BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

かぐや姫は、かぐや彦!!『竹取物語』など古典のBL現代語訳シリーズ創刊

2018/09/11 16:34

第1弾表紙絵はヤマシタトモコ!『BL古典セレクション』10/5発売

 


誰もが知っているような有名古典をボーイズラブ化した現代語訳シリーズ『BL古典セレクション』が10月5日に創刊! 原作に登場するキャラの性別を全員「男」に変えることで、BL化を実現しているようです。

第1弾となるBL古典セレクション(1) 竹取物語 伊勢物語は、作家・歌人など幅広く活躍している雪舟えま先生が現代語訳を担当。装画は、BLでも人気のヤマシタトモコ先生が描き下ろしで手がけます。

竹から生まれた絶世の美少年である「かぐや彦」が、貴公子たちや帝の求婚をしりぞけて、惜しまれつつも天に昇ってゆく竹取物語。数々の男たちと歌を詠み合い枕を交わす稀代のプレイボーイ歌人「在原業平」の元服から終焉までを、一代記風の歌物語として描く伊勢物語……。

なんだか、とても気になる展開になりそうですね! 雪舟えま先生は、独創的な言語感覚で描くロマンチックな世界観に定評があるのだとか。昔話で聞いた『竹取物語』や、国語の授業で習った『伊勢物語』が、いったいどんなストーリーに生まれ変わるのでしょうか!?

初版には、ヤマシタトモコ先生による限定装画ポストカードを封入! 美麗な、かぐや姫ならぬ「かぐや彦」。これはなんとしても手に入れたいですね。

 

 

古典を学びながら新たな解釈でBLとして楽しめる、そんな『BL古典セレクション』は第2弾に海猫沢めろん先生訳の『古事記』、第3弾に王谷晶先生訳の『怪談(ラフカディオ・ハーン著) 』をそれぞれ刊行予定です。

今後もどんな古典がBL化されていくのか楽しみですね!

 

BL古典セレクション(1) 竹取物語 伊勢物語

 

発売時期:10月5日(予定)
価格:1,700円+税
出版社:左右社
四六版並製272ページ

◆目次
竹取物語・伊勢物語・本書のねらいと訳者解説
訳者:雪舟えま(ゆきふね・えま)
1974年札幌市生まれ。作家、歌人。著書に歌集『たんぽるぽる』『はーはー姫が彼女の王子たちに出逢うまで』、小説『タラチネ・ドリーム・マイン』『プラトニック・プラネッツ』『恋シタイヨウ系』『パラダイスィー8』ほか
2017年より男性カップル「緑と楯」シリーズの執筆をメインの活動としている。

関連作家・声優

コメント1

投稿順|最新順

こういうの、求めてたんだよね〜〜!とっても嬉しいです。
源氏物語も一部アレンジしやすい所だけでもいいから、チャレンジして欲しいw
BL脳なので、こういう仕様は有り難いです。

PAGE TOP