あぴぴさんのマイページ

レビューした作品

女性あぴぴさん

レビュー数0

ポイント数6

今年度582位

通算--位

  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0
  • 絞り込み
条件

指定なし

  • レビューした作品
  • 神作品
  • 萌×2作品
  • 萌作品
  • 中立作品
  • しゅみじゃない作品
  • 出版社別
  • レーベル別
  • 作品詳細
  • レビューした著者別
  • レビューした作画別
  • レビューしたイラスト別
  • レビューした原作別
  • レビューした声優別
媒体

指定なし

  • 指定なし
  • コミック
  • 小説
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • 小冊子
  • GOODS
発売年月
月 ~
レビュー月
表示モード

記念すべき初読みでした

つきづきよしさん、何度もお名前を拝見していて気にはなっていたのですが、なかなか本を手に取る機会がなく。
表紙しか見たことがなかったので、受けちゃんは可愛い系というイメージを勝手に抱いていたのですが、まあもちろん全く違っていて先入観は怖いなと改めて思いました…二人とも大変男らしかったです。

本の厚みで見れば薄いほうかもしれませんが、個人的にはとても濃密なお話だと思います。
映画を見ているようでした。
この瞬間、このアキラの一言にどれほどの想いが乗っていたのか…とか、卒業後の話でよく分かります。
というかアキラが何も言わず礼司の前を去ったのって、わりと礼司の自業自得だよなぁと思うんですよね。
あれこれ構っておきながらアキラの想いには答えないし、何聞いても「お前には関係ない」の一点張りだったし、そりゃあ…頼れんでしょう。
アキラの裸見たときから礼司にも何か思うところがあったのかもしれないし、礼司が医者目指すのはアキラのためなんだろうなぁとは思ったけど、言葉にしなきゃ伝わらんのよなぁ…。
でも最終的には言葉にせずとも以心伝心できるようになっていて何より、安心しました。

その後、二人はお肉食べに行ったのかなぁ。
ずっと見ていたい二人です。

「ギフト」

新興宗教が出てきた辺りでどうなっちゃうの…?と思ったのですが、なるほど兄の梏が縋ったのが、新興宗教の名前を借りた犯罪組織の首領である崔だったということで。
お兄さんの名前、「梏」という字には、てかせ、しばる、つなぐ、みだすという意味があるようですが、勁だけでなく自分自身にも手枷を付けて、お互いを繋ごうとしていたわけですね…。作中一番可哀想な人なんじゃないかなと個人的には思いました。
もっとも、そんな梏に一番執着していたのが崔というサイコパスだったというオチで、しかも先に死んじゃうし、梏ほんと、どこまでも可哀想だなと…。
文字通り生まれ変わった勁を通して、彼も救われればいいなぁなどと思いました。

そして勁と宥。

表紙通りの大団円で号泣しながらスタンディングオベーションでしたが、ここまでくるのにどれだけ時間を要したか…。
でも宥がたくさんの時間をかけて、たくさん愛を注いであげなかったら、ここまで来れなかっただろうなあと。命をもって抱えた薔薇の花束を最期の贈り物にして、きっと彼は死んでしまっただろうなあと思います。
作中での「ギフト」は勁のボクサーとしての資質を指しておりましたが、勁にとってはこの一連の物語(宥に出会い、御子柴ジムで仲間を得、兄と邂逅し別れ、人としての感情を取り戻す)そのものが「ギフト」だったんじゃないかなと思いました。
宥に出会わなかったら、御子柴ジムにもボクシングにも出会えなかったわけですし。
まあその基盤は、他でもないお兄さんが実は引き寄せていたものだったわけですが。
一方の宥も、ボクサーとしての「ギフト」は無かったけど、代わりにトレーナーとしての資質と、愛情深い父親という「ギフト」が既に与えられていて、勁のお陰でそこのとに気付けたという意味では、やっぱり物語そのものが宥にとっても「ギフト」だったんだろうなあと。
お父さん、いい人でした。お前のやってることは親を殴らせるほど悪いことなのか、なんてリングの上できちんと息子に示すことができる、こんな度量の広いお父さんBL漫画にそうそう存在しないですよ。

「勁」は、つよい、かたい、するどいという意味。
対して「宥」は、ゆるす、なだめる、やわらげるという意味。

二人の本質は、最初に名前が判明していた時点でそもそも決まっていたのだなあと思うと、一ノ瀬ゆまさん、この物語の構想にどれくらい時間を掛けていたのかなあと…。
いつもいつも素晴らしい作品を描き上げてくださる作家さん。
改めて、本当に心から好きだなあと感じましたし、「gift」という最高のギフトをありがとうございます!!!!!という感謝の気持ちでいっぱいです。

ゴールデンスパークル

青春、夕暮れに輝く金髪、(向)日葵、色んな意味合いが込められていたのが最後の最後でハッと心臓にクるタイトルセンス、さすがは鈴丸みんたさんでした。

「セックスってやべえやつなんじゃね?」

「やっぱ勉強するしかねえ」

「ひとりでできた」

この流れが最高過ぎて生温かい眼差しで見てしまう…そっか~よかったね~

月と狼 コミック

松本ノダ 

旨味がぎっしり

表題作、設定がとにかく面白いので続編かシリーズ化してほしい…!
ケモ攻め好きな人多いはずだから…!お願いします。
それからゲイくんとノンケくんのお話がとっても!とってもピュアで泣けてしまった…
松本ノダさんの作品は汁気たっぷりなのになぜか読後に清涼感があるというか、とにかくエロが単独エロしていないのが魅力だと思います…帯の「最高の漫画力を携えた鬼才」って本当にその通り過ぎるなとしみじみ頷いてしまいました。

表紙の雰囲気通り。

高校生の青春が爽やかに描かれてるなという印象。
幸田さんが描く照れ顔めちゃめちゃ可愛くて大好きです。
個人的には同時収録の「壁の向こうの声が聞きたい」のほうが好き。
攻めのワンコくんがド直球ポジティブ素直マンで、この性格に椎名くんがどれほど救われたか…と思うと末長くお幸せに…!と思わずにはいられない。たくさん甘々デートしてほしい。

うーん。

ストーリーもキャラクターのビジュアルも確かにためこうさんなんだけど、キャラ設定だけなんだか違う?という印象。
ドラマCDありきで、あとがきにちらっと書いてあるように「CDに寄せて〜」とあったので、それのせいなのかなと。
小岩井くんもうちょっと深掘りしてもらわないと人となりが全く分からない…。優しくて人が良いのは分かるけど、それだけでラストまで辿り着けるものなのか…ちょっと腑に落ちない。

見つけたというか、見つかってしまったというか

小学生の頃って実力主義というか、成績がいいだけで一目置かれるみたいなところあるし、それが別の価値観で崩れてしまったがゆえのいじめときたならば、それはそれは容赦なかっただろうなぁと勝手に工藤くんの生い立ちに思いを馳せてしまいました。
が、性格が変わってしまってもめげなかった工藤くん。本当に偉いと思います。
だからこそこんな(と言ったら失礼ですが)わがまま坊や雨音の勝手な願望に巻き込まれてしまったのは、本当に本当に可哀想でならない…と思ってしまいました笑
でも作中で運命の番っぽい?描写がされていた気がしたので、運命ならば仕方ない。
雨音の思うがままなのはちょっと許せないので笑、今後は思いきり甘やかされて、憧れの先輩の下のびのびその才能を発揮してほしいです。

肉厚な体、掘りの深いお顔の描写が見事

表紙の雰囲気が美しくて思わず購入。
帯を外すとあらまあな感じでなかなかに迫力がありました。
勝手にどんなドエロが待ち構えているのかと身構えてしまいましたが、お話は打って変わってなんとも純愛、ピュア、そして真摯。
ジョシュアもかずきも、相手がちゃんと納得するまで手を出さず、言動や仕草、表情などから、心から相手が大事で大好きなんだなぁと思わせていただきました。
そして見事なまでの体格差。重機と軽自動車って感じで大変おいしい。
最後の「甘ったれは~」はリバありませんの…?という終わり方でちょっとその後が見てみたい…。

ためこうさんの作品の中でもわりと上位に食い込むかもしれない…

ラムダンもウルジもわしゃわしゃ~~ってしたくなるくらい可愛い。
そして肉感のあるためこうさんの筆致で、色んな体位とアングルから描写されるおせっせシーンの美しいこと…ラムダンが体をしならせたときに浮き上がる肋骨の感じとかもうたまらないです。
程良く筋肉が付いたラムダンだけど、お肉は薄いんだね…!そしてウルジは筋肉もお肉もそれなりに乗ってるんだね流石お坊ちゃんだね!という体格差の描写が絶妙。
あとモンゴルぽい民族衣装・装飾とか風景も最高。
ためこうさんの絵でこういうの見たかった…!という願望が叶いました。しかも続刊!!
キャラクターの掘り下げも今後どうなっていくのか楽しみです。
ウルジの兄もどう絡んでくるのか気になります。

確かに、青くて苦い。

前作での陽気でラブラブな2人の印象からガラッと変わってシリアスで、タマミヤめちゃめちゃ苦労してたんだなあと…特にミヤ。
生い立ちがもうあれで、オーナーに拾われてから少しはマシになるのかなと思いきや…
衣食住提供してやるけど身体で稼げよ?っていう…その結果変に性癖こじれるし好きな人には変に誤解されるしでもうなんか可哀想すぎて一緒に泣いてしまいました。
タマはタマで頭の回転が!あれだし!(巻末の有朋くんのツッコミがほんとそれ!っていう…)
ただそこがタマのいいところであり本気出せば躊躇せず男気奮発するスパダリ候補でもあるので、二人くっついて本当に良かったなあと思いました。
オーナーのちくピをタマが外してくれたときはスタンディングオベーションでした。よくやったタマ。私もそれがとても気に食わなかった。

オーナーのお話が続刊として出るのかなあなどと思うのですが、個人的には赤と青のその後が見たいです…。