BLニュース

BLニュースは標準ブラウザ非対応となりました。Google Chromeなど別のブラウザからご覧ください。

ナニかが始まる魅惑の時間…25時BL特集

2019/04/29 11:29

最近、タイトルに「25時」がついた作品が増えているらしい!?



25時と聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか? 子どもは寝静まり、遊び盛りの若者は二次会で盛り上がる時間でしょうか。私の場合、布団に入ったのはいいもののTwitterを開いてしまい我に返る時間が25時です。ちなみに、都心で一番遅い終電は、新宿駅と品川駅の25時01分発だそうです。「終電…逃しちゃった…」という誘い文句があるように、大人の恋人たちにとって25時とは特別な時間なのかもしれません! ということで、最近増えている「25時BL」をまとめました!


売れっ子俳優×新人俳優の業界BL

25時、赤坂で』作:夏野寛子



あらすじ
新人俳優の白崎由岐(26)は、大学の先輩で超人気俳優の羽山麻水(28)と同性愛ドラマで共演することになった。ゲイ役の芝居感が掴めない白崎は、男に抱かれてみようとハッテン場へ。そこでなぜか羽山に捕まり、相手を買って出られる。〝芝居のためのセフレ協力〟。即物的に始まった関係だったが、精緻な美貌と圧倒的なオーラの羽山に甘く心ごと抱き込まれ、白崎は恋心を自覚した。しかしドラマ撮影は終わりに近づき――。

本来であれば25時は深夜1時というのが普通ですが、多くの放送業界では30時間制を導入しているので25時という呼び方をします。さらに赤坂は、民放テレビ局が多数存在する港区にあることから、芸能界ラブの雰囲気を存分に感じられるタイトルであることがわかりますね!本編に赤坂や25時の描写はないものの、タイトルで具体的な地名や時間を表してもらえるとリアリティが増し、キャラたちが現実味を帯びてドキドキしますよね!


毎週火曜、仕事の遅番終わりに

火曜、25時の恋人』作:朔ヒロ



あらすじ
飲食店で働く鳥井は、昔の上司でずっと憧れていた・三角と夏祭りで再会する。その再会をきっかけに金銭に困っていると話す三角と、金を渡す代わりにHをするという関係が始まり、彼にハマっていく鳥井だったが……。

突然の再会から、思いがけず始まったセフレのような関係。「恋人とかそういうのいらないから」「火星人だから 火曜にしか現れないよ~~~」などと言い、つかみどころのない三角。そんな三角に「日付越えてるから実質水曜でしょーが」と答える鳥居は飲食店で働いていて、火曜は遅番ばかり。会えるのは、25時から朝までのほんの数時間…そんなエピソードからタイトルがきているのだと思います。火曜日の25時からほんの数時間だけの恋人という設定が腐女子心に刺さる良作!


敏腕TVプロデューサー×学生脚本家

25時の×××』作:天王寺ミオ



あらすじ
敏腕TVプロデューサーの西園は、むりやり詰め込まれた仕事で睡眠時間を削られ、デートもドタキャン続きで女に振られて…とストレスMAX!さらに学生で脚本家の成宮と恋愛ドラマを作ることになり、恋愛経験が乏しい彼に深夜の会議室でなぜかHの手ほどき!?その経験をもとに成宮からいいシナリオが上がるようになるが、身体からはじまった2人の関係は!?

こちらもテレビ業界モノですね! 仕事に追われ、女にフラれ、スケジュールは押し、煙草も切らしてストレスが溜まっている状態の西園。そんな状態で始まった、20歳美形脚本家・成宮との企画会議。時計の針は既にテッペンを指し、西園と成宮の会話はあらぬ方向へ…!?イラついた西園は成宮の口を塞ぐように強引にキスをし、なぜか成宮に「もっと教えてください、僕に男と女のスケベな事全部…!」と言われる始末。忙しいテレビ業界のプロデューサーと大学生脚本家の恋のレッスンは25時に始まるということでしょうか。ちなみに「×××」は「キスマーク」と読みます♥


十年以上前にもあった!25時BL小説

恋愛処方箋 湾岸25時』著者:檜原まり子 イラスト:桜遼



あらすじ
クールな美貌の持ち主の外科医・柴田浩司と、製薬会社勤務の恋人、江森五月は、様々な事件を乗り越え甘々な同棲生活を続行。ふたりは、夏休みを使って旅行をすることに。しかし、旅を満喫していたのも束の間、トロくて可愛い柴田に近寄る輩は後を絶たず……!?柴田とエモちゃんのハネムーンは、果たしてどうなる?

こちらは2006年に刊行されたBL小説で『恋愛処方箋シリーズ』の、新作書き下ろし『湾岸25時』を含む第2弾だそうです。「25時BL」は十年以上前からあったんですね~!



「25時BL」まとめ、いかがでしたでしょうか! 深夜1時ではなく25時というと、どこかオシャレな印象になるのかもしれませんね。BL的ナニかが始まりそうな25時でした!


担当BLソムリエ:清水又三郎   
闇よりの黄昏の腐女子。好きなBL漫画家は、はらだ先生、博士さん、yohaさん。バッドエンド、メリバが好き。

 

関連作家・声優

PAGE TOP