どうしても触れたくない

doushitemo furetakunai

どうしても触れたくない
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神784
  • 萌×2127
  • 萌101
  • 中立55
  • しゅみじゃない54

34

レビュー数
209
得点
4786
評価数
1121
平均
4.4 / 5
神率
69.9%
著者
ヨネダコウ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス CRAFT Series
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813051473

あらすじ

…なんか変なコトしたくなるよ、お前… 新しい職場に初めて出社した日、嶋はエレベーターで二日酔いの男と一緒になる。それが、新しい上司・外川との出会いだった。無遠慮で図々しいように見えて、気遣いを忘れない外川に惹かれる嶋だが、傷ついた過去の経験から、一歩を踏み出せずにいる。一方、忘れることのできない記憶を抱えながらも外川は傷つくことを恐れず、嶋を想う心を隠さない。好きだけど、素直にはなれない…… 不器用な想いの行方は?
出版社より

表題作どうしても触れたくない

外川陽介、辛い過去を持つシステム課長、29歳 
嶋俊亜紀、トラウマをかかえる部下、26歳

その他の収録作品

  • 週末
  • 小野田課長は憂鬱
  • 夜明け前

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数209

ゲイ側の気持ちが凄くリアル

「囀る鳥は~」にハマって、この作者の他の作品を読みたくなり読んでみましたが
「ゲイの気持ち」を本当にリアルに綴ってると思います。
このサイトには女性の方が多いと思いますが、多分、分からない人多いんじゃないかなと
思わざるをえないです。それくらいに"ゲイの"心情の表現がリアルな作品です。


女性やノンケの男というのは将来の夢や願望を考えるにあたって少なからず
「自分の子供」「家族」などがチラつくのが殆どです。成人だと特に意識します。

子供も産めず「世間一般的な家庭」を築く事ができないゲイは、それらとは無縁です。
そんな嶋がノンケの外川にトラウマを抱えながらも惹かれ、体だけの関係になり
「(トラウマからの)自分の学習力の無さ」に呆れつつもズルズル流されます。

体の関係だけって事で嶋も割り切る事だってできたはずだし(ゲイには多い)
なのに色々考えてしまうのはやっぱ思いを寄せてるからなんですよね。
そんな中でふいに聞かされた外川の過去と「正直、家族ってもんには憧れる」って言葉。
これはもうね、ほんっと『トドメ』ですよ。

だって無理ですもん。幾ら2人がどれだけ愛し合っていても家族(家庭)は作れない。
自分が思いを寄せてる人からそんな事を吐露されたら引き下がるしかないですよ。
それに外川のあの過去でしょ?もう説得力ありすぎというね・・・・。

あと、"ゲイには結婚が無い"から『付き合ってもいずれ別れる』っていう真理を嶋が
「どんなに少ない時間でも良い、心変わりするまででも良いから一緒に・・・」って
言うあのシーンは本当にウルっときた。本当にリアル過ぎる。


ゲイに限らず、結婚に至らない恋愛なんて「いずれ別れるもの」じゃないですか。
でも「どーせ別れるから」っていう前提で付き合う人なんて居ませんよね。
それはどうしてなのかっていう、その心情をうまく表現できてるなぁと思いました。
この方の作品は他にも色々あるみたいなのでもっと読んでみようと思えた作品でした。

25

ほんまに名作です。

話題だし読もうかな思てたんですが、元々ガッチリ系男子が好みなゲイの為に、なかなか女性向けのBLの絵柄に手が出せなかったんですが、開き直って色々手を出し始めたのと共に買いました。なので、ハマりだしたのがかなり遅いかとは思いますが、この思いをどっかで吐き出したかったので。
率直に言うとこんなに泣けるBLは多分もう出てこないんじゃないでしょうかってぐらい感動しました。ゲイ向けでもありますねこれ。
だってノンケと恋をしてゲイだとバレた時の周りの反応が怖いから冷静でいようとする主人公の考えや言動が凄く現実的ですし、特に自分自身が傷つきたくないが為に相手を突き放そうとする行動もわかるんです物凄く。
特にカラダからの関係で始まると、けっこう拗らせてしまうし、相手が家族を持ちたい願望があると手を引いてしまいそうになるその駆け引きの描写もかなり訴えかける感じで泣きながら読み進めてました。それでいて所々ある性描写は過激ではなく大人の恋愛って感じで決して無駄だと感じられなかったです。
長文失礼いたしました。

13

静かで臆病な、大人の恋のはなし。

わざわざレビューを書く必要がないくらいレビュー数がありますが、
私の中でいまのところ一番のコミックスなので書かせていただきます。

ヨネダコウさん初コミックス。
このコミックスの発売が9月はじめ。しかし10月の半ばにはいくつも梯子しても見つからないという売れ行きでした…。
でも手にとって納得。
棚に並んでいるだけで綺麗なんです!
暖かい部屋の色に光の入り方が綺麗で。怯え気味な嶋をそっと大事そうに包もうとする外川さんも、また…。加えて帯がトレーシングで綺麗だし、木原音瀬さんが推薦文を書いてる。
これは表紙買いの人もたくさんいただろうなあ。

読みながら声を出すほど号泣しました。
次の日はこのはなしが頭の中から消えなくて、思い出し泣きができそうでした…
幸せに泣きそう、で。
本当によく、じっくり練られてる作品ですよね。無理がない。
よくある、いわばテンプレなゲイとノンケの葛藤ですが、その辛さとかを、現実的によく引き出してると思いました。
ヨネダさんの、切実なモノローグと、キャラクターたちの言葉のテンポのよさと沈黙。時々入る軽くて、ちょっと下品なセリフが、作品を重くならないようにしてる。画面も、陰影を上手く出して雰囲気を作り出すヨネダさんお得意の手法とかが合わさって、まるで映画を見ているよう。
最後の書き下ろしが、またとっても幸せで、嶋と一緒に泣きそうでした。
…恋をしたくなります(笑)

BLはファンタジーだ!と私も思う人ですが、これはもうちょっと自分のいる現実と(かなり)近づけて、いろんなことを考えられる作品だなぁと思います。
何がこんなにも響いたのかといえば、やっぱり、恋について現実的に書いているからなんだろうな。
木原さんも書いてますが、『大人のお姉さんにじっくり読んでもらいたいお話』ですね。

絵があんまり…と思っても、ちょっと読んでみてください!
いっつも無表情な嶋のかわいい表情にドキッときたら、もうはまってます。ツンデレはやっぱりいいなぁ…!
あ、嶋のほくろと、外川さんの背中のえろさにもどきどきしたら負け(笑)

名場面がたくさんありすぎてほんとに語りきれません。
いいとこばっかりで拾いきれない!そして何度読んでも飽きない。
とってもかわいい嶋の不器用さと必死さや健気さ、外川さんの男前さをどうぞ堪能してください。

11

今の時代の空気感にピッタリ!のメガヒット作品

私がレビューする必要ないほどの大大大ヒット作!!!

今更内容について触れる必要はないと思いますので、
メガヒットの理由について勝手に分析してみようと思います。
決して酔っ払った勢いなどではなく、真面目に考えました。←前置きする所が怪しい

この作品は「過去に付き合った相手に酷い仕打ちを受けて恋愛に踏み込めないでいる嶋君」と、「ノンケだけど相手の心にドーンと踏み込むことが出来る外川さん」というキャラが異常なほどマッチしていると思いました。

嶋君という人間は、恋愛に臆病なのは傷ついた過去も影響してはいますが、元々相手に踏み込んで自分が傷つくことが怖いと思っている「立ち入らないことが優しさ」のタイプだと思います。だから前に付き合っていた人とは分かり合えずにあんな事になってしまった気もします。嶋君が変に空気読んで自分の気持ちを伝えないから。
一方外川さんは相手の心の中に入り込んでそこに座り込み、一緒に笑ったり苦しんだりすることが出来る大きな優しさを持った「立ち入ることが優しさ」のタイプだと思います。
二人が違うタイプの優しさを持っているためにすれ違うんですが、ところがデコとボコが一旦噛み合うと最強のカップリングになるという。これ以上ないほどお似合いの二人じゃないかと思います。

嶋君の優しさは一見相手を思いやってのことのように見えますが、自分が傷つかないための防衛手段であることは明白です。嶋君だって本当は外川さんが自分を傷つけるような人じゃないと分かっているはず。それでも嶋君のようなタイプは「外川さんを傷つけて、自分も傷つくようなことが起きたらどうしよう」と思うわけです。それだったら最初から傷つかないための防衛手段として外川さんから離れたほうがいいんじゃないかと考えます。

ここがこのストーリーの最大のポイントじゃないかと思います。
相手の心に踏み込まないことは優しさではあるけれど、でも例え傷つけ合うことになったとしても、
相手の心に踏み込まなければ深い絆や深い愛情が生まれるわけがない。

でも誰しもが踏み込んだ結果、相手を傷つけたくないけど、自分も傷つきたくない。
多分こう思うことは自然なことだと思います。
特に恋愛に関しては傷つきたくないと思っている人は多いと思います。

だから嶋君が傷つくかもしれないけど、それでも勇気を出して外川さんの所まで追いかけて行った姿や、正直に気持ちを伝えた場面に感動した人も多かったんじゃないかと思います。

また外川さんのほうも嶋君よりよっぽど重い過去があるけれど、それを前面に出していない所がこの作品の良い所だと思います。そういう部分を見せつけるわけでもなく、かと言って隠しているわけでもなく。
何かを乗り越えた人物として登場したところに、重苦しさがなくてウケたんじゃないかと思います。こういうのをもっと重く出して欲しい人には物足りなかったと思うのですが、傷をえぐり出して見せつけるような人物として外川さんを登場させてしまうと、嶋君はああいうタイプなので恐れをなして近づくことは難しかったように思います。

外川さんタイプの人はどの世代にもいるタイプだと思うのですが、嶋君タイプは新人類に多いタイプだと思います。
というわけでこの作品は嶋君のような「立ち入らないことが優しさ」であるというタイプに共感できるかどうかで作品への評価が大きく分かれそうだと思いました。
嶋君タイプが理解不能、めそめそ泣くなんてそれでも男か!好きなら好きって言え!!と思った人には全然楽しめない内容だったと思います…。

内容自体は王道中の王道ですが、二人の重い部分を全面に出さずに、今の時代にマッチした空気感で描いたことがヒットに繋がったのかもしれません。

それに、嶋君のような過去に傷ついて臆病になっている人間が、誰かに強引に説得されたわけじゃなく、自分から外川さんの所に飛び込んで行ったことが、感動を呼んだのではないかと思いました。傷つくことを恐れて防波堤を張っていた人間が、自分の殻を破って相手の方に飛び込むっていうイベントこそが今の時代の人が求めている人間関係なのかもしれません。
傷つかないために上辺だけの付き合いをしたって、本当は虚しいですから。

他の作品にもこの作品と似通ったような設定はいくらでもあると思うのですが、
この作品は他の作品と違って、唯一、嶋君タイプの人間が相手の心に飛び込む瞬間までの道のりを実によく描いている作品だと思います。

で、ここまで長々と書いといてなんですが、
…とか言って実は大人の事情で売れただけだったらビックリだわ。
いやでもかなりの実力のある方には間違いないです!

すみません、ヒットの理由を理屈っぽく書く事はできませんでした。ただの感想です←
なのでお分かりだとは思いますが、誰かにこの考え方を押し付けようと思って書いたものではありません。ほぼ自分に向けて書きました←おい!

10

クライマックスの大胆さ

はかなげで壊れそうで、
庇護欲を掻き立てられるルックスを持ち、
トラウマから人と関わることを避ける
素直じゃない性格の嶋。

彼の仕草や表情は、
いちいち萌えツボを刺激します。

最初のキスシーンの
嶋の困ったような不安そうな表情などは
無自覚な小悪魔というか…、
いっそ魔性性がある気がします。

お話自体は、
深く人と関わることを恐れ、
傷つきやすくネガティブな嶋が、
外川と出会ったことで
自分らしさを取り戻して行くという
ヒューマンドラマ風味のBL。

序盤では死にそうな顔をしていた嶋が
後半では笑顔を見せるのが
純粋に「本当に良かった」と思えます。

そして、いっそ恨まれても、
忘れずにいてくれることに希望を感じる
嶋の深い想いが、外川に届いて本当に良かった。

台詞や心の声などは控えめで、
視線やふとした表情、雰囲気などで
読み手に判断を委ねる場面が多く、
それがこの作品の美しさに繋がっています。
言葉がなくとも、感じ合い、お互いを
大切に思う気持ちが伝わって来ます。

そして何事にも動じないノンケの外川が、
嶋だけに見せる弱さに心を揺さぶられました。
トラウマの描き方も、
これみよがし感や浮いた感がなく、
この世界の空気になじんでいて自然でした。

また、クライマックスはコマも絵柄も大きく、
たたみかけるようなドラマチック展開です。
息をつく暇もなくグイグイ引き込まれ、
二人の生み出す空気感に
どっぷりとはまってしまいます。

盛り上がり後のエンディングは
とても優しい雰囲気です。
私は、外川の寝顔を見つめながら、
幸せだと一人泣いてしまう嶋のお話が一番好きです。

静かで深い、暖かな幸せです。

9

同性同士の恋愛の辛さを巧みに描いている名作

レビューするか悩んだのですが自分にとって特別な作品なので思いきってレビューさせていただきます。(回りくどい言い回しはご愛敬でお願い致します笑)

この作品はBL (男同士の恋愛)という設定を最大限かつスマートに、けれどエンタメであるということを忘れることなく萌えを押さえながらも巧みに活かしている名作だと思いました。

同性同士の恋愛における悩みが2人の過去によって提示されるのですが
この過去が物語の中で進行していく2人の恋愛に、障害であり動機として無駄なく本当に見事に絡んできます。
読後すぐより冷静になった後、反芻した時に凄いな匠かよ!と思わせてくれるんです。

そしてセンスが如実に現れる(と私が勝手に思っている)、構図の上手さ(間の空け方)とセリフのセンスの良さですよ!
毎作品ごとに思うのですがヨネダさんのセリフ選びが私は本当に大好きです!

表現の上手さは要所要所のセリフのチョイスだけでなく差し込み方や小道具の使い方にも現れていて(小道具の使いかたも本当にお上手ですよね!スピンオフともさりげなく絡んでいたり)、どこまで計算して作られているんだろうと感心するのと同時に
構成の上手さも含めプロ漫画家さんってこういうものだよね!というプロの凄さを改めて実感させてくれました。

なんだか少し大袈裟に聞こえるかもしれませんが私の素直な感想は、「これはBL漫画の1つの完成形なのかもしれない!」です。

そして、そして何よりも嶋くんが健気可愛い!外川さんなんだかんだカッコイイ!

そんな2人にいつまでも幸あれ!

9

これは確かに人気でるはずだわ…

やっとこさ購入、遅すぎだろうってくらい乗り遅れてます、すでに4版目なのですね。初コミックスにしてこんなに増刷するのなんて珍しいんじゃないですか?(そうでもないのかな?)
ここで評価が高いものでも読んでみたら自分には合わなかったりすることもあるのでちょっとドキドキでししたが。

読んでみて納得。これはいいわ♪

タイトルの「触れたくない」には確かにいろんな意味がありそうですね、お互いの過去だったり、心だったり、躯(は結構早くに触れてますけど^^;)だったり…。

色々な気持ちが鬩ぎあって、本当の自分の気持ちになかなか素直になれない、お互いの気持ちの温度差が、じれったくてもどかしい。読んでいて涙が出そうになっちゃいました。

本編とはちょっと毛色の違う、「小野田課長は憂鬱」が何気に好きです(*≧m≦*)ププッ


8

凄く好きです。

凄く良かったです。
なんだか泣きそうになってしまった。

過去の恋でできた傷がトラウマになって、
臆病になってしまうことってありますよね…。
嶋の場合は、同性同士でいわゆる世間一般の“普通”とは
違う形の恋愛な訳ですし、尚更。
自分と付き合っている限り、お父さんがいてお母さんがいて、子供がいる、
そういう絵に描いたような幸せな家庭は手に入らない。
自分が決して与えられないもの、自分と一緒にいることで犠牲にするもの、
そういうことを、考え出したら、止まらなくなってしまう。
嶋は、とても繊細な人なのだと思いました。

そして、外川の愛情って、温かくてシンプルで、潔いと思いました。
相手が彼だからこそ、嶋は、自分の『彼が欲しい』というエゴを
通せたんじゃないかなぁ…なんて思ってしまいます。

淡々としているようで、切ない。良作だと思います。

8

始まり

もう読んだのは数年前ですが僕がBLを読むきっかけになった作品です。

今までBLってエロいだけのものだと思っていたのでこれほどストーリーがあるなんて知って当日は衝撃でした。

僕自信、男が好きだということもあって嶋くんの気持ちに共感するところが多かったです。

何か特別な魅力を感じざるをえない作品だと思います。

8

触れたら終わってしまう

外川さんが嶋に言った「なんか変なコトしたくなるよお前」がすごくよく分かります。
他人となるべく関わらないように壁を作っている嶋ですが根本的には人と【関わりたくない】わけではないと思うのです。普通の人間関係くらいは無事に築きたい…んじゃないかなぁと。
臆病になっているからすごく小出し小出しというか。
逆にそういうのだからこそ興味をもたれるのですよね。
外川さんは普通の人で、しかもどちらかといえば面倒見の良い、部下思いなところもある、ちょっと臭いしちょっとやかましいしちょっとややこしいけれどイイ人ですよね。しかも黒髪天パの短髪ってあたりもたまらんと思います。

臆病になっていた嶋だからこそ外川さんの強引さが怖くてそれでいて嬉しくて心地よくて、嶋にとっては最初から外川さんの存在に救われていたんでしょうね。NEXTに入社して、こわごわだったことを何もかも気がつけば外川さんが取っ払ってくれていった。
嶋はだめだだめだって、そう考えていても外川さんはぐんぐん歩み寄ってくる。【どうしても触れたくない】っていうのは、それ以上触れてしまうことが怖いのかなと思いました。触れて、もっと近くなったら、また離れる。この時の嶋には望みなんてちっとも持てなかったんだろうな。
外川さんは、はじめこそ構いたがりからはじまって、そうして過度に触れていくうちに時を過ごすうちに嶋のことを知って、変なことしたくなる・構いたくなる。
強引なはずの外川さんが嶋のTAGでの過去を知ったときに、いつもならなし崩しでセックスがはじまるところをただ抱きしめて傍で眠るだけにしたあの夜は…ある意味で嶋にとってもはじまりの時だったのかな。
つらかった過去を溶かしてくれる。ただ肉体関係を結ぶだけじゃなくて、そばに居るだけのことも選んでくれる。でもきちんと受け入れられない。

この本では終始、嶋の葛藤に充ち溢れていました。
外川さんを信じたい、でも困らせたくない、もう嶋自身も困りたくない、悲しい思いも辛い思いもしたくない。だから触れたくない、もう触れたくない、でも触れたい、触れたくて触れたくて仕方ないけど、触れたらだめなんだって。
嶋の少し困った顔、照れた顔、読者である私でもこんなに苦しくなったり辛くなったりするのですから、そばに居る外川さんは胸をかきむしられるような思いなのではないかな。ポーカーフェイスを、つくっていても。たばこを吸っていても…。
たくさんの愛でくるみたくて、自信を失っている嶋を満たしたくて、つとめて優しくする外川さんの行動にも胸打たれました。これで嶋も自信持ってくれれば…いいんですけども…!

外川さんが本社に転勤して、そののち嶋が引き出しのなかからあの頃にあずかったたばこを見つけてしまうあのシーン。嶋と共に泣いてしまいました。
あたたかくくるまれるような優しい愛をしっかり感じていたのに、どうして逃げてどうして触れなかったんだろう。どうして突き放すようなことをしてどうして傷つけたんだろう。
嶋の心が痛いほど伝わってきました。すごく切なかったです。

雪がふりしきる京都で、ふたりがまた出会ってきちんと心を通わせれたこと、そうしてそのあとのベッドシーンはとても素敵でした。お互いのことを確かめあうようにしっかりと触れ合っている様子に安心しました。
臆病な嶋のことを外川さんは大切に大切にしてね、そして外川さんが抱える家族への憧れや懐かしい記憶を、嶋が癒してね、そう思いました。

番外編での小野田さんのメールはもう……「仕方ないんじゃないかな!!」
だって外川さんだってそうだったわけですしね!(笑)

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ