本日のレビュー一覧

コヨーテ IV コミック

座裏屋蘭丸 

光と闇のコントラスト。甘くて重くてシリアスで甘い…。

読み終えた後の充足感で放心してしまいました。
萌えもストーリーもすごいとしか言えねぇ(;///;)

人狼vs人間。
苛烈さが増して敵対関係の罪深さが更に色濃くなる4巻。
シリアスで重厚感を感じられるストーリー展開ながらも、
BLのエンターテイメント性を忘れない座裏屋さんに五体投地しかない…!!!

敵味方、見えなかった輪郭がドンドン見えてきました。
70年前の大虐殺事件のカラク…

3

嫌い、大嫌い、愛してる。 コミック

ARUKU  

愛は人それぞれ

初見は辛い展開が続き、絵柄にも慣れておらず入れ込めなかったのですが、再読したら印象が変わりました。
初見でなんか違うなと思った方でも2回目3回目では感じ方が変わるかもしれません。(実際に1回目は泣かなかったのに2回目でほろ泣き)

奏の心境なり状況なりを考えると、自分のことだけを愛してくれる人を愛してしまうんだろうな、、。

また初見はメリバかと思っていたのですが、再読してこれはハピエン…

0

俺の暴君は手に負えない コミック

あずみつな 

薄味です

作者買いです。あずみつな先生にしてはちょっと薄味かなあ?ユキヤくんのキャラが弱めなのでそう感じたのでは?と思います。結構強めのキャラが多い印象なので、、!

ストーリーも、「こうなるだろうなあ」と思ったとおりに進んでいきます。借金苦なユキヤの前に、元恋人でお金持ちのリンが現れて、「金はやるから言うこと聞け!」と。振られた腹いせ?と思いきや、本当はずっと忘れられなくて、なパターン。ユキヤも別れを…

0

棺にさよならの花束を コミック

rosca 

死生観と生き甲斐の話

大事なので、先に書きますが リバ でした。

男同士なので勿論BLですけれど、話の根本は二人の恋愛模様ではなく、先ずは死生観、そして死を覆す生き甲斐のお話です。

個人的に「死人に口無し」という考えから、常時気持ちを遺書にするべきだと思って行動している私には、作家さんインタビュー記事がヒットしました。

設定や展開に不足(年齢差とかラブホへやらリバへの流れとか)が感じられましたが、根本…

1

スリーピングデッド 上 コミック

朝田ねむい 

次巻が楽しみ

作家さん買いしています。今作も仄暗ボーイズラブで最高です。

上巻なので起承転結の起と承少しぐらいのお話なのですが、少しずつ引っ掛かりのある描写が入っていてあれ?もしかして?となっているうちに最終ページまで読んでしまいました。ハラハラさせながら読ませる展開が本当にお上手です...。

朝田ねむい先生作品はミステリー調のお話も素敵なのですが、CPの受け攻めがビジュアル固定されていないのも大き…

0

恋して焦がれて拗らせて コミック

犬飼小町 

絵は好き

絵は好きなんです。だけど、ストーリーというか、このコマいる?ってなったり、、ちょくちょくツッコミ入れて読みました。

0

花のみぞ知る(3) コミック

宝井理人 

3巻最高。番外編特に最高!

2巻以上の萌えがありました。
有川宅での初めてのお泊まり。
付き合ってすぐだからしないかな〜と思ったりもしましたが、めっちゃ御崎が可愛いウブなエロが…。
御崎の表情がとても良きで萌えが滾りました。

川端の事を嫌な当て馬だと思っていましたが、弱さゆえ御崎への気持ちを押し通せずに間違ったやり方になってしまったんだと気づき、ちょっと可哀想に思えてきました。
でも婚約者はもっと可哀想だよね……

0

火竜の恋愛 小説

天野かづき  蓮川愛 

安定の面白さ

実は再読になります。読んだ記憶はあるものの、評価もレビューもしていなかったので再度読み直してみました。

火竜や生贄や勇者という単語が登場しながら、悪人が一切出て来ないという不思議さがありました。

主軸は火竜であるクラウと番になったアルセのすれ違いです。すれ違いと言ってもアルセが本当の事を言えないだけなのです。だからクラウがアルセを大切に扱っているだけに、とても焦ったくて萌えるんです。

0

「葉山せんせいの抱きまくら」初回特典封入ペーパー グッズ

可愛い特典

購入時に付いてきた特典ペーパーです。

A6サイズ、片面モノクロ漫画。

葉山はソファーで横になったまま雨宮を抱きしめ眠ろうとする。動けなくて困る雨宮。「あの…仮眠するにしてもソファーはちょっと…。このままは体痛めると思うのですが…」葉山の体も心配だしと声をかけたものの、葉山は「ん…なに?」と返事はするが、もうほぼほぼ眠りに入っており目も開かない様子。「おぉ…ほぼ目が開いていない」葉山の表…

0
PAGE TOP