それでも、やさしい恋をする【BLCD】

soredemo yasashii koi wo suru

即使如此 也要温柔相爱

それでも、やさしい恋をする
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神49
  • 萌×29
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

228

レビュー数
14
得点
296
評価数
64
平均
4.6 / 5
神率
76.6%
著者
媒体
BLCD
作品演出・監督
蜂谷幸
脚本
沙藤いつき
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
124 分
枚数
2 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4961524733071

あらすじ

「聞かないようにしてた 知らないようにしてた あの繋いだ手が羨ましいと思った」

出口晴海が好きになったのは、小野田良。 三歳年下のストレート。
気がつくと、好きになっていた。

友達でいい。
そう思っていたのに、どんどん好きになっていった。

素直になれなくて、不安になって、ささいなことに幸せを感じて、
言えない言葉がたくさんたまっていって ── 。

誰かを好きになる切なさと幸せがここに。

映画化もされた大ヒット作 「どうしても触れたくない」 のスピンオフ作品、
小野田 × 出口が遂に2枚組でドラマCD化 !

表題作 それでも、やさしい恋をする

小野田良 → 森川智之

出口晴海 → 野島裕史

外川陽介 → 石川英郎

嶋俊亜紀 → 野島健児

その他キャラ
日野原[赤羽根健治]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数14

演技は最高!!!なんだけど、作品としたらあと一歩。

声優さんの演技には文句なしです。
豪華なメンバーですし、どの方も非常に丁寧な演技をされていたと思います。
特に出口役の野島兄さんの可愛らしさといったら…!!!それだけで神評価でしょー!と言いたいところ。格好いい人なのに、本気で好きになった小野田にだけは凄く必死で、堪らなく好きになる気持ちがありありとわかって、こちらも泣けてきてしまうほど。

小野田役の森川さんも、出口の気持ちを知った後、少しずつ気持ちが変わっていくのがわかる、だけど肩の力が抜けた自然な演技で、流石ですよね。
ちょっとの石川さんもよかった!

が、ですよ。
モノローグが多すぎませんか?
原作通りと言われればそうなんですが、そこはドラマCDなんですから会話にするとか出来なかったでしょうか?
突然モノローグに入ったりもするので、原作を知らない方には少々優しくもないような。

どうしても脚本が気になってしまったため、全体としてはこの評価とさせていただきます。


それにしても、野島兄さん最高です!!

2

さわやかでさらっとした作品

全体的にさわやかな印象でした。
エッチ度は低めですが、BLにありがちなファンタジーではなく、すぐそばにそんな話があるのかもしれないと思うほど現実的な迷いとか感情の揺らぎとかが見えました。
強気な野島兄さんの出口が答えを待つ間苦しんだり女性に対してやきもちを焼いたり、エッチの時には子供っぽくなるとか、ギャップ萌え?ですかね。告白の返事を『頼むから』と絞り出すように言うところやエッチの時の『上乗る』ってセリフも可愛くてヤバかったです。
森川さんの小野田はやっぱり上手ですよね、不器用で鈍感で優しさが滲んでいて。もう、もう、の悶えシーンは笑えました、牛か?の突っ込みも面白かったし。
ヨネダコウさんの作品はエロだけではなくその奥の感情をしっかり描いてあって好きなんですが、それを声だけで表現される声優さんは俳優さんと一緒ですね、役作りもしっかりされてる感じがします。
やさしい気持ちで夜とかにさらっと聞ける作品です。

1

なんど聞いても心地いい。

ヨネダコウさんのお話が大好きで、
出口さん役が野島兄さんで、小野田さん役が森川さんって
なんと最強なんでしょう!!!

出口さん役の野島兄さんの声が
もうもうもう!(小野田さんも「もうもう」言ってるw)出口さんで
ぴったりはまり過ぎてます!!!
巻き舌の部分は、ヨネダ先生も聞き所っておっしゃってましたw
野島兄さんの出口さんはエロかったー!

小野田さん役の森川さんは、若い感じですが、
落ちるいてる小野田さんそのもの。
森川さんだからこそ出せる小野田さんの空気感。

どうしても、触れたくないのスピンオフのお話のこちらですが
どうしても~の嶋君や外川さんも最後に出てきて
野島兄弟の共演に更にうれしくなってしまいます~!

大好きなお話すぎて、ドラマCDの方もすごく好きです。
なんど聞いても心地いいです。
ノンケだったりゲイだったり、そういう壁はあるのかもしれないけど
ドラマCDを聴いてると、ずっと2人は一緒にいて色んな事を乗り越えていくんだろうな~っという気持ちになりました。

2

短編と長編の違い

意外にもすっきりと聞けました。
以前のCD「どうしても触れたくない」に収録されていた「After 9 hours」「After 10 hours」に、私は非常に萌えまして。今回同じキャストで、その前後の話も入るというので、楽しみにしていました。
が、聞きどころと思っていた「After 9 hours」「After 10 hours」の告白の部分が、さらっと流れるんですよねえ。
意外に思って、何度も両CD「どうしても~」と「それでも、~」を聞き比べ。
そして、これは、短編としてと、長編としての、違いなのかな、と思いました。
「どうしても触れたくない」では、独立短編なんですけど、「それでも、やさしい恋をする」ではまだまだ先があるんですよね。
今回の萌えは、その続きのDISC2にあった、と思います。
出口の「おんぶ」にはやられました!
エロは少なめ。
出口役の野島裕史さん、いいわあ。野島裕史さんは最近マイブームです。起伏に飛んだ感情があふれる演技がたまりません。
小野田役の森川智之さんは、今回はイケメンでもヘタレでもなく、いい意味で等身大の役でした。こういうのは却って難しいでしょう。
聞きやすいCDとしてリピートすると思います。私はこういう普通の恋が好きですね。

5

安心して聞けました

両作(どうしても、それでも)原作既読済みです。
ドラマCDって聴くまでの準備が長いんですよね
やっと時間ができたので聴けました( ;;)
恐らく内容は原作読んでいる方が多数だと思うので、主に「CD」の感想を…

私は本作を『興奮』というよりは『すっきり』聴いた印象です
勿論良い意味で。お二人とも声がとっても合っていたし、声や演技が安定していて、聴いていて心地よかったです(笑!

帝王こと森川さんの声を意識してじっくり聴いたのは、もしかしてこれが初めてかも…?私の勝手なイメージで森川さんはオジサマ声のイメージがあったので、小野田の声を聴いて新しい扉を開けた感です。「ほ、ほぅ…//」となりました(?)
野島兄さんは今回、見た目若い年上受けということで。年上のプライドとか、小野田に対する好意の現れとかなんかもう全部可愛かったです。可愛い。

個人的に好きな場面は
*お風呂の仲良しシーン(ここでは回想でしたが、こういうちょっとしたエロがいいですね//)
*小野田が出口を叩くシーンからの会話
ですね、詳しくは聴いていただいて…!
シリアスなだけでなく可愛いとか、仲良いなとか、そんなシーンも沢山あって楽しく聴けました。

何が言いたかったかというと、耳に心地よいBLCDだと思いました!!!!!

3

原作のイメージ通りの小野田と出口がいました

原作を大切にし丁寧に作られたドラマだと思いました。
もともと『どうしても~』のその後の彼らを含めて小野田の恋ばなも気になり原作を読みCD化も待ち望んでいました。

全体の空気感とか主役二人のやりとりなどが原作からのイメージどおりでした。
小野田の相手になる出口がどんな声でどんな口調で話すのか頭の中でぼんやり浮かべていたとおりだったので、初めて聴いたときに「ああ出口がいる」と思いました。
野島さんはプライドが高くて華やかなイメージの美人声にぴったりで、強気で時に口悪く罵ったり時に乙女なぐるぐる思考に陥ってへたれたりする健気なツンデレさんでした。

『どうしても~』では小野田が落ち着いた大人なイメージでしたが、本当は年相応に悩んだり迷ったりする様子が同じ時系列の部分を聴くとよくわかり、嶋のことを気にかけたりアドバイスをしながら出口に振り回されている小野田を森川さんがよく演じられていました。
今さらではありますが、森川さんはどんな年齢でもどんなキャラ設定でもぴったりはまる声と演技で作りあがることのできる方で新たな作品を聴くたびに感心します。

初めてのエッチシーンに笑いながら萌えました。
出口のフェラに困惑しつつすごくいいと思う小野田の「もう…もう…」の牛さんとか事後の風呂場で回想(反芻)するむっつりなところもよかったです。

出口の過去の遊びが気になる小野田が行きつけの遊び場(ゲイバー)に連れて行ってもらって『かっこよくてかわいい人』に嫉妬したり独占欲があふれながらもそれを抑え込もうと焦る年下の小野田のオタオタ感ががかわいかったです。

これからも小野田はモテモテの出口の交友関係が気になったり、出口は小野田が仄かな恋心を感じていた嶋とか持っている女性の名刺を見てヤキモチを妬くようなかわいいトラブルやすれ違いはあってもずっと一緒に仲良くやっていくんだろうなと思わせる終わり方でいつかそんな彼らの日常を垣間見られたらおもしろそうだと思いました。

外川役の石川英郎さんは別録かと思うくらい少ない出演時間でしたがちゃんと初めからきてずっと待っていたというのがおしゃべりCDを聞いてわかりました。

1

主役2人の演技力…!

原作未読、前作も未聴のまっさらな状態で聴きました。
スピンオフということで前知識なくて大丈夫かな?という心配はまったくの杞憂でした!
この作品だけで充分満腹です!ごちそうさまです!

なんといっても受の出口のいじらしさに何度ズキュンズキュンさせられたか…
野島さん演じる出口の、軽いノリな口調の時と、切ない、可愛い、色っぽい口調とのギャップに、小野田と一緒に『詐欺だ…』と悶絶。
攻の小野田の鈍さが罪に感じるほど、出口の一途さが可愛くて…
でも出口が惚れるのも頷ける小野田の魅力。森川さんの演技力と声の素敵さ。
聴くだけで年下メガネくんが脳内にイメージできました!
とにかくお二人の文句無しの演技にスタンディングオベーションを贈りたいって感じです。
聴いた後は心地よいドキドキと幸せな気分に包まれて大満足でした。
これから何度もなんども聴きたいし、その度に悶絶するだろうなぁ…
文句無しの神作品です!

4

ほぼBLCD初心者の感想です

初めて買ったBLCDが、どうしても役柄の声として聞けず以来(たぶん10年以上)かな~り久しぶりのBLCDです。

自然に聞くことができました。
他の方のレビューを拝見して、やっぱりこのCDは上質のCDだったんだと納得です。

小さなセリフもちゃんと入ってるし、バックで流れる音楽や効果音もいい感じ。
音だけの世界のために、説明がわりの追加セリフが得した気分で嬉しいし。

期待していたお風呂場の出口の声よりも、巻き舌の出口の声の方が聞き応えがありました(笑)

ちょっとびっくりしたのがお値段です。
実写DVDより高かった…2枚組だから?
でも、丁寧に、完璧に近く作られた感があるこのCD。
十分お値段に見合ってるとは思います。
買ってよかったです(何度も拝聴しています)

1

祝!野島兄弟対決?

もう、出口が、
出口がね、
すっごく出口で!
このかわいさが、たまらない。
かわいくって、いじらしくって、ウルッとする。
と、最初から最後まで、野島裕史さんの演じる出口に、キュンキュンしながら聴き終えました。
原作でも出口は充分かわいかったけど、ノジ兄さんのお声がつくことで、もはやその可愛さは卑怯なレベル。
とにかく、とても、丁寧に作られている作品。
その、作品としてのクオリティに大満足。
そして、野島兄弟の、弟の野島健児さん。
なんだかとってもお久しぶりで、健児さんの嶋の台詞の度に、心の中で「きゃぁ~、嶋だわ!」
最後にちょっとしか登場しない、外川の石川さん(その最後のちょっとだけの出番のために最初からずっと待っていたそうで)も、すっごく外川で、
2枚組2時間があっという間でした。

4

雀影

セルフつっこみ
5年の年月は、いろいろとまわりの状況を変えて、当時ドラマCDにあんなに出まくりだったノジ健さんは最近ではすっかりご無沙汰で、その分ここ数年はノジ兄さんが頑張ってて、森川さんは社長さんになるし、、
この作品、嶋と出口と外川は今聞いてもこのキャスティングがすごく合っているけど、小野田は今現在の気持ちとしたら、むしろおのゆうだな。

満足します!

ドラマCD聞き終りました~!
CD発売が決まってから【安心感】しかなかったです。
いざ聴いてみたら、理想の声でしゃべる小野田と出口がいて、二人のは会話が耳に心地よかったです。
原作に忠実に細かい言葉まで台詞に作り込んであって素晴らしい出来栄えでした!
素敵な作品をありがとうございました!

お気に入りシーンをあげると…
自転車倒すシーン。結構な数倒したなぁ(笑)と耳で聞いて思ったのと、『バカっ!』のテンポ良かった!
からの~、明日は会わねぇの?くだりの『ヨシ』ののじ兄の演技が本当に可愛いから!耳まで赤くなってるの見えたから!
あと、『知らねぇなぁ』『聞こえねぇなぁ』の言い方が理想通りで素晴らしかった!
森川さんのもうもう牛さんシーンもどうなるかな~と楽しみにしてたけど、さすが森川さんでした♪
一つ演出で気になったのが、小野田の告白シーンで、『やっと答えが出せたのに~』のくだりは小野田がしゃべるのが原作なんだけど、CDは2人の会話にしてあったんですよ。
『俺の3年分を思い知ったか』はのじ兄の声で聴きたかったから良かったんだけど、その後の『と、笑われた』は小野田に言って欲しかったなぁ。と思いました♪
細かいけどね。
このシーンどうやってやるかな~って楽しみにしてたので。
皆さんはどうだったでしょうか?

でも、もうとにかく最初から最後まで原作を大事に作ってくれた作品だと思います。
聞き終わって大満足します!
フリートークまで仲良しで楽しかったです!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ