ジュニパーさんのマイページ

レビューした作品

女性ジュニパーさん

レビュー数1

ポイント数22

今年度544位

通算--位

  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

とてもとても…きみららしい

このふたりには、かなり思い入れがあるんですよね。当初自分はBL展開になると思わず読んでいて、なった時には戸惑ったりもしましたが、今作を読み終えてみればもう…って感じです。

ふたりの距離、会話、思い出、新たなエピソードも、あぁほんと大好きだなぁ。どれも少しずつ変わってきているのは確かなのに、大切なところは変わらないから、読者の心からズレていかないんだろうなと勝手に思っています。そして…ニューヘアも服装も可愛いし、ページをめくるのが毎度本当に楽しみなんですよね。

一番気になる部分が、ゆっくり丁寧に進んでいくように描かれていて、そこがまさに、すごく彼ららしいと思うんです。このふたりなら、きっとそうなるんじゃないかな、そうなってほしいな…っていう期待どおり。だからかな、久しぶりの再会ご飯シーンでは、気づいたらちょっと泣いてました。安心しちゃって。

とにかく、よい一冊だった♡
真嶋贔屓が加速しました。
これでまた、数ヶ月はがんばれそうです!


カバーデザイン 円と球

笑いたいのに泣けてくる

『ダーティダーリン』(2017)のスピンオフで、まるごと表題作。
仕事に没頭する毎日の裏側に、20年間秘めた想い。クローゼットにそっとしまっておきたいような気もしますが、ぜひたくさんの方に読んでほしい一冊でもあります。

本作『ダディダーリン』が始まったと知った時は「あぁ読者たちの願いが叶った!」と喜びました。しかし彼らの親世代のお話に、こんなにハマっちゃうとはなぁ。けっこうお腹に力が入ってしまうお話でもあるので、自分としてはしょっちゅう読み返す類いの作品じゃないはずなんですが、新刊のタワーを横目に今日もこの本に手を伸ばしています。

幼少期の正ちゃんの描写。これはズッキューン♡かわいいのはもちろんだけど、今の正児を、花雄さんを知っているだけに、最初の4ページでもうなんか泣けてくるんです。正児を自転車で保育園に迎えにいく若い花雄さんは、やはり美しかったし。ビジュ的にも開きたくなるんですよね。それに、ほしい言葉もあるし。正ちゃんは、ふたりの性格をうまいこととって、豪快さと繊細さを併せ持つやさしい子に育ったんだな…と、勝手に思ってニヤニヤしております。いつか花雄さんと正ちゃんが、じっくりゆっくり語ることができますように。ほろ酔いで。

そしてなにより主人公ふたりのやりとりが、段階ごとに「言葉」が表すものが明確になっていく感じが、何度読んでもいいなぁって思えるんです。ふたりの温度が同じというか。とても心地よいんですよね。だからセリフのやりとりも、スーッと入ってくる。「愛してる」の奥深さに、いろんな種類の愛情にホロリとなる作品でした。一方通行に見える気持ちは他の誰かから見ればそうではなかったり、そもそも大事なのはそこじゃなかったり。人生最大の迷いは、それが後悔になってからでも晴れる時がくる。よかった、よかったよ〜。彼らにこんなお話があって。

医師・羽場さんの新たな恋の始まりを祈りつつ、今日も本を閉じます。

あのとき裏ではこんなことが…なんてのもあるのでぜひ『ダーティ〜』と合わせて本作を読んでいただきたい。私のオススメとしては『ダーティ〜』(2017)→『ダディ〜』(本作)の順です。ただなんとなく、ですけどね。

カバー下、これも…なんかもうすごくよかったです。
キャラの一番それぞれっぽいところ全出しって感じで。


装幀:徳重甫+ベイブリッジ・スタジオ
表紙は淡いグレーに小ドット、裏表紙はそれを反転させた組み合わせ。背表紙も真ん中で2色に分かれています。

ACID TOWN (6) コミック

九號 

心休まるのはまだ先か

6巻ー。ようやく兵藤が主役の一冊となりましたね。彼の想いも、なかなか全部は見せてもらえないんですが、この焦らされ感もまた好きなんだなと考えてしまう読後です。美しい零児の登場は少なめでしたが、相変わらずなんとも惹かれるキャラクター。

ずっと曇り空の下みたいなお話なのに、そんな中だれもが誰かに憧れたり想ったり、誰もがだれかに大切にされているんだな…と。そんな作品はいくつもあるかもしれないけれど、『ACID TOWN』はそれがとてもストレートに入ってくる気がします。

ラスト2ページ、涙溜まってきてしまいました。
このイラストを前にすると、やはり次を待つしかありません…。

長すぎたすれ違いの、その先に思うこと

ああそうか、上下巻で完結というわけではなかったんですね。最近作者の情報をチェックしていなかったので、下巻の終わり方に、え?!私が一番読みたかった、知りたかった部分が端折られているじゃないか…とぽかーんとしていたのです。めちゃくちゃすれ違ってるね君たち…の期間がいやぁもう、長い!長かった!!なだけに、ジャンプして数年後こうなりました、というのにちょっとついていけなかった。あれもこれも、演出ということなんだろうな。

とにかくまぁ、続編があることを知ってホッとしました。

2019年5月24日より.Bloom本誌にて続編スタート♡(帯より)
「あちらこちらぼくら(の、あれからとこれから)」

でも同時に、ラストが続編へつなげられた形だと感じられるのは、個人的に少々残念でもありました。その後があるとしても、「そこ」はこのタイトルでしっかり見せてほしかったような気もする。

上・下巻ともに300ページ超えでかなり分厚い新装版。
どうしても、帯は上下巻を交換したくなってしまう。左に園木、右に真嶋の表紙に慣れすぎてしまっているだけなんですけどね。そして「〇〇×〇〇」というのにもやっぱり慣れないな、このふたりの場合…。帯にそう書いてあるんだから、あぁそうなるんだろうなと思って読み進めるわけですが、やっぱり集中できない自分がちょっと悔しかったです。

この作品はBLにならないからこそ好きだったのかも…と感じている自分と、彼らが出した答え・選んだ道を見てみたくて、早く続編が読みたいと思う自分がいます。

なんだろう、なんとなくまだまだ小っ恥ずかしいのかな。
この子たちのHシーン…読めるかな、手で顔覆っちゃいそうなんですけど。
続編を読む頃には、慣れるかな。はぁオトナになれなくてすみません。
大好きな作品ですし、やっぱり読みたいです。

受験勉強ばかりの毎日でも苦じゃない理由を考える園木に、
いや違う!君には真嶋がいるからだよ!と3回ぐらいツッコミ入れる読者たち(笑)。


カバーデザイン 円と球


<以下は収録内容>

上巻:
◆1〜16話
◆おまけ漫画「園木編」・「真嶋編」各1頁
◆描き下ろし漫画「どうなれば満足なわけ?」(新装版描き下ろし)4頁

下巻:
◆17〜27話
◆描き下ろし漫画「…なんつって…………」(新装版描き下ろし)6頁
◆キャラクター紹介「みんなも!あちらこちらぼくら」主人公含む15名の、好きなものごと/苦手なものごと(新装版描き下ろし)5頁

また、各話の後にはおまけマンガが1頁あり、これは旧版には収録されていなかったもの。
紙版『あちらこちらぼくら2』(小学館)には18話までが収録されています。

STAYGOLD (4) コミック

秀良子 

しばらくなにも読めそうにない

読後なんとなく、ほかの本を読む気になれません。

いつまでもどこまでもせつなくて…でも私からするとやっぱりキラキラして見えるんです。
彼がひとりで泣く姿にただただ涙が溜まってきて止められなかった。
もちろん、生きててよかった〜!(&ゴング)でガッツポーズもしたけどね。

次に大粒の涙を見るのはきっと……
きっと!!!

あの曲は、私にとっても青春の曲です。

うーん…

楽しみにしているシリーズ作品の一つですが、8巻まで来てこうなるか…とガックリでした。最初のモノローグをチラと見て、こういうのは支倉だけで…と思ってしまった。自分は夏生のことに、もともとあまり興味がないからかもしれません。メインカップル以外は、あちらの世代はあちらでやってくれという勝手な願望もあり、個人的にはまーくんと支倉不足になっていくばかり。巻末の各1頁エピソードや特装版小冊子は大好物でした♡

心通う瞬間まで

表紙右の彼。彼の魅力は、後半まで読者にはあまり伝わってこない気がします。悪いヤツじゃないんだろうなぐらいの感じ…でもそこがいい、むしろ思いきり入り込めたのはそうだったからこそかもしれません。それから左の彼(真田・Ω)は、表紙では見えないのですが、左サイド刈り上げのヘアスタイルです。護身のために格闘技を身につけておりけっこう強い。ただ発情してしまうとーというところも見どころかと思います。

オメガバース作品におけるハラハラ・ドキドキに、隠し味として人情もプラス。
このあたりがやはりマスコ作品だなぁという感じでした。

このお話は切ない部分が多くを占めていますが、笑いもちゃんとありますよ。濃いめのおもしろキャラもしっかり登場させてくれて、どんぐりみたいなお子たちも忘れずドバーッと投入してくれて、通行人の中に紛れたキャラとか、動物園のパンダまで…あーやっぱり作者の本は細かいところまで楽しいな、好きだなぁと。こんなに読み返すとは思いませんでしたけどね。

もちろんエロも忘れちゃいけません。
行為の裏側に気持ちが、抱えているものが見えるからこそ、色気たっぷり、エロかった!
欲情スイッチ入ったと思ったら、次のコマで湿度はお風呂場並みじゃないか…スゴイ。

そしてなにより……。
安堵の気持ちが沸きあがってきている、ラストシーンでの真田の表情。
そこまでの出来事は、すべてこの時のためにあったと思ってしまいそうなエンディング。
あぁ、読めてよかったです。

カバー下イラストにキャラ紹介。これじーっと眺めてしまいます。みなさん服を着ているのですが、ボディの良さが透けて見えるようなところがいいよね。特に「真田がやべえ」(モノローグより拝借)。
本編では、お尻小さめ&服着てても、下着姿も、ヌードも全部よかったなぁ。

初回限定特典ペーパーがあります。脱げそうなシャツ姿の真田が美しい。


装丁 - 平谷美佐子

NAVY BLUE 電子 コミック

サンバ前川 

キュウン…が止まらない!

幼馴染ほのぼのドタバタラブコメ。
こんなにも穏やかに読めるのに、毎回お互いを想う気持ちに"キュウン"が止まらないんです。
1話読み終えるごとに、拳で太もも叩いてしまうような作品久しぶり。

幼馴染でお隣さん、親同士も付き合いがあるー。
ときどき二階の窓から相手の様子が見えちゃったりして…。実は小さい頃からずっと好きで大切で、この気持ちは決して言えないが、今まで彼女は作らずに…そんな片想いや両片想いBLはたくさん読んできたと思うのですが、1話を読んだら「これは!」とハマっていきました。ふたりともスレてなくて、何色にでも染まっちゃいそうな年頃なのに、目の前のその人しか見えてない。そんなこんなで、もうすぐ10話。

表紙左の亜生が、かわいくてもう…読者もたまらないのではないかな。
亜生は幼稚園から一貫の名門私立高校に通っていて、一方の直人(表紙右・呼び名は直)は受験勉強真っ只中。亜生が理数系でド天然で、このルックス。猫っ毛で、ダッフルコートとかめっちゃ似合う。なにより、いつでも大好きな直のことを一番に考えている子。エッチなことにも実は積極的だったり…というのもいいんです。直も、ああホントいいヤツで。家族や学校の子たちも、いい具合に登場し盛り上げてくれて楽しいし。家族ぐるみの仲ゆえ、だんだん危ないところが出てきてさてここからどうなるかなぁ。でも…とにかくずっとこのふたりを見ていたいです。

こちらは電子書籍で、分冊版だと現在9話まで出ています。なお、単行本版としてすでに1巻が配信されており、そちらには1〜5話までを収録。もうすぐ2巻も出るのではないかな、心待ちにしています。

♡♡♡

各話のタイトルのせいもあるのですが、読みながら勝手にサントラ作ってしまう本の一つです。
読後は気持ちがものすごーく満たされて、なんだか物欲もなくなってしまった。

しかしここまで来ても、未だにキスシーンでシバと一緒にドキドキしてしまって大変です。読者をこんなにさせる秋山くんってすごいなぁ…としみじみ。母の愛ぐらい心にしみるスープのような、シバの存在を思うとこれも涙だしね。智美成分もしっかり補給できたけど("モブがいい"発言笑った)、今回は現実の方の智美が特別よかったです。これもう何回読んでるかな。ちえちゃんの回も、キラキラした気持ちになれるお話で素敵でした。

このカラー口絵が大好きだったんです、またここで拝めるとは。
それに、また続きが読めるとは!
読者こそ、しあわせです♡


装丁 - サムラウリ

どんな話になるんだろう

1〜6話(2018.11配信分まで)+描き下ろしで約175ページ、まるごと表題作です。
そしてこちらはまだ続きがあるようです。描き下ろしは、見開きの特別描き下ろし漫画(2頁)・表紙二人の初期設定について(1)・あとがき漫画(3)。カバー下イラストもかわいかった。

ホラーテイストも入ったマニアックなお話でもありますが、血とか苦手な方でもまぁ大丈夫なんじゃないかな…という印象です。この受けの太一が笑わせてくれて、いいんですよ(笑わせてくれるのは覆面か…)。すでに覆面殺人鬼のハートを射抜いているようで、結局なにをやっても煽りまくってしまう。関西弁だからまたいいんだろうな。今すぐ殺されるかもしれないと思う一方で、覆面男のことを少しずつ知っていき、自分の言動に葛藤する姿もよかった。やさしい子。ちなみに太一は脱ぐと腹筋の割れたしっかり筋肉ボディでした。

一冊でもう少し動くかなと思っていたのですが、まだ気になることもあるし、ここから面白くなりそうというところで終わっています。心情面が丁寧に描かれていて、続きが気になる作品です。いずれにしても、1話を読んだ時点で自分が想像したものとは全く違う方向に進んだお話…そういう意味でもとても楽しめました。Hシーンの修正は電子版とほぼ同じで白抜きですが、この作品はそれがあまり気にならない気がしますね。

余談ですが、電子で1話のみ読んだ時点で、コミックス発売が決まっていると知り予約していました。そして先日、発送完了メールが届いたので紙版はどんな表紙だろうとサイトに行けば、発売日なのに売り切れている⁈私のもとにはちゃんと届くんだろうかとちょっと不安でしたが、無事届きました。

作者のお名前:MARIAと読むんですね(前袖より)。