>
>
>
全腐女子にオススメしたい!英国映画『モーリス』

BLニュース

  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
2016/12/31 15:30
コメント:2

全腐女子にオススメしたい!英国映画『モーリス』

萌えあり、涙あり… 切ないBL好きさんは特に!


いきなりですが、全腐女子におすすめしたいのが、1987年のイギリス映画モーリス
ゲイ映画好き腐女子なら一度は見たことがあるのではないでしょうか。
舞台は、1909年のケンブリッジ大学。今となっては市民権を得つつありますが、この時代の同性愛は許されない大罪でした。
今回は、そんな『モーリス』の魅力をややネタバレ気味で語っていこうと思います。

【日本版予告篇 / モーリス】

<あらすじ>
同性愛が犯罪とされていた、20世紀初頭のイギリス。中産階級のモーリスは、ケンブリッジ大学に入学、そこで上流階級のクライヴに出会う。彼はギリシャ哲学に心酔し、同性愛を肯定している。モーリスはクライヴの影響を受けるようになり、やがて二人はプラトニックな恋愛関係となる。そんな中、旧友のリズリー子爵が同性愛の罪で捕まり…。


★オススメしたい3つのポイント

1、趣漂うイギリス男子寮

セレブ感漂うイギリス男子寮が出会いの場。キングス・カレッジの寮生モーリス・ホールは、優等生のリズリーと討論を交わすために訪れたトリニティ・カレッジで、一つ年上のクライヴ・ダーラムと出会います。そして二人は意気投合し、徐々に友情を深めていきます。

ゆっくり抱き合うシーンには思わず発狂しそうになりました…! この抱き合っている途中で友人たちが入ってくるのですが、お預け感がハンパない。というか、まだこの時点で二人はまだ付き合っていません。


ある日、クライヴがモーリスに告白します。「貸した本を読んだなら、分かっただろ。君が好きだ」と。動揺したモーリスはその場では「バカ言うな」と返します。

男子寮での食事中の気まずそうな二人の目線合わせがたまらなく萌えます。お互い動揺してて可愛すぎる。



しばらく気まずさが残る二人ですが、悩み、自分の気持ちに気づくモーリス。
それからというもの、原っぱでイチャイチャしたり、人目に隠れてキスしたり…


萌えポイントが多すぎて、息をするのがつらいです!
趣のあるイギリスの大学の雰囲気や風景が、非常に魅力的です。


2、時代・社会的背景の影響

「同性愛が許されていない時代」。この事実が物語を大きく動かします。
葛藤、苦悩、悩み…切ないBLを象徴する3大要素がギュッとつまっています。

たくさんの萌えを与えてくれた、ラブラブな大学時代を終え、二人の関係は徐々に狂いだします。
優等生だったリズリーが同性愛者として風紀罪で逮捕され、政治家志望だったクライヴは焦り、モーリスとの関係から逃げ始め…。



3、それぞれが交差する想い

クライヴへの思いを断ち切れずにいるモーリスは、催眠術療法での「治療」をはじめます。同性愛は病気であり、治療をすれば治ると考えられていたようです。この考え方が時代を思わせ悲しく感じられます。

そんな治療が効くわけもなく…ここで新しく登場するのが猟場番アレックス。モーリスはアレックスに迫られ、勢いで関係を持ってしまいます。


それぞれの交錯する想いが、美しい風景、音楽と融合し、よりストーリーの世界に惹き込んでくれます。
是非、映像で最後の結末まで見届けていただきたい作品です。
恋愛の切なさや純粋さを魅せられ、最後は涙が止まりません…!

萌えあり、切なさあり、涙あり…全腐女子の皆さんにオススメしたい、素晴らしい映画です!
まだ見たことがないという方、昔見たきりの方、是非この機会にご覧になってみてはいかがでしょうか!
モーリス検索結果:TSUTAYAゲオ

記者:馬子

ブックマーク
  • バックナンバー
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

関連記事

関連外部サイト

2
投稿順|最新順
匿名2番さん (1/1)
17/01/06 20:56
  • 中学ぐらいの頃、テレビの深夜放送でこっそり見て
    凄くドキドキしましたw
    思えばあれが、初めて観たゲイ映画だったのかもしれない。
    このサイトで姐さん方に色々な映画を教えて頂いたので、
    できるだけたくさん観れるよう努力いたしますv
匿名1番さん (1/1)
16/12/31 16:52
  • モーリス、子供の頃観た時は「はぁ?」って感じでよくわからなかったけど、大人になってから観返したら「なるほど!」となりました。ラストシーンが考えさせられます。