どうしても触れたくない

doushitemo furetakunai

どうしても触れたくない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神719
  • 萌×2118
  • 萌90
  • 中立52
  • しゅみじゃない48

33

レビュー数
205
得点
4389
評価数
1027
平均
4.4 / 5
神率
70%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス CRAFT Series
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813051473

あらすじ

…なんか変なコトしたくなるよ、お前… 新しい職場に初めて出社した日、嶋はエレベーターで二日酔いの男と一緒になる。それが、新しい上司・外川との出会いだった。無遠慮で図々しいように見えて、気遣いを忘れない外川に惹かれる嶋だが、傷ついた過去の経験から、一歩を踏み出せずにいる。一方、忘れることのできない記憶を抱えながらも外川は傷つくことを恐れず、嶋を想う心を隠さない。好きだけど、素直にはなれない…… 不器用な想いの行方は?
出版社より

表題作どうしても触れたくない

外川陽介、辛い過去を持つシステム課長、29歳 
嶋俊亜紀、トラウマをかかえる部下、26歳

その他の収録作品

  • 週末
  • 小野田課長は憂鬱
  • 夜明け前

評価・レビューする

レビュー投稿数205

これぞボーイズラブ

はじめて読んだのがたしか四年くらい前だったかな?
名作と知りつつ絵が苦手でずっと読まず嫌いの状態だったのですが、読んだあとには『もっと早くに読めばよかった!!!』と後悔したくらいの激しい萌えと感動がありました。

私の中では、これぞBLという作品です。
なぜ男同士で恋をするのか?どうしてこの人でなければだめなのか?という、BLならでは恋愛の難しさがすごく丁寧に描かれていて、読んでいて『BLってやっぱり最高だな』と改めて感じました。
嶋くんのウジウジっぷりははたから見ていてもどかしいものがありますが、過去の恋愛を思うとああやって臆病になってしまうのが痛いほどわかるし、そんな嶋くんを丸ごと愛してそれを真摯に伝えてくれる外川さんは本当にいい男だなぁと思います。
嶋くんが外川さんに出会えて本当に良かった…個人的にBL界ナンバーワンベストカップルです。

何度読み返しても同じところでときめくし同じところで涙が出るし、読んだ後には心の底からBLが大好きと思わせてくれる大名作です。本当に大好きです。

1

永遠に。バイブルにしてBLの金字塔。

最新刊の「Op」を読了したのもあって、読み返すことにしました。
もぅ何度も読み返しているので、平気かと思いきや…やはり号泣でした。涙が止まらない。
孤独な魂と魂の邂逅を描いた傑作だと思います。
嶋にとっては、「囀る鳥は羽ばたかない」にある言葉の様に。
「人を好きになる孤独を知った。それが “ 男 ” だという絶望も知ったーーー。」
それでも。人は生きていくし、人を好きにならずにはいられない。
嶋は外川を愛して行くという覚悟をしていく。
外川がまた、カッコいいんです。心にも無い別れを口にする嶋に言います。
「お前の気持ちはお前のモンだけど…。俺の、お前を好きな気持ちまで、踏みにじる権利は無い。」
嶋はこの言葉にガツンと来ます。読み手側にもこれは突き刺さります。
幸せは、その人のものであって。誰か他の人が決める事では無い。
そして、不幸だと思う過去も痛みも自分で乗り越えて、生きていくしか無い。
とてもシリアスなテーマだけど、外川の飄々とした態度や、同僚の小野田の温かさにホッとするところもあって。その温かさにもまた涙。
「囀る〜」もそうですけど、ヨネダコウ先生は作品を貫くこの大きなテーマをまるでライフワークの様に描き続けているのだとも思いました。
いつ読んでも永遠に。バイブルにして金字塔だと思います。

3

時間を経ても、素晴らしい作品です。

久しぶりに読み返して、じわっと涙してしまったので、レビューさせていただきます。

正直、最初に読んだときは嶋くんの煮え切らない感じがあまり好きではなかったんですが、訂正します。
この作品の凄い所は、恋愛、だけではなくて、恋をする、ずっと一緒にいたいと思う、家族になる、子供を持つ…フツーなら出来ると思われていることが出来ないと思っている嶋くんを通して、恋愛とは何か?好きになるって何か?を考えさせてくれる所です。もちろん、他にもたくさん凄いんですが。
葛藤した結果、どんなに少ない時間でもいいから一緒にっ、って外川さんに言えた嶋くん。外川さんは悩みながらも『好き』に正直で、何だか安心します。

そして「それでもー」の方もまた読んでしまうんですよね。

2

スルメみたいな作品です。

受の嶋の過去が可哀相過ぎて、踏み切れない気持ちも、信じられない気持ちも、凄くわかるんです。
そんな陰気な嶋くんに、あっさり手を出し、じんわりじんわり好きになっちゃった攻の外川。
まぁ、外川の方が実は暗い過去を抱えているのに、前向きな感じや、ダルダルな感じがきっと嶋くんを救ったんだろうなぁと思います。

読んでいて号泣ではないけど、うっすら涙がでました。
高評価な作品で、惹かれて読みました。最初に読んだ時も物語に引き込まれましたが、その後何度も読んで、どんどん好きになりました。後からくる良さ!があります。読めば読むほど、好きになる!

4

珠玉のBL入門書

私はこの作品からBLの沼へとはまっていきました。

NLにないBLの魅力は同性であるが故に生じる障壁だと思います。
嶋は外川のことを思うからこそ、"普通の"幸せを手に入れてほしいからこそ、自分の気持ちを抑えて離れることを決意した。
どうしても触れたくない、ふれないでほしい、この決心が揺らぐから
私はそんなふうに捉えましたが、読み返す度に考えさせてもらえます。

コマ割りも映画のワンシーンのような静けさを感じます。中でも外川に預けられたタバコを落としたシーンは格別です。

友人に貸してもらって読んだものの、後日自分で購入しました。
買って後悔しないずっと手元においておきたい作品です。
非常に読み応えがあり、何年経っても色褪せません。
もうドラマCDや実写化などもされてますので知名度は十分すぎるほどですし、評価も賛否両論ありますが、私は入門書としてこれ以上の作品はないと思います。

5

受けの感じる顔にきゅんとしませんでした。

あまり好みではありませんでした。

2人ともキャラとしては好きだし、絵柄は可もなく不可もなくといった感じなのですが、どうもCPとしてはハマりませんでした。

どちらかというと、『それでも、やさしい恋をする』の方が好みです。

ここまで健気で大人しめな受けが得意ではないのもありますが、現実味がある題材にやや現実味がない受けキャラが組み合わさったのがダメだったのかもしれません。

もし世界観が学生物であったなら、受けキャラにも現実味が帯びてきっと今より面白く読めたと思います。
ある意味、学生ものと比べ社会人ものはキャラの性格に多様性を出しづらい、または違和感が出やすいのかもしれません。(個人的な、意見です)

5

好きになればなるほど相手の事を考えるんですよね

この作品に出会いまた腐の世界に舞い戻ってきた、思い出深い作品です。
発売からもう10年近い時が経ってるんですね。
いつまでも色褪せない名作だと思います。

外川に惹かれるが、惹かれる思いと共に外川の過去が重くのしかかる。
外川を思えばこそ、自分の気持ちに素直になれない嶋の気持ちが痛々しくて悲しくてどうしょうもなかったです。
【禁】の煙草を見た時の嶋の涙に私も号泣。。。

嶋の性格上、その後も外川に翻弄されそうだけど、外川はそんな嶋をずっと大事にしてくれそう。
読み終わったあとそんな未来も見える、素敵なラブストーリーでした。

5

もうなんか最高です

BL界でもとても有名な作品なのでずっと読んでみたいと思っていました
攻めも受けも王道な感じがして、異常なものばかりを最近読んでいたので腐女子になったころの初心に返りながら読み進めていました

題名の通り切なく、でも甘く、一筋縄ではなかなかうまくいかなくとてももどかしかったです
ああもうくっつけ!!! と読みながら悶えていました

その分、最後にくっつくシーンはクるものがありますね
トラウマを抱えた受けを温かく包み込む攻めのイケメンさにただただ惚れました

本当にこの人の作品ははずれがないですね
作者買いをこの人はしても安心できます

6

今更ですが

有名な作品なのでレビューや神評価が多いですが、それらに惑わされずにまっさらな心で読んでもらいたい作品です(と言いつつレビューを書いているのですが笑)。
今更感がすごいですが、とても好きな作品で初めてのレビューはこれにしようと思っていたので書かせていただきます。
とにかく嶋くんがかわいくて、外川さんはかっこいいです。何度も読みましたが、何度読んでも読んだ後にこのシーンは良かった、あのシーンは感動だったと思い返してはまた読みたくなる、そんな作品です。
CDも実写も素敵でしたが、ぜひ原作を楽しんで頂きたいです。

6

同性同士の恋愛の辛さを巧みに描いている名作

レビューするか悩んだのですが自分にとって特別な作品なので思いきってレビューさせていただきます。(回りくどい言い回しはご愛敬でお願い致します笑)

この作品はBL (男同士の恋愛)という設定を最大限かつスマートに、けれどエンタメであるということを忘れることなく萌えを押さえながらも巧みに活かしている名作だと思いました。

同性同士の恋愛における悩みが2人の過去によって提示されるのですが
この過去が物語の中で進行していく2人の恋愛に、障害であり動機として無駄なく本当に見事に絡んできます。
読後すぐより冷静になった後、反芻した時に凄いな匠かよ!と思わせてくれるんです。

そしてセンスが如実に現れる(と私が勝手に思っている)、構図の上手さ(間の空け方)とセリフのセンスの良さですよ!
毎作品ごとに思うのですがヨネダさんのセリフ選びが私は本当に大好きです!

表現の上手さは要所要所のセリフのチョイスだけでなく差し込み方や小道具の使い方にも現れていて(小道具の使いかたも本当にお上手ですよね!スピンオフともさりげなく絡んでいたり)、どこまで計算して作られているんだろうと感心するのと同時に
構成の上手さも含めプロ漫画家さんってこういうものだよね!というプロの凄さを改めて実感させてくれました。

なんだか少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが私の素直な感想は、「これはBL漫画の1つの完成形なのかもしれない!」です。

そして、そして何よりも嶋くんが健気可愛い!外川さんなんだかんだカッコイイ!

そんな2人にいつまでも幸あれ!

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ