BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

驚愕!独自進化した中国BLの世界に迫る―中国語喘ぎ、聴いたことがありますか?

2017/09/10 18:30

web小説が盛り上がる仕組み、驚きの同人BLドラマCD、果ては同人小説から実写化まで!

ちるちる記者をしている台湾人腐女子・首長鹿さんと
中国語学習中の筆者と興味の湧くままに色々と情報交換をしていたところ、中国のBL界隈に関する驚きの事実を手にしました!
今回の記事ではその独自進化した中国BLの世界、その謎と現在の様子をお届けします!

中国腐女子界隈では「漫画よりも小説が主流で強い」のだそう。
あまりにも意外!日本と逆の状態ですよね。
もちろんそれには理由がありました。以下見ていきましょう!

①中国ではWEBの小説サイトが流行っている
こちらは 晋江文学城というサイト。所謂Pixivのようなサイトで、登録すれば誰でも小説が投稿できます。
このサイト、たくさんBLが投稿されています!
中国のBLはとにかくネットから発信されて、プロとアマの境界線が日本よりずっと曖昧みたいです。

これはWさんがオススメしてくれた人気の小説。priest先生という作家さんの『默读』(黙読)という作品です。
優しい包容力系警官攻め×スレて自暴自棄の元ヤクザ受けのお話です。
雰囲気としてはヨネダコウ先生の『囀る鳥は羽ばたかない』に似ているな~と思いました。

途中から有料公開になって、さらにお金を払うとペーパーバック版を送ってくれる仕組みらしいです。
中国では正規ルートで過激なBL描写のある本は出版できないのですが、同人通販ならチェックが入らないそうです……!なるほど。


②メディアミックスが盛んに行われている

上の項で紹介した『默读』、なんと映画化とコミック化が決定しています!

このページが作品リストなのですが、作品の横に映画のマークがついている作品が「既に映像化の版権が抑えられている作品」です。
漫画化よりも先に映像化が決まっている作品も見られます。
さすが映像化大国中国…!!

以前こちらの記事では中国発BLドラマ『双程』をご紹介しました。

日本でのテレビ放映も決定している作品ですので要チェックです!


③同人BLドラマ音声がとにかくスゴイ!!

筆者がWさんから教わって一番驚いたのは「同人BLドラマ音声」が非常に多く作られているという事実でした。

こちら、そのうちでひとつ言葉が分からなくてもなんとなく楽しめそうなものをご紹介してみます。
最初の部分と9:00くらいから(その他にもいっぱい)がいわゆる「絡み」のシーンなのでぜひ聞いてみて下さい。
聴いたことのない中国語喘ぎ、聴かせていただきました…(笑)
日本のBLCDだとまずないことなのですが、「絡み」のシーンになぜかボーカル入りのBGMが流れているのが印象的でした。
「广播剧 BL」などで検索するとさまざまな中国BL音声ドラマがヒットしますのでご興味のある方は試しください☆


いかがでしたでしょうか。
中国BL界、日本にちっとも情報が入ってこないもののこんなに発展しているんですね……!!
惜しむらくはそのどれも日本語翻訳版が出ていないことですね。
もっと他国のBLが気軽に手に取れるようになれば萌えの開拓も広がると思うのですが…。
今後に期待です。

記者:ジャージャー

関連外部サイト

コメント1

投稿順|最新順

中国喘ぎめっちゃ気になる!!(笑)

PAGE TOP