへの手出しが
ベルをキレさせたからなのですがw

嫉妬は美しい!
シドの漏らす少し鼻にかかった声が甘い甘い!
大変美味しくいただきました!!

モレク役の米田さん、やっぱりよいお声ですね。
今巻でたくさん聴けて満足です!
彼は悪魔のくせに意外にも心の奥はいい人(悪魔?)なので
ライフワークとしてベルシドの邪魔をしながらもw
誰かと幸せになって欲しいなと思います。
そのあたり、ぜひ続編で!!

前半のお話のラストが
ベルの独白で終わるのがよかった。
必然的にベルの瞳の秘密が気になってしまう仕様。

AGFで特典として配布されたSSが
2人の幼少期や瞳の秘密のお話なので
未読の方にも届き、既読の方にも嬉しい音声化が
実現するといいなぁと思います。

当然ながら全体的に高糖度高濃度でした。
萌えポイントがとても多いので
セリフ全部を逃さないよう
大きな音で聴くのがおすすめです!

魔彼シリーズ最終巻!(ネタバレあり)

人間のくせに「力」を持つ天馬の元に
召喚事故で悪魔が落ちてくる。
魔族の中でも特殊な治癒能力を持つがゆえ
それを利用しようと狙われ続けてきたブエルは
天馬にも従属させられるものだとばかり思っていたが…。

天馬(攻め/高橋広樹さん):
 飄々としていて人生テキトーみたいな
 何事にも執着しないキャラは表向き
 裏では欲しくもなかった自分の「力」のせいで
 弟を亡くしたという罪の意識を抱えている
 
ブエル(受け/阿部敦さん):
 基本ツンデレ
 悪魔なのに真面目
 悪魔なのに素直
 悪魔なのにおばけを怖がる
 
天馬の命令など聞くものか!
と頑なに食事を摂らず弱っていくブエルが心配で
こうなったら【直接体に魔力を注入】することで
体力の回復を図ろう………

きましたきました~~~!!!!!
魔彼の基本中の基本 【魔力の注入】
毎回恒例のお楽しみシーンです~。

・とにかく絡みが長い!(言わずもがな)
・寸止めする天馬に「酷い!」と涙目で訴えるブエルが反則級
・やだやだ可愛い…ほんと可愛い…
・天馬が初めてブエルのお腹を撫でる笑い声がおっさん可愛い
 (おっさん設定じゃなかったらスミマセン でも上手いなぁ~)
・リバフラグで小躍り(私が)
  →フラグだけなので地雷の方もご安心を
・くつ下でも靴でもなくロングブーツを履いたまま?!(萌)

当て馬シトリ(髙橋孝治さん)の病み具合も
加減を知らなくて幼稚で自分勝手な手を付けられないコ
という感じで、幼なじみだったりするのかな?
気になる脇キャラにぴったりのお声でした。
また聴いてみたいです。
 
魔彼シリーズ最終巻ともなると
クスッと笑える部分もこなれてきて
ライターさんの本領発揮というところでしょうか?
何度も一人突っ込みしてしまいましたw
お二人の掛け合いがすごーく楽しかったです。

濃厚エロに加え、笑いあり沢山の「可愛い」あり
(特に阿部さんファンの方はキュンとくる部分が多い印象…)
安心安定の演技に、ぴたりとハマったBGM
切なく、それでいて心温まる「恋の章」非常に満足です!!

魔彼3巻「咎の章」はクール美人さん受け!

サタンの死から99年。
あの人との約束も、もう十分だろう…
ルシファーが心臓に杭を打ち
命を絶とうとしている正にその時
上から人間が降ってきて…。

太一(攻め/堀江一眞さん):
 次元の狭間から魔界に落ちてきてしまった天然大学生
 人間界に戻る方法を探してはいたが
 一目ぼれしたルシファーのいる魔界に留まる決意をする

ルシファー(受け/中澤まさともさん):
 魔王サタンの眷属だった高位の悪魔
 その愛は深く、サタンの死後 契約が切れてもなお
 他者と交わることはなかった
 が、そうすると魔力の解放が出来ないため
 負担がかかり体は弱っていく一方

ルシファーは高貴な悪魔らしく威圧的ですが
天然な太一は冒頭後も怯むことなく
何だかんだとルシファーにつきまといw
初めは足蹴にしていたルシファーですが
いつの間にか元主サタンと太一を
重ねるようになっていきます。

いつもはクールビューティキャラのルシファーが
少しだけ感情を揺らしてしまっている演技と
太一とサタンの声を重ねる演出効果で涙目(T▽T)

所詮人間、
魔王サタンとは全く似ているところなどないはずなのに
ついには太一の存在の方が大きくなり…

あ、堕ちた!(ニヤリ)

と思いました。

サタンとの約束だから
今までずっと一人で居続けてきたのに…
これがルシファーの「咎」なのかな???
それとも太一を人間界に戻れなくしてしまったことを
悔いているのかな…

魔力が暴走したルシファーの気に当てられ
変貌してしまった太一のS攻めムリヤリ感が
ものすごくエロいです…。
ルシファーの「イヤ…」がヤ・バ・イ!!!
(1番のおすすめポイント)

あと太一の「ルーは○○だね♪」
にバリエーションがいっぱいあって可愛い~!!
私的にはルシファーを可愛いと思っている太一が
可愛くて仕方なかったです~。

3巻はグッとコミカルさが増して
その分シリアス部分が際立ったとってもよいストーリーなので
ぜひ先入観なしで聴いていただきたいなーと思います!

欲とは…

濃厚濃密BLCD 魔彼シリーズ第二弾、
今回は「欲」というからには
肉の方だとばかり思っていましたがw
聴いたあと胸に一番残ったのは庇護欲で
何とも暖かな微笑ましい気持ちにさせられました。
くーっ! 2巻はそうきたか~!!という感じです。
1巻のように
対等な関係からの濃ゆい甘エロを期待すると
あれ? ちょっと違ったかも??
と思われる方もいらっしゃるかもしれません…。

人間界に紛れて生きるマモンは
長い時を生きる魔族。
マモンにとって人間と淫魔のハーフである双子は
まだまだひよっこみたいなものなのでしょう。

己の野心のために
眷属契約を結び2人の力が手に入りさえすれば
それでよかったはずのマモンが
自分で気付いているのかいないのか
最終的には2人に庇護欲を抱いてしまっています。

高位の悪魔は傲慢で
きっと今まで上から目線で他者を物としてしか扱わず
守りたい 大事にしたい
なんて思ったことがなかったんじゃないのかなー?
など色々と考えてしまいました。

マモンは2人をそれぞれ平等に愛し
倫も2人を別々な気持ちで平等に愛し
理人は弟を兄弟の域を超えて愛しているけれど
ただただ彼の幸せだけを願っています。
このあときっとマモンと倫を平等に愛するようになるんだろうな
と予感させる終わり方が余白があって好きです。
人によってはその先が見たいんだよ!!
と悶々としそうですがww
それは連続購入特典CDに期待しておきます!!
3人のこの関係性が楽しくて幸せそうなので
今巻では1番短いトラック5がとても気に入りました。

あとで公式HPのキャストインタビューを読み返してみたら
マモン役の間宮さんがハートフルなものになった
とおっしゃっていたので
役者さんはすごいなー
脚本から読み取って演じて
聴く側に伝わってる!!と感動してしまった次第です。

また、糖度はそんなに高くないですが
2人を堕とすためのエロい場面は多々用意されているので
それはそれで楽しめると思います。
医療行為だというカテーテル挿入は
ぐにゅぐにゅ音がしてさながら触手プレイですしw
マモンさんが意地悪~いキャラなのでww
わざと倫がドアを開けて入ってくる絶妙なタイミングで
理人お兄ちゃんをいかせてしまったりの
見せつけ発射プレイなど
漫画小説並にバラエティに富んでおります~。

双子2役同時収録されている古河さんも
好みもあるかと思いますが
ツンキャラのお兄ちゃん役の方がいじめられがいのあるキャラで
受け声も男の子っぽいので好みでした。
このトーンで他の受け役も聴いてみたいです。

世界観が一緒でも1巻とはアプローチが違うので
評価は本当にすごーく迷ったんですが
どうしても1巻のベルシドがちらついてしまうので
ここは正直に萌え×2で。

オリジナルストーリーの妙

BLゲームメーカーさんから出ているドラマCDですが
原作がゲームなわけではなく、全くのオリジナルストーリ。
この魔彼シリーズ、全4本発売予定ですが
1本ずつの完結型。第一弾は悪魔×悪魔です。

オリジナルストーリーだから自由度も高いのか
時間配分がすばらしい!!! 潔い!!!
状況説明などの部分は極力削いで
メイントラックに50分近く(!)割いてあります。
50分て!!! こんなの見たことないwww
「愛執」とタイトル付けてある通り
べリアルのシドに対する執着ぶりに
50分間ニヤニヤしっぱなしです!!!

べリアルがシドの本心を暴いて自覚させてゆく部分が
エロくてたまらない!! 佐藤さんの口説きが極上!!
逆にシドがべリアルに言葉巧みに誘導されていく様は
もうほんっと可愛くて
堕ちた瞬間はこちらまでニヤリとさせられます。
最後の一言を言わされてしまった山中さんにキュン死。
正にサブタイトルどおり
   -魔は来たりて彼を堕とす-
でした。ご馳走様です!!

設定がファンタジーだからといって
小難しく考えなくとも
佐藤さん×山中さんの演技だけで床をゴロンゴロンできます。
オリジナルのBGMがこれまた切なさを増幅してくれています。

1回聴いたあとにもう1度
内容、状況を詳しく理解したくなり
いつの間にかリピート…のスパイラルに陥っているはずww
ブックレットのオリジナル設定もご参照ください~。

べリアル:七つの大罪「傲慢」を司る悪魔 口が巧い
シドナイ:七つの大罪「色欲」を司る悪魔 意外に純情

悪魔関連の本や検索などで
この辺りを頭に置いて聴くと
また違った発見があるかもしれません。

これがオリジナルストーリーのよいところではないかな?