BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

腐女子3次元作品チャンピオン決定戦2018 邦画ランキング!

2018/01/03 13:14

邦画ならではのストーリー展開とキャラ達に悶えっぱなし!



みなさんは、BL邦画や一般邦画、ドラマ邦画全ての邦画から、イチオシの萌え邦画を選ぶとしたら、何を思い浮かべますか? 今回は、ちるちるの腐女子ユーザーにアンケートを実施! 
数ある邦画の中から選び抜かれたBL要素ありの【腐女子は一度は見るべき尊すぎる邦画ベスト10】をご紹介しようかと思います。
1位はあの邦画!? 人気の映画からからあのドラマまで! あなたはいくつ見たことがありますか?


伝えるって大事。ラストの展開に胸が張り裂ける!
第1位 映画『怒り』

 


『悪人』等の著者・吉田修一の小説を元にし、日本映画界を代表するキャストが集結した『怒り』が堂々の一位でした。2016年に公開し、大きな話題を呼んだ「愛した人は殺人犯なのか?」のキャッチフレーズが印象的ですが、その言葉通り、この映画では様々な恋愛について描かれています。
特に、東京編で描かれた藤田優馬役の妻夫木聡と大西直人役の綾野剛のシーンはインパクトが強かったのではないでしょうか。筆者も映画を拝見させていただいたのですが、

本当にエロい!
大人の色気がムンムンで舐めるように見てしまいました・・・しかし、その最後は予想外の結末でした。千葉編と沖縄編も本当に素晴らしいので、最後まで見て、ぜひタイトルの意味を理解して欲しい作品です。

最後、主人公の妻夫木聡の泣き顔が切なくなる。小説も読んだが、途中で悲しすぎてしばらく最後まで読めなかった。同性愛だからこそ起こりうる葛藤や苦悩を上手く描いていると思う。こういったかたちのBLはすごく心に染み入る。・・・匿名さん


人を信じることを問われている反面、理解できない怒りによって起こされた事件。心を揺さぶられました。ゲイカップル役の妻夫木君と綾野君の話は泣けました。・・・匿名さん


あらすじ・・・
ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。
窓は締め切られ、蒸し風呂状態の現場には、『怒』の血文字が残されていた。
犯人は顔を整形し、全国に逃亡を続ける。その行方はまだ知れず。事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。


ぶつかり合う信念と信頼。最高にカッコイイ男達!
第2位 ドラマ&映画『HiGH&LOW』

 


HiGH&LOW(ハイアンドロー)は、原作なしの完全なオリジナル作品。EXILE TRIBEをはじめ超豪華キャストが多数出演している、世界初の総合エンタテインメントに挑戦した企画です。
2015年に放送したドラマを皮切りに、映画、ライブツアー、インスタグラムをつかったSNSとの連動、更には「CLAMP」が「HiGH&LOW」をコミック化することが決定し、連載が開始されました!
とにかくアクションといい、セリフといい、カッコいいの一言に尽きます! 男同士の友情や、絆、信じているからこその決断、そんな大切なものを感じられる映画です。ハラハラしてドキドキして最後は泣けるエンタテイメント作品、ぜひ一度は見るべき作品です!

アニメかと思うようなキャラデザと設定。なんといっても雨宮兄弟にやられ、沼に落ちました。・・・匿名さん


なによりお金をかけた演出と、アクションがほんとに見てほしいです。少年漫画の熱い展開に萌えるって方にはとてもおすすめです。イケメンキャラたちの全力の喧嘩シーンや、イケオジ様たちの駆け引きなどほんとにいろんな萌えが詰まっております。あとナレーションの立木さんの声がたまりません…。・・・匿名さん


あらすじ・・・
「SWORD」地区―「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨一家」5つのチームが拮抗していることから頭文字をとってそう呼ばれていた。その地区にとある事件をきっかけに姿を消していた伝説の男が戻ってくる。そこからSWORD地区の日常は脆くも崩れ去り始める。過去から未来へ、今SWORD地区は未曾有の事態へと突入するー


傷つきたくない受け 傷ついても傍に居たい攻め
第3位 映画『どうしても触れたくない』

 


ヨネダコウ先生の大人気漫画『どうしても触れたくない』を実写映画化し話題になった映画です。ちるちるユーザーなら知らない方はいないのでは?
お互い心に傷を持つ全く違うタイプのふたりが最悪の出会いから一転、不器用な恋に落ちていく切なくもキュンとする物語を、見事に映像化した作品です。
とにかく、受けである嶋俊亜紀を演じた米原幸佑さんの繊細な表情と攻めである外川陽介を演じた谷口賢志さんのスパダリっぷりをぜひ一度は見てほしいです!

ヨネダコウ先生も、「かたくなさから素直さへ、そっけなさから優しさへ。ゆっくり変わりゆく嶋と外川。淡々とした画面から光と切なさが零れてきます。ぜひ、生きているふたりを見守ってください」とコメントを寄せています。

原作が大好きで、それがきっかけで見たのですが、嶋役の米原さんがとてもハマり役で、原作から抜け出して来たようでした。嶋の繊細な部分がすごく表現されており、素敵でした。・・・匿名さん


神キャスト、神演技、神演出、神撮影、神照明、神ロケーションetc.低予算でここまでクオリティー高い作品を作り上げた出演者とスタッフに拍手と感謝をおくりたいです。私の中の過去ナンバー1の日本映画です。・・・匿名さん


あらすじ
新しい職場に初めて出社した日、嶋はエレベーターで二日酔いの男と一緒になる。それが、新しい上司・外川との出会いだった。無遠慮で図々しいように見えて、気遣いを忘れない外川に惹かれる嶋だが、傷ついた過去の経験から、一歩を踏み出せずにいる。一方、忘れることのできない記憶を抱えながらも外川は傷つくことを恐れず、嶋を想う心を隠さない。そんな中、ある事件が起きて…


お前を信じてる。警察とヤクザの最強の相棒!
第4位 ドラマ『ウロボロス この愛こそ正義』

 

 
2014年までにコミックス18巻・累計200万部が発売されている人気作品をドラマ化した作品です。
ドラマの中でも、映画並みのアクションと豪華キャスト陣の迫力の演技、予想外のストーリー展開!
そしてなんと言っても、やるときはやる敏腕刑事・龍崎イクオを演じる生田斗真と抜群の頭脳でのし上がるヤクザ・段野竜哉を演じる小栗旬の相棒関係が堪りません…!
同じ養護施設で育った二人は、「信じるのはお互いだけ…」と互いを信頼しきっているのも最高です。誰にも知られてはいけない相棒として、母親代わりであった女性の死の真相を探っていくエンターテイメントストーリーです!

最高のメリバ。腐女子的視点を抜きに見ても最後までハラハラできて面白い。…キリン組さん


初回から私のココロを鷲掴みにされた後、長らく離れていた創作に手を出し、R18小説を書きまくった思い入れのある作品故、これ一択しか選択肢はありませんでした(笑)…匿名さん


あらすじ

児童養護施設・まほろばで育った龍崎イクオと段野竜哉。2人が小学生のとき、母親のように面倒を見てくれていた施設職員の「結子先生」が何者かに殺されるのを目撃してしまう。犯人について2人は警察に証言するが、その言葉は“金時計”をした警察関係者に握りつぶされた。
それから20年。イクオは刑事となり、検挙率は署内ナンバーワンの実績を誇っていた。一方、竜哉は抜群の頭脳を生かし暴力団・松江組の幹部として闇の世界でのし上がっていた。警察とヤクザ…決して交わることのないはずの二人の目的は、事件を握りつぶした「金時計の男」を警察内から探し出し、真実を探り出し、最強の権力組織である“警察”の闇を暴くこと。


本当の悪? その手に掴んだ真実の結末とは…?
第5位 ドラマ『小さな巨人』

 


一時期、ドラマの中の香川照之さんのあるシーンが有名になったりと、最終回まで話題が途絶えなかった人気作です。
下剋上とも逆襲ともとれる、痛快なストーリーに引き寄せられた人も少なくはないかと思います。主人公である正義を貫く警察官・香坂を演じた長谷川博己さんの演技はもちろん、普段は寡黙気味な香坂が時たま見せる感情の色に引き寄せられます! 
生意気な後輩警察官・山田を演じた岡田将生の香坂に対する態度もなかなかに萌えポイントです。ストーリーはかなり見応えがあり、どんでん返しの連続です。
「悪」なのに「味方」であったり、「正義」なのに「敵」であったりと、豊富なキャラクター達に翻弄されつつ、怯まず突き進んでいく香坂の姿をぜひ、ご覧ください!

香坂さん受けに対しての攻めが豊富です。年下の麗しい部下、正義を貫く上司、権力を握り悪事に手を染めた上司、いつも助けてくれる同期。見た目の良さは去ることながら、関係の絶妙さが素晴らしいです。…ななさん73


長谷川博己さん演じる香坂警部が兎に角細くて美しい。これだけでもしんどいのに、部下の山田春彦(岡田将生さん)が公式で香坂警部のストーカーであり、本編9話ではラスボス的に描かれる小野田捜査一課長(香川照之さん)との、キス寸前シーンがあり、これには山田ユギ先生のTwitterでもコメントがありました。匿名さん


あらすじ

警視庁捜査一課強行班1係長の香坂は、今年三度目の捜査本部事件を解決する活躍をみせていた。しかし、ある事件の濡れ衣を上司である小野田にきせられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。
そんな時、日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田和正が誘拐される事件が発生する。誘拐犯は身代金を要求している。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂であったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。彼は窮地を脱し、捜査一課に返り咲くことはできるのか!?


堅物犯罪学者と関西弁推理小説家コンビはヤバい…
第6位 ドラマ『臨床犯罪学者火村英生の推理』

 


本格ミステリの匠、有栖川有栖が描く『臨床犯罪学者 火村英生』をドラマ化した作品です。
さすがの綿密なミステリーとコミカルな2人の関係にハマること間違いナシです!
筆者の大好きな窪田正孝さんが、推理小説家である有栖川有栖を演じ、警察から依頼を受ける犯罪学者火村英生を斉藤工さんが演じています。2人の互いに補い合うような関係が最高。個人的には、窪田さんの関西弁がかなりツボでした。
原作者である有栖川先生も「彼らの<推理の冒険>をドラマでご覧いただけるのは原作者としても喜びです」とコメントを寄せていました。

元々ミステリが好きで原作を既に読でいたのですが原作からアリスと 火村の関係性が素晴らしく、満を持してのドラマ化が一原作ファンとして本当に満足出来るものだった。…匿名さん


アリスと火村の関係がとても萌えて原作を揃えてしまいました…。とくに窪田アリスはほんとに仕草一つ一つがかわいいです。…匿名さん


あらすじ
英都大学の准教授・火村英生(斎藤工)は、警察の依頼を受けて殺人事件の捜査協力をする。彼は「人を殺したいと思ったことがある」と公言し、究極の犯罪を追い求める。心に闇を抱える火村を見守りサポートするのは、友人の推理作家・有栖川有栖(窪田正孝)。火村は有栖をパートナーに、数々の事件を解決してきた。しかし、そんな二人の前に、ある事件が立ち塞がる…


ぶつかる野望と友情と裏切り・・・美少年達の戦い!
第7位 映画『帝一の國』

 


集英社ジャンプSQ.で2010年から6年間連載された『帝一の國』を実写映画化した作品です。
主人公・赤場帝一役を菅田将暉さんが務め、またライバルとなる個性的な生徒達もイケメン人気俳優達が演じたことで話題になりました。なんと言っても、そのクオリティの高さ、そして役者さん達の本気の演技に目を奪われてしまいました・・・。
更には、キャッチコピーにもあるように本当に役者さん達が美しい! 
美少年勢揃いからの学ラン姿は必ずハマる人が居ると思います。
ストーリーもさすが、『帝一の國』だというもので、青春あり、笑いあり、涙あり、ハラハラあり、と申し分のない最高の映画でした!

名門男子校で繰り広げられる生徒会長の座をめぐる戦いとそれにまつわる男たちのちょっと過剰すぎやしませんかね!?という関係性が描かれた映画です。とにかく俳優大勝利映画です。俺様系、かわいい系、インテリ系、少女漫画ヒーロー系とどの役者も信じられないほど役にはまりきっているところに怒涛の勢いで投入される「BL!?」というようなサービスの連続に映画館で硬直しました。
BLじゃない、ちょっといきすぎた友情だよと思いながらもそんな…… 誰がこの映画で乳首責めが見れると思っただろうか……。これを超えるBLを感じる映画なんてこの先早々出てこないのではと感じさせる映画でした。…ミノさん


若手イケメン俳優6人が同じ画面に集結してる眼福感とそこはかとなく漂うBL感…腐女子はぜっったい観るべき…ひょっとこハム太郎さん


あらすじ
・・・
全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門・海帝高校。財政界に強力なコネを持ち、海帝でトップ=生徒課長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。時は4月、新学期。大きな野心を持つ男が首席入学を果たす。新一年生・赤場帝一。彼の夢は「総理大臣になって、自分の国を作ること」その夢を実現するためには、海帝高校の生徒会長になることが絶対条件。誰よりも早く動き始め、生徒会長になるため待望の第一歩を踏み出した帝一。待ち受けているのは、想像を絶する罠と試練! 友情と裏切り! 究極の格付けバトルロワイヤル! いま、命がけの「生徒会選挙」が幕を開ける!


平和に言葉はいらない、戦場に届いた愛の形・・・!
第8位 映画『戦場のメリークリスマス』

 


1983年5月に日本公開された映画です。
ビートたけしさんも出演されている映画で、戦争という重く暗い世界の中での宗教や価値観の違い、けれどその中で消えることはない光を感じさせてくれる映画です。最後の台詞には思わず筆者も大号泣してしまいました・・・
また戦争映画であるにも関わらず、アクション等は見られず、出演者は全員男性で、多くの言葉や、仕草で全てが語られています。直接的ではありませんが、同性愛を仄めかす表現があったり、頬にキスをするシーンがあったりと、言葉さえ完璧には通じてはいない彼らの関係に思わず胸が熱くなりました・・・!
価値観の違いの中から生まれる飽和状態。ぜひ一度見て欲しい作品です!

主要なメンバーがみんな若かった!! 景気のいい時のせいか、みんながぎらぎらしていて、時代のエネルギーが溢れている。静と動、カメラ・ワーク、些細な視線・表情の動きで感情の揺れや、心がわかる。そこに被さるように挿入される音楽が、時に不安を煽り、時に希望を垣間見せ、相手に対しての想いを複雑に表現しながら、決して邪魔になる事なく淡々と流れていく。ボーイソプラノRide,Ride through TheMoon~は、胸に染み入る。 ラストシーンの笑顔に泣ける。…芳年さん


デヴィッド・ボウイがとにかく美しい。個人的に殺伐とした空間でのやり取りに萌える。ヨノイが明らかにセリアズを気にしているのがクーデレだと思います。…匿名さん


あらすじ
・・・
1942年、日本統治下にあるジャワ島レバクセンバタの日本軍俘虜収容所で、朝鮮人軍属カネモトがオランダの男性兵デ・ヨンを犯す。日本語を解する俘虜の英国陸軍中佐ジョン・ロレンスは、ともに事件処理にあたった粗暴な軍曹ハラと奇妙な友情で結ばれていく。
一方、ハラの上司で所長の陸軍大尉ヨノイは、日本軍の背後に空挺降下し、輸送隊を襲撃した末に俘虜となった陸軍少佐ジャック・セリアズを預かることになり、その反抗的な態度に悩まされながらも彼に魅せられてゆく。
同時にカネモトとデ・ヨンの事件処理と俘虜たちの情報を巡り、プライドに拘る空軍大佐の俘虜長ヒックスリーと衝突する。東洋と西洋の宗教観、道徳観、組織論が違う中、各人に運命から届けられたクリスマスの贈りものが待っていた。


階段にお前と座って喋るだけの青春って最高すぎる
第9位  ドラマ『セトウツミ』

 


別冊少年チャンピオンにて、2013年から2017年まで連載された、此元和津也作の漫画を実写映画化した作品です。
内容はただただ大阪の男子高校生2人が川の前の階段で暇つぶしをしているだけの内容という衝撃的なものです。派手な喧嘩もなく、部活もせず、ただ日常が流れゆくその様を見るのは、正直飽きるのでは・・・? と筆者も思いましたが、実際見てみるとコレがやみつきになってしまいます! 
キャッチコピーの「この川で暇をつぶすだけのそんな青春があってもええんちゃうか」という言葉通り、誰もが経験して、誰もが忘れられない日常の青春ストーリーを見事に描いていると思います!
主軸となる天然バカな瀬戸小吉役を菅田将暉が、インテリ内気な内海想を池松壮亮が演じていて、そんな2人のやりとりに思わず顔がにやけてしまうのは間違いなしです。

普通の男友達と一緒に見にていたから、観てる時は澄ましてたが、男子高校生の2人だけ会話が萌えないわけがないから全体的にシンドかった想い出が強い。…白がゆさん


セトとウツミの間に愛が流れています。…bamriさん


あらすじ
・・・
高校2年の瀬戸小吉と内海想は、同じ高校に通っている。クラスは別だが、いつも放課後に同じ場所で待ち合わせし、内海が塾に行くまでの1時間半を、ただただ暇つぶしする…そんな関係であった。
全く共通点のない2人だったが、妙に会話だけは気が合った。そんな2人の男子高校生のただ喋るだけの青春ストーリーである。


ふたりだから、事件は解決する
第10位 ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』

 


小栗旬と西島秀俊が連続ドラマ初共演ということもあり、話題になった『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』です。
元自衛隊員の過去を持つ捜査官・稲見 朗役を小栗旬が、公安部からの移動を命じられた過去を持つ捜査官・田丸三郎役を西島秀俊が演じています。
アクションシーンも見応えがあり、時たま見せる登場人物達の心の傷がより一層、物語にのめり込むアシストをしてくれています。西島さん演じる田丸は、小栗さん演じる稲見のことを気にかけるシーンがいくつかあり、信頼の形が見えてグッときました。また、ここでテーマになっている善と悪が、彼らを大きく揺れ動かしていくのですが、その結末はぜひ、皆さん自身の目でご確認ください!

小栗旬と西島秀俊のアクションシーンに燃え、二人の大人な距離感とお互い信頼しあっている様子に最高に萌えました。性格が正反対なのがグッド。年齢差、身長差もグッド。ストーリーも熱い展開で純粋に面白い作品でもあり、最高なドラマでした!…匿名さん


小栗旬さん演じる稲見と、西島さん演じる田丸のコンビが最高でした。暴走しがちな稲見を抑える年上でしっかり者の田丸さんと、そんな田丸さんが時々見せる危うい部分を放っておけない稲見という、この関係性…!ぜひまた二人のコンビを見たいです。…匿名さん


 あらすじ・・・
元自衛隊員の稲見朗と、元公安の捜査員・田丸三郎が所属する公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・鍛冶大輝、直轄の秘密部隊。
常識では計れない事件に脅かされる現代で、各分野のスペシャリスト5人が集結し、国家に危機をもたらす政治的事件やテロを秘密裏に捜査し、解決を図る。次々に起きる凶悪事件を解決することはできるのか・・・!?




いかがでしたでしょうか?
皆さんが思い描いていた邦画はランキングに入っていましたか? 「新しい邦画に出逢えた!」という方は、ぜひ一度見てみるのをお勧めいたします! かくゆう、筆者も新しく出逢った邦画を見てみましたが、かなりハマりました・・・! 面白くて綺麗で萌えっぱなしの素敵な邦画・・・まだまだチェックしていく必要がありそうですね!

記者 獅子舞

PAGE TOP